ゆっくり のんびり

Msの写真日記

つれづれに一日一枚
ほぼ毎日更新

このところ

2011-03-31 | Weblog
のち
憂鬱な気分が続いている
何でこんなに打ちのめされているのか
気分転換が必要なのだが…

福島原発はいまだ危機的状況

シャッターを切っても、ついつい暗く重い写真になってしまう
写真は自宅ベランダから
アートフィルターのドラマチックトーンで
コメント

春なんだけどねー

2011-03-30 | Weblog

日本の春はいつ来るのでしょう
三陸海岸など津波の被害からは立ち直る気配があるが
原発は危機的状態
まだまだ時間がかかりそう

写真は仕事場へ向かう途中
ボケの花がいっぱい咲いています
コメント

新たな芽

2011-03-29 | Weblog

テレビから、津波ですべてを失っても、また出来ることから始めようとしている人の姿が流されていた。
この力強さがあれば、復興も夢ではない
頑張れ東北 頑張れ日本

写真は自宅にて
葉っぱから葉っぱ
アートフィルターのトイフォトで
コメント

汚れた水

2011-03-28 | Weblog

福島原発は、高濃度の放射性物質を含んだ水を排水することが出来ず、本格的な作業は今日も中断している模様だ。
海水や敷地内でも放射性物質が計測され、かなり汚染が進んでいるようだ。
この先も汚染地帯として何キロ四方かは立ち入ることが出来なくなるだろう。
遺体も収容できずにいる付近の住人にとっては非常に酷な事だ。

写真は仕事場のマンションにて
放射性物質の入った水を下水にポイッという訳には行かずどう解決されるのでしょう
コメント

危機的状態

2011-03-27 | Weblog

「福島第1原発2号機のタービン建屋地下1階にたまった水から検出された放射性物質について通常の原子炉の水の約1000万倍の濃度」と発表。(後に訂正10万倍。いずれにしても線量計のメーターが振り切れるような非常に高濃度の放射性物質の漏洩)
また、原発の南放水口付近でヨウ素131は法令基準濃度の1850倍を計測だとか。
危機的状態が続いております。

今日も仕事が遅れ気味で作業をしていますが、、
これを過ぎると何も無くなりそうな雰囲気。春以降は危機的状態に入るのだろう。被災者のことを考えればたいした事ではないのだが…

写真は仕事場の前にて
ドラマチックトーンで撮るとちょっとね
コメント

クリーンエネルギー

2011-03-26 | Weblog

元GEの福島原発の設計者が涙ながらに「想定した最悪の状態よりも悪く、有効な方策を知らない」と、インタビューに答えたという。
福島原発では原子炉内の水を循環させ冷却する機能の回復をしようとしているが、高濃度の放射性物質により手が付けられないでいる。
この問題の解決はあるのだろうか。
“二酸化炭素を排出しない原子力発電は地球温暖化の防止に有効である”と宣伝され、原発はクリーンエネルギー
と思わされたところもあったが…
周辺住民の心労、そして作業員、そして、そして
それを考えると非常に悲しく、ただただ心配でならない。

自転車が多くなりました
大量の電気を何の疑問も無く使ってきた我々の生活を見直すことも必要かと
写真は仕事場近くにて
コメント

あっという間に

2011-03-25 | Weblog

震災から2週間
次の一歩を踏み出さないといけないのだが
あまりの被害の大きさと、福島原発の放射能問題が足を引っ張っている
現時点で死者と行方不明者は合わせて2万7155人。これはまだまだ増えるもよう。
昨日、作業中に高濃度の放射性物質が含まれた水たまりに足を踏み入れ3人の作業員が被爆し入院。
等々、被害は計り知れない。

写真は三軒茶屋にて
セカンドステージへの一歩を
アートフィルターのドラマチックトーンで
コメント

平穏な日々

2011-03-24 | Weblog
時々
日本から輸出したものから放射性物質が検出され、各国で日本産品の輸入制限が始まっている
日本は被災国であるのだけれど、世界に迷惑をかけてしまっている訳で、これが何とも悲しい
早く、福島の原発事故が収束してほしいものだ。(でも、何年もかかるのだおろう)

写真は仕事場のアマリリス
去年買って楽しませてくれたアマリリス。今年も芽を出し始めた。きれいな花を咲かせてくれるかな
アートフィルターのドラマチックトーンで
コメント

春はいつ来るのか

2011-03-23 | Weblog
のち
みぞれ交じりの雨が降る寒い日
被災地の人たちにとっては厳しい冬
福島原発の状況は一進一退でいまだ厳しい状態
“東京都は水道局の金町浄水場から、放射性物質が乳児の暫定基準値の2倍を超える数値を測定したことを明らかにした。”
保育園や小さな子のお母さんなどの不安は大きく、ミネラルウォーターも品切れ状態に。
また、外資系の企業や大使館の東京脱出も多く、海外でも各国で放射性物質が測定されるなど、いよいよ原発事故の影響は国際的な問題へ

写真は仕事場へ向かう途中のボケの花
春は日に日に近づいている
コメント

雨の日

2011-03-22 | Weblog

傘無しでも歩けるぐらいなのだが、なぜかみんな傘を差しているような気がする…
アイスランドでも福島第一原発から放出されたと見られる微量の放射性物質が検出されたという。
そして、茨城、栃木、埼玉、千葉等の水道水から放射性物質が、原発周辺の海水から放射性物質が、等々
世界中の人が放射能汚染を恐れている。
今も原発では決死の電源回復、放水作業。
そして、津波などで被災した人々の苦しみ…
これからも地震被害からの復旧への長い道が続く

写真は仕事場の前にて

コメント

あの日を境に

2011-03-21 | Weblog

震災後停止していた「JX日鉱日石エネルギーの根岸製油所」が今日から稼動。とのニュース
これで近いうちにガソリンスタンドが営業してくれるのだろう。スクーターの残り燃料もあとわずか。車は空っぽ。被災地のことを考えれば贅沢な悩みだが、もう少しの辛抱。

“政府の原子力災害対策本部は福島、茨城、栃木、群馬4県の知事に対して、当分の間、ホウレンソウとカキナの出荷を控えるように指示した。福島県については、牛の原乳についても出荷を控えるように指示した。”
東京も計画停電や放射能汚染が心配だとのことで、東京にある外資系の企業は本社機能を西日本へ移動したり、店舗などの営業を休止しているところが多い。
経済的ダメージは地震津波によるものよりも福島の原発事故のほうが大きいものになるのだろう。

写真は昨晩、日付が今日になったばかりの三軒茶屋にて
駅の通路は無人、広告塔も電気はついておらず様子がすっかり変わってしまった
薄暗い街角に若い人たちがたむろしていて、ちょっと物騒な雰囲気も
東京で大地震があると、東北のように秩序正しくあるのかちょっと疑わしい感じも
明るい頃の同じ場所の様子はこちら
コメント

地震から九日

2011-03-20 | Weblog
時々
津波に襲われた石巻市で80歳のおばあさんと16才の孫さんが救われた
9日ぶりの救出で雪の降るような寒い日もあったなか奇跡的だ
福島第一原発は外部電源からの送電線を通じ2号機の電力を復活させた
また非常用電源で5、6号機は安定して冷却されているという
危機的状況の中で改善が見られたのは良かった
もちろん、これからの作業が重要で長期にわたり収束に向かっての決死の作業が続けられる

いまだガソリンスタンドは在庫切れで閉店状態。何軒か回ってみたがどこもやっていなかった
そろそろスクーターのガソリンも心細くなってきたのだが、いつまでこの状態が続くのだろうか
東北が不足なのは分かるが、東京で無いのはなぜ?
写真は近所のガソリンスタンド
コメント

原発

2011-03-19 | Weblog

福島第一原発の事故現場へは今日は自衛隊の消防と東京消防庁の隊が入り決死の消火作業
原発のある地元、双葉町は町ごとさいたまスーパーアリーナへ避難など
東京消防庁の隊員の記者会見の様子を見て、どれほどの恐怖と戦ってきたのか思い知らされた。また、周辺住民の恐怖心痛はこれまた計り知れないものがある。
福島県産の牛乳と茨城県産のホウレンソウから、食品衛生基準法上の暫定基準値を超える放射線量が検出された
“安心安全の農産物”を世界に輸出などということはもう出来ないだろうし、福島の人たちはいつ帰ることが出来るのか分からない。
原発はどれほどの人に苦痛と、日本の経済へ打撃を与えるのだろうか。
原子力発電を推進してきた人々はこのことをどのように思っているのだろう。
まあ、私が言うことでもない。

写真は自宅窓から
穏やかな日々はいつ訪れるのだろうか
コメント

あれから一週間

2011-03-18 | Weblog

東北関東大震災から一週間
早く被災者の苦痛が少しでもやわらげられますように

福島原発では今日も地上から決死の消火活動が行われた
また、発電所への送電線工事が大詰めをむかえている
難しい作業だと思われるが早くその効果が出て解決することを願う

写真は一週間前のあの時と同じ時刻に仕事場の窓から
アートフィルターのラフモノクロームで
コメント

寒さ厳しき折お体大切に

2011-03-17 | Weblog
時々
ここ東京でも、とても冷たい風が強く吹いています
なるべく電力を使わないようにと暖房は入れないで仕事をしていますが、足元から深々と寒さが伝わってきます
被災地はどれだけ寒いのか
暖かい一杯の味噌汁でも飲めればよいのですが

石油が逼迫していてストーブのひとつも動かすのが難しくなっているようです
早く必要な物が届けられますように

福島第一原発は今日も危機的状況が続いている 午前中、自衛隊のヘリから水を投下
夕方は地上から放水
早く収束してくれますように

今日は寒い事もあり、電力供給が限界に近づいているということで、「大規模停電の可能性もあるので、不要な電気製品の使用停止など節電に協力を」との海江田経産相の会見
電車も大幅に減らすように要請
このパソコンも止めなくてはいけませんね

写真は自宅で咲き出したサクラソウ
コメント