歩き日記

登山道情報・ウォーキングコース情報・愛犬とのウォーキング・生き物・植物・音楽など

① 地形図の見方と方位

2010年02月06日 | Weblog
  山の案内 歩き日記

 ☆地形図を楽しもう
→② 真北と磁北/磁北線 →③ 磁北線とコンパス →④ 地形図で縦断図を作ろう

☆地形図の見方の基本

 ①地形図の等高線は同じ高さを結んでいます。
 ②等高線の丸く閉じたところがピークです。
 ③等高線は細線と太線があります。
 ④細線は、10m間隔、太線は、50m間隔です。
 ⑤等高線間隔が狭いほど急勾配で、広いほど緩勾配です。
 ⑥地形図の距離と高さからおおよその勾配が算出できます。



 ⑦尾根はピークから外へ膨らんだ等高線です。
 ⑧谷は内へ膨らんだ等高線です。
 ⑨地形図のを見ながら、尾根を辿れば山頂に着きますが、
  初心者は危険なのでやめましょう。
 ⑩縦走はいくつものピークを通過するのでアップダウンとなります。




☆方位

 ①方位は東西南北を分割した数により方向の呼び方が変わります。
  通常は8分割まで覚えれば良いと思います。

コメント   この記事についてブログを書く
« ② 真北と磁北/磁北線 | トップ | ☆地形図を楽しもう »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事