異教の地「日本」 ~二つの愛する”J”のために!

言論宗教の自由が保障され、ひとりひとりの人権が尊ばれ、共に生きることを喜ぶ、愛すべき日本の地であることを願う。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「助けて」と言える社会に 元厚労省事務次官・村木厚子さん 瀬戸内寂聴さんらと女性支援プロジェクト 2018.2.22

2018-02-22 21:36:02 | 水光熱 エコ AI 再生エネルギー

特集ワイド

「助けて」と言える社会に 元厚労省事務次官・村木厚子さん 瀬戸内寂聴さんらと女性支援プロジェクト

 
連続講座でマイクを握る村木厚子さん=東京都渋谷区の更生保護会館で1月27日
 

 「溺れている人がわらをつかまずにすむように、ブイを投げられる社会にしたい」。冤罪(えんざい)事件で164日間、拘置所で生活した。エリート官僚として支える側から支えられる側に一瞬にして転じた。その体験が裏打ちする言葉だ。少女や若い女性に寄り添い支援する一般社団法人「若草プロジェクト」の呼びかけ人になった元厚生労働省事務次官、村木厚子さん(62)。官僚時代にはできなかった新しい「福祉」の道を開拓しようとしている。【玉木達也】

 「少女たちが安心して『助けて』と言える社会に」。若草プロジェクトが1月27日、東京都内で開いた連続講座。若い女性らがソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を通じて知り合った男に殺害されたとみられる、神奈川県座間市の事件がテーマだった。公的な機関で相談業務をしている人や病院で働くソーシャルワーカー、施設の少女らの支援活動をする実業家ら男女約70人が参加。村木さんの知人で、冤罪事件をテーマにした映画でも知られる周防正行監督も「勉強のため」に出席した。

 若草プロジェクトは全国で個々に活動する支援者をつなぎ、少女らを取り巻く問題を広く社会に伝え、解決のために何ができるかを学ぶ活動をする。具体的には無料通信アプリ「LINE(ライン)」で相談の受け付けをしたり、東京と京都で連続講座を開いたりしている。6回目の今回は厚労省と総務省の担当者が自殺対策やインターネットの問題について解説。ネット上で自殺対策に取り組むNPO法人の代表が実践的な演習を行った。

 座間事件を繰り返させないために何ができるか。出席者は数人ずつのグループに分かれて議論。「若者がよく利用する飲食店のレシートに相談窓口の連絡先を書く」「自殺未遂経験者が相談相手になる」など、当事者の気持ちになったアイデアが次々と発表された。

 終了後、村木さんは「どうすれば、孤立している彼女たちに支援の手を届けられるのか。とても難しいことだが、その方法について参加者からさまざまな意見が出たのはよかった」と話した。

 
「若草プロジェクト」への思いを語る村木厚子さん

 私が村木さんを初めて取材したのは2004年4月。厚労省障害保健福祉部企画課長として障害者を巡る制度改革に取り組んでいた。それから5年後、この企画課長時代に不正があったとして大阪地検特捜部に逮捕、起訴された。09年6~11月、大阪拘置所に勾留。この時、今につながる原点ともいうべき出来事に遭遇した。

 一貫して容疑を否認する中、ある時、取り調べの合間に、気になっていたことを検事に尋ねた。「あの女の子たちは何をしたのですか」。拘置所で食事や洗濯物の作業をする受刑者たちの多くが若くてかわいらしい。犯罪を犯したように見えなかった。「売春や薬物が多い」との検事の答えに、なぜそんなことをしたのかと疑問が深まった。

 無罪が確定し10年9月、厚労省に復職。冤罪被害者という立場から、検察改革など法務省の仕事が増えた。本業では社会・援護局長などを務め、生活困窮者の対策に力を注いだ。両省をまたいで気がついた。「困窮者支援で福祉が相手にしている人と、刑務所に入っている人は多くの部分で重なっている」。薬物に手を染める若い女性のうち、児童虐待や配偶者暴力(DV)の被害者が高い割合を占めていた。「被害から逃げるための薬物だったり、悪い人に引き込まれての薬物だったりする。犯罪者ではなく、被害者の面がすごくある」と知った。

 この状況から若い女性を助けたい。しかし行政の施策では、一定の年齢を超えた人は法令で福祉の対象から外れてしまう。そこで作家の瀬戸内寂聴さんとともに若草プロジェクトの呼びかけ人になった。設立は16年4月。村木さんは前年10月、事務次官を退任し官から民に活動の舞台を移していた。支援の対象は年齢ではなく、「少女」や「若い女性」とあえてあいまいな表現にした。厚労省の同僚でもあった夫が理事に入り、代表理事は知人で人権問題に詳しい大谷恭子弁護士(東京弁護士会)が務める。

あきらめたら変わらない

 活動を始めてから、ある支援団体の人にこう言われた。「公の福祉はすべての面でJK(女子高生)ビジネスに負けている」。彼らは街に出て若い女性一人一人に「どうしたの?」「ごはん食べた?」「泊まる所あるの?」と声をかけていく。温かい食事を食べさせ、泊まる場所を用意し、働き場を紹介する。これに対し、行政は「困っているなら窓口に来なさい」。このままでは勝てない--。

 連続講座への参加をきっかけに、行政の中にも一歩、踏み出そうとする人たちが現れた。複雑な事情を抱えている子供たちを支援する民間グループのネットワーク作りも進む。「単体では十分な支援ができなくても、支援者同士がつながれば対応できる。どこか1カ所につながれば、全部につながるようにしたい」。さらに「あの子たちの自己責任ではなく、非常に重たい問題を背負っている子が多い。何よりも(JKビジネスなどで)もうけているのは大人だということをもっと知ってほしい」と言葉に力を込める。

 自分自身の体験が根っこにある。全く覚えのない罪である日突然、逮捕された。公務員として人を支える立場から、すべてが誰かの手を煩わせないとできない状態になった。支えられることのありがたさは身にしみている。

 昨年4月から津田塾大総合政策学部で客員教授も務める。初年度は1年生を対象に、障害者や生活困窮者、外交などの問題で第一線で活躍している人たちを招き講義をしてもらった。「世界は一人で変えられるか」がテーマの講義を聴いて、ある学生は「一人の問題からスタートし、一人がそれを解決しようとすることで将来が変わった。一人のことに一人が取り組み始めることが大事と知った」と感想を書いた。

 「ちゃんと理解してくれた」と笑顔を見せる村木さん。「『世の中、こんなもの』とあきらめている限り、何も変わらない」。続けてさらっと出た言葉に、あきらめない人間の迫力を感じた。

 

 

 

 

コメント

送電線容量はガラガラなのに自然エネルギー締め出しが続く理由 2018.2.8 AERAdot.

2018-02-09 11:26:11 | 水光熱 エコ AI 再生エネルギー

 画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

画像に含まれている可能性があるもの:空、テキスト

 

送電線容量はガラガラなのに自然エネルギー締め出しが続く理由

桐島瞬2018.2.8 07:00週刊朝日

なぜ自然エネルギーはなかなか普及しないのか (※写真はイメージ)

なぜ自然エネルギーはなかなか普及しないのか (※写真はイメージ)

 

 脱原発に舵を切らない現政権に業を煮やして小泉純一郎元首相が「原発ゼロ・自然エネルギー基本法案」の超党派による提出を呼び掛けたのは今年1月。なぜ自然エネルギーはなかなか普及しないのか。

 太陽光や風力などの自然エネルギーの設備を作っても、電力会社から送電線容量が足りないとして接続を拒否される事例が相次いでる。なかには、許可を出す役所の段階ではっきりとした理由も知らされず跳ねられることもあるという。

 関東一円に太陽光発電を展開する事業者がいう。

「ウチは休耕田を転用申請して太陽光施設を作るモデル。先日もある市の農業委員会で転用が適当と認められたのですが、その先の県の段階で許可は出せないと言われました。理由を聞いても、一度取り下げて市の申請からやって欲しいの一点張りでした」

 この業者がしかたなく従うと、今度は市から一度は認められていた転用を認めないと言われた。

「『書類が足りない』、『きちんと事業をしていない』など難癖としか思えないようなことをいわれて、どう説明しても却下してくるのです。初めから許可を出さないようにしているとしか思えません」

 こうした自然エネルギーの普及に消極的な姿勢が見られるのは、電力会社の送電設備に空きがないからだと言われる。だが、電力会社が満杯と説明する送電線容量が実はガラガラだったことが分かった。

 京都大学大学院で特任教授を務める安田陽氏(経済学)が全国10電力会社の基幹送電線399路線を調べたところ、送電容量に空きがないといわれているところで実際には混雑すらしていない路線が多数あったのだ。

 例えば東北電力管内では基幹送電線の67%で自然エネルギーの接続ができない「空容量ゼロ」の状態。しかし、公表されている実潮流や運用容量などのデータを突き合わせると、混雑が発生している送電線の割合はわずか2.9%。残りの64.7%が空いていた。

 なぜこんなことが起きるのか。環境エネルギー政策研究所所長の飯田哲也氏は、電力会社の考え方が特殊だからだという。

「電力事業者は送電網に繋がるすべての発電施設がフル稼働していることを前提に空き容量を計算します。ですが実際には火力は絞ることも多く、太陽光や風力などの自然エネルギーは変動するため、全てがフル稼働なんて起こりえない。万一そうなっても、そのときに抑制すればいいのです」

 欧州ではすでにベースロード電源という考え方をやめ、自然エネルギーを優先して採用する国が出てきている。

「ドイツなど、送電容量に空きが減ってくると原発の出力を絞ります。それに自然エネルギーを止めた場合には補償金を出して、事業者の経営の安定も考えている。日本も見習うべきです」

 日本がこのままでは、世界の潮流から取り残されるばかりだ。(ジャーナリスト・桐島瞬)

※週刊朝日オンライン限定記事

 

 

 

 

コメント

優生思想に「反論」の半生 望まぬ不妊手術受けた女性 故佐々木千津子さん=学芸部・反橋希美

2018-01-27 21:40:12 | 水光熱 エコ AI 再生エネルギー

  日本弁護士連合会によると、優生保護法による優生手術は約2万5000件。だが詳しい実態は分かっていない。
 さらに佐々木さんのように、法の範囲外で自由意思によらない不妊手術を受けた事例は、掘り起こすすべも時間とともに失われつつある。
(文中より)

 

特集ワイド・ニュースアップ

優生思想に「反論」の半生 望まぬ不妊手術受けた女性 故佐々木千津子さん=学芸部・反橋希美

 
髪を金やピンクに染め、派手な服を好んだ佐々木千津子さん。生前、何度も「子どもがほしい」とこぼし、猫を飼っていた
=障害者生活支援センター・てごーす提供
 

旧優生保護法(1948~96年)があった時期に不妊手術を強いられ、その怒りを実名を明かして世に訴えた女性が広島にいた。2013年に死去した佐々木千津子さん(享年65)。脳性まひの不自由な体にとらわれず、自由奔放に生きた姿は“劣った人”を排除する「優生思想」への反論そのものだった。

近く、旧法により受けた強制不妊手術を違憲として宮城県の女性が国を相手に提訴する。今こそ佐々木さんの半生をたどりたい。

 「年を取れば足が動かなくなるかもしれないし、寝たきりになるかもしれない。でも体がほとんど動かなかった彼女は、あんだけ堂々と胸張って介護受けて生きてた」。昨年11月中旬、紅葉鮮やかな大阪・河内長野の山間部にある古民家。30~60代の男女10人に、ドキュメンタリー映画監督の下之坊修子(しものぼうしゅうこ)さん(67)が語りかけた。

 
「佐々木さんと出会わなければ、今の生活はなかった」と話すドキュメンタリー映画監督の下之坊修子さん(右から2人目)=大阪府河内長野市で2017年11月、反橋希美撮影

 下之坊さんは血縁のない人たちが互いに支え合い、人生の終わりを迎えられるような場を作ろうと模索している。この日の勉強会で名前を出したのは過去2回、密着取材してドキュメンタリー映画を製作した佐々木さんだった。「彼女と出会ったからこそ、私は正々堂々と(他人に)『オムツ替えて』って言いながら死んでいける、と思えるようになったんです」

「出産不能」知らされず

 佐々木さんは48年、広島市内で生まれた。生後1週間で高熱を出し、脳性まひに。就学を免除され、小中学校には通えていない。姉の縁談が、佐々木さんの障害を理由に破談になったのがきっかけで家に居づらくなり、21歳で施設に入所した。その際「生理の後始末ができなければ入所できない」と聞きつけた母親に勧められ、卵巣への放射線照射手術を広島市民病院で受けた。

 健康被害などの問題から優生保護法でも認められていなかった手術方法だった。出産できなくなるとも知らされていなかった。その後、障害者運動団体の「広島青い芝の会」との出会いを機に38歳で自立生活を始めた。90年代半ばからは積極的に望まぬ不妊手術の実態を語り始めた。

 下之坊さんは「忘れてほしゅうない」(2004年)と「ここにおるんじゃけぇ」(10年)の2作で佐々木さんの訴えや日常を写しとった。支援団体の依頼で1作目を製作した後「この人、すっごい面白い」とほれ込み、自ら佐々木さんに申し入れて再撮影した。

 <生理がね、子どもと関係あるんじゃったら(手術を)せんかったのね。(略)なんでこうなるんだ>

「型」にはまらぬ奔放さ

 作中、佐々木さんの絞り出すように語る言葉は胸を打つ。だがそれ以上に印象に残るのは、型にはまった「障害者観」を揺さぶる外見や暮らしぶりだ。

 金やピンク、緑とカラフルな髪にジーパン姿。プロ野球・カープの熱烈なファンで、車椅子で球場まで出かける。24時間の介護を受けるが、着る服も食べる弁当の種類も決めるのは全て自分の意思だ。

 「佐々木さんに出会う前は、介護する人の指示通りに生活するのが当たり前やと思ってた。『障害者は可哀そうな人』という思い込みに気づかされました」。下之坊さんは、初めて佐々木さんの日常に接した驚きをこう語る。

 生前の佐々木さんに介護者を派遣した広島市のNPO法人「障害者生活支援センター・てごーす」は昨夏、下之坊さんを招いて2作品の上映会を開いた。「ここに~」の上映中、参加した介護者や障害者から笑いが起きたシーンがある。

 佐々木さんが扇風機を買いに行った家電量販店で名前を店員に告げようとするが、店員は「千津子」の「ち」を聞き取れない。商品を選ぶ時から介護者にばかり話しかけていた店員に、ムッとした佐々木さんが「ち」を連想させようと「血液は、なんていいますか」と迫る場面だ。

 通常の上映会なら観衆が静まり返るシーン。代表の川本澄枝さん(54)は「頑固者の佐々木さんの人柄が出てますよねえ。でも『ち』を言うのに血液って余計に分かりにくい。『また佐々木さんは』って親しみを込めて笑うとる感じです」と話す。

 川本さん自身も脳性まひがあり、佐々木さんと同時期に施設から出て自立生活を始めた。出会った当時の佐々木さんは「背中を丸めてしゃべるおとなしい人」だった。「施設で言いたいことを我慢するのに慣れてたんでしょう」。当時は障害者の介護サービスは整っておらず、施設を出ると自力で介護してくれる人を探さねばならなかった。川本さんは佐々木さんも含めた当時の暮らしを「1日1食取れればいい方で、体調を崩して亡くなった仲間もいた。でも生きてる、という実感があった」と振り返る。

 ひりひりした「自由」を積み重ねる中で、佐々木さんは変わっていく。

 <はじけてしもーた。ジーパンを買ってボタンもいっぱいあるブラウスを買って(略)ズッと続けていきたいもんぢゃにゃ~>(佐々木さんのエッセー集「ほっとして ほっ」より)

 不用意に知人にキャッシュカードの番号を教えて無断で生活費を引き出されたり、道も調べずに遠出し、介護者を何時間も歩かせたり--。支援者は振り回されたが、そのたびに「エヘエヘ」と照れ笑い。憎めない「お騒がせおばちゃん」が出来上がっていった。

根底に理不尽への怒り

 佐々木さんは手術の後遺症とみられる体の不調に常に悩まされたが、晩年も勉強会などへの参加をやめなかった。「望まないのに体を変えられた理不尽さへの怒りが、根底にはあった」と下之坊さんは思う。「ここに~」の編集の際、本人が「カットして」と言った場面がある。入浴時、胸部のシルエットが分かるシーンだ。「卵巣機能が失われた影響で胸の膨らみがなくなったのを気にしていた」。恋多き人だったが、実ることはほぼなかった。

 佐々木さんは13年8月、山口県内の勉強会の帰途で体調を崩し、運ばれた病院で亡くなった。エッセーで何度も「子どもがほしい」と吐露してきた彼女が亡くなるまで処置を受けたのは、くしくも使われていない分娩(ぶんべん)室だった。

      ◇

 日本弁護士連合会によると、優生保護法による優生手術は約2万5000件。だが詳しい実態は分かっていない。さらに佐々木さんのように、法の範囲外で自由意思によらない不妊手術を受けた事例は、掘り起こすすべも時間とともに失われつつある。

 

 

【関連記事】

<ナチスと同じではないか!>わが日本とは実に恐ろしい国=合法的に女性の同意なしに16,500人に強制避妊手術を行った。衝撃です。 2018.1.25 武田 康弘

<ナチスと同じではないか!>”障害者の生殖機能はなくてよい”~旧優生保護法のもと同意なしに、宮城県内859人に強制不妊・避妊手術を。最年少は9歳 2018.1.25 河北新報


ナチスと同じではないか!<私を返して・上>『旧優生保護法国賠訴訟』命ある限り訴える~葬られた生/幸せも夢も無駄に 2018.1.21 河北新報オンライン

ナチスと同じではないか!<私を返して・中>『旧優生保護法国賠訴訟』偽りの台帳 / 本人同意なく手術 ~強制的で人権を無視 2018.1.22 河北新報オンライン 

ナチスと同じではないか!<私を返して・下>『旧優生保護法国賠訴訟』消えぬ差別 / 子ども 欲しかった ~健常者との間 まだ高い壁 2018.1.23 河北新報オンライン

 

 

 

 

 

コメント

「米山隆一氏は名誉毀損や人種差別の常習犯」という石平氏のツイート内容は「事実」だと松井一郎・大阪府知事が会見で言い切る!2018.1.24 / 米山 隆一氏「明白な誤りを3点指摘」

2018-01-27 18:20:44 | 水光熱 エコ AI 再生エネルギー

 「米山隆一氏は名誉毀損や人種差別の常習犯」という石平氏のツイート内容は「事実」だと松井一郎・大阪府知事が会見で言い切る!大阪維新の会「訴権の乱用」疑惑についてIWJが記者会見で直撃!  ... 2018.1.24

 

松井一郎・大阪府知事が午後2時より定例会見(2018年1月24日)

※米山隆一氏に関する質疑応答は、20:35~30:00

 

 画像に含まれている可能性があるもの:1人、テキスト

 

 【関連記事】

2018.1.22

「これは訴権の乱用だ」〜橋下徹・元大阪府知事がたった1本の、しかも削除済みの「リツイート」でIWJ代表・岩上安身を提訴!「言論の自由に対する挑戦であることは間違いない」自由報道協会主催記者会見 

 

 

 

 
コメント

室井佑月「お腹いっぱい!」 ~世間は安倍晋三首相に「もう飽き飽き」しているのでは…2018.1.25 AERAdot.

2018-01-25 15:23:01 | 水光熱 エコ AI 再生エネルギー

室井佑月「お腹いっぱい!」

連載「しがみつく女」

 
室井佑月2018.1.25 07:00
室井佑月(むろい・ゆづき)/作家。1970年、青森県生まれ。「小説新潮」誌の「読者による性の小説」に入選し作家デビュー。テレビ・コメンテーターとしても活躍。自らの子育てを綴ったエッセー「息子ってヤツは」(毎日新聞出版)が発売中

室井佑月(むろい・ゆづき)/作家。1970年、青森県生まれ。「小説新潮」誌の「読者による性の小説」に入選し作家デビュー。テレビ・コメンテーターとしても活躍。自らの子育てを綴ったエッセー「息子ってヤツは」(毎日新聞出版)が発売中

(c)小田原ドラゴン
(c)小田原ドラゴン

 

 

 作家の室井佑月氏は、世間は安倍晋三首相に「もう飽き飽き」しているのではないかという。

【「お腹いっぱい!」記事のイラストはこちら】

*  *  *
 巷の様子が変わって来ている気がする。

 あたしのまわりの人々は、年末からほとんどテレビを観ていないといっていた。いや、ドラマなんかは録画して観ているんだと。

 なにがイヤなのかというと、テレビで安倍首相の顔を観るのがイヤなんだって。

 わかるぅ。もういいよな。去年の選挙のとき、さんざんCM観せられたもん。CM以外にも、ミサイル飛んで来たら勇ましいこという安倍首相、トランプ米大統領やプーチン露大統領が来日すれば親密さアピールの安倍首相、ほかにも桜を見る会とか中身のない会見とか、彼のPR映像をこれでもかってくらい押し付けられてお腹いっぱい!

 北朝鮮に関していえば、安倍さんの発言だけを取り上げるのではなく、世界のトップの発言も取り上げるべきであったし(安倍発言は明らかに浮いていた)、トランプやプーチンの来日は、なにを食うか、どんなもてなしをするかじゃなく、その後、物事がどう動いたかを放送すべきだった(大量の武器の購入を約束させられたとか、北方領土問題に動きはなかったとか)。

 もう飽き飽きと感じているのは、あたしとあたしのまわりの人間だけじゃないはずだ。

 巷の空気に聡いマスコミの人々が、去年からちょっとずつ動き出している。

 去年の総選挙特番では、各局、小泉進次郎さんを取り扱いたがった。彼は人気者だしな。

 その流れか? 先週、本屋へいったら『文藝春秋』の2月号がレジ前に積み上げられていて、その目玉記事は、『<特別対談>小泉進次郎×塩野七生』だったわい。塩野七生さんが、小泉進次郎さんに、はよ、立て!と発破をかけるという内容であった。ほんでもって、1月10日には、進次郎さんのお父ちゃん、小泉純一郎元首相らが『原発ゼロ・自然エネルギー基本法案』についての会見を開いた。

 そこで小泉元首相は、「いちばん早いのは自民党が原発ゼロを進めること。これは不可能ではない。新総理がゼロの方針を打ち出せば自民党はガラッと変わる」と述べた。安倍さん辞めろ、といったんだ。

 

 

 

 

コメント