家庭内映画館

ホームシアターやAV機器、映画の感想・映画にまつわる話をだらだらと書き綴っていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブログ引っ越ししております

2015-12-21 11:54:03 | Weblog
拙ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
メインのブログはこちら↓に引っ越しております。
アドレスはこちらです→家庭内映画館
今後ともよろしくお願いします!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「放送禁止 劇場版 洗脳〜邪悪なる鉄のイメージ〜」・・・(最終回)

2015-12-14 09:41:46 | Weblog
「放送禁止 劇場版 洗脳〜邪悪なる鉄のイメージ〜」放送禁止 劇場版 洗脳〜邪悪なる鉄のイメージ〜
監督・脚本:長江俊和
2014年・日本・95分<レンタル>

<STORY>
あることがきっかけで強い洗脳を受けた元主婦、江上志麻子。彼女を襲った、幸せな家庭を壊した本当の真実とは?全てを明らかにするため、志麻子の脱洗脳を試みる心理セラピスト 小田島霧花。志麻子の親友であり、ビデオ・ジャーナリストの鷲巣みなみが、洗脳を解く過程をカメラで追う。そこに映し出された恐るべき事実とは...

不定期に放映された深夜ドラマから始まった「放送禁止」シリーズの
最新作にして3本目の劇場版。

シリーズ全てフェイクドキュメンタリーなのですが
共通した設定として
撮影されたものの、事情があってお蔵入りした映像を編集した、ということになってます。
そして、表面的に映し出されている物語と
その裏側に隠されている「真実の物語」の二重構造になっています。

私はテレビ版の二作目「ある呪われた大家族」をたまたま観て以来、ハマッてほぼ全作観てますので
もういい加減「真実を見抜いてやろう」といういやらしい見方になってます(笑)

今作はネタバレしたら魅力がまったく無くなりますのでその辺は書きませんが
一つのネタはすぐにわかります。
まぁ最後にネタバラシもありますし、大体は理解できるのですが
ネットで色んな人の考察を見ていると様々な解釈がありますね〜
かなり深読みしてる方もいて、なるほど〜と思うこともあるのですが
それにしては作品自体に情報が少ないな〜などと思ったり、まぁいなかなか楽しめる作品です。

ただ、個人的には今作は今までの中ではちょっと落ちると思いますし
劇場版よりもいきなり深夜のテレビでわけもわからず見るっていうのが
このシリーズに一番合ったシチュエーションかと思ってます。

今作自体はそんなにオススメでは無いですが
「放送禁止」シリーズを全く知らない方には
特にテレビ版をぜひともご覧いただきたいですね。

<引っ越し>
ブログを引っ越しました。
こちらのブログでの更新は今回で最終回となります。
引っ越しのお知らせはこちらで定期的にしていく予定です。
アドレスはこちらになります→http://blog.goo.ne.jp/oneofthebroken_paddy
よろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログ引っ越ししております

2015-11-24 09:29:52 | Weblog
拙ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
メインのブログはこちら↓に引っ越しております。
アドレスはこちらです→家庭内映画館
今後ともよろしくお願いします!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ゾンビ・リミット」・・・(913)

2015-11-16 09:56:07 | Weblog
「ゾンビ・リミット」THE RETURNED
監督:マヌエル・カルバージョ
出演:エミリー・ハンプシャー、クリス・ホールデン=リード、ショーン・ドイル、クローディア・バソルス、バリー・フラットマン、他
2013年・スペイン=カナダ・98分<レンタル>

<STORY>
ゾンビウィルスの発症をワクチンで抑えられるようになった世界。ウィルス感染者は「リターンド」と呼ばれ、定期的にワクチンを打つことで普通に生活することができる。
リターンドをサポートする病院で働く女性ケイトは、リターンドの恋人アレックスと幸せに暮らしていた。ところがある日、ワクチンの在庫が残りわずかだという噂が流れはじめる。
不穏な空気が街を覆うなか、ケイトとアレックスは大量のワクチンを持って逃亡するが...

はっきり言いますが、ゾンビものでもホラーでも無いと言い切って良いと思います。
ジャンル分けするなら「社会派サスペンス」でしょうね。
ウイルス系ゾンビがモチーフとなっていますが、これはエイズなんかのメタファーなんだと思います。

タイトルやDVDのパッケージとかイメージするような派手なエンターテイメント性はありません。
ただ、サスペンスとしては良く出来ていると思います。
ゾンビに恋愛や感動を絡めた中途半端なゾンビ映画は嫌いですが
今作はもうほとんどゾンビ関係ないですから(笑)これはこれで良いと思います。
ゾンビをモチーフにしながらこういう作品もあるんだという感じなので
普段ゾンビものを観ない人にこそ観ていただきたい作品ですね。

<引っ越し>
ブログを引っ越しました。
アドレスはこちらになります→http://blog.goo.ne.jp/oneofthebroken_paddy
しばらくは並行して更新しますが、年内には上記の新ブログ1本で行きますのでよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「地獄でなぜ悪い」・・・(912)

2015-11-09 09:51:05 | Weblog
「地獄でなぜ悪い」WHY DON'T YOU PLAY IN HELL?
監督・脚本・音楽:園子温
出演:國村隼、 二階堂ふみ、友近、 長谷川博己、 星野源、堤真一、他
2013年・日本・130分<レンタル>

<STORY>
とある事情から、激しく対立する武藤と池上。そんな中、武藤は娘であるミツコの映画デビューを実現させるべく、ミツコ主演作の製作に乗り出すことに。
あるきっかけで映画監督に間違えられた公次のもとで撮影が始まるが、困り果てた彼は映画マニアの平田に演出の代理を頼み込む。
そこへライバルである武藤の娘だと知りつつもミツコのことが気になっている池上が絡んできたことで、思いも寄らぬ事件が起きてしまう...

「冷たい熱帯魚」「愛のむきだし」の園子温監督作品。
まぁ漫画ですね〜むちゃくちゃなバイオレンスに「映画製作」を絡ませたコメディです。
ヤクザの抗争を映画として撮影するという荒唐無稽な話ですが、
とにかくパワフルで勢いがあって、2時間超の割にはサクサクと観れました。

正直、もう園作品を観ることは無いと思ってましたが
これだけ精力的に作品を発表し続けられたら観ざるを得ないと言うか(笑)
まぁ嫌でも目に入ってきますよね〜
今作はコメディだからということもあるのかも知れませんが、今まででいちばん観やすかったかも知れません。
もしくは園監督のパワーに対抗しうる何かを私が身につけたのかも知れませんが...(笑)

とにかく馬鹿げたお話でコメディ以外の何ものでも無いのでしょうけど
全編を貫く哀愁というか切なさみたいなものは園監督独特の感性なんでしょうね。
その辺は嫌いじゃないです。
コメディとは言え、基本はヤクザの殺し合いですからどぎついシーンも多いですが
まぁとにかく観ていただきたい一本です。

<引っ越し>
ブログを引っ越しました。
アドレスはこちらになります→http://blog.goo.ne.jp/oneofthebroken_paddy
しばらくは並行して更新しますが、年内には上記の新ブログ1本で行きますのでよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ロッジ LODGE」・・・(911)

2015-11-03 09:41:40 | Weblog
「ロッジ LODGE」DON'T BLINK
監督・脚本:トラヴィス・オーツ
出演:ミーナ・スヴァーリ、ブライアン・オースティン・グリーン、ジョアンヌ・ケリー、フィオナ・グーベルマン、ザック・ウォード、他
2014年・アメリカ・92分<レンタル>

<STORY>
休暇を利用して山奥のリゾートに出発した10人は、キャンプ場に到着する。帰りのガソリンがない彼らは、ほかに旅行者がいないか捜そうとふた手に別れ探索し始めるが...

「TSUTAYAだけ」です。
はっきり言って観なくて良い作品なのでネタバレします(笑)


まぁ反則ですよね〜
ジャンルとしては「ホラー」か「サスペンス」という感じで進んで行き
オチは「SF」です...
そのSFにしても特に説明はありません。
90分間、一人ずつ人が消えて行き、最後に「メン・イン・ブラック」らしき人が登場
(私は見落としましたがエンドロールにメン・イン・ブラックのクレジットがあったそうです)
それで、これは「アブダクション」(エイリアン・宇宙人による誘拐)なんだとぼんやり理解出来るかな〜って感じです。
それまでサスペンス的に一人ずつ消えてたにも関わらず
ラストは救助隊が全員一瞬にして消え去るという雑さ(笑)
そして生き残った女性だけはここでも消えないという映画的御都合主義。

これはこういう作品なんだと理解は出来ますが、このオチがありなら何でもありだな〜って感じです。夢オチと一緒ですね。
途中までは雰囲気があって良かったですが、途中から明らかに何か超自然な力が働いてるんだろうな〜と思ったところで冷めました。
学生映画なら面白いかもしれませんが、商業用作品でこれはダメですね。
「なるほど、そういうことか〜」と観客を唸らせる何かがあってこそのプロじゃないですか?
ちなみにキャストでいちばん有名だろうと思われるミーナ・スヴァーリはほぼカメオです。ソッコーでいなくなりますよ(笑)

<引っ越し>
ブログを引っ越しました。
アドレスはこちらになります→http://blog.goo.ne.jp/oneofthebroken_paddy
しばらくは並行して更新しますが、年内には上記の新ブログ1本で行きますのでよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログ引っ越ししております

2015-10-26 09:34:04 | Weblog
拙ブログをご覧いただき、ありがとうございます。
メインのブログはこちら↓に引っ越しております。
アドレスはこちらです→家庭内映画館
書き溜めた分のブログは並行して更新してるのですが
新しいブログの方で、テレビ放映があるとのことで急ぎで「るろうに剣心」をアップしまして(笑)
こちらが1回分空きますので、改めて引っ越しのお知らせを書かせていただきました。
今後ともよろしくお願いします!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「パニッシュメント・ゲーム」・・・(910)

2015-10-19 09:50:04 | Weblog
「パニッシュメント・ゲーム」THE GAUNTLET/GAME OF ASSASSINS
監督:マット・エスカンダリ
出演:ウォーレン・コール、バイ・リン、ジェイミー・レイ・ニューマン、ダスティン・ヌエン、他
2013年・アメリカ・85分<レンタル>

<STORY>
洞窟の中で目覚めたデイビッド。周りには大量の死体があり、ここまで来た記憶もなく、理由も分からない5人は出口を探すべく不気味な道を進んでいくがそこには多くの仕掛けが待ち構えていた。初めは全員で洞窟からの脱出を試みようとするが、やがてそれぞれの隠された過去が明らかになり...

う〜ん...何これ?(笑)
謎解きと脱出と殺し合い...
近年流行ったソリッド・シチュエーション・ホラー的な何かを作ろうとしたんでしょうけど
空回りしてる感じです。
しかもラストでネタばらしがありますが、それがまた何これ?感がハンパ無いです。

世界各国で数々の映画賞にて多くの賞を受賞!とのことですが
きっとどれも”村祭りの相撲大会で優勝”レベルなんだと思います(笑)
まぁとにかく観ないで下さい。つまらないです。

<引っ越し>
ブログを引っ越しました。
アドレスはこちらになります→http://blog.goo.ne.jp/oneofthebroken_paddy
しばらくは並行して更新しますが、年内には上記の新ブログ1本で行きますのでよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「クロニクル」・・・(909)

2015-10-13 09:31:57 | Weblog
「クロニクル」CHRONICLOE
監督:ジョシュ・トランク
出演:デイン・デハーン、アレックス・ラッセル、マイケル・B・ジョーダン、アシュリー・ヒンショウ、マイケル・ケリー、他
2012年・アメリカ・85分<レンタル>

<STORY>
ある日突然手に入れた特殊な能力を使ってイタズラを重ねる平凡な高校生3人組が、
いつしかその強大な力に自ら振り回され、思いもよらぬ事態を引き起こしていく...

P.O.Vを取り入れた青春SFアクション。
これも確か「TSUTAYAだけ」だったはずです。

突然超能力を手に入れた三人の少年。
その内の一人が暴走し、最終的に超能力戦に発展していきます。
大友克洋の「AKIRA」や「童夢」を実写化したかのような作品ですが
実際、監督のジョシュ・トランクは大ファンだとのこと...

ストーリーらしいストーリーも無いですし
時間も短い小品ではありますが
”「AKIRA」や「童夢」の実写化は可能なんだ”と思わせられる
デモンストレーションムービーとして見ればなかなか夢があります。

本当に「AKIRA」を簡素化したようなあっさりした作品ではありますが、
ラストの超能力戦はなかなか見ごたえありますし
これはこれで悪くないですよ。
将来的に「AKIRA」や「童夢」を実写化していただきたいですね〜

<引っ越し>
ブログを引っ越しました。
アドレスはこちらになります→http://blog.goo.ne.jp/oneofthebroken_paddy
しばらくは並行して更新しますが、年内には上記の新ブログ1本で行きますのでよろしくお願いします。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「監視者たち」・・・(908)

2015-10-05 09:32:44 | Weblog
「監視者たち」COLD EYES
監督:チョ・ウィソク、キム・ビョンソ
出演:チョン・ウソン、ハン・ヒョジュ、ソル・ギョング、ジュノ、チン・ギョン、他
2013年・韓国・118分<レンタル>

<STORY>
類まれな記憶力と鋭い洞察力を持つ女性刑事ユンジュは、特殊犯罪課内で凶悪犯の行動監視を専門とする班に配属される。
そこで彼女は、仲間たちとともに、犯罪組織の冷酷なリーダー、ジェームズを追跡。
ところが、頭脳明晰なジェームズは緻密な計画で監視網を巧みにくぐり抜け、完全犯罪を次々と成功させていく...

韓国製サスペンス。
主人公の所属する”監視班”が実在する部署なのかどうかはわかりませんが
(調べてもわかりませんでした...)
エンターテイメントに寄り過ぎて、ちょっとマンガチックになってるかな〜という印象です。

今作の中で監視班は「ただ見張るだけ」であって、それ以外のことはしてはいけないということらしいのですが
全体的に、ただ見張ってるだけでは無い感がハンパ無いです(笑)
あと、冒頭のやりとりで主人公や監視班の班長が凄腕のような雰囲気をかもし出してるのですが
結構ミスするんですよね〜

基本的に隠密行動をする部署ですので、ストイックに描いたら地味で静かな作品になってしまうのかも知れません。
エンターテイメント性を前面に出したおかげでテンポも良く観やすい作品になったのだと思います。
ただ、冷静に見るとちょっと無茶で馬鹿馬鹿しいシーンが多いですね。
個人的にはイマイチでした。

<引っ越し>
ブログを引っ越しました。
アドレスはこちらになります→http://blog.goo.ne.jp/oneofthebroken_paddy
しばらくは並行して更新しますが、年内には上記の新ブログ1本で行きますのでよろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加