クワガタハウス

虫好きな方もそうでない方も是非お立ち寄り下さい。
管理者のあれこれをUPしていきます。虫以外もありありますよ~。

やられた・・

2018-04-27 22:57:36 | スジクワタガ
皆さん、こんばんは。

さて、今しがた先日セットしたスジはどうかな?

と思いケースを確認して見たら・・

♂がご臨終に



ちょっとやられました。

コバエシャッターが良くなかったか?

このケースの上にヘラヘラケースを乗せていたので

息抜きが出来なかったのか?

更に湿気で産卵木にカビが発生し凄いことになっていた

多分色々な事があり最悪な事態が起きたのか?

それとも溺れたか?

丁度ゼリーの上でひっくり返っていた。

これは予測出来なかった。

やってしまったことは仕方ないので

切り替えて考え、クリック作戦しかないよね。


明日よりGWの方もいると思いますが楽しい連休を。

では、また。
コメント

スジのセット

2018-04-24 21:26:55 | スジクワタガ
皆さん、こんばんは。

今年初となるスジセットを行なってみました。

いつもであればGWにセットを行うのですが

暖かい日が続いていたので若干早めのセットです。



産卵木は小と言われる物を使用。



重石などを使うと早く加水が出来ます。
ペットボトルなど重宝しますね。
この方法を使うとペットボトルなしとでは三時間程は短縮出来ます。
短縮時間は気温、水温、産卵木の大きさなどで変化しますのでご了承下さい。



コバエシャッター中ケースを使用。

予め水切りしてマット ヒノキマットに産卵木の樹皮を3分の1ほど剥き

マットに埋め込む。

埋め込むと言うか押し付けて完了かな。

以前セットを行った際、産卵木の底部では無く

側面(丸くカットされている側より)材の中へ入り産卵を行なっていた。

このセット方向で無い方が良いかもです。



最後に親虫を放流して完了。
スジクワガタ、埼玉県東松山市岩殿産 F1



コクワガタより一回り小さい。
低地より少し標高の高いところに生息する。
♂の特徴は大顎の内歯がオノ状になる事。
♀に於いては上肢に縦状の強い筋がある。
コクワの♀と比べると体幅が無いので上記内容で見極めが可能。

産卵は普通にするが、やや標高の高い所に生息する為飼育時の気温には
注意が必要と考える。

良く、スジは癖があると言われる原因はここにあると思っている。
個人的な見解です・・

ざっくりですが当方でのセットアドバイスの記載させて頂きました。

小さくなごみ系のクワガタですが飼育を行なって見てはどうでしょうか?

コクワガタの方が見つけ易いのでそちらでも良いかもです。



では、また。
コメント (2)

スジ羽化

2017-06-22 22:13:30 | スジクワタガ
皆さん、こんばんは。

先日ですがスジが羽化しました。

サイズはと言うと・・・



こちらは♀。

本当に小さい

この個体を見てちょっと昔の記憶を・・

あれ?こんなの良く見かけてたな⁈

もしかしてコクワと思っていたけどスジだったのかな?



こちらは♂



小さいけど大あごにはスジ特有のオノ状の内歯がある。


さて、累代出来るかな?。

月日はもう6月も後半、来月は7月

クワ達の時期ですね。

今年はどんなクワ、カブに、会えるか?

楽しみであるけど、ここ最近目の調子が悪く大変です。

多分後遺症の影響です。


困りました・・



今年は羽化した個体の累代で良いかな?


では、また。
コメント

スジの入れ変え

2017-02-26 17:24:07 | スジクワタガ
皆さん、こんにちは。


さて、本日は以前よりお伝えしておりました

スジの瓶交換を行いました。


簡単に事の成り行きを説明しますと・・・


2016.7月にて親父の実家へお盆のお線香を上げにいった際に

何時も気になっている山で1Pのスジクワを発見。


ここにスジが生息していると全く知らず、当初はコクワか?と思った程。

これをセットして今年の年明けに菌糸瓶(プリンカップ)へ投入。

しかし、スジにはどうか?と思い発酵マットを瓶に詰め入れ替えを検討

先日行うはずであったけど、今年の冬は体調が優れなく途中でリタイヤ。


ざっくりですがこんな状況でしたね。

*当時のブログにてUPしております。



こちらはなんと!♀。

2頭しか取れなかったけど・・・


そして・・・



こちはら♂!


何とか次に繋がりそうですね。



合わせて1Pですが結果オーライですね。


ですが、一番気になっている事、


それは・・・


このスジを採取した場所に幾度と無く出向きましたが


シーズン中ではカブは確認出来ましたが


クワは見当たりませんでした。


山の中に入ればもっと違う世界もあるかもしれませんが


夏の山の中は危険がいっぱい。


特に、ヘビ・・・


ちょっとあの場所の虫状況が気になりましてね。


どうにも出来ないのですが・・・


もう、2月も終わり3月へ突入いたします。


そろそろ準備を。


では、また。
コメント

スジ割り出し

2017-01-04 17:19:08 | スジクワタガ
皆さん、こんにちは。

本日はダイオウのサイズ計測&HPにUPを行い

午後よりスジの割り出しを行ってみました。



♀が姿を見せながら☆になっていた産卵木です。

居るならこちら。さて、どうか。



材自体かなり柔らかくなっている。

これは幼虫が食して柔らかいのか?水分を含み過ぎて柔らかいのか?

さて、どっちか?と思っていたけど、一皮取り除くと食痕があり

後者のほうかな。



1頭目の幼虫を捕獲です。



2頭目の幼虫捕獲

かなり食痕はあれど幼虫の姿が見えない・・・



結果2頭しか捕獲できず。


もう1本入れてあった産卵木はかじった跡すらないけど、表面を粉砕してみたけど

食痕の跡すらある状態ではなかった・・・

こちらの産卵木もマットに埋めてあった部分は柔らかくなっていた。

2本とも水分はかなりあり、何時も使用しているケースなら水分が不足気味になるけど

こちらのケースでは、逆に水分は無くなるどころか保水が保たれているのか?

小バエシャッター恐るべし。

逆に言うとこの特性を上手く使わないと水分過多になる事が予想される・・・

確かにオオクワ、ヒラタをセットした時は水分過多になりケースの内部に水滴が

付いていて湿度管理が大変だった記憶がある。

湿度は少なくてもNG、多すぎてもNGかなり調整が難しい部分である。

なにはともあれ2頭を捕獲

見立てでは、♂♀1頭づつに見える、(最近老眼で近くが厳しい)

これが本当に合っていれば累代が可能となる。

プリンカップの菌糸瓶も先日の瓶の表面等を削った物を詰めたものであるが

同種の菌糸瓶に入れた屋久島ノコの成長具合があまり芳しくない・・・

多分この菌糸瓶はその辺は弱いのかもしれない・・・

マットも購入してあるけど、タウルスを近々にセットするのに使う予定なので

ミヤマも居ることだし菌糸瓶でも種類の違うカワラ菌糸瓶でも用意しますかね。


さて、スジ、累代できるか?


今後のスジにご期待下さい。


では、また。
コメント