ゆっくり のんびり

Msの写真日記

つれづれに一日一枚
ほぼ毎日更新

写真少年?

2017-12-31 | Weblog

一年の締めは、おじさん二人の鉄道写真撮影旅というのが恒例行事に

相方は相棒は国鉄形電車が好きなのだが

国鉄時代の電車は関東ではほぼ絶滅

そんな訳で、昨年から関西へ

今年は京都から出ている湖西線と奈良線

駅のホームから写真を撮るという小学生か中学生かといったスタイル

大の大人がキャッキャッ言いながら写真を撮って楽しんでいたのでした

 

写真はそんな合間にホームで比叡山をバックにお互いのカメラの写真を並べて撮ってみた

小さいのは私のカメラ、相棒のカメラは大きな大きなレンズを付けた大きな一眼レフ

小さな私のカメラとレンズで撮った写真と大きなカメラとレンズで撮った写真は見た目は同じものが撮れるはず、ただ、その画質は大いに違うはず

こんな大きなカメラは体力的に、否、経済的に小中学生には無理

さすが大人???

写真は湖西線蓬莱駅にて

 

GX7 MarkII 12-32mm

 

 

 

コメント

一巻もあります

2017-12-30 | Weblog

好きなテレビ番組のブラタモリ。

テレビを見ている時は、フムフム。そうかー。

と、納得してみているのだが、

番組が終わると、詳細が分からなくなってしまい、

もったいないなーと思っていたのだが、

1巻から12巻まで本が出ていたので買いました。

番組の内容が、漏らさず書かれているようで、これで復習しましょう。

って、大掃除が…

 

レンズの試し撮りを兼ねて撮ってみたのだが、1巻を写真に入れるの忘れました。

写真は自宅にて

E-M1 MarkII 45mm

 

コメント

夕日と電車と踏切を渡る人

2017-12-29 | Weblog

今の時期、夕日がきれいに見える世田谷線の踏切へ行ってみた。

ただ、沈む夕日と電車がうまい具合に来なかったり、

地平線近くに雲があって夕日が見えなかったりして、

太陽が線路を照らすのは良くて一本の電車。

そんな訳で、いまだ満足できる写真を撮ったことはない。

 

ちょっと、昔のブログを見てみたら過去にほぼ同じ所で撮った写真があった。

今では信号機器の箱などがあり、このアングルからは撮れなくなってしまい残念。

 

写真は東急世田谷線若林駅近くにて

トイフォト

E-M1 MarkII 75-300mm

コメント

東京の星空

2017-12-28 | Weblog

冬は空が澄んできれいな星空が見える。

ただ、街中では地上の明かりが邪魔をして星がそれほど見えるわけではない。

そんな残念な東京で星空の写真を撮ろうと、カメラのライブコンポジットという機能を使って撮ってみた。

これは多数回の露出を繰り返し、それを比較明合成することによって、明るい所も暗い所の両方を適正露出で撮ることができる。

先日から、度々撮っているのだが、雲が出てきれいに撮れなかったり、カメラの固定が悪くて風などでぶれてしまった写真ばかりで、

今日は、まあまあの写真が撮れたのでアップしてみるが、まだ試行錯誤の状態。

 

約一時間半の露出だったが、家並みと星の軌跡と飛行機の明かりが露出の過不足なく撮れた

写真は自宅ベランダから

E-M1 MarkII 12-40mm

 

 

コメント

夕景

2017-12-27 | Weblog

夕方、用事があって三軒茶屋へ行ったので、

キャロットタワーの26階にある展望室へ行ってみた。

夕闇が迫る街の灯が瞬きだすころ

背後には残照に浮き立つ

丹沢の山々、そして、富士山。

右側には世田谷線の電車。

(縮小した画像では小さくて分からないが招き猫電車)

良い景色を見させてもらいました。

今度は、もう少し装備を整えて、

しっかりとした写真を撮りたいな。

 

写真は三軒茶屋キャロットタワーにて

HDR合成

E-M1 MarkII 12-40mm

この記事はこちらでも


 

コメント

大掃除

2017-12-26 | Weblog

クリスマスが終わった途端に一気に年末感が出てくるようで

今年納品の仕事も無くなったので仕事場の大掃除を始めた

と言っても、掃除は遅々として進まず…

そういえば、来年4月には開業25年

この仕事場の汚れも25年分ということで

4月までにはきれいな仕事場になるかな?

 

今日の写真の実体顕微鏡、開業以来使っているもの

25年で、製作するもの、方法が変わり、扱う材料も変わってきたが、

顕微鏡を使って、精度を維持するということは変わっていない

それはこれからも

写真は仕事場にて

E-M1 MarkII 45mm

コメント

過ぎたるは猶及ばざるが如し

2017-12-25 | Weblog

夕方、三軒茶屋の銀行へ行くと、

空に浮かぶ月がきれいだったので、

写真を撮ってみようと世田谷線の踏切へ

キャロットタワーを入れて、電車も入れて…

色々入れ過ぎて、月は小さいし、

せっかくの招き猫電車も、ぶれていて何なのか分からないし…

 

写真は東急世田谷線三軒茶屋駅付近にて

E-M1 MarkII 9-18mm

 

この記事はこちらでも

 

 

コメント

クリスマスなんて

2017-12-24 | Weblog

仕事場のラジオからはクリスマスソング

そういえば、今日はクリスマスイブなのですね

夜、宅配便の営業所へ荷物を出しに行くと

忙しそうに働いていた受付のおば様に、「お互い、お仕事ね」

そして、帰り際「メリークリスマス!」と、声を掛けられ、

ちょっと寂しく帰宅

 

新しいレンズのボケは機械を撮っても美しい

でも、やはり本命は女性のポートレートだろう

写真は仕事場にて

E-M1 MarkII 45mm

コメント

お花の写真

2017-12-23 | Weblog

冬に咲く花といえばシクラメンでしょうか

布施明が歌ったシクラメンのかほりという歌がありましたが、

シクラメンからは香りはしないようですが、

小椋佳は、どういう意味で歌詞を書いたのかなと、

ちょっとググってみたら、

かおり(香り・薫り)の旧かなは、かをりで、かほりではないという事、

奥さんの名前が佳穂里さんだそうで…

なるほど!と、納得したのでした

 

新しいレンズを、つい買ってしまったので二日前から試し撮り中

ボケにこだわって設計したというレンズで、

女性ポートレートを撮ったら最高だと思うが、

それもかなわず、とりあえず、お花の写真で、ボケの美しさに魅了されている

 

昨年、これと同じ設計思想のレンズを試写した際の感想を書いたが、

そのレンズは標準レンズで腕が無いと使いづらいなと思い、購入を思いとどまっていたのだが、

45mmという準望遠系のレンズが出たので、腕が無くてもきれいな写真が撮れるかなと、

思いとどまることができずに買ってしまったという次第


写真は自宅にて

E-M1 MarkII 45mm

 

コメント

冬至

2017-12-22 | Weblog

風邪で調子は今一つ。

ちょっと昼寝のつもりが三時半に目を覚まし、

日は向こうの家の屋根に沈もうとしている。

日が沈むのがやけに早い。

と思ったが、今日は冬至。

さて、ここから回復だ。

 

写真は自宅ベランダから

E-M1 MarkII 45mm

 

 

 

コメント

電線そして電線…

2017-12-21 | Weblog

 

自宅のある路地

一段と電線が増えたような気がする

空が電線で埋まってしまいそう。

 

写真は自宅近くにて

E-M1 MarkII 45mm

 

コメント

サンタさんがやってきた

2017-12-20 | Weblog

取引先へ行った帰り、表参道のイルミネーションがきれいだったので、

ちょっとスクーターを止めて写真を撮ってみた。

ちょうど、バイクに乗ったサンタさんがやってきたので、パチリ。

もうすぐクリスマスなのですね。

そして。今年もあと10日あまり。

 

写真は表参道にて

トイフォト

E-M1 MarkII 12-40mm

コメント

長時間露出

2017-12-19 | Weblog

空気が澄んでくる冬の夜は長時間露出に最適。

カメラを固定する小さなクランプを買ったので、

ベランダの手すりにカメラを固定して撮影してみた。

三脚を立てるよりも手軽に撮れて良い感じ。

 

カメラにライブコンポジットという機能がある。

普通に長時間露出をすると、画面の中に明るい所があると、その部分が露出オーバーになってしまうが、

ライブコンポジットでは多数回シャッターを切ってそれを比較明合成する事によって露出オーバーになるところが出ないので、

明るい地上の明かりと星空を撮ることができる。

 

星の軌跡と飛行機の明かり、流れ星らしきものも

写真は自宅ベランダから

E-M1 MarkII 12-40mm

 

 

コメント

たそがれる

2017-12-18 | Weblog

日が暮れる

そんな黄昏時

いまだ風邪は抜けないし

仕事は何も進まなかないし…

 

写真は仕事場の窓から

E-M1 MarkII 12-40mm

 

 

 

コメント

快晴

2017-12-17 | Weblog

いかにも関東といった感じの青空

日本海側などは大雪のところも

何か申し訳ない気持ち

 

冬になると電線が気になる

写真は仕事場の前にて

E-M1 MarkII 12-40mm

コメント