ライブざんまいの日々

参加したライブやイベントの超自己満足レポ用ブログ。コメントはお気軽に♪
Twitterのまとめ投稿多数ですがヨロシク!

ちょっとぉ~

2010-06-30 15:52:09 | Weblog
 

UKサーキットのDVDを見てて気付いた。

シカオちゃんが着てたTシャツ…、フミヤが去年のライブ(CORE2)で着てたのと色違い?

ベスト柄(プリント)のTシャツ!

シカオ黒地にグレーベスト
フミヤ白地に黒ベスト


どっちも去年やけど、何これ(笑)

なんかスゴい偶然というか、なんなのか。



UKサーキット大阪公演は行ったけど、同じTシャツ着てたっけ~?



んで、どこのブランドなんかも気になる~!
(^▽^;)



あ、えーっと、一応言っとくけど、フミヤの方が6~7月で早かったんで(笑)
フミヤがマネしてる訳じゃないですよ~
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

シカオ病なので…

2010-06-29 22:54:34 | スガシカオ
目下シカオ病が継続中のワタクシ。



さらにヒートアップするかの如く、
今年の1月に放送されたUKサーキット(を友人に録画してもらった)
DVDのレーベルなんぞを作ってみた。








どう?どう?
(誰に聞いてんねん)




あくまで個人で楽しむものなので(営利目的ではない)、
写真はネットで拾ってきたやつ。
著作権云々のハナシはご勘弁願います。



個人的には内側の写真が好き



あぁ、自己満足(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5列目キターーーーーーー\(`Д´)/

2010-06-28 23:01:19 | スガシカオ
来月のスガさんの「FUNKASTiC SUMMER TOUR 2010」
@グランキューブ大阪のチケット。


先日の神戸に引き続き、5列目の快挙!!(端やけど)


神戸で2列目+ピック取れちゃって、もう十分なのに、なんでしょう?


シカオ運、バカづきです。
正直コワイです。



なので、シカオ病が治りません。

チェックのシャツが欲しくなってきました(爆)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

尚ちゃん、おめでとう!

2010-06-26 11:41:26 | 藤井尚之
我らが尚ちゃん、藤井尚之さんに初めてのお子さんが生まれました~。
おめでとうございます!



もう昨日(っていうか一昨日?)の話題なんですが…。

娘さんだそうで。


きっとデレデレなんでしょうね~~~


公式HPにて発表されております。
「藤井尚之よりご報告」のところをクリック!


いよいよ尚ちゃんもお父さんかぁ。
ふふ。
なんか不思議~
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

スガさんの衣装大公開!

2010-06-25 12:10:02 | スガシカオ
“FUNKASTiC SUMMER” @神戸の衣装をイラストで描いてみました。
(どこの会場も同じなのかしら…)

記憶のみですので、細かいところは大目に見てください。
顔が似てないのも…

あくまでイメージですんで。





それにしてもシカオちゃん細すぎです。

ギターがないとカラダの細さ(薄さ)が目立つ~(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よ、義人くん…

2010-06-24 13:54:10 | Weblog
田中義人さん、そうだったのですか…。


中島美嘉、熱愛!お相手9歳年上ギタリスト
サンスポの記事はこちら


新聞の女性誌の見出しを見ても、まさか貴方とは思いませんでしたよ。

数日前に生でお姿拝見しただけに、驚きは隠せません。
(シカオライブです、念のため。)



ふー。(O.O;)(o。o;)
ほんまビックリしました。



まー、モテるでしょうね、ミュージシャンって。
加えてあの顔だもの。



中島美嘉も、あのキョンキョンから永瀬を奪ってしまうぐらいなので
なかなかのお人とお見受けしました。



ゲーノー界の事はようわかりませんけども、幸せならいいと思います。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

妄想を現実に…?

2010-06-24 00:48:04 | Weblog
昨日書いた、シカオちゃんの「夏色タイム」をフミヤが歌ってみるという件。
(妄想ですから、あくまで。)


「夏色タイム」じゃなくても実際どうなのよ?と、
フミヤとシカオの接点なぞ、自分の記憶を掘り起こしたのだが。


3~4年前ぐらいのFM802のイベント「Your Songs, Our Songs」で
奇跡の共演を果たしてたのと、
一昨年ぐらいのなんかの雑誌(フミヤの記事)で、
関西ローカルの音楽番組「ミュージャック※」の収録スタジオで会った時に
奇跡の2ショット撮ってたぐらいしか思いつかない。
誌面には『フェスで会ったりしてる』などと書いてあったので
地方の夏フェスやらで顔を合わせる機会ぐらいはあるんだろう、私が知らない(行ってない)だけで。

実際上記イベントでも初対面って感じでもなかったしなー。
仲は良くないなーって空気はありありと出てたけどね(苦笑)
単にうち解けてないだけなのかもしれんが。


そもそも全然毛色の違う人たちなので
仕事を一緒にすることなんてまず無いのですよ。

上記のイベントでは「夜空ノムコウ」を
フミヤ、シカオ、他女子2名?(忘れた)で歌うという、
個人的にはミラクルが起きましたが。

しかし嬉しすぎてあんまり記憶にないけど(笑)
藤井さんは歌いにくそうだったという印象は残ってるのです。

キーの問題もあるかな~。

シカオちゃん高いし。
フミヤもこのごろ若かりし頃のハイトーンは出にくくなってきてるし。

うーん、ま、キーは少々下げるにしても
メロディとか譜割りとか、その他もろもろ
多分藤井さんの中では今までにないパターンだと思うので
素人の私にはどうなるか予想はつきませんなー。

難しそうやけど面白そうな気はする。
案外すんなり歌っちゃったりして。
ベテランだから(笑)


フミヤにシカオちゃんの楽曲を歌ってみて欲しい~なんて、
やっぱり妄想ばかりが続くのでした。


もし次回のコラボアルバムがあったら是非!
シカオちゃんをラインナップにお願いしますよ!!!

ここは屋敷豪太さん頼み!(>人<)



あくまでファンの勝手な戯言とお許しを。



※=「ミュージャック」
関西テレビ系の音楽・トーク番組。
FM802でおなじみの、シカオちゃんとも仲のいいDJ・中島ヒロトが司会。
収録は東京で行われている。
ゲストは毎回一組。
奇跡の2ショットのワケは、放送日がシカオの次週がフミヤと続いていたので
収録日がどうやら同じだった模様。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なんだか

2010-06-22 22:34:53 | スガシカオ
昨日の興奮の反動でか、今日はボーッとした1日を過ごしてしまいまして

ライブレポの方はなんとかカタチに仕上げました。

ほんまはセトリも書いて、もっと反芻したいんやけど(笑)



ところで、個人的に「夏色タイム」はあんまり好きじゃないけど、
FKTの日記のセルフライナーノーツを見てたら、元々は楽曲提供するつもりだったとか。
(今頃知る)
ほんで違和感あったんか。。。と妙に納得したりして。

ほんで、プロデュースは豪ちゃんやし、
ギターを佐橋さんに変えたら完全にRAWGUNSやし、
フミヤが歌ったら意外としっくりきたりして~(笑)
など、夢の共演を妄想していたのでした。


豪ちゃん繋がりで実現しないかな~






写真はピックの裏。
ネーム入り!
正真正銘ホンモノよ

使ってたから、ちょっとすり減ってるのよね

ニヤニヤしてまいます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スガシカオ FUNKASTiC SUMMER 2010@神戸国際会館

2010-06-21 23:59:38 | スガシカオ
FCの抽選でミラクルな席を当ててしまい、どうしていいかわからんぐらい前で堪能してきました。


エフェクターやペダル類が足下にずらりと並んでいて(10コぐらい)、
ギタリストってすごい…と単純な感心もしたりして。


で、前で見て思ったことがひとつ。
どうもまだシカオちゃんに対してガツガツ出来ない自分がおりまする。。。
キャーキャー言う対象じゃないのですよ、基本的には。
元は曲から入ってるんで。
実際カッコイイんだけどね~。


で、肝心のライブの方。
セトリは、まだナイショ

「わかると全ッ然面白くないからね!
 日記とか、友達にもしゃべらないで、ナイショにしといてよ。」とはシカオ談。

まぁ、まだツアーも序盤だし、シカオ関係者から怒られて、
今後このブログやってけなくなると困るので、大阪終わりぐらいで上げますかね。ダメ?

ちなみにこのセトリは義人くんのアイデアだそうで、
はじめは総スカン食らってたそうです。
「でもやってみたらいいじゃ~んって。」採用されたとか。

MCから若干セトリがバレますけども。。。

書きたいことはたくさんあるのに、セトリはナイショの件と、
見とれてしまって詳細を覚えていないということで、あんまり情報がなくてすいません。。。

トータルで言うと、すごく雰囲気が良くて、
シカオちゃんもバンドのみんなも楽しそうで、めっちゃ良いライブだった!! 
最高の夜だったよ~


MC(雰囲気でお願いします~)

衣装は黒地に白の大きな水玉模様のシャツ。(ペラペラの生地)
サイドだけ白地に小さな水玉の生地が合わせてある。カワイイ。
ボトムは真っ赤なデニムに、ベージュのスエードブーツ。横ベルト。
チョーカーとバングルはいつもの。
サングラスは京都と同じ、つるがシルバーのもの。



数曲終わり、バーンとライトが当たる。
「@&%~$#”¥」
なんと、第一声で噛むという(爆)

「いろんな事言おうと思ったら、こんばんは~と、というワケで~が混じっちゃって(苦笑)」
言葉にならず、うつむいてちょっと凹んでるシカオちゃんはかわいかったです(笑)

「こんばんは~、スガシカオでーす!」
「この間新しいアルバムを出しまして。皆さん聴いていただけましたかー?」
(拍手)
「あざーす!」
(なんでそんな挨拶やねん・笑)
「ぼくはほんとに6月がキライで。梅雨って事もあるんですけどイヤなことがよく起こるんですよ。
 どれだけ嫌いかっていうのは、アルバムにも曲が入ってますけど。
 ぼく天パなんですよ。湿気で髪の毛がもう全然まとまんなくって。自分でやってんですけど。
 ヘアスプレーで、缶の半分ぐらい使って固めるんだけど、結局ダメでまた洗う、みたいな。」
(確かにペタンとしてました。
「あと、女の子に振られるとか、車ぶつけるとかね。(指折り)
 こないだはメガネ壊れたりしてね。友達の車に轢かれたんすよ。ボリボリボリボリっつって。
 ココ(シャツのボタン開けたとこ)にかけてたんだけど、車降りる時(?)にぽろっと落ちちゃって
 気付いた時にはもうボリボリボリボリ…。ストップ!っつってももう遅くて。
 で、新しいのを買おうかなーと思ったんだけど、
 オレってさー、目が悪いから、レンズだけで4万とかしちゃってさぁ。
 もういいかー、なんて大学時代のやつかけてたんだけど、ダメだねー、時代がさー(←的な)」
Y「スターなんで。(新しいのを買ってください)」
「オマエわかってないね!
 スターなんて言われる人のところには、不景気もスター並みに来るんだよ!ドカーン!って。」
(笑)
「まー、じゃあ、買います。新しいの。」
「というわけで、その6月が嫌いだっていう曲をやります。」



「今回のアルバムでは新しい試みを色々やってまして。
 そん中でもラップをね、入れるっつーコトで。(的な)
 ぼくはもともとRHYMESTER、マボロシがすごく好きで~、
 で、Mammy-Dさんにもラジオとかでずっと呼びかけてて、
 2年ぐらい呼びかけてようやく口説き落としたんだけど、
 ライブに呼んでくれて(?)それで知り合いになれたんですけど。」

「今までの日本のラップはどうかと思ってたんだけど。(←的な)
 これラップいらなくね?とか、ah!Oh!しか言ってねーじゃん、みたいなね(笑)
 まぁDさんとか多くの男性ラッパーは女性ボーカルと組んでやることがほとんどなんですよ。
 たいてい恋愛の歌が多くて。
 で、これデキてんじゃね?っていう空気を出すのがコツらしいんです(笑)
 でも今回やるのオレでしょー?
 30代ならまだしも、お互い40過ぎてデキてもねぇ?(笑)」
(30代ならいいのか??? よくないだろー、女子命なんでしょ、アナタ。
 で、次にやる曲は、Dさんいないと出来ないんで…。
 え?Dさん来てんの?えぇ~?ホントに?」
(という感じで、みんなニヤニヤしているうちに、演奏が始まり…ここは見てのお楽しみです。)



「次の曲は…あのさぁ。世間的にスガシカオってさぁ、変態、みたいなイメージあるじゃない?
 変態な男心を書かせたらスゴイ、とかね。
 それはそれでいいんだけど、自分としてはちょっと…心苦しいというか。
 で、ここはいっちょ純愛の歌でも書いてみるか!と思って頑張って書いたのに
 スタッフに『流石ですねぇ~、スガさん! 変態を書かせたら天下一品!』とか言われてぇ~
 ちょっとショックだったんだけど…。純愛なの!
 純愛だから!そう思って聴いてください。」



「じゃあ、このへんで一緒にやってくれてるメンバーを紹介します!
 バンマス、坂本竜太!」
R「僕はミュージシャンになって26年経つんですけど…
 素敵なパートナーがいてこそなんです。
 岸田容男さんに出会って、プロになりました。
 岸田容男さんのおかげです。」
なんでそんなMC?と思った訳は数分後に判明します。
S「キーボード&コーラス、マリリン!」
M「イヤ~ン
S「それだけかよ(笑)」
 キーボード、ポチ~」
P「僕は5年ぐらいです…。岸田さんのおかげです。」
S「ギター、田中義人~!」
Y「えー、私事なんですが、関西圏で7月にライブをやることになりまして。
 詳しくは折り込みチラシの方で…」
S「何でやるの?」
Y「それはチラシの方で…もう関西圏で出来るのは岸田容男さんのおかげです。」
S「今日はキッシーのお母様が来てらっしゃるということで。」
「お母さん!」「お母さん!」(←『俺たちファンクファイヤー』のかけ声)
S「もうウチは岸田さんあってのバンドなんで。」
(拍手)
S「産んでくれてありがとうございます!」
あれ?キッシーのこと、ちゃんと紹介した?
という感じで曲に突入(笑)



もうねぇ、どまん前(っつーか上?)でギター弾かれたら、あかんわ、惚れますわ。
(前から惚れてるけどさ。)
筋張った細腕に萌え~
ゾクゾクするやろ!(ザブングル?)
そんなこんなでシカオちゃんの方もかなりノリノリでギター弾いてて、
センターに戻るの忘れて、歌に間に合わず(笑)
私に向かって弾いてくれてたと思っていいですか?
(ハイ、妄想~。アホです。

えーと…一応言うておくと、目の前に来た時は、
突っ立ってるのはあまりにも失礼というかノリ悪すぎるんで、
ジャンプ&手を振ったりして盛り上げます(笑)
でもほんまのコト言うと、じーっと見ときたい。
実際終わりの方は手も振らずに見てたし(笑)
わは。

あと、ライブ前は足にでも触るぞ!とか思ってたけど、
他の人がちょっと前に行ったら係のおにーさんが飛んでくるので
止められても不愉快なので自粛しました。

アンコール

キッシーのみが登場し、ドラムソロ。
客のかけ声をあおるのに、間が悪く(爆)
みんなどこで入るん?って感じで前のめり状態。(^_^;)
ウロウロした感じでやってるうちにメンバー登場、
しかし今度はキッシー、何言うてるかわからんくて
会場内にいた人は全くコールできひんという(笑)
吉本新喜劇なら全員コケてたで。
キッシー、もうちょっと何とかしてや~。
そしてシカオちゃんはアコギ?を下げて登場。
一列目にネックすれすれの距離を歩いて客席をあおる。
(一応2列目なので、ギリギリ届かんかった…



「デビューして13年目なんですけど、おかげさまで素晴らしい記録をいただきまして。
 男性ソロアーティストでアルバムが連続TOP10入り、という。
 尾崎豊さんを抜きまして、単独一位となりました!」
(拍手)
「ホントに誰も聴いてくれないと僕らは何も出来ないというか、
 さだまさしさん(?)が『○○(忘れた)』って言ってたんだけど、
 それはなぜか上から目線なんだけどね(笑)
 ぼくらがこうやってられるのも、アルバムを買ってくれたり、
 ライブに来てくれたりする皆さんのおかげです。(ペコ)」
(拍手)

「最近はホントにCDが売れなくて、みんな保守的になりすぎてるんじゃない?
 アラサーのための80年代コンピ~なんちゃらとかさぁ。」
♪義人くんがボサノヴァ(?)をつま弾く(笑)
「そうそう、こんな感じのありがちな…。
 いやさ、いいんだよ、こういうのも!
 あとね、カバーもね。みんながやらなくてもいいと思うんだよ。
 それはひとえにオレ達の力も足りないんだけど…それはホントに申し訳なく思ってます。
 なのでぼくはこれからもオリジナルで勝負していきますよ!!
 保守になってはファンクにあらず!!」
(人差し指を指してポーズ!)
「とか言って速攻カバーアルバム出したりして。なんだよあいつとか言われて(笑)」

昨今の音楽市場に物申す!って感じのトークでした。



「ホントに暑いよね~。夏のツアーがこんなに暑いとは思わなかったよね。」
と、いつの間にか、シャツのボタン、いつもより一個多めに開いております~
そしてシャツをパタパタするシカオちゃん。
「いつもはさー、秋冬だからわかんないよね。」
(竜ちゃん、義人くんもうなづく)


そして、あぁ~終わりかぁ~。ピック欲しい~と思っていたら!
シカオちゃんが目の前(隣のブロック端)でピックを投げた!!
前の子に取られると思ったら、手の間をすり抜け目の前にポトリ。
私よりもマイミクさんの方が動きが早く、確保してくれました~

一番最後っていうか終わってからテンションMAXになってどうする!?
罪な男です、シカオったら(笑)

というワケで至福の時を過ごさせていただきました。

大阪はもっとサウンドに集中して聴こう。

 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ピックとったどー!!

2010-06-21 23:08:05 | スガシカオ
本日のシカオライブ@神戸にて!


二列め(実質一列め)の恩恵!


前の子の手の間をすり抜け、目の前にヒラヒラ落ちて来た!

(正解には隣のマイミクさんが確保してくれたのですが



こりゃ~家宝です♪
ありがとうございました


ライブレポは後ほど…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スガシカオ Hitori Sugar Tour 2010 Vol.20

2010-06-20 23:55:12 | スガシカオ
会場売りのチケットに早朝から並ぶガッツは無かったものの
イベンターの先行で、マイミクさんが奇跡の当選を果たしてくれたので
プラチナチケット入手で行ってきました、KYOTO FANJ!
ようやく初Hitoriです~

でも遠…。
っていうか、初めて聞いたし、ココ。
「びぜん・ぎゃるり」って書いてある妙に役所が建てたくさい外観で、
地下にあるこのホールは、バブルの産物的な、ライブハウスにしては無駄に豪華な内装。
ミラーボールまであるし。
絶対昔は違う目的だったと思われ。

さて、前置きが長くなるので、さっさとセトリとMC書いていきま~す。
曲順、MCの順番はかなりうろ覚えなので、“やった曲”、“こんなん言うてた”程度でお願いします。
なんか毎度こんなこと書いてる気が…(^_^;)

衣装は赤のポロシャツやっけ…黒やったっけ?
あぁ、記憶がぁっ!
赤が似合うなぁと思った記憶は薄ぼんやりとあるのでスガ…。
ボトムは濃いめデニムと黒スニーカー。
サングラスはおニュー?
と思いきや去年のUKサーキットでかけてたやつでした。
“つる”がシルバーのロゴ?入り。今度はどこのんなんでしょうか。


フォノスコープ
なぜか弾きかけて途中で止める。で、再開。

「暑いよねー。梅雨だし。」
「ヘアスプレーさわってたら、手がギトギトになって。ピックが取れなくなっちゃったんだよ。
 ギトギトのやつあげます。」
と、ピックを客席にポイッ!

サヨナラホームラン

「ホント、暑いよねー。地下だからかな。あ、京都だからか?
 Hitori Sugarはいつもは大きい都市、東京とか大阪、京都なんかではやらないんですけど、
 何故か今回京都がピックアップされていて。やってきました~。」
(拍手)
「今日は一人なんで。始めから終わりまで一人です。
 よく3曲ぐらいやって『今日は友達が来てます!』とか誰か出てきたりするのもナシ。
 ホントに一人なんで。
 (涼しい顔で)普段、僕あんましゃべんないんですけど。」
(え~~~~~~)
「今日はしゃべります(笑)
 あいつおしゃべりだな~ってことじゃなくて、それも演奏の一部と思って聴いてください。」

「えー、じゃあ暑くなってきて…せっかくなんで、夏の歌をやってみたいと思います。」

夏祭り
3フレーズめあたりでコードが変なキーに…。
みんな「???」
さすがに弾くのを止める。
ギターのコードを変える道具(カポっていうの?)を外し忘れていたシカオちゃん(笑)
歌い直し。

コノユビトマレ

「今回は?新しい機材を導入しまして。○○(←機材の名前?)7,800円!
 一人だと全部同じ曲に聞こえて、飽きられちゃうんで、いろいろやってるわけですよ。
 これがあると、何人かでやってるように聞こえる(的な)」
(実演)

「ワールドカップ見てる?
 岡ちゃん声ちっさくて何言ってるかわっかんないんだよね。
 これはさ、ブログにも書いたんだけど…言っていいのかな。。。
 天才バカボンにウナギイヌっつーのが出てくるんだけど、そっくりじゃね?
 もうさ~、見てたら笑っちゃって。
 んで○○(どこの国やっけ?)に柳葉敏郎にそっくりな選手がいるんだよ。
 見てたら、あ~またギバちゃん頑張ってるよ~って、気になっちゃって気になっちゃって(笑)」

「では、6月にちなんだ曲をやります。」
June
はじまりの日
真夏の夜のユメ

「(今日は)父の日だよね。うちの親父の話でもしますか。
 もうだいぶ前に亡くなったんですが。ってもあんまり思い出がない…(苦笑)
 まぁ、酒が好きでねー。家でよく飲んでたんだけど、
 お袋の作るつまみが美味しくない(?)とか言って、よく怒ってたんだよ。
 で、後何年生きれるかって時にね、(病院から)家に帰ることになったんだけど
 つまみがないからいいとか言ってんの。
 それぐらい作るわよって言うんだけど、
 お袋はホントに料理がダメで、お鍋に数の子入れちゃうような人で
 今まで作ったことないじゃないか!って怒り出したりして。
 で、それから2年ぐらい(?)で亡くなったんですけど。
 そしたらさー、お袋が葬式で『うちの人はほんとに怒ったことのない人で…』ってさー、
 ホンットによく怒ってたんだよ。隣で笑いこらえるのに苦労したよ~。(的な)
 親父は服のセンスゼロなんで。
 紺のスーツにスニーカーはいて、スーツの上に緑のジャージ着てさー。
 ジュラルミンケースを持って外出したんだよね。
 そしたら職質されたらしいんだよ(笑)
 『なんで職質されるんだ。どんな服着ても自由じゃないか!』って怒ってたけど、
 職質にも自由があるんじゃないかと思うんだけど(笑)」

「親父が亡くなった頃に作った曲をやりたいと思います。」
アシンメトリー

Party People
♪10年もミュージシャン → ♪13年もミュージシャン に変えて歌う。

「一人でやってるとさ、時間が全然わかんないんだよね。
 下手すると1時間半で終わっちゃったりとか。
 ガーッて盛り上がった時は気が付くと2時間半もやってたりとか。
 ステージの上は流れる時間が違うんだよ!
 なので今日は時計を用意しました!」
(朝までー)
「朝までっつったら同じ曲が何回も出てくるよ~(笑)
 出来る曲と出来ない曲があるんだよ。
 出来るけど、やっただけ。
 やっぱりさー、いい曲だったとか言ってもらいたいじゃん。
 やるんだったら何か残したいと思うんですよ。
 何をやっても出来ない曲が『あまい果実』だな~。
 家で色々やってみたけどコーラスとか~~~(忘れた)がねぇー。
 出来るようになったらこの(Hitori)ツアーが終わりって事ですよ!」

「ちょっと盛り上がったんで、このへんでバラードを…。」

黄金の月
夜空ノムコウ

(うろ覚えです。抜粋状態かも。)
「アルバムを出しまして…。
 ぼくがデビューした頃って言うのは、CDが売れまくってて。
 100万枚200万枚、小室哲哉さんとかね。
 自転車二人乗りしててもあんまり怒られないような。そんな前じゃないか(笑)
 オレも会社辞めて、でもなんとかなるだろう、みたいなね。
 景気も良くて、職もいっぱいあったし。
 まぁ、そんな時代だったので、世の中の見えないところをちゃんと歌詞にしないと、
 と思って『TIME』というアルバムを作ったんですけど、
 その時に、あれ?ちょっと違うんじゃないかって思って。
 暗い部分を書かなきゃと思ってたんだけど
 もう現実はそんな暗い部分を通り過ぎちゃってるんじゃないか?って思い始めて、
 そのあと『PARADE』、『FUNKAHOLiC』を作って、今回『FUNKASTiC』を出したんですけど
 ようやくこれかなーという詞が書けた手応えがあった曲です。」

兆し
雨あがりの朝に

「こないださー、永ちゃんのライブに行ってきたんだよね。
 リスペクトするYAZAWAの。
 こん中で行ったことある人いる?
(ちらほら)
 あ~、結構いるんだなー。
 今ギター渡してくれた人が永ちゃんのサポートを10年もやってて。
 名前覚えてくれないんだって(笑)
 あ、ギターの彼!(←右手でスナップ&指差し、ものまね)みたいな(笑)
 で、チケット取ってもらって行ったんだけど、
 会場に入ったらさー、白いスーツの永ちゃんみたいな人がいっぱいいるワケよ。
 こーんなオールバックにしたような。
 その白いスーツが開演前に『永ちゃーん』って前でかけ声かけてんだよ。
 オレらなんてさー、ポテチ食ってたりしてたんだけど
 そいつらはブロックごとに回ってるんだよね。
 わーってなってるから、始まる前からアンコールみたいな気分になるんだよ。
 そりゃー盛り上がるよね。
 あとさー、普通はイントロがあって、曲が終わってアウトロって最後に弾いて終わるじゃん。
 永ちゃんが歌ってる以外、全部『永ちゃん』コールなんだよね。
 『永ちゃん、永ちゃん』ってさー(腕の振り付き)
 ちょっとゆっくりな曲だと『永ちゃ~ん』とかんなってさ。
 で、歌い始めたらピタッと止めるんだぜ。
 ギターの人とかもこんなんなって弾いてんのにさ、何か可哀相になってきちゃって(苦笑)
 長渕剛もすごいことになってるらしいんだよねー。
 あんまり知らないから言えないなー。
 矢沢さん(永ちゃんって言ったかも?)は知ってるからいいんだけど。」

「あとは小田さんだな~。
 あの年代になったらね、矢沢さんか小田さんかどっちかなんだよ。
 もう二人とも60代でしょ?
 小田さんはね~、ライブでゲストで出たことあるんだけど、
 歌い出したらガーッて(ステージを)走り出しちゃうじゃん。
 ライブ中はすっごい元気なんだよ。
 でもライブ終わって楽屋帰ったら普通のおじいちゃんなんですけど(笑)
 で、一緒にやった時、イヤモニっつってココに自分の声を返すんですけど、
 小田さんの声も一緒に帰ってくるんだよね。
 そしたらα波がすごくて、眠くなってきちゃって(笑)自分のパート忘れかけて。
 イィーーーーーー(両手を頭に)って、頭ん中引っかき回されるような感じで…。
 将来、俺もどっちかに行ければいいなと思います(笑)

「じゃあ、しっとりめ(?)が続いたんで、ここらでドキドキしちゃっていいですかー!?」

ドキドキしちゃう
Hop Step Dive
19才
午後のパレード
リズムと高音のフレーズをサンプラーに入れて、とても一人とは思えない音の厚み。
コーラスはもちろんお客さん。
一応練習させてくれたけど、みんなもうわかってるんでバッチリ
Hitori Sugarでこんなに盛り上がるとは思わなかった!
ひとりやのにめっちゃおもろいや~ん!!

アンコール
FUNKAHOLiC
軽蔑
ヒットチャートをかけぬけろ
♪僕のたった一つのプライドになったんだ~
  ↓
♪僕のたった一つの幸せになったんだ~
そして恒例のHitoriメンバー紹介も忘れない(笑)

Wアンコール
「今日は盛り上がったんで、きれいにシメさせてよ。」
愛について


今日はスタンディングゾーンの4列目ぐらいで、背が低いのであんまり見えず
隙間や人の頭の上から見ることに必死で、正直疲れました。。。
足パンパン。
でも、それを上回るシカオワールド全開でめちゃ良いライブでした。
明日、神戸が楽しみや~。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

双眼鏡を返してください。

2010-06-18 11:05:08 | Weblog
5月2日の藤井尚之さんのライブ(なんばHatch)で双眼鏡が行方不明になり、会場、イベンター、警察に問い合わせたが見つからず

仕方ないので、新しいものを買った。

さしあたり、しばらくは必要ないけど、無いといざというときに困るし落ち着かない。

シカオ@神戸は2列めやからいらんしな





ただね~、言いたくないけど、後ろの人?周辺の人?に盗まれた可能性もゼロではないので、盗難届けを出すべきか悩んでます…。

もし2階の一列めから双眼鏡を盗った人(若しくは知人)がコレ見てたら返して!


確かにズーム付いてるそこそこ高価なヤツやったけど、値段の問題ではなく、もしかしたら尚ファンにそういう人がいるかもしれない事が不愉快です。


落ちているのを見た!という情報だけでも有り難いです。

よろしくお願いします。

新しいのを買って、もう要らないから返さなくていいという理屈は当てはまりません
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログの紹介

2010-06-17 23:00:10 | Weblog
ライブとは何の関係もないのですが。。。


私が昨年通っていたスクール、宣伝会議「編集・ライター養成講座」の
大阪16期の受講生で運営しているブログがあります。

講座修了後も受講生同士の交流が続いており、
個人で遊びに行ったり、たまにはみんなで集まったりと
良い友人がたくさん出来ました。

内容はバラバラなのですが、言葉にこだわるこのブログ、
私もいくつか記事を書いております。

一度とは言わず、ぜひ何度もご覧ください!!


「言ノ葉学園ブログ」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大西ケンジ

2010-06-16 23:10:12 | Weblog
はるな愛の本名が大西賢治だという事は有名である。
(字が間違っておりました。スミマセン


片付けをしていたら1989年の「マンスリーよしもと」が出てきたので、パラパラめくっていたら。

今は無き、あの心斎橋筋2丁目劇場のガイドに
「大西ケンジファーストライブ」と書いてあるではないか。


写真こそないけど、在りし日のはるな愛よねぇ?

確か16歳ぐらいでCDちゃう、当時はレコード出してたはずやから、年齢的にも合うわな。


今やから笑えるけど、当時はどんな感じやったんやろう(笑)

今やから見てみたい、ファーストライブ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ランキング入り!

2010-06-13 13:05:43 | Weblog
いつもご覧いただきありがとうございます!
初めての方は初めまして!


ランキングで初めて2000位台に入りました!


2010.06.12(土) 910 PV 334 IP 2189 位 / 1423481ブログ

今までで最高の閲覧数、訪問者数、順位です。

今後も頑張りますのでよろしくお願いします。m(_ _)m
コメント
この記事をはてなブックマークに追加