心の栄養♪映画と英語のジョーク

日々観た映画のレビューと英語のジョーク♪心の栄養いっぱいとってKeep smiling♡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「そして、私たちは愛に帰る」

2010-01-08 | 映画「さ」行
ドイツ、ブレーメン。男手一つで息子のネジャット(バーキ・ダヴラク)を育て上げたアリ
(トゥンジェル・クルティズ)は、同じトルコ出身の娼婦イェテル(ヌルセル・キョセ)を囲う。
息子は父に反発する一方、イェテルが稼いだお金の大半を娘アイテン(ヌルギュル・イェシルチャイ)に
仕送りしていることを知り好感を抱く。政治活動に身を投じていたアイテンはトルコを追われ、
ドイツに不法入国して母の行方を捜していた。一文無しとなり途方に暮れていたアイテンを
ドイツ人学生のロッテ(パトリシア・ジオクロースカ)が自分の家に招き面倒を見る。ロッテの
母スザンヌ(ハンナ・シグラ)は、そんな娘の行動が理解できず不安と不満を募らせていくが・・。


先日、「ワン・デイ・イン・ヨーロッパ」でもドイツとトルコの現在の関係が
出てくる映画を見たばかりでしたが、やはりドイツ国内には多くのトルコ系移民が
いるんですね~。そしてEU加盟問題に揺れるトルコ。この両国の人たちが、
両国にまたがって絡み合い、そして3組の親子が微妙に絡み合いながら織りなす
愛と生と死の物語でした。

憎しみも悲しみも、人間の感情がいろいろ含まれたんですが、究極は
“愛”なんだってこと、そして人間だれしも生きていればいつかは
死が訪れる・・その死の捉え方などもテーマだったでしょうか。
 
ものすごく有名な俳優さんたちが出てる訳ではなかったですが
(ハンナ・シグラは有名かな(^^ゞ)、みんなそれぞれものすごく演技が上手い。
味があるし、それぞれの人物の心が感じられました。
ネジャットが主役といえば主役だったんですが、ラストの彼の後ろ姿と
青い静かな海が目に焼き付き、素晴らしい余韻に浸れました。
それもこれも彼の落ち着いた温かさが存分に出ていたからかな。

あらすじを読んでいても、どんな風にこの3組の親子が絡み合っていくのか
予想がつかなくて、どうなるの?と物語の展開に目が離せなかったですし、
映像の構図も良かったし、風景も良かったし、音楽もこれまた良かったですし、
細かなところまで気が配られてるなぁと感じられる作品でした。

EUの問題や、ドイツ・トルコが抱えてる問題も映画では扱われていましたが、
結局のところ、この映画では親子の愛と、人を思う気持ち、憎しみ、許し等々の
人間としての普遍的なことが描かれていました。
そして赦されたものは当然なんでしょうが、赦した方も救われるんだなぁ~・・
ってつくづく思いました。
 
でも、普遍的な題材ではあっても、やはり日本とヨーロッパじゃ環境があまりにも
違うんだなぁってことも感じました。特に、EUの枠組みに入るのか入らないのか、
揺れるトルコ。そしてそのトルコからの移民を多く抱えてるドイツ。
そこにはやはり先進国の欺瞞というか奢りのようなものも感じられましたし、
日本では今のところこういうことは日常茶飯事にはなってないことでした。
でも、いずれはこういうこともあるのかも。

それぞれの登場人物に、時々イラっとするところもあったりしたんですが、
ネジャットは終始落ち着いた思慮深い男性で、一番彼に感情移入してたかな。
このネジャットを演じたバーキ・ダヴラクという俳優さん、初めて見たと
思いますが、風貌にあった抑えた演技で、ほんとに素敵でした。
そしてロッテの母スザンヌのような“赦す”心を自分は母として持てるのか?と
考えさせられたりもしました。
 
時間構成も、最初はただ単純に三人三様に流れていってるだけかな、と
思ったんですが、最初の画面が最後につながり、その構成も好きでした。
そしてその冒頭の部分とラストの部分に出てくる、“今日は犠牲祭”・・
という言葉。そこでトルコはほとんどの人がイスラム教徒なんだ、近いけど
ドイツとトルコはやはり違うだ、ということを感じさせる言葉でもありました。

もう少し一人一人の物語に厚みが欲しかったですが、良く作られた、
余韻の残る良い映画でした。

個人的お気に入り度3.5/5

そして、私たちは愛に帰る [DVD]

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る

コメント (3)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
« 「1408号室」 | トップ | 「プロテージ 偽りの絆」 »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは~! (latifa)
2010-01-08 09:42:55
メルさん~、お正月休みも終わって、やっと普通の生活に戻りつつある今日このごろ。
メルさんはいかがお過ごしですか?
毎日の通い・・・も相変わらずされているのかな・・・。
息子さんはもう帰られたのかな?

この映画、地味だけれど、なかなか良く出来ていましたよね。
一番印象に残ってるところというのは、ここ!
>ロッテの母スザンヌのような“赦す”心を自分は母として持てるのか?と考えさせられたりもしました。

なかなか、ああいう風にはなれないぞ~って思ったわ・・・。私なら、この子と友達になったばっかりに・・・って責める気持ちばかりになっちゃいそうだわ。見習わねばー。
Unknown (latifa)
2010-01-08 09:44:55
わっ!今、自分ところに戻ってびっくり@@
メルさんからTBが!!
私がここに来て、コメント書いてる最中、メルさんが家に来てたなんて~~♪
同時にそれぞれのブログに行っていたのねー(^▽^)
どうでもいいことまた追加で書いちゃってごめんなさい^^
latifaさんへ♪ (メル)
2010-01-09 09:07:30
latifaさん、こんにちは~☆^^

いやいや、ほんと驚きましたわ(^ー^* )フフ♪
同時に同じ記事に同じようにお互いにコメント書いてただなんて(*^^)v
それにしても、この記事をアップしてから、すぐにコメント書いてくださったんですね~。ありがとうございます!!!
嬉しいよ~~~~♡

お正月も終わりましたね~。
明日はこちらはとんど焼きにあたる”三九郎”という行事があり、明後日の朝はお札配りを子供たちがしてくれて、本当にお正月もすっかり終わり・・ってことになります。
でも、7日から学校が始まってるんですが、7・8日と学校に行って、またすぐに3連休で、この休みが終わるまでこどもたちはお休み気分が抜けないですね(^^ゞ

毎日の通い・・ですが、続いてます。
たまに義姉さんが行くとわかってる日には、行かない日もあったんですけどね(^^ゞ
3日に息子を送っていって、ついでに遊んできたときは、義姉さんに許可をいただいたので、1日ゆっくり遊んじゃいましたし(^◇^;)

latifaさんも娘さんの冬期講座とかあって、送り迎えが大変だったかなぁ~・・と想像したりしておりますが、お正月の間だけでも、少しはのんびりできましたでしょうか?

で、この映画ですが
ほんと良く出来ていましたよね。
第一章・・第二章・・と進んでいって
(といっても時がまた章が変ると戻ったりしましたが)
どんな風に関わっていくんだろう?って思いつつ、興味深く見ることが出来ました。
それに風景も凄く良かったし。

そうそう、あのお母さん、私はあんな風に出来ないかもしれないなぁ~・・と思いました。
やはりなかなかあんな風にできないですよね~。
この子さえいなければ・・・と絶対考えてしまうと思います。
この映画の後、お母さんと彼女が助け合って幸せに暮した・・と思いたいです。私も見習わなくっちゃ・・です。

コメントを投稿

映画「さ」行」カテゴリの最新記事

15 トラックバック

「THE EDGE OF HEAVEN」 そして、私たちは愛に帰る 感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
トルコ系ドイツ人であるファティ・アキン監督の、2007年のカンヌ国際映画祭で脚本受賞映画。 全く飽きさせず、どうなるんだ??と、最後まで...
天国のほとりで~『そして、私たちは愛に帰る』 (真紅のthinkingdays)
 AUF DER ANDEREN SEITE  THE EDGE OF HEAVEN  ハンブルグの大学で教鞭を取る、トルコ系ドイツ人のネジャット(バーキ・ダヴラ ク)。彼はブ...
ファティ・アキン監督の「そして、私たちは愛に帰る」を観た! (とんとん・にっき)
新聞の下半分、「そして、私たちは愛に帰る」の大きな映画の広告が出ていました。目についたのは、佐藤忠男が「2008年 私の3点」に選んだということ、これはぜひ観に行きたいと思いました。新聞広告には「ドイツ・ハンブルグから、トルコ・イスタンブールへ。愛する者の...
「そして、私たちは愛に帰る」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  ドイツとトルコ。2000キロ離れた二つの国を舞台にくり広げられる3組の親子の不思議なめぐりあわせの物語。テーマは「愛」と「死」と「許し」1960年代、経済成長をつづけるドイツには多くのトルコ人が働き手として移住していたそうです。...
そして、私たちは愛に帰る 原題:AUF DER ANDEREN SEITE (銅版画制作の日々)
 消息のわからない娘に、母のことのことを知らせるために、作ったチラシは、娘に届くのか? 3月13日、京都みなみ会館にて鑑賞。 ドイツーーーートルコ。2000キロの距離を越えて、3組の親子がさすらう再生と希望の旅路 親子の絆は何ものにも変えられないほど、...
「そして、私たちは愛に帰る 」 Auf der anderen Seite (俺の明日はどっちだ)
国内に270万人ものトルコ系移民を抱えるドイツとEU加盟問題に揺れるトルコ、そんな両国を舞台に2000キロの距離を経て3組の親子が、運命のままにめぐり合い、別れ、そして喪失の悲しみを乗り越えて、愛と希望を見いだす心のロードムービー。 娼婦と暮らし始める移民...
そして、私たちは愛に帰る (シャーロットの涙)
今年のマイベスト1候補☆
『そして、私たちは愛に帰る』・・・ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2007年:ドイツ+トルコ合作映画、ファティ・アキン監督、バーキ・ダヴラク主演。
そして、私たちは愛に帰る (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
ハンブルグに住むトルコ人移民の大学教授、ネジャットの老父、アりは、ブレーメンで一人暮らしをしていましたが、ある日、同郷の娼婦、イェテルの客となり、彼女を家に住まわせるようになります。ところが、アリは、ふとしたことから激昂し、誤ってイェテルを死なせてしま...
そして、私たちは愛に帰る (映画のメモ帳+α)
そして、私たちは愛に帰る(2007 ドイツ・トルコ・イタリア) 原題   AUF DER ANDEREN SEITE 英題   THE EDGE OF HEAVEN 監督   ファティ・アキン    脚本   ファティ・アキン       撮影   ライナー・クラウスマン            ...
そして、私たちは愛に帰る AUFDERANDERENSEITE (まてぃの徒然映画+雑記)
2007年カンヌ映画祭で最優秀脚本賞を受賞した作品。「イェテリの死」「ロッテの死」「天国のほとりで」の3部構成で、アリとネジャット、イェテリとアイテン、ロッテとスザンヌの3組の親子の物語をドイツとトルコの2ヶ国にわたって繰り広げる。さすが脚本賞!の素晴らしい....
「そして、私たちは愛に帰る」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Auf der anderen Seite」...aka「On the Other Side /The Edge of Heaven」 2007 ドイツ/トルコ/イタリア トルコとドイツを舞台に“愛と死”をテーマに、三組の親子が織りなすヒューマン・ドラマ。 カンヌ映画祭最優秀脚本賞/全キリスト教会賞受賞作品。 ネ...
(今日の映画)そして、私たちは愛に帰る (Kozmic Blues by TM)
そして、私たちは愛に帰る(2007/独=トルコ) AUF DER ANDEREN SEITE THE EDGE OF HEAVEN
映画評「そして、私たちは愛に帰る」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2008年ドイツ=トルコ映画 監督ファティ・アキン ネタバレあり
そして、私たちは愛に帰る ▲11 (レザボアCATs)
ドイツ系トルコ人の監督、ファティ・アキンの意欲作。3組の家族が運命的に交差する。ドイツとトルコ、国境を越え行き交う人々の物語。この中に、監督自身の思い、現在のトルコの姿、ヨーロッパの姿が浮き彫りにされる。