九日連 お知らせ

九州日本語教育連絡協議会

地域日本語支援セミナー “「聞く」協力”からはじまる外国人との日本語会話

2019-10-15 15:21:49 | 研修会
日本語教師やボランティアとして活動する中で、日本語がほとんど話せない外国人とコミュニケーションを取る場面がよくあると思います。また区役所では外国人の来庁目的を聞いたり、病院では外国人の症状を聞いたりする場面があるでしょう。そんなとき、なかなか通じなくてヤキモキしたりあきらめてしまったり、ということはないでしょうか。本ワークショップでは、日本語がままならない外国人と日本語でコミュニケーションをとろうとするとき、どのようにすれば彼らの伝えたいことや考えを引き出すことができるのかについて見出していきます。キーワードは“協力”。実際のやりとりの例を見ながら、協力のコツを一緒に考えましょう。

日時:2019年11月10日(日)14時~16時
場所:博多バスターミナル 第1・第2ホール
   http://www.h-bt.jp/j21-access/ 
定員:80名(事前予約、先着順)
対象:地域の日本語支援に興味のある方、地域日本語支援を担当する公共団体の担当者など
参加費:無料
講師:深江新太郎(ふかえ しんたろう)
「在住外国人が自分らしく生活できるような小さな支援を行う」をミッションとしたNPO多文化共生プロジェクト代表。大学で歴史学と経済学、大学院で感性学を学ぶ。珈琲屋で働きながら独学で日本語教育能力検定試験に合格し日本語教師に。文化庁委嘱日本語教育施策アドバイザー。学校法人愛和学園 愛和外語学院 教務長。

主催:株式会社アルク、株式会社凡人社
後援:福岡市

申し込み方法
 ①下記URLに必要事項を登録して申し込み
  https://peatix.com/event/1304765/view
 ②下記にメールで申し込み
  ksakai@bonjinsha.co.jp
件名:1110地域日本語支援セミナー
 必要事項:氏名(ふりがな)、ご所属、ご連絡先を本文に記入してください。

日本語教育セミナー

2019-10-01 14:59:55 | 研修会

大学教員のための外国人児童生徒教育セミナー 福岡

2019-08-29 14:52:50 | 研修会
文部科学省委託「外国人児童生徒等教育を担う教員の養成・研修モデルプログラム開発事業」

ご案内

大学教員のための外国人児童生徒教育セミナー 福岡

文部科学省の「外国人児童生徒教育を担う教員の養成・研修モデルプログラム」の普及を目的に、大学及び日本語教師養成機関で、教員養成課程の学生・日本語教師養成コースの受講生を対象に外国人児童生徒教育/日本語指導に関する授業を担当している教員のためのセミナーを実施します。内容は本事業が提案する「資質・能力」モデル、「養成・研修内容構成」、「モデルプログラム」の説明、モデルプログラムの例としての講義、モデルプログラムによる授業設計のワークショップで構成します。

1 日時・場所・定員
 日時:2019年9月18日(水)10:30~16:00 
場所:福岡女子大学(〒813-8529 福岡市東区香住ケ丘1-1-1) 地域連携センター セミナー室2
定員・参加費:20名程度・参加費無料

2 プログラム
10:30 開会
10:30~10:50 趣旨説明
           本事業調査研究部会 浜田麻里(京都教育大学)・河野俊之(横浜国立大学)
10:50~11:30 講義1「子どもにとっての日本語 ~わかる語・わからない語・必要な語~」
橋本 直幸(福岡女子大学)
11:40~12:20 講義2「外国人児童生徒の背景を考える~子どものライフコースと保護者~」
吹原 豊(福岡女子大学)
12:20~13:20 昼食休憩
 13:20~14:40 講義3「学校における日本語指導の実践」   西村 綾子(福岡市立松島小学校)              
15:00~16:00 ワークショップ「モデルプログラムを活用した授業デザイン」 河野俊之・浜田麻里
16:00     閉会

3 申込方法  事務局(大塚・小原:mmp-office@nkg.or.jp)にe-mailで申し込んでください。
       メール件名:セミナー参加申し込み
    メール本文の記載内容:セミナーの開催地・開催日「福岡・9月18日」
お名前 ご所属/お立場 連絡先(e-mail・ご所属先住所・電話番号)
             関連科目の担当予定(対象・科目名や内容)、予定がなければ「なし」              

主催:公益社団法人日本語教育学会 文部科学省委託事業特別委員会 
     担当:河野俊之・浜田麻里(調査研究部会委員) 

日本文理大学別科日本語課程非常勤講師募集

2019-08-28 14:19:44 | 講師募集
日本文理大学別科日本語課程の非常勤講師1名募集の件


日本文理大学別科の非常勤講師の方を緊急で募集致します。
担当コマは毎週4コマ(1コマ90分)を予定しています。
担当開始期は、10月1日(火)開始の別科後期からとなります。
条件等は下記のとおりです。
応募される方は、まずは下記の連絡先まで電話あるいはメールにてご連絡ください。
どうぞ、よろしくお願いいします。

                  記

1)担当内容:
別科日本語課程の初級クラスの「音声聴解」「文字語彙」をそれぞれ2コマ。
(初級クラスはそれぞれのスキルごとに能力別編成を組んでいます。)
※その他、冬期短期日本語研修の担当としてもお願いしたいと思っています。

2)条件:
4年制大学学部卒以上。
日本語教育機関での教授経験をお持ちの方。

3)手当等:
交通費・会議等参加手当(1会議につき半コマ分3800円・その他行事参加は対応時間により算定)を支給致します。

4)給与:
1コマ(90分制) 5700円~7600円
※「別科非常勤給与規程」により、教育経験年数(5年以上は満額)・資格等によって算定致します。

5)応募書類
① 履歴書(写真貼付)
② 日本語教育の実績(研究業績等)
※応募受付期限は、9月20日までと致します。

6)選考
 書類審査後、本学にて面談を行います。

7)連絡先
 国際交流室・別科事務室 097-524-2718(窓口:清田)
 国際交流室課長(前別科長)清田芳弘(※携帯090-2854-5372)
 e-mail kiyota@nbu.ac.jp

ご来場ありがとうございました!

2019-08-06 09:11:55 | 事務局からのお知らせ


九日連2019年度8月研修会
『漢字の面白さを発見しながら学ぶ授業作り』
ー『どんどんつながる漢字練習帳初級』『中級』を使ってー


暑い中、89名の方々が参加してくださいました。
鈴木先生の魅力あふれる授業に、参加者の皆様も引き込まれ、研修会後も多くの質問が飛び交っていました。
学習者に「先生に会えて良かった」と思われるような授業作りをしなければと思わされた研修会でした。
ご参加くださった皆様、ありがとうございました。
次回の研修会にもぜひご参加ください。