軽井沢のいろいろ~♪ 軽井沢で静かに暮らす 深山のイノシシ があれこれ見たこと聞いたこと

軽井沢に静かに暮らす深山のイノシシが
軽井沢の春夏秋冬 今昔、あれこれ・・ 見たまま聞いたまま書いてるよ

 軽井沢のいろいろ 軽井沢の昔話 終戦直後の写真

2016-11-30 | 避暑地 軽井沢のあれやこれ

 この画像  見たことありますか ?

 終戦直後 駐在米軍のパイロットが   軽井沢駅の南東側  矢ケ崎山上空から写したと言われる画像なんだって

 家や別荘もまばらで   離山もはげ山・・  18号線のラインだけが印象的だね 

 この頃は  焚き木が一般的な燃料だったから   植栽以外の雑木は採り尽くされていただろうね

  「おじいさんは やまへ柴刈りに・・・」っていう時代と 大きい差はなかったと思うよ 

 最近では 柴刈りを  芝刈りとしか連想できなくて 芝刈り=ゴルフ  なんて発想も笑い話にあるけれど

 柴刈り っていうのは  焚き木になる木を採りに行く作業の事だったんだ  大きな木を切るきこりより小ぶりな枝を集めるんだね

 この画像の数年後位から   大規模な別荘開発やレジャー産業が本格的になって  スケートの世界選手権開催地になるとか

 東京オリンピックの馬術競技開催とか  地方の自治体のひとつながら  大きな存在感を得て行くようになるんだ

 今から70年くらい前 ・・・  皆さんの中に こんな風景を実際に目撃した人 いますか~ ? 

 ( この写真も 以前の浅間山の画像の様に 右の方に拡がっているからスライドさせて全体を見てね  )





 





コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

 軽井沢のいろいろ 軽井沢の冬・・ダウンとウールがGOOD 

2016-11-30 | 避暑地 軽井沢のあれやこれ

 毎年  どこの誰が作り出すのか  ファッションの傾向が目まぐるしく変わり

 メディアの進化で  日本中のどこにいても  そんな風な?いでたちを見かけるけれど

 今頃からの季節の軽井沢は  ちょっと工夫しないと・・・  寒いよ~~~!  の挙句、風邪を引いちゃうかも 

 これからは  しっかり仕立てのダウン衣料と  少し上質なウール、カシミヤやアルパカなんかが 似合う街 

 耳や  ほっぺ 、  それから手袋も忘れずにね・・ !

 ボクたちも   夏が終わった頃から少しづつ自前のウール?の質量が増えて 

  氷点下20度近くにもなる外気の中で過ごすころには隙間なくふかふかの熱い毛に   身を固めて暮らすんだもん

 ストーブや暖炉  暖房設備に守られてお家の中で過ごす時は テレビやファッション誌と似た様な服でいいけれど

   ウィンタースポーツや外出の時は しっかり  温かい服装でお出掛けしてね !

 う~~~ん それにしても 今朝は一段と冷え込んだな・・ は、ハックション !   
 

 
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

 軽井沢のいろいろ 軽井沢の少年少女合唱団とファミリーオーケストラ クリスマスの調べ

2016-11-29 | 避暑地 軽井沢のあれやこれ

 どこの市町村にも   同じ趣味やアートを愛する人たちがいて  個展を開いたり発表会をしたり

 全国的な  大会や集まりに参加したりしているものだけれど

 軽井沢にも  音楽を愛する人たちが集って 少年少女合唱団や 

 音楽を通したファミリー として結成されている  オーケストラがあって 熱心に練習を重ねているようだよ 

 12月4日の日曜日に  軽井沢駅近くの「大賀ホール」で 音楽会が開かれるってポスターが出ていた 

 軽井沢は 避暑地になって間もなく頃から  芸術家や音楽教育関係者の滞在、 来訪が多かったこともあって

 東部小学校に  昭和30年代には鼓笛隊が編成されたり 個別に指導者に巡り会って  それ以前からピアノやオルガンだけでは無く

 バイオリンやチェロ、管楽器といった  専門的な楽器を習うこどもたちもいて

   学校の音楽会の「合奏」に 彩りを添えていたらしい

 今は 音楽もジャンルが広がり   楽器もあたらいい音源が登場して久しいけれど 

  一緒にひとつの曲を完成させていく 合唱と オーケストラ  

 興味がある人は たくさんいるでしょ?  ひと足早いクリスマス気分を満喫しに出かけてみたら?

 ポスターを見て 聞きたい事は問い合わせて   お出掛けしてね   


 


 
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

 軽井沢のいろいろ 軽井沢のお正月料理・・

2016-11-28 | 避暑地 軽井沢のあれやこれ

 昨日の軽井沢は  お天気が悪くて お昼頃からは雨が降り出し、  おまけに寒い・・

 お陰?で 雪はだいぶ消えた気がするけれど、  今朝になって浅間山を見上げると中腹まで新雪が・・

 山では  雨じゃなく雪だったんだね

 今週後半は もう12月で  新聞のチラシや テレビのCMも クリスマスやお正月をイメージしたものが多いよね 

 みなさんのお家の  お正月のご馳走は どんなですか?

 今でも 昔からの日本の伝統的な「おせち」を食べてる人~?  

 最近では   CMのコピーロゴにも 「美味しいものは脂肪と糖で出来ている!」なんてのがあるけれど

 考えてみると  農耕民族と称されたご先祖様の とっておきのご馳走は 正に「脂肪と糖」をがっつり頂く ハレの日だったんだね・・

 去年もここで 似た様な話をしたよね?!  長野県は面積が大きくて 古くは「十州に境連らぬる」 と詠われていた

  「歳とり魚」と呼ばれる 大晦日のメイン・ディッシュも 同じ長野県の中でも地域によって  鮭だったりブリだったり鯉だったり

  その時代の流通や交易を  色濃く反映してもいるんだね

 軽井沢は又  避暑地として特に戦後あたりから  日本中と海外の文化が入り混じるようになり 

 一番大きいスーパーの年末の売り場は   いろいろな商品が入れ代わり立ち代わり姿を見せて面白いよね・・

 え、? 今まで   メモを見ながらほしいものだけ買い込むのに精いっぱいだった・・って?

 今年は ちょっと 売り場を見学ツアーしてみたら?  早くから  お正月メニューになっちゃうかな・・  
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

 軽井沢のいろいろ 冬を迎える軽井沢のニャンコ達・・

2016-11-27 | 避暑地 軽井沢のあれやこれ

 夕べの軽井沢駅前は  寒風の中も出店や冬の夜空を彩る花火・・   クリスマスやお店のディスプレイの灯りで

 ひとしきり 賑やかだったね・・  

 息を白くしながら  フウフウ飲むホット・ドリンクを 楽しんだ人も多いんじゃないかな? 

 寒い夜に限って   一段とイルミネーションや灯りが美しく見えるのが不思議でステキだね 

 さて こーゆー寒い季節になると・・  ボクの友だちのネコ YOHちゃんの様に 家の中で飼われていて

 その家の中の  自分のお気に入りの場所で  寝そべっていられる連中はいいけれど

 飼い主が飽きてあまり構わなくなったり  「外で飼ってるの・・」なんて言って 餌だけやっていたり

 そんなこんなで  戸外で家族が増えちゃったネコたちは  軽井沢の冬は大変だよね・・

 留守がちなお家のベランダや  軒下 居心地の良さそうなスポットを転々としながら   結構たくましく暮らしている

 ネコの習性のひとつとして  飼いネコでもパトロールのように 「なわばり」の中を巡回散策して「外出」

 ちゃっかり  「本宅」の他に 飼っているつもりの「別宅」も確保  しているのもいるらしいけれど

 それは ちゃんと「飼われている」 ネコの話

 無責任な飼育放棄や 戸外繁殖でとかく問題視される「野良ネコ」 をなくそうと

 長年地道で大変な活動を続けている   ボランティアや団体の皆さんの活躍もあって改善はめざましいけれど

 たくましくも  寒空の軽井沢で定住先を  持たないニャンコ達が まだいるようだね・・

 気まぐれで  餌やってるそこのあなた・・  もう一歩「飼えないけれど 可哀想だから」のその思いを進めて 

 飼い主さん探してあげるか   外で飼うなら 避妊手術してあげてよ お願いだよ  


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加