補聴器のハットリBlog

耳ときどきお酒

モーリス F-25リペア 最後

2022-01-25 18:19:54 | 音楽


ギターとしては普通?に音鳴るのですが

やはり、ナットの削り方が宜しくないのか

3弦がチューニングの度に切れてしまいます。

見た目も良くないので、取り替えることにしました。



元に付いていたナットは少し良いものかと思っていましたが

プラスチックのナットにギターの仕上げついでに

ラッカーが塗ってあるだけでした。

今回は、格安の牛骨ナットを用意しました。



弦の収まる溝を調整する道具が無いので

底辺を紙やすりで削り、高さ調整しました。



必死だったので、作業の写真ナシ!

削っては、ギターにはめて弦を張るの繰り返し。



最終的には、Fのバレーコードも抑えやすくなる程度までになりました。
(ホントかよ)



とりあえず

このギターのリペアはひと段落ということで。

ということで

どんな音がするか動画で撮ってyoutubeにあげてみました。

いつも書いているように

どれだけ弾けないかを見てやってください。

10回ほど撮りなおしました。

へっぽこギター弾き


今回はこれにて

補聴器のハットリ
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

モーリス F-25リペア⑤

2022-01-24 17:28:23 | 音楽


トップ板の膨らみですが、

他の方のブログを参考に、時短作業を行いました。

ホール内に霧吹きで水を吹き、ドライヤーで温めるという荒業です。

私の場合、膨らみ部分にあらかじめ添え木をクランピングしてました。

ということで乾燥時期ということもあり、

一日で膨らみは引っ込みました。



サドルも何度と擦り合わせをし



ナットは専用の工具が無いため、3弦にやっちゃった感が残り



12フレットで6弦弦高約2.5mm。1弦約2.0mmにまで下げることが出来ました。



トラスロッドもかなり余裕があります。



一応、水吹いたので弦を緩め今少し休ませます。

補聴器のハットリ
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

モーリス F-25リペア④

2022-01-22 17:15:03 | 補聴器
前回の調整で、弦高を下げるため

トラスロッドを回してみましたが効果出ず。

ロッドも回りきってしまいました!

半べそかきながら

余り踏み入れたくない、未知の調整に挑戦です。

どうも、このギター。全体的に歪んでいるのです。

調べてみると、トップふくらみ

そしてトップ落ちなどと言葉が出てきます。

トップ落ちは、アーチトップギターの症状かと思っていましたが

普通のホールギターにも起きるとのこと。

確かに、ネックとホールの間のトップ板が

沈んでおり、指板との間に隙間が出来ております。

うーん。勉強になります。

タイトボンドが、大量に余っているので

とにかく、隙間という隙間をくっつけることにしました。



指板とトップ板の剥がれを圧着



写真下にタオルが見えますが、トップの膨らみを修正しているとことです。



トップ板の裏側にホールを囲むように3枚のブレーシングがあり

それもはがれかけていたのでタイトボンドで圧着。

ちなみに、タイトボンドはネットの受け売りで

水で1.5倍程度に薄めて使っています。



ブリッジも若干剥がれがあったので補修。



修正が終わるまで、元のサドルではなく

失敗してもいいように、安いサドルで高さを稼ぐべく

削り修正。





中々面白い。

仕上がりが待ち遠しい!

補聴器のハットリ








コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

モーリス F-25リペア③

2022-01-21 13:47:56 | 旅行記


固定から24時間。

強力タイプのタイトボンドであることと、乾燥時期なので

充分と判断。

組立に入ります。



傷跡も目立たず。



ボンドのはみ出しもなく、いい具合です。



ペグも分解。表面の錆やくすみもバフ掛けしました。



歯車にシリコングリースをヌリヌリ。


ペグクリーニング前


ペグクリーニング後



弦を張ってみましたが・・・。



6弦12フレットの弦高5mm強!!

ローフレット側も弦高が高く、とても弾けたもんじゃありません!

溜息しか出ない状態でした。

雰囲気は、いいんですよね。

補聴器のハットリ




コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

モーリス F-25リペア②

2022-01-19 17:49:59 | 音楽
タイトボンドで固定中、

内部の様子を見てみました。









材は、ローズウッドか何かの単板みたいな模様です。

パッと見では、ブレーシングと呼ばれる梁は問題ない様子
(希望的観測です)



何回やっても面倒くさい、フレット磨きです。



手順だけは、慣れたもんです。


磨く前


研磨後


磨く前


研磨後

この後、ペグを磨いていきます。

補聴器のハットリ
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

モーリス F-25リペア①

2022-01-18 14:52:16 | 音楽


ヘッドの根本のヒビに

心まで折れそうになりましたが

お金出して購入した以上

「何とかしなきゃ」と自分に言い聞かせます。

修理に出すと、本体以上のお金がかかるのでNG。

必然的に、自力で治すこととなります。



先ずは、ペグを外していきます。



他の人のブログを参考に、修理道具を用意。



みなさん、タイトボンドの赤(標準屋内用)を使っていますが

汗っかきの私は、青(強力耐水性)をチョイス。

もちろん、ボンドを流し込んでいる写真など

撮る余裕もなく。



クランピング





完全硬化まで24時間。

祈るように、待ち続けます。

補聴器のハットリ







コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

モーリス F-25

2022-01-17 14:23:58 | 音楽
またもや、ギターを買ってしまいました。





モーリス F-25 1972年製

私より2つ年上の50歳ですね。

オークションで競り合ってしまい、1万円を超えてしまいまいました。



このヘッドのロゴは、一時だけ使用された「マーチン」というギターのマネ。

そして釣り鐘の模様をしたプラスチックカバーにMorrisの文字とMorrisGakkiの文字もレアなパーツです。



良い模様です。



良い感じの飴色に焼けています。

錆錆の弦が付いており、試しに調整してみました。

ところが、弦巻をいつまで回してもテンションが掛かりません。

んっ!?



ヘッドの付け根に亀裂あるじゃん!!!!





ギターとして致命的な破損です。



長い道のりの始まりです。

補聴器のハットリ



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ヒョウが降りましたね!

2021-12-17 18:23:42 | 日記


カチン、カチンと音を立てながら

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

炊飯器 メンテナンス

2021-10-19 13:19:40 | 食・レシピ


炊飯器の釜・内蓋・蒸気蓋を交換しました。

10年まではいかずとも

相当年数使用した、我が家の炊飯器







熱や圧力の掛かる部品がだいぶ劣化してきましたので交換しました。







部品交換後に早速炊飯。



一気にこうなります。

部品3点で、送料込み16,000円ほど。

明らかに、お米の炊きあがり見た目も良くなり

同じお米とは思えないほど、おいしくなりました。

内蓋のパッキンが新品になって

圧力がかかるようになったのが原因でしょうね!



補聴器のハットリ


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

iPhone デュアルSim設定

2021-10-08 15:02:58 | 日記
私は、現在iPhone12を使っています。

デュアルsimという機能を使って、

1台で2回線の番号を使えるように設定しました。



赤い丸のところ、ドコモ回線が2回線つながっている表示。

何年前でしょう?

私は、25年以上ドコモを使っているのですが

当時、中々ドコモからiPhoneが発売されず

しびれを切らして、

auで新規に電話番号取得とiPhone4を買いました。
(simフリーとなった今ではありえませんね!)

今では、その番号もドコモ回線になっているのですが

ずっと、iPhoneとガラケーの二つ持ち状態でした。



ドコモには1台2回線持ちのプランはあったのですが

iPhoneは対象外でした。

そしてiPhone10からデュアルsimが搭載されましたが

やはり、ドコモは対象外。

正確には、二つ目のsimであるesim(電子sim)未対応でした。

台湾版iPhoneなどは、simカードを2枚入れるタイプなので

悩む必要もないのですが、なぜ仕様を変えるのでしょうか?

そして今年9月にドコモもiPhoneでesimサービスを始めました。



シャープSH-01J。ガラケーのようで中身はアンドロイド。

いわゆるガラホです。今までありがとう。

iPhone用simをesim契約し、ガラホのsimカードをiPhoneに挿入。



赤丸の中のアンテナも2重表示



設定画面の表示が変わり、2回線表示へ。

この設定で、二つの番号どちらに掛かってきても

iPhone1台で受話できるようになります。

ちなみにこの状態、デュアルスタンバイモードは

今のところ、ドコモは動作保証対象外です。

ガラホ側のドコモメールもiPhoneで無事送受信設定できました。

あとは、ガラホ側の延長保証やiコンシェルを解約するだけです。

少し、使いこなした感じで満足です。

補聴器のハットリ









コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする