今日も ぺこぺこ

ジョリ夫婦&ぺこ。3匹とも、今日も元気に「ぺこっ」てます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第一回・「体外受精」開催 (2)

2007-12-25 22:21:21 | FIV紀行(07-08)

翌日、日曜日だというのにクリニックの女性から電話が入った。
「受精卵、6個作成できました。」と告げられる。

●12月11日。受精卵をお腹に戻す。
フランスでは、これを「トランスファー」と言う。
日本では胚移植(ET)と言うらしい。
受精卵をお腹に入れるだけなので、私一人で事足りるので一人で行くことに。
(夫は仕事があるので。)

特に「飲まず食わずで」という指示もなく、ただ普通に病院に行く。
待合室にて、採卵の時に一緒にいたカップル3組に遭遇。どの人たちも夫婦揃って
来ている。一人で来ているのはウチだけだった…。

普通の診察室で医師(ドクター・ドゥアー)と会って話をする。
受精卵6個は良好であることを告げられ、今回使わないぶんは冷凍保存して次回に
使用できると言われた。
そして「今回は何個お腹に入れますか?」と聞かれて驚いた。
そんな(一応)大事な質問を、夫のいない場で聞くんですか?
(事前に言っておいてくださいよ!)
仕方ないので一人で判断。
「今回は、1個にします。」と答える。

医師が看護婦さんに告げ、受精卵の入った試験管が1本だけ運ばれてくる。
小さな診察室の中にある婦人科用の診察台の上に開脚で横たわり、下から受精卵
を棒状の器具でそっと挿入。
あぁ、これでもう終わったのか。と思って起き上がろうとしたら、
「あ、横になったままでいてください。」と言われる。
(そういう事も、はじめる前に言っておいてくださいよ!)

このまましばらく横になっていてくださいね。」と言って、一旦医師は部屋を出る。
しばらくって…どのくらいなんだろう?
こういうヒマな時間のために本を持ち歩いているのだけれど、カバンは診察台の下
にあり、手さえ届かない。。。あらかじめこうなるとわかっていたら、背中の下にでも
本を挟んでおくんだったのに。

結局、30分くらい横になっていただろうか?
(その間、ずっと窓から空を見上げたりしていた…暇、暇、暇。)

医師が再び部屋に入ってきて、もう起きていいですよと言い、今後の流れについて
手早く説明を受ける。
12月24日に血液検査で妊娠しているかどうかを調べる。
それまでの間、毎日「経膣薬」と「経口薬」を使用。

採卵後3日目くらいから、お腹にものすごい量の水が溜まってきた
こちらのサイトを見てみると、体外受精のリスクのページに
「腹水がたまると、胃痛、悪心、嘔吐、重度体重増加、息切れ、尿の量が減るなどの
症状が生じる」とある。
「重度体重増加」以外の全ての副作用を一度に体験した私。。。
お腹はみごとに妊娠7ヶ月目?と思えるサイズにまで膨れ上がる。しかもパンパン。
コリコリに。中に空気ではなく水が溜まっているのがはっきりわかる。
胃が悪く、ちょっとキリキリする感じ。胸がもやもや。ちょっと動くだけで息切れ、呼吸
がしんどい。トイレに頻繁に行くが、出る尿の量は比較的少ない。(嘔吐は10日、
仕事中に体験済み。。。)

この時点で、続けていた薬は2種のみ。
どちらも妊娠を助ける作用のある薬らしいので使用を止めるわけにはいかず。
(この時は、服用している薬のせいでお腹に水が溜まっていたと思い込んでいた。)

トランスファーから1週間くらい、お腹がものすごく膨れたままで過ごす。
ものすごく重い体で、朝から晩まで仕事をがんばる。(週7日出勤…。)

8日目くらいから、なんとなくお腹が少し小さくなってきた感じがしてくる。
ようやく薬の副作用が消えてきたのだろうか?と思う。

●トランスファーから13日目の12月24日、血液検査をして妊娠しているかどうかを
調べる。
この時すでに、おなかはかなり小さくなってきていて、重くしんどかった体もだんだん
軽く感じてきていた。(それに伴い、悪い予感も…)
夕方結果が出て、妊娠していないことが判る。

トランスファーをした日に医師から、「血液検査の結果が陰性なら、すぐに月経が
きますから、服用している薬を止めてください。」と言われていたので、薬を止める。
12月27日、月経がある。

---------------------------------------------------------------------
仕事が忙しい時期に重なってしまい…それでもがんばったのに、うまくいかなくて
ものすごくガッカリしてしまった。
今回は本当に、自分たちで努力したりがんばったりしてもどうにもならない事がある
というのを思い知らされた。がんばれば何とかなるものなら、次はさらにがんばる
ことができるだろう。だが、これはそうはいかない。どんなにがんばりたくても、がん
ばる術が無い。じゃあ、一体どうすれば良いのだろうか…
そんな思いに暮れながら、悲しくクリスマスを過ごす。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 第一回・「体外受精」開催 ... | トップ | 「組織検査」をして欲しかった »
最新の画像もっと見る

FIV紀行(07-08)」カテゴリの最新記事