ボクのお腹は太鼓っ腹

FC岐阜を応援しています

りゅうおうのおしごと!トークショーを聞きに大阪まで行ってきた

2016-11-28 | 太っちょアレコレ
りゅうおうのおしごと!のトークショーに当たったので

大阪まで公開録音を聞きに行ってきた。

迷ったけど会場となる日本橋のアニメイトに開場ぎりぎりに到着、

階段に整列して待機してたけど番号からして

昼・夕で各200人以上いたいみい。

スタジアムで白鳥先生のファンの方が会いに来た現場を見て

やっぱり作家さんなんだなと思った事はあったけど、

こんなに大勢のファンがいるのを見てやっぱり作家さんなんだなと実感した。




誘導され最初に見たものは生手・生足が生えた謎の将棋の駒。

微動たりせずパイプ椅子に無言で着席している姿だった。



本番開始までの30分間は将棋の駒に扮した先生の写真撮影会、

周りから先生かわいいよ、周ってポーズ取って等などの声援が飛び交った。

1人で必死に場を繋ぐ先生の姿を見てラノベ作家って大変なんだなと感じた。

でも案外まんざらでもなさそうかな?と、

いつもとは違う先生の仕事風景をそっと見守った。

(この写真は夕方の部、何かを掴んだのか非常に生き生きした動きをしていた)

そういえばFC岐阜のレプユニを先生着てました、

こういう所でしっかりアピールしてくれるのは本当に有難い。



そうしているうちに時間となり出演者の女性声優さんが2名入ってきて番組スタート。

観客のテンションが一気に上がり、結構出演者に声掛けしていて驚いた。

声優さんの事をあまり知らなかったんだけど綺麗でトークが上手いんだね。

観客がいる事をしっかり意識しての番組の進行や指示の確認など

番組を進行していく技術が高いんだなと感心した。

1時間があっと言う間に過ぎトークショーは事故などなく無事終了、

非常に楽しい時間が過ごせた。

約200人を限りあるスペースでしっかり対応していたので

スタッフの運営能力が高いんだろうなと思った。



普段はサッカーばかりだけど、たまにはこういうのも新鮮でいいね。
コメント   この記事についてブログを書く
« 野垣内が岐阜を去る | トップ | ファイナルファンタジー15い... »

コメントを投稿