異教の地「日本」 ~二つの愛する”J”のために!

言論宗教の自由が保障され、ひとりひとりの人権が尊ばれ、共に生きることを喜ぶ、愛すべき日本の地であることを願う。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東京新聞、覚悟の記事 【社説】麻生財務相発言 このレベルの大臣では 2018.3.31

2018-03-31 22:24:12 | 政治 選挙 

今朝の東京新聞の社説。

地位に恋々とし、事実誤認の妄言を繰り返し、記者を威嚇し恫喝する麻生財務相・副総理にきっぱりと引導を渡す。

未曽有(みぞう)の事態を受けての覚悟の記事。...よくぞ言ったと思う。拍手 

 返す返すも、麻生に代表される閣僚や安倍政権を支える人間たちのおぞましさ。このひとたちが、国民の財産を私物化し、証拠を隠ぺいし、悪を暴こうとするメディアを逆に脅し上げる。とんでもないことです。自分の持っている権力の淵源についての自覚もなく、主権者たる国民に対して、なんら畏れを持たない、これまで生涯をかけて代々にわたって税金をさんざん食い物にして恥じない、最低最悪の世襲政治家は即刻退場してもらいたいです。
                                                                             
永田 浩三元NHKディレクター

 

東京新聞 TOKYO Webhttp://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2018033102000166.html

2018年3月31日

【社説】麻生財務相発言 このレベルの大臣では

麻生太郎財務相が「森友の方がTPP11より重大だと考えているのが日本の新聞のレベル」と述べた問題は、これまで多々ある暴言の域を超えている。改ざん事件の責任をとり身を引いたらどうか。

 国のトップ官庁で公文書改ざんという前代未聞の不正を許した大臣としての責任をみじんも感じていないかのような傲慢(ごうまん)さである。

 事実誤認に基づく氏の発言は毎度のことだが、当事者意識を全く忘れ、報道機関をおとしめるような暴言は看過できない。

 麻生氏は二十九日の参院財政金融委員会で、学校法人「森友学園」をめぐる新聞の報道姿勢に不満をまくしたてた。

 米国を除く十一カ国による環太平洋連携協定(TPP11)が八日に署名されたことについてのやりとりの中で、麻生氏は「日本の指導力で、間違いなく、締結された」と強調。「茂木大臣がゼロ泊四日でペルーを往復しておりましたけど、日本の新聞には一行も載っていなかった」と発言した。

 続けて「みんな森友の方がTPP11より重大だと考えているのが日本の新聞のレベル」と述べた。

 しかし、茂木敏充経済再生担当相が出席した署名式の開催地は、ペルーでなくチリである。署名式の記事は、本紙を含め大手各紙が九日付夕刊や翌十日付朝刊で詳しく報じている。

 三十日の同委員会で批判が相次ぐと、麻生氏は「森友に関し、公文書を書き換える話は誠にゆゆしきことで遺憾の極み。軽んじているつもりは全くない」「森友と比較したのがけしからんという点については謝罪させていただきたい」と釈明に追われた。

 だが、釈明すれば済む問題ではない。公文書を改ざんし、国会で虚偽答弁を繰り返したことはTPP11と同じく重大事である。

 「新聞が一行も報じていない」といった虚偽(ポスト真実)を平気で多用したり、TPP11に比べ大したニュースでもない森友問題を報じ続ける新聞の方がおかしいといった印象操作を繰り返す。

 「ナチスの手法に学べばいい」と発言したこともあるように、国民は簡単にだますことができる、政治家は国民をだましてもいいと考えているのではないか。国民の納める税金を差配する要職を任せるには、とても値しない。

 「平成の政治史に残る事件」(自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長)である。地位に恋々とせず、国民のために潔く、速やかに辞任したらどうなのか。

 

自動代替テキストはありません。 

 

 

 

コメント

”私たちは怒ってる” 3.30(金)官邸前抗議に1.3万人! 来週もやります=4月6日(金)19時半。4月7日(土)は新宿でサウンドデモ!

2018-03-31 16:34:58 | 案内 情報 デモ 集会 逮捕

 ”私たちは怒ってる” 
3.30(金)官邸前抗議に1.3万人! 来週もやります。

14 時間14 時間前

私たちは怒ってる。私たちはおかしいと思ってる。ということをしっかり示していきましょう。

今日は13,000人の参加でした。来週もやります! それから、すぐにではないが、どこか土日で抗議の声を可視化していきたい。めちゃくちゃ集まりましょう!

 

15 時間15 時間前

多くの人が官邸前に集まっています。


 

 オークダーキオークダーキ @aki21st 19 時間19 時間前

官邸前見守り弁護団 @mimamoribengo 12 時間12 時間前

 

 

13 時間13 時間前

【拡散希望】違憲立法、お友達への国有地安売り、共謀罪、公文書改ざん、残業代ゼロ、そして不必要な改憲。「未来のための公共」はこうした安倍政権の滅茶苦茶な政治に抗議し、
求めるサウンドデモを行います。是非お越しください。

 2018年柏木公園集合 16時30分出発

 

 

 【関連記事】

首相官邸と国会で大規模な抗議デモ!安倍政権に ... - 情報速報ドットコム


3月30日に国会と首相官邸前で大規模な抗議デモが行われました。参加者は数千人から数万人ほど居ると見られ、道路からも多くの参加者がはみ出るほどの規模となっています。
デモに参加した方達は「安倍は辞めろ!」「昭恵夫人を国会に!」などと叫び、森友文書問題での政権対応を強く批判しました。

 

森友 国会前で大規模抗議デモ 佐川氏喚問後初の週末 | NHKニュース

森友 国会前で大規模抗議デモ 佐川氏喚問後初の週末

 

 

 

 

 

コメント

「佐川氏の答弁拒否は、これから裏目に出るだろう」田原 総一朗 2018.3.30 日経ビジネス 

2018-03-31 16:13:06 | 森友学園疑惑

 佐川氏の答弁拒否は、これから裏目に出るだろう

日経ビジネスオンラインhttp://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/16/122000032/032900063/?n_cid=nbpnbo_fbbn

2018年3月30日(金)

国有地売却をめぐり安倍昭恵夫人の関与があったのかどうか、国民の関心が高まっている(写真:ロイター/アフロ)

 3月27日(火曜日)に、国会で佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問が行われた。これによって森友文書改ざん問題の疑惑を一層強めてしまったと思う。

 この日の佐川氏の表情を見ると、事前に戦略を練って証人喚問に臨んだように感じた。3月9日に辞任した時の顔とはまるで違うのだ。あの時は相当うろたえていた印象があるが、この日にはそういったところが全くない。むしろ、受け身より攻めの表情だった。

 公文書改ざんの問題で、あの文書を、いつ、誰が、何の目的で改ざんしようとしたのか。その改ざんに、佐川氏はどの程度関わったのか。野党はそれらの点について質問したわけだが、佐川氏はいずれも「刑事訴追の恐れがあるので、ここでそのことを説明するわけにはいかない」と具体的な説明をしなかった。「刑事訴追」を隠れ蓑にして、肝心な点についての回答を避けたわけだ。

 野党各党の中で、共産党の小池晃氏が非常に鋭い切り込みをしていた。彼だけは他の議員たちとは異なる質問をした。佐川氏はかつて国会で「森友側と価格についての話し合いがなかった」と説明していた。ところがその後、事前に値段交渉している音声データが出てきた。一体、どちらが本当なのか。

 佐川氏が言っていることが本当なら、録音データはインチキである。共産党の小池氏は「どちらが真実なのか」と問いただすと佐川氏は、「刑事訴追の恐れがあるので、答えられない」と言った。小池氏は、「ただ事実を尋ねただけだ。刑事訴追と関係あるわけがない。なぜ、YESかNOかすら答えられないのか」と詰め寄った。この問答については、非常にリアリティがあると感じた。

 さらに小池氏の質問の中には、「改ざん前の文書に安倍昭恵夫人の名前が出てきたが、それについてあなたはどう感じたか」というものがあった。やはり佐川氏は、再び刑事訴追を盾にして回答を避けた。

 小池氏は「何を言っているのか。これも刑事訴追には全く関係ない話だ」と憤慨し、ここでまた証人喚問は中断された。

 「何も答えないのであれば、証人喚問の意味は全くない」と小池氏は声を荒げたが、視聴していた国民の多くも同じように感じていただろう。

佐川氏の答弁拒否で不信感はますます増幅

 なぜ、佐川氏は回答を避け続けたのか。動機の一つは、佐川氏は官僚の世界で孤立したくないと考えているということ。もう一つは、官邸からこれ以上嫌われたくないということだ。

 その代わり、国民からは決定的な不信感を持たれてしまった。僕は、そのせいで彼は将来的に大きな損をするのではないかと思う。

 昨年、佐川氏は森友問題で官邸に有利な答弁をしたことが評価され、国税庁長官に就任した、と言われている。いわゆる論功行賞だ。当時、社会から多くの批判の声が上がった。今回も、問題のほとぼりが冷めたら、何らかのポジションが用意されている可能性がある。しかし、そんなにうまくいくだろうか。

 まず、彼は答弁を避けて周囲に不信感を与えたことで、刑事訴追では検察からかなり厳しく追及されるだろう。もっと長期的な戦略を持たなければ、自分で自分の首を絞めることになる。

 昨年、佐川氏が国会で答弁した時もそうだ。答弁の内容が、改ざん前の文書とあまりにも違いがあるから、公文書を変えざるを得なくなった。つまり、その場ではいいと思ったものが、結果的には非常に都合が悪くなり、事態をより複雑にしてしまったわけだ。

 今度も同じだ。彼は今回の証人喚問について、ベストな対応をしたと考えているかもしれないが、それによって自民党が国民の信頼を失う原因になりかねない。

 これ以後、自民党では、安倍内閣を守るべきだという意見と、やはり自民党が国民の信頼を取り戻すために真相解明に全力を注ぐべきだという二つの意見に割れると思う。最終的には、後者の声が強まってゆくだろう。それは、安倍昭恵夫人の証人喚問の可能性が高まっていくということである。

森友問題が今後どのようになるか、メディアの報道にかかっている
 
 

支持率が30%を下回れば、昭恵夫人の証人喚問は必至

 森友問題などで内閣支持率は急落した。安倍首相にとって宿願である憲法改正の実現は、おそらく、もうできないだろう。僕は、安倍首相の辞任は刻一刻と近づいていると思う。

 可能性として最も大きいのは、こんなシナリオだ。今回の証人喚問によってますます不信感が強まり、野党は早くも、昭恵夫人や、国有地の売却交渉当時の理財局長だった迫田元国税庁長官らの証人喚問を求めていく方針を固めた。

 今のところ、自民党は昭恵夫人の証人喚問を徹底的に拒否しているが、安倍内閣の支持率がさらに下がれば、野党の要求を受け入れざるを得なくなる。そんな事態になれば、安倍首相は昭恵夫人の証人喚問の前に辞任するだろう。

 佐川氏の証人喚問は、そういった流れを引き起こす要因になる可能性があるのである。

 では、それがいつになるのか。目安としては、安倍内閣の支持率が30%を切るかどうかだ。これまで安倍内閣が最も支持率を落としたのは、昨年1~2月に森友・加計問題が注目された時である。当時、支持率は20%台まで落ち込んだ。

 その水準まで下落すると、自民党内でも安倍首相に対する反発の声が相当強まることは間違いない。この時が、安倍首相にとって大きなターニングポイントになるだろう。

 

 

 

 

 

コメント

電撃的な金正恩訪中の全貌が教えてくれた安倍外交の孤立 …完全に置き去りにされた! 2018.3.29 天木直人

2018-03-31 11:12:34 | 外交、国際

 

画像に含まれている可能性があるもの:3人、、スマイル、スーツ 

画像に含まれている可能性があるもの:7人、立ってる(複数の人)、スーツ、屋外

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

電撃的な金正恩訪中の全貌が教えてくれた安倍外交の孤立

 新党憲法9条http://kenpo9.com/archives/3480

2018年3月29日天木 直人

 一夜明けて金正恩電撃訪中の全貌が明らかになった。今日の各紙が大きく報じるその実態は驚きの数々だ。

 その中でも、一番驚かされたのは、安倍首相の日本だけが何も教えてもらっていなかったということだ。

 これまでにも私はさんざん批判的に書いて来た。

 安倍外交ははしごを外されたと。

 それどころではない。

 完全に置き去りにされていたのだ。

 そのことが今度の金正恩の訪中で証明されたのだ。

 なにしろ習近平はまっさきにトランプに会談内容を教えている。

 それをトランプがツイッターですかさず公表し、歓迎するとまでつぶやいている。

 出し抜かれた形になっている韓国であるが、きょう29日、板門店で南北閣僚級会談を開く。

 同じ民族が朝鮮戦争の終結に向かって今度こそ本気で南北首脳会談を成功させようと決意した以上、文在寅大統領の韓国が主役から外れることはない。

 つねに情報は北朝鮮から同時並行的に伝わっているのだ。

 蚊帳の外に置かれているのはプーチンのロシアと安倍首相の日本だけだ。

 しかし、プーチンのロシアは、ついこの間まで、習近平の中国がトランプの米国に譲歩して金正恩の北朝鮮に対する経済制裁を強化した時、ただ一人それに反対し、北朝鮮を擁護した国だ。

 おまけにプーチンはロシア疑惑でトランプの急所を握っている。

 いざとなれば本当のことをばらすぞと凄めばいい。

 どんなにプーチンのロシアと西側主要国の関係が悪化しても、トランプの米国はプーチンのロシアを敵に回す事は出来ない。

 良くも悪くも、プーチンのロシアは国際政治の中心国なのだ。

 こう考えて行くと、安倍首相の日本だけが、いかにその存在価値のない、どうでもいい国であることがわかる。

 極めつけはきょう3月29日の朝日新聞が報じた次の記事だ。

 すなわち、北朝鮮関係によると、金正恩政権が最近、朝鮮労働党幹部らに「6月初めにも日朝首脳会談がありうる」と語っているというのだ。

 しかもそれを内部の資料として配布しているという。

 日本と国交正常化すれば200億ドルとも500億ドルともされる支援を受け取れるとまで書いているという。

 6月初めというタイミングは、すべての首脳会談が終わったタイミングだ。

 すべてが平和裏に終わり、北朝鮮の支援が始まれば金を出すのは日本だと言っているのである。

 これを安倍首相が言うのならわかる。

 何しろ訪朝して拉致問題を解決し、日朝国交化正常化を成し遂げるのは安倍外交の最後のサプライズであるからだ。

 しかし、金正恩政権がそれを先にばらしたのである。

 何も知らされていないのは安倍首相の日本だけだ。

 無理もない。

 知らせてくれなかった、冷たいではないか、と文句を言ったら、トランプも習近平も文在寅もこう言い返してくるだろう。

 今あなたは森友疑惑でそれどころではないだろう。

 それを忖度して、今あなたにその事に専念して危機を乗り切ってもらいたかったからだと。

 もはや安倍首相では力強い日本外交は進められない。

 一刻も早く安倍政権を変えて仕切り直さなければ、日本外交は乗り切れないということである(了)

 

 【関連記事】

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、テキスト

 

 

 

コメント

不妊手術強制 「私の人生を返して」~厚生労働省、被害の実態調査を行う予定。当時、国が積極的に手術を行うよう指示していた。 2018.3.29 日テレNEWS24

2018-03-30 21:18:54 | 命 人権 差別

 

強制不妊手術の女性「私の人生を返して」|日テレNEWS24

 

http://www.news24.jp/articles/2018/03/29/07389231.html

2018年3月29日 21:23

旧優生保護法のもと、障害者らに強制的に不妊手術が行われていた問題で、超党派の議員連盟は、同意なく手術を受けさせられた女性から初めて話を聞いた。

強制不妊手術を受けさせられた女性(70代)「親から子どもを生めなくされたという話を聞いて、それから苦しみが始まりました。できれば本当に私の人生を返してもらいたい。毎日苦しみなので」

救済について協議する議連で初めて当時の状況や今の思いを話した宮城県の女性はこのように話し、手術に関する資料がない人も含めて、早く救済して欲しいと訴えた。議連は、実態を把握し、救済するための議員立法を提出したい考え。

一方、厚生労働省は、28日付で各都道府県などに対して、旧優生保護法のもとに行われた不妊手術に関して残された関係資料を保全するよう要請し、今後、全国的に被害の実態調査を行う予定。

 

 

不妊手術強制 70代男性「人生を返して」|日テレNEWS24

 
旧優生保護法のもと、強制的に不妊手術を受けさせられたとして、国を相手に裁判を起こす予定の男性が会見を開き、「人生を返してほしい」と訴えた。

都内在住の男性(70代)「なんでこんな手術をされなきゃならないのか。今はだいぶ苦しんでいて、自分の人生を返してください」

東京都内に住む70代の男性は、中学2年生の時、当時、住んでいた宮城県内の養護施設から病院に連れて行かれ、強制的に不妊手術を受けさせられたという。

旧優生保護法では、障害などを理由に本人の同意なく強制的に不妊手術を行うことが認められていたが、男性には障害がなく、代理人の弁護士は「いいかげんに進められていたのが実態だ」と指摘した。

男性は結婚後、子どもを持てず苦しんだと訴えた。

都内在住の男性(70代)「女房が他の子どもをあやしている時、つらかった。自分でもう情けないくらい」

男性は、来月中に国を相手取り、損害賠償を求める裁判を起こす予定。

 

 

「不妊手術」国が手術件数増やすよう指示|日テレNEWS24

 

旧優生保護法のもと、障害者らに強制的に不妊手術が行われていた問題で、当時、国が自治体に向けて、積極的に手術を行うよう指示していたことがわかった。

この問題は、かつての優生保護法で「不良な子孫の出生を防止する」として、知的障害者らに、強制的に不妊手術が行われていたもので、厚労省によると、本人の同意なく手術を受けた人は1万6500人に上る。

このたび、府立京都学・歴彩館に残されているのが見つかったのは、1957年4月に旧厚生省から各都道府県に出された通知書。

通知書では、手術の実施件数が「予算上の件数を下回っている」とあり、国が自治体に、手術件数を増やすよう指示している。

また、「各府県別に実施件数を比較してみると、極めて不均衡」などと、自治体間で件数を競わせる形で、国が不妊手術を推進したことがうかがわれる

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■優生保護法の2つの目的

 優生保護法は、2つの目的をもった法律でした。一つは「優生上の見地から不良な子孫の出生を防止する」--病気や障害をもつ子どもが生まれてこないようにする、という意味。もう一つは「母性の生命健康を保護する」--女性の、妊娠・出産する機能を保護するという意味です。この2つの目的のために、不妊手術と人工妊娠中絶を行う条件と、避妊具の販売・指導についてを定めたのが、優生保護法なのです。
(引用元 http://www.soshiren.org/yuseihogo_toha.html

 

 

 

 

 

コメント