心の栄養♪映画と英語のジョーク

日々観た映画のレビューと英語のジョーク♪心の栄養いっぱいとってKeep smiling♡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「映画 クロサギ」

2008-10-31 | 映画「あ」行
かつて詐欺の被害に遭い、家族を失った青年・黒崎(山下智久)。復讐のために詐欺師を狙う 詐欺師“クロサギ”となった彼は、詐欺師業界の大物・桂木(山崎努)の情報でレイコ(飯島直子) という女性からの依頼を受ける。新たなターゲットとなった詐欺師・石垣(竹中直人)に関する調べを 進める。そこへ、石垣の過去を知るというさくら(大地真央)が現われ、黒崎に衝撃の事実を告げる・・。 これは・・・う~~~ん、今 . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (5)

Paratrooper(落下傘降下兵)

2008-10-31 | 英語のジョーク
Paratrooper(日本語訳は下の方へ^^) A young army private was home on leave. He was talking to his father about his experience at jump school while learning to be a paratrooper. “Father” he says, “on my firs . . . 本文を読む
コメント (2)

「フォーチュン・クッキー」

2008-10-30 | 映画「は」行
几帳面で完璧主義者の精神科医テス(ジェイミー・リー・カーティス)。2日後に再婚相手との 結婚式を控えていたが、学校の問題児でロックに夢中な娘アンナ(リンゼイ・ローハン)が新しい 父親と打ち解けないことに頭を抱えていた。一方アンナも、常に口うるさくて子供の気持ちを 理解しないテスにウンザリ。ある日、彼女たちは家族で出掛けたチャイニーズレストランで大喧嘩を 始めてしまう。その時、店のオーナーの母が仲直 . . . 本文を読む
コメント (14)   トラックバック (4)

「アメリカン・プレジデント」

2008-10-29 | 映画「あ」行
多忙な日々を送るシェファード大統領(マイケル・ダグラス)は、たまたま空き時間に環境破壊を 抗議する弁士シドニー(アネット・ベニング)に出会う。ふたりきりで話をした大統領は彼女に一目ぼれ してしまい、フランス大統領就任の祝賀晩餐会に招いて招待客らの前で一緒にダンスを踊った。 これをきっかけにふたりの仲は急接近するが、次の大統領選挙の対立候補ラムソンは大統領の 恋を格好の攻撃材料として批判。シドニーは . . . 本文を読む
コメント (8)

「ラスベガスをぶっつぶせ」

2008-10-28 | 映画「ら・わ」行
理系大学の最高峰MIT(マサチューセッツ工科大学)の学生ベン・キャンベル(ジム・スタージェス)。 医者を目指している彼にとって悩みは巨額な学費。そんなある日、ベンの頭脳に目を付けたミッキー・ ローザ教授(ケヴィン・スペイシー)が彼を自分の研究チームに勧誘。その研究テーマは“カード・ カウンティング”という手法を用いてブラックジャックで必勝するためのテクニックとチームプレイを 習得するというものだっ . . . 本文を読む
コメント (11)   トラックバック (52)

「奇跡のシンフォニー」

2008-10-27 | 映画「か」行
ニューヨークの養護施設で育った11歳の少年エヴァン(フレディ・ハイモア)。生まれつき類い希な 音感を持つ彼は、音楽を通じていつか両親に出逢えると信じていた。だが、その実の親である ライラ(ケリー・ラッセル)とルイス(ジョナサン・リス=マイヤーズ)は息子の存在を知らない。11年前、 新進チェリストのライラとロック・ミュージシャンのルイスは運命的に出会うもライラの父によって 仲を引き裂かれ・・・。以来 . . . 本文を読む
コメント (30)   トラックバック (60)

「ネバーランド」

2008-10-26 | 映画「な」行
1903年のロンドン。新作の不評で気落ちしていたジェームズ・バリ(ジョニー・デップ)は、散歩に 向かった公園で若い未亡人のシルヴィア(ケイト・ウィンスレット)とその4人の幼い息子たちと出会う。 少年たちと打ち解けていくジェームズは、中でも冷めた物言いで少年らしさの見られない三男の ピーター(フレディ・ハイモア)が気にかかる。ジェームズとシルヴィア親子との交友が深まっていく一方、 ジェームズの妻メア . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (34)

Make it out of a desert(砂漠からの脱出)

2008-10-26 | 英語のジョーク
Make it out of a desert(日本語訳は下の方へ^^) An Irishman, a black guy, and a white guy were driving through the desert when they suddenly ran out of gas. They all decided to start walking to the nearest to . . . 本文を読む
コメント (6)

「バリー・リンドン」

2008-10-25 | 映画「は」行
18世紀中頃。アイルランドの青年バリー(ライアン・オニール)は従姉妹の婚約者に決闘と挑み その事がもとで故郷を追われる身となる。旅の途中、さまざまな紆余曲折を経て、欧州の貴族に 成り上がって行く。しかしその後は次々と彼に不幸が襲いかかり・・・。 映像が綺麗でした・・と 感想を書く映画は時々ありますが この映画のように、映像が綺麗なんて言葉では言い表せないくらい 美しく、さらにどのシーンをとって . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (6)

「リボルバー」

2008-10-24 | 映画「ら・わ」行
カジノ王マカ(レイ・リオッタ)にハメられ、7年間の刑務所暮らしをしたジェイク(ジェイソン・ステイサム)。 投獄中出会った“チェスの天才”と“詐欺の達人”からあらゆる手口を伝授され、“究極の勝利の方程式” を習得。凄腕のギャンブラーとして出所したジェイクは賭場で無敵を誇り、ついにはマカのカジノで圧勝、 大金をせしめる。さらなる復讐を怖れたマカは百発百中の殺し屋ソーター(マーク・ストロング)にジェイク . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (17)

「子猫の涙 ラストファイト」

2008-10-23 | 映画「か」行
1968年メキシコオリンピックのボクシング・バンタム級銅メダリスト、森岡栄治(武田真治)。オリンピック 後にプロ入りしたものの実績を残せぬうちに網膜剥離で引退を余儀なくされる。定職にも就かず、 女グセも悪い栄治に対し、娘の治子(藤本七海)は軽蔑と反発を募らせていく。一人で家計を 支えてきた母・和江(紺野まひる)もある時ついに愛想を尽かし、子どもたちを残したまま家を出て 行ってしまう。入れ替わるよう . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (7)

「トゥヤーの結婚」

2008-10-22 | 映画「た」行
中国、内モンゴル北西部に広がる荒れ果てた草原に暮らす美しい人妻トゥヤー(ユー・ナン)。 夫バータルは下半身不随で、幼い2人の子供を抱え、一家4人の生活をトゥヤーひとりで 支えなければならない。過酷な労働はトゥヤーの身体を蝕み、見かねたバータルは自分と離婚して 新たな夫を見つけるようトゥヤーを説得する。しかし、トゥヤーは苦渋の末離婚には同意したものの、 再婚に際して、障害を負ったバータルも一緒に受け . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (15)

「ここに幸あり」

2008-10-21 | 映画「か」行
ある日突然大臣の職を追われてしまったヴァンサン(セヴラン・ブランシェ)。仕事とお金を失い、 愛人ばかりか正妻にも愛想を尽かされ、おまけに住む家も奪われてしまう。踏んだり蹴ったりの ヴァンサンではあったが、懐かしき友との再会や優しい女性たちとの出会い、そしてお酒と歌と 音楽が疲れた彼の心を少しずつ癒やしていく・・。 驚くほど台詞の少ない映画でした~。 人生謳歌とでもいうような作品でしたし、言いた . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

learning a lesson(教訓を学ぶ)

2008-10-21 | 英語のジョーク
learning a lesson(日本語訳は下の方へ^^) A prominent lawyer's son dreamed of following in his father's footsteps. After graduating from college and law school with honors, he returned home to join his fathe . . . 本文を読む
コメント (2)

「全然大丈夫」

2008-10-20 | 映画「さ」行
古本屋の長男で植木職人の照男(荒川良々)は、ホラー好きで人をむやみに怖がらせることに 夢中のオタクな無責任男。夢は世界一怖いお化け屋敷を作ること。一方、照男の幼なじみ、 久信(岡田義徳)は、八方美人でお人好しのサラリーマン。ある日、彼が勤める清掃会社の 求人にあかり(木村佳乃)という女性が応募してくる。河原のホームレスを観察して絵に描く 画家志望のあかりだったが、手先も生き方もとびきり不器用で、採 . . . 本文を読む
コメント (10)   トラックバック (8)