補聴器のハットリBlog

耳ときどきお酒

YAMAHA APX-6CS ギターメンテナンス

2020-04-30 14:32:24 | 日記
また

やってしまいました。



店があまりにも忙しいので

オークションサイトにて「ギター」「残り時間短い」で

だらだら見ていたら、見つけてしまいました。



ポイントが溜まっていることに後押しされて

入札してしまいました。

商品名に「APX」の文字が記載されていたら

落札できなかったでしょう。

結局、入札したのは私だけでした。



90年代半ばには改善されたのか?

この頃のヤマハギターには、塗装面が白濁してる個体が

多いのですが、このギターには白濁が一切ないのです!



サウンドホールの装飾が割れていますがこれも持病。

それより、フレットの錆がひどいです。



前回同様、マスキングします。



1週間に2回もやりたくない作業です。



リューターとコットンバフでは、錆が取れず・・・。

ヤスリ掛けをしました。



ヤスリ掛け×3、コンパウンド掛け×1、四隅の汚れをリューターで落とし



光が!




作業前


作業後


作業前


作業後



ピカピカ



サウンドホールの装飾の割れ以外、ピカピカです。

電気系統も不具合なく、ネックの状態も良好でした。

長渕ファン垂涎のシングルヘッド!!

このAPX-6CSは、エントリーモデルなのですが

このコンディションなら大満足ですね。



シリアルから、1994年7月15日製造。866本目のようです。

あとは、弾けるようになるだけです。

おまけ



娘がマスク作ってくれました。

補聴器のハットリ







コメント   この記事についてブログを書く
« YAMAHA FG-300D ギターメン... | トップ | 大事なお仕事 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事