ボクのお腹は太鼓っ腹

FC岐阜を応援しています

【2014J2第18節】FC岐阜×ジュビロ磐田

2014-06-15 | FC岐阜アレコレ
ホーム磐田戦は0-4負け。
最初っから最後まで良いとこなしの盛り上がりに欠ける試合でした。


相手のゴールが決まる度にまずは同点に追いつこう、
いや前半が終わるまでに1点返そうと下がり続ける目標が
最終的にはせめて1点くらいゴール決めてよと切実に。
結局これも叶うことはなく試合終了。
無得点・大量失点は相手がどこであれ厳しいものがありますね。

実力差をまざまざと見せつけられたけれど、
1万5千人を超える観客の前で岐阜のゴールが決まったら
どんな大歓声になったんだろうと思うと、
それが聞けなかったのが残念です。
コメント

【2014J2第16節】FC岐阜×京都サンガ

2014-06-02 | FC岐阜アレコレ
ホーム京都戦は2-1勝利!
5試合振りの勝利は本当にめでたい。
ホームでの勝利は4/29の草津戦以来と1か月振り。

ラモス監督記者会見コメントで
暑い国から来てるヘニキが岐阜の厚さにビックリしてると言ってたけど
正直、岐阜県民でも6月初旬で35℃とか驚きだよ(笑)
そんな中で行われた試合は難波、ナザリトのゴールで2点リードで
うかれモードに突入。
あ~これはいただきました!・・・と思いきや後半45分に京都に1点返され2-1、
この時点で表示されたアディショナルタイムが4分。
やばい、4分はヤバイ!1点差まで詰め寄られると
どうしても同点にされてしまいそうなイメージがよぎってしまい心臓に良くないのです。
それでもなんとか2-1で試合は終了し
正直勝ってニヤニヤしてしまいました(笑)
どうしても先週の1点リードして追いつかれて引き分けになった北九州戦を思い出すと
お願い!この1点差を守り切って!とひやひやしたアディショナルタイムを過ごしたけれど
ほんと試合終了のホイッスルを聞いた時はほっとした。


太鼓を叩きだしてからよく思うのは
先制点をたたき出した時の後ろからの歓声や熱気。
僕はベンチ席の最後列辺りにいるんだけど
前にいる人達の声は聞こえないけれど
通路を挟んで後ろ、芝生席からの声は凄く聞こえる。
点が入った時から数分間の熱気は最前列に陣取る人達と同様、
それ以上の力を感じて今日はその強さをすごく感じた。
チャントとかコールとか知らなくても
その場の選手の活躍でこんなに盛り上がるのかと
今日はその熱さを感じた1戦だった。
コメント