知らなかった 英単語今日の発見

映画、ドラマ、小説、ニュース。
毎日たくさん出会う知らないことば。
忘れないようにブログに残していきます。

まだまだ予約待ち カエルの楽園

2017年02月18日 | 英語

NCIS:ニューオーリンズ シーズン1 DVD-BOX Part1(6枚組)

クリエーター情報なし
パラマウント

今日から日曜までの3日間、いつものレンタル店が半額セールをやっていたので、そのうち見てみようと思っていた「NCIS:ニューオーリンズ」を借りてみました。

DVDをスタートしたら、あれっ、この音楽、これいつものNCISではないの。

ニューオーリンズはLAに続くスピン・オフなので、まずは本家のシリーズ中で放送されたものがパイロット版で、その後通常のシリーズになったということなんですね。

というわけで、2話分は「NCIS:」のシーズン11の18話、19話目でした。

DVDにはもう1編収録されていて、これがスピンオフ後のニューオーリンズの1話目ということになります。

 

まだニューオーリンズのメンバーには馴染んでいないので、3話分を見た限りでは一番印象的なのは舞台になっているニューオーリンズ。もう少し続けて見たら、新しいメンバーにも愛着が出てくるかも。

レンタル半額は明日までなので、また追加で借りてきます。

 

事件が解決した後、ギブスの旧友がつぶやいたことば。

Good Times. But today's not too shabby either.

昔はよかった。ただ今もそう悪くない。

not too shabby は「悪くない」という意味。

 

前にブログで紹介したのは「名探偵モンク」からでした。

Hey, not too shabby, for somebody who can't swim.

カナヅチのお前にしてはよくやったよ

その後"Low and Order" や"Lost"でもこの表現を聞きました。これはもう定着した気がします(多分)。

 

図書館から予約していた本が用意できましたと連絡がきました。

  

カエルの楽園
百田尚樹
新潮社

 

予約したのは去年の7月。予約していたことも忘れてました。私の後にまだ予約を入れている人が7人。すごい人気ですねー。

まだ50ページくらいですが、日本語って読みやすいなあ。

 

当然か、、、

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ミシン目を切り離す

2017年02月15日 | 英語
Summer of the Woods (The Virginia Mysteries Book 1) (English Edition)
クリエーター情報なし
MyBoys3 Press

男の子が主役の冒険もの、好きなんですよねー。これは最近無料でダウンロードした児童書の中では一番よかったかなと思います。有料になる前に児童書ファンはクリック。

 

この本が面白かったと思った人なら、ぜひこれもお薦めします。

Minnow on the Say
クリエーター情報なし
Oxford University Press

 

このブログでも前に紹介したことがありますが、フィリパ・ピアスの"Minnow on the Say"。

ある夏休み、アダムとデイビッド二人の少年がアダムの祖先がどこかに隠したはずの宝を探し出すという物語。

もちろん少年の冒険物語なんですが、一番印象に残るのは少年がカヌーを漕ぐ「セイ川」。ピアスの文章はこのセイ川から吹いてくる川風が自分の頬に当たるような臨場感を感じさせます。

ピアスの代表作"Tom's Midnight Garden" は最初から印象的な作品でしたが、"Minnow on the Say"は読むたびにどんどん好きになるというタイプ。

 

 

今日の「ニュースで英会話」の復習。

「宇宙ごみ除去実験を中断」 Space Debris Test Supended  というニュース

The cargo ship, Kounotori 6, failed to release wires as planned after detaching from the International Space Station on Saturday.

この(宇宙)輸送船こうのとり6号機は、国際宇宙ステーションから土曜日に分離したあと、計画どおりにワイヤー(電線)を打ち出すことに失敗しました。

キーワードは"detach"

大きなものに、それよりも小さなものを取り付けるのがattachで、それを逆に「取り外す、分離する」のがdetach という説明でした。でもこのdetach を使った例文はちょっと違った使い方。

My dog, though not unfriendly, is somewhat detached.

私の犬は、不愛想ではないけれども、超然としたところがある。

 

detachedは「(心理的に)分離された状態な、疎遠な、(態度などが)超然とした、無関心な、(見解などが)私情をはさまない」第三者的に公平な、孤立した、(家が)一戸建ての」という意味を持つ形容詞。

ほー、そうか、なんて思っていたら例によって、いっぱいメモしていた。

 

detach at perforation for juror badge  (ニューオーリンズ・トライアル)

これは陪審員召喚状に書いてあった文章。perforation はミシン目。ミシン目から切り離ってことですね。


As a critic I am supposed to be detached, but director Paul Faig is scared for his new movie, and honestly, I am too. (TIME)

これは評論家として「私情をはさなまい、公平な」の意味。

detach, detached, detachable 合わせて、10個もメモしていた!

ほー、そうかとか、言ってる場合じゃないね。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

going forward

2017年02月13日 | 英語

「ニュースで英会話」、今日は2月7日放送分の「東京のタクシー初乗410円開始」というニュースから。

よく知っていると思っている単語もきちんと説明されると、「そうだったのか」ということが多いです。そういうのは普段は気づかずに聞き流しているんだろうなあ。

The previous fare covered the first two kilometers and was about six dollars and 30 cents.

これまでの運賃は、最初の2キロを行くのに、およそ6ドル30セントでした。

coverには「覆う」という意味もありますが、「適用される、対象とする」や、ここでの「(ある距離を)進む、移動する」などの意味もあります。

という説明でした。

「適用される」と解釈するのかと思ったら、違うんですね。

cover は英辞郎では自動詞、他動詞合わせて項目が29!

「(ある距離を)進む、移動する」という意味はちなみに英辞郎では9番目でした。

 初乗料金は"starting fare" と"initial fare"の2つが紹介されています。こういうの英語で説明しようとすると、簡単そうだけど出ないんだなあ。

 

今年から日課になった「しごとの基礎英語」は1日10分間の放送を見るだけなので、、「ニュースで英会話」のように油断すると溜まってしまうこともないので、完全消化ですっきり。

既に番組は3年目に入っているので、これまでの放送で使われたフレーズは「ゴガクル」でチェックしています。

「ニュースで英会話」の内容とかぶることもあるし、TOEICのテキストにそっくりな文があったりと、「相乗効果」でなかなかいい感じです。

 

This is all for now, but we plan to develop many more products going forward

現時点ではこれだけですが、今後もっとたくさんの商品を開発する予定です。
これは去年の11月に出てきた表現。
今後、これからという意味の"going forward"、自分では一度も使ったことのない表現です。
 
ビジネス英語にもはやりというのがあるらしく、この"going forward"がまさにそうらしい。
 
"in the future" や "from now on" と同じように使われているようですが、新しい言葉だけに、積極的に使う人もいる反面、日は転的な意見もあるらしい。
 
 
 
このベスト10に、"going forward"が入っていました。
 
"to be honest" とか "to be fair" なんかが入っているのはわかる気がしますが、going forward もイギリス人はイマイチなんですね。
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

mare's nest

2017年02月12日 | 英語
A Caribbean Mystery (Miss Marple) (Miss Marple Series)
クリエーター情報なし
HarperCollins

 

But if you ask me, it’s all a mare’s nest!
 
mare's nest は「見掛け倒し、期待外れ」
 
このことばメモするのはこれで7回目!そんなによく使われる表現なの?って思いますよね。
 
どんなところで遭遇したかというと、
 
So Many Steps to Death
Hickory Dickory Dock
4:50 From Paddington
The Man in the Brown Suit
N or M
Cards on the Table
 
そうなんです。すべてクリスティでした。これはよく使われる表現と言ってもいいかどうか、微妙。
 
 
私はミステリーを読むときは犯人は誰だ!誰だ!とあまり考えません。「そうだったのかあ!」と楽しませてもらいたいんだもーん。でもクリスティは犯人がわかっていても面白い。
 
今日Huluで久しぶりに「アバウト・ア・ボーイ」を見ました。
ヒュー・グラント若いなあ。マーカス役のニコラス・ホルトは最近見たシャーリーズ・セロン主演の「ダーク・プレイス」に出ていたんですが、その時はずーっと、見たことあるなあ、この顔、誰だっけ、誰だっけと思い出せませんでした。
 
クリスティが終わったので、この映画の原作を読んでみます。
 
About a Boy
クリエーター情報なし
Penguin
 
 
 
 
 
そして、またタダ本のダウンロード。

 

A Sinister Slice of Murder: A Jessie Delacroix Mystery (Whispering Pines Mystery Series Book 1) (English Edition)
クリエーター情報なし
メーカー情報なし
 
 
 
 
 
 
こちらは男の子二人の冒険もの。この設定、この表紙。もう、完全に私の好み。
 
Summer of the Woods (The Virginia Mysteries Book 1) (English Edition)
クリエーター情報なし
MyBoys3 Press

 

自然がいっぱいのヴァージニアに引っ越したばかりのデレクとサムは早速近くの森に出かけます。毒蛇かと思ったら岩の下から出てきたのはsalamander.

こんな派手なやつかどうかはわかりませんが。

そして、次は川の中で何か光るものが。

古いコインです。

 

どんな感じかちょっと試し読みのつもりが、これは面白そうー。もうちょっと読んで寝ます。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

私のコージー・ミステリー

2017年02月08日 | 英語
Checked Out: A Ricki Rydell Mystery (Ricki Rydell Mysteries Book 1) (English Edition)
クリエーター情報なし
Red Collar Books

 

またコージー・ミステリーの無料本です。ヒロインはスランプに陥っているロマンス小説家。ミステリーでも書いてみようかと編集者に相談すると、何とこのリッキーはこれまでミステリーを読んだこともないというので、あきれた編集者はまずはアガサ・クリスティでも読んでみたらと勧めます。

ここで笑っちゃいました。

私もクリスティ読もうっと。

 

A Caribbean Mystery (Miss Marple)
クリエーター情報なし
HarperCollins Publishers Ltd

これにしました。

やっぱり、私にはクリスティがコージーです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

bits and bobs

2017年02月07日 | 英語
A Yorkshire Christmas (Christmas Around the World Book 2) (English Edition)
クリエーター情報なし
Tule Publishing Group

 

クリスマス用にとダウンロードしておいた"A Yorkshire Christmas"を読みました。

212ページのはずだったんですが、本編は50%のちょっと前あたりで終わりです。残りは別の本の紹介。だからこの本自体は多分100ページくらいかもしれません。

これから起承転結の、「転」に入るのか?と思ったらあれよあれよという間にハッピーエンドでした。タダでダウンロードしたので、もちろん文句はないんですが。

いやあ、読みやすい。児童書よりさらに読みやすい。普通の本もこれくらいストレスなく読めると楽しいだろうなあ。やっぱり、読書の気分転換にはロマンス小説ですね。

 

アメリカ人のヒロインが、イギリスへ行くという話なので、米語と英語の違いが色々出てきました。

torch 懐中電灯

jumper セーター なんかはけっこう知られているかなと思いますが、こんなのも出てきました。

 

bits and bobs  細々した色々なもの

shattered  くたくたに疲れた

 

どちらもイギリス英語。そしてどちらも既にメモしていました。もんがら辞書には出典も書いておくので、前回はどんなところで出くわしたかわかります。この二つはどちらも「K-君」となってました。

K-君は以前ちょっとだけ一緒に働いていたことがある、日本人だけど、イギリス生活の方が長いという経歴の持ち主。多分彼のFacebook に出てきたことばをメモしたのかな。

 

この本、無料なら是非と勧めたいんですが、現在は有料になってしまいました。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

三つの心臓を持つ生き物

2017年02月05日 | 英語
ナショナル ジオグラフィック日本版 2016年11月号 [雑誌]
ナショナルジオグラフィック編集部
日経ナショナル ジオグラフィック社

 

ナショナルジオグラフィック11月号の特集は「火星」と「タコ」。火星も面白そうですが、やっぱり「タコ」の方を先に読んでしまう、タコ、イカ、エビ好きの私です。

ネットでオリジナルの英語も読めるので、日本語と比較するのも面白いです。ただ日本語訳の方は少し簡略になっています。

 

In life the animal would have been perhaps 10 inches long.

in life は「生前、生存中」。生きていた頃は体長25センチほどだったろう。

 

This means that young octopuses must fend for themselves from the get-go.

"from the get-go" は「最初から」

卵からかえったタコのこどもたちは海に投げ出された瞬間から、自力で身を守らなければならないのだ。これは日本語訳の方がけっこうドラマチック。

 

タコには思考能力があるのか?これの原文はなんだと思いますか?思考能力?

Can it think?

と、思い切りあっさりでした。

 

タコのように体が柔らかい動物は化石になりにくいそうです。それじゃあ、私のように体が硬いと化石になりやすい?(そういう問題じゃない)。あと、タコには心臓が3つあるそうです!!

 

アナゴやイルカ、サメなど、タコを好んで捕食する生き物は実に多い。

この記事を書いた人が日本人なら、捕食者に「人間」も加えたな、きっと。

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

dyed-in-the-wool

2017年02月04日 | 英語
小悪魔はなぜモテる?! [DVD]
クリエーター情報なし
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

Huluでやっていた「小悪魔はなぜモテル?!」見ました。

「ラ・ラ・ランド」でまさに、乗りに乗っている感じのエマ・ストーン、ゴールデン・グローブ賞に続いて、オスカーも取るか?

母親に、恋人のふりをしているブランドンのことを「彼って、ゲイっぽいわね」と言われたオリーブの返事。

Dyed-in-the-wool homosexual that boy is.

 

"dyed-in-the-wool" は「根っからの、徹底した」という意味。こういういかにもイディオムらしいイディオムが使われていると、英語学習者はにっこりです。

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

日光にやってきたヴィゴ・モーテンセン

2017年01月31日 | 英語

私はよく夢を見る方だと思いますが、目を覚ました瞬間から、ものすごい速さで夢の記憶が薄れていきます。

ハリウッド映画ばりの夢をよく見てるのになあ。

 

昨日の夢はヴィゴ・モーテンセンでした。彼がなぜか(夢はなぜかっていうシチュエーションばかりですが)、日光に観光に来ていて、埠頭から遠くを見ています(日光に埠頭はない!)。

そこに私が近づいて、キャンディの入った瓶を差し出して、食べないかと勧めているんですよ。もちろん会話は英語でした。

 

夢の中で英語を話したら、それも英会話の練習になるかなあ。

 

Viggo Mortensen Is Voting For Dr. Jill Stein

 

せっかくだから、ヴィゴのインタビューをアップしておこう。夢の中のヴィゴには髭があったんだけど、、、

 

ヴィゴファンの皆様、紛らわしいブログのタイトルでごめんなさい。本当に日光に観光に来てくれないかなあ。

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

Your guess is as good as mine.

2017年01月28日 | 英語
The Mystery of Smugglers Cove (FREE Adventure Book For Middle Grade Children Ages 9-12) (The Mystery Series Book 1) (English Edition)
クリエーター情報なし
メーカー情報なし

 

「ターザン」が終わったので、ちょっと一息入れて、児童書です。この子供が走っている表紙見覚えがあるなと思ったら、よく無料本の紹介で見かけたこのシリーズと同じでした。でもこのカラフルなシリーズは20ページくらいの短編だったんですね。

 

The Mystery of the Missing Money (FREE Adventure Book For Middle Grade Children Ages 9-12) (The Mystery Series) (English Edition)
クリエーター情報なし
メーカー情報なし

 

The Mystery of Smugglers Cove は170ページなので、ちょうどいい長さ。シリーズで7冊出ているうちの1冊目は無料なので、多読用の本を探している人はクリック。

洞窟を探検していたら、何だか怪しそうな男たちがぞろぞろやってきた。隠れろ!

「アリババと40人の盗賊」みたいじゃないですか。

 

 

Joe's bed was empty. Fearing a trick, she opened the cupboard. No one was there.

このcupboard はジョーが隠れているかもしれなと思って開けたんだから、食器棚じゃないですね。イギリス英語ではcupboard は「戸棚」全般。

 

だから、ハリー・ポッターが暮らしていた、階段下の物入れもcupboard.

 

 

ナルニアに続いているのはwardrobe.

このwardrobe がうちにも欲しい!

ルーシーがこのwordrobeを抜けて雪景色のナルニアに入っていくシーンが見たくて、この映画何度でも見ちゃいます。

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 [DVD]
クリエーター情報なし
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

 


Your guess is as good as mine.

私にもわかりません、という意味のこの表現、何となくちょっと大人びた言い方で、子供は使わないのかなと思っていたんですが、そんなことはなかったのか。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

fruites and vegetables

2017年01月26日 | 英語

「ニュースで英会話」105歳の男性自転車で世界記録。

102歳の時にマルシャンさんは1時間で27キロメートル近くを走り、100歳以上の部門で自己記録を塗り替えました

At 102, Marchand bested his own record in the over-100 category when he rode nearly 27 kilometers in an hour.
 
best one's own recored で自己記録を塗り替える、~に打ち勝つという意味の"best"よく見るんですけど、いつになっても自分では使えてない気がする。
 
今日のキーワードもbestを使ったもの。
 
我がテニスチームは、はるかに若い選手たちにまたもや打ち負かされた
Out team was bested again by much younger players.


残り10分という表示を見なかったんです。もし見ていたら、もっと速度を上げていましたね
 
I didn't see the sign that said I was down to 10 minutes. Otherwise I would have been quicker.
 
be down to  は ~しか残っていないという意味
 
自分では was less than 10 mintues なんていう訳にしていたんですが、be down to なんて全然浮かばなかったなあ。前にブログで紹介したのがこの表現。
 
 
I'm down to my last three Tums. 胃薬は残り3錠だ。 (ビッグ・バン・セオリー)
Thank you. I was down to my last joke. ありがとう、ちょうどジョークも尽きたところよ。(逃亡者)
 
 
マルシャンさんの健康の秘訣は果物と野菜を毎日たくさん食べることだそうです。
こういう風に色々な果物という場合は 
eating lots of fruits and vegetables  と複数になってもOK。
 
105歳のマルシャンさん、本格的に自転車を始めたのは60歳台の後半になってからだそう。それを聞いたら、私もまだがんばれるかも、なんて気になってきました。
 
でも、マルシャンさんは元消防士。基本が違い過ぎるか。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ターザンに負けないように、勉強しようっと

2017年01月25日 | 英語

 

Tarzan of the Apes (Oxford World's Classics)
クリエーター情報なし
Oxford Univ Pr (T)

 ターザン、前回読んだ時よりは読みやすい気がします。ターザンは両親が残した本を使って、独学で英語の読み書きができるようになりました。でも本で覚えただけなので、まだ話すことはできません。

Here and there the brilliant rays penetrated to earth, but for the most part they only served to accentuate the Stygian blackness of the jungle's depths.

 

夜のジャングルを描写した文章。雰囲気あるー。

Stygian というのはギリシャ神話に出てくる恐ろしく暗くて、陰鬱な川のことらしいです。三途の川なんていう説明もありますが、ちょっとこれだとイメージが、、、

とにかく真っ暗闇なんでしょうね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

worry とconcern (再復習)

2017年01月21日 | 英語

"worry" と "concern"の違いについて、これまで2度ブログに書いています。

 

最初は

worry の方が積極的。 

concern はちょっと控え目。 かなと思ったけど、その後

worryが個人的なレベルの心配なのに対して

concernはもっと客観的、社会的な要素も入ってる という感じか?

という考察でした。

 

違いについては色々調べてみても、どちらも「心配する」という意味ですとあっさり書いてあることもあって、まだ引き続き考察中。

でも、最近ドラマで続けて "I'm concerened about you" と言っているのを聞きました。

 

最初のブログで取り上げたのが、

「CSI: 」のグリッソム。

 

 

 

そして最近聞いたのがこの二人。

 

 

 

「ビッグ・バン・セオリー」のシェルドン。

 

 

そして、「エレメンタリー」のホームズ。

 

少なくとも、傾向はある気がしてきた。

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

もう一度ターザン

2017年01月20日 | 英語
ミッドナイトラン [DVD]
クリエーター情報なし
ジェネオン・ユニバーサル

主演のロバート・デニーロが自分の出演作の中で一番気に入っている作品だそうです。 なるほど、わかる、わかる。最近こういうノリのいい映画って、あまりない気がする。 映画のストーリーとは関係ないんですが、一番印象に残ったのが、空港や、機内のゆるーいセキュリティー。銃の持ち込みなんていとも簡単。そして、もちろん煙草スパスパ。飛行機が全面禁煙になったのって、いつ頃からだったんだろう。 今の若い人は飛行機が禁煙って、当たり前って思ってるかもしれない。 私はもちろん、煙草が吸えた時代をよーく覚えています。だって、昔は「英会話海外旅行編」には「喫煙席ですか。禁煙席ですか」という内容がありました。 ずーっと昔タヒチに旅行に行った時に、「禁煙席お願いします」とフランス語で言えて、嬉しかった思い出があります。あの頃はちょっとがんばってフランス語勉強したっけなあ。 それから1000ドル札が出てきたのにもびっくり。こんな高額紙幣が流通していたことがあるんですね。

 

 

ターザン:REBORN ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
クリエーター情報なし
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

新ターザン見ました。イギリス紳士と野生のターザンとの差が、何だかとってもセクシーでした。 でもことばおたくの私が一番好きな、ターザンがことばを覚えていくところがないのがやっぱり寂してく、また原作を読み始めました。これ文章が古くて難しいんですよ。でも前回読んでから4年半くらい経っているので、前よりは少しは楽になっていると期待したい。そして今回はKindleで。Kindleなら無料です。

Tarzan of the Apes (Oxford World's Classics)
クリエーター情報なし
Oxford Univ Pr (T)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年はしごとの基礎英語

2017年01月19日 | 英語
NHKテレビ しごとの基礎英語 2017年 1月号 [雑誌] (NHKテキスト)
NHK出版 日本放送協会
NHK出版

 

英語仲間のMilkさんとYokoさんお薦めの「しごとの基礎英語」。遅ればせながら私も見始めました。語学講座のテキストを買うのは久しぶり。なんか、テキスト買うと、やるぞ!という気になりますね(単純)。

10分間の番組なので毎回、えー、もう終わりー?という感じですが、中身が濃いです。そして面白い。

今、企業でTOEICセミナーを担当させてもらっているんですが、生徒さんから時々、海外から電話がかかってきた時の表現や、取引先への返事はどう言ったらいいでしょうと質問されることがあります。

えっ、これってまるで生徒さんがAkiで私が大西先生みたいじゃない。

実情は完璧に私がAkiなんですけど、、、

 

でも、こんなぴったりな番組があるんだから、生徒さんの質問に答えられるようになるぞ!とモチベーション上がりました。

これまでの放送を見逃したのは残念ですが、ゴガクルで過去の表現をチェックしています。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加