クワガタハウス

虫好きな方もそうでない方も是非お立ち寄り下さい。
管理者のあれこれをUPしていきます。虫以外もありありますよ~。

取り出してみる

2018-02-11 16:30:19 | 屋久島ノコギリ
皆さん、こんにちは。

午前中に地元の農協へ行ってみたら

凄い人盛り、仏壇用の花を探しに行くけど

花がほぼ無くちょっと残念・・

もう一日我慢してや⁈と仏壇に話し掛けて今日は終わり

そう言えば温室内に羽化したノコがいたっけな?

取り出すか?


屋久島ノコですが越冬で良いや!と思いそのままにしていた。




菌糸瓶からフェードアウト。

本当にこの時期に虫に会えるこの嬉しさはたまらない。




屋久島ノコ F1

今年はセットしますよ〜。

残念ながらトカラはセット出来なくなったけど

屋久島は相性が良いみたいですね。


三連休も折り返しですが楽しい連休を


では、また。
コメント (2)

屋久島取り出し

2017-10-21 21:13:21 | 屋久島ノコギリ
皆さん、こんばんは。

久しぶりの虫ネタです。

当方のブログを見ていただいている方では事情をご存知と思われます。

やっと温室内の瓶を開ける事が出来るようになりました。

7月の末から羽化をしていた屋久島ノコの取り出しを行ないました。



羽化していたのは知っていたのですが・・・

取り合えず元気な顔を見せてくれました。


♂です。

8月上旬羽化です。




♂2頭目ですが、こちらも8月上旬羽化です。



こちらは♀ですが、

こちらも8月上旬羽化です。


この他7月末ごろ羽化していた♀ですが

放置時間が長かったのか?

瓶内で☆になっていました・・・

外に出ようとして瓶内をウロウロしていて力尽きたと思われます・・・

今年はポケモンから、母親事情まで色々あり

ブログ、HPも虫どころか、情けない結果となっております・・・

来年の羽化種においても現在全くない状態です・・・

セットしている材に幼虫が入れば・・・


少しずつですが、虫のお世話を出来るようになってきたように思えます。

来年のセットにて、トカラ、屋久島、ミヤマを組む予定ですが

親虫が元気なら組めるのですが・・・


少しずつですが、元に戻せる様力を入れて行きますので

これからもクワガタハウスを宜しくお願い致します。


では、また。
コメント

屋久島の交換

2017-05-05 10:50:34 | 屋久島ノコギリ
皆さん、おはよう御座います。

GWも後半戦、残り数日となりますが

事故無く、楽しいGWをお過ごし下さいね。


さて、先日屋久島ノコの瓶交換を致しましたので紹介致します。



もう少し早く交換しないといけませんね。

ちょっと反省です・・・


取り出して確認した幼虫ですが、普段オオクワを見ているせいか

若干育ちが良いのか?悪いのか?判断が微妙です。



こちらは♂だったか?




こっちは♀だったか?

逆だったかな? 記憶が曖昧です・・・




綺麗になりました。


屋久島の♂♀の判別ははっきり分りましたから、ミヤマの判別は・・・

あっていたのかもしれませんね。

余りにも♂ばっかり、♀ばっかりになると

もしかして?

間違っているかな? なんて思っちゃう遠視の私です・・・



トカラもかなり真っ黒になっている瓶が3本程、

残りの瓶を使い交換を行う予定です。


飼育データーが少ないので何とも言えませんが

ノコギリ(国産)は羽化までに約1年程かかるように思えます。

オオクワであれば菌糸瓶に入れ加温すれば10ヶ月以内で羽化が期待できますから

それに比べるとやや遅いように思えますね。

ウォレスやピゾンなどは菌糸瓶+加温でかなり早く羽化します。
*設定温度により変化あり


昨日になりますが、久留米のケースをガサガサしてみたら、♀が出てきました。


そうか!去年♂が☆になり、♀は健在だったのか。

そこで、久留米産産み残しを期待しセットを組みました。

久留米の紹介も次回に行ないたいと思います。



久留米も交換時期を過ぎてしまい、瓶が真っ黒な瓶が1本・・・

今からでは交換はNGなのでこのまま放置でどうなるか?

去年は4月の段階で♂は羽化していますから、今年は温度の違いか?

羽化が遅くなっているようです。
*ヒーターの調子が悪く冬場の最低気温が18℃程まで下がる。


今年の羽化状況はどのようになるか?

お楽しみです。

ヘラヘラのセットも行わないとね。

近々に紹介致します。


では、また。
コメント

割り出し(産卵木編)

2016-11-13 23:01:03 | 屋久島ノコギリ
皆さん、こんばんは。

昨日はマットより屋久島ノコギリの幼虫取り出しを行ないましたが

本日は産卵木より取り出しを行なってみました。



産卵木を見る限りこの側面の状態が気になるだけであとは無理そうな感じ。



丁寧に割っていくとこの部分のみなにやらありそう・・・


結局の所上記側面の怪しい部分のみ

幼虫がいました。



この幼虫は、産卵木に産卵されたのではないようです。

材を確認するに食痕が見つからず、産卵木の側面より幼虫が材の中へ入って

いったと思います。

産卵木も全く綺麗な状態でした。


砕いた産卵木の破片はダイオウ♀の足場として使用しました。


屋久島ノコの幼虫は7頭でフィニッシュです。

明日はトカラノコの菌糸瓶投入でも紹介しましょうかね。

この20年余りクワガタハウスを立ち上げてから、外国産の虫と戯れてきましたが

最近は国産の虫が気に入ってしまって・・・

ミヤマもそうですが、ノコも色々な種があり

その中でもトカラは全開痛い思いをしているのでリベンジを兼ねて飼育開始です。

今年は出来なかった、やるべきこと。を行なう為に来年も頑張りますよ。

本当にクワガタに興味のある方、是非クワガタハウスへ遊びに来て下さいね。

民家であるけれどクワガタハウスに入る入り口は母屋と分けてあります。

実際虫を見て頂き、どんなものなのか?自分自身の目で確かめてもらえると

嬉しいですね。

その為に虫部屋を作りました。

4畳半ほどで小さいですけどね。

大人3人で限界ですけどね(笑)


では、また。
コメント

屋久島取出し(マット編)

2016-11-12 17:13:25 | 屋久島ノコギリ
皆さん、こんにちは

本日は先日もお話致しましたクリック品到着。

さて、中身はいかに・・・



菌糸瓶10本とトカラノコ幼虫4頭でした。

先日何気なくスマホから某キノコ屋さんのサイトを物色・・・

PCだと面倒なのでスマホでHPを確認して何かあったらPCへ移動を心見ている

そこで先日トカラノコの幼虫が10頭出ていて、おや?

何日か過ぎて確認してみたら・・・

残り数頭レベル・・・

即買いでした。

屋久島ノコの取り出しも考え菌糸瓶も用意です。

さて、ここからは屋久島ノコ、マット取り出し編です。

先日から小バエ大発生中の屋久島ノコセットケースですが

小バエの駆除を行い、最近クワハウスが手狭な為、クワガウス入り口で作業を行なう。


マットの上層部を取り除き、小バエ駆除を行い


小さな幼虫を確認・・・


かなり小さい、ん~どうしようか?ひっくり返すか悩み所

え~い、やっちまえ。


産卵木を取り除いてみると・・・



発見。ケースの側面や底面に姿が見えないのでちょっと不安がありましたが

何とか3頭を発見です。

マットを少しづつ砕いていきマットを確認しながらポイ!


ぽろ!っと落ちてくるのがまたビックリするんですね。

結局マットからは・・・



ここには5個の菌糸瓶ですが、先ほどの小さい幼虫はプリンカップ行きで

合計6頭でした。

産卵木も確認を行って見ましたがぱっと見では、無理ぽいですね。


今回より屋久島ノコのカテゴリーを作りました。

トカラノコギリも専用のカテゴリーを作る予定です。

屋久島ノコギリに興味のある方、是非遊びに来て下さい。


では、また。
コメント