異教の地「日本」 ~二つの愛する”J”のために!

言論宗教の自由が保障され、ひとりひとりの人権が尊ばれ、共に生きることを喜ぶ、愛すべき日本の地であることを願う。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

仲間で、レンタカー代等を均等割りし、お出かけしたら逮捕??――埼玉公安の悪質な弾圧

2017-02-15 17:59:16 | テロ 暗殺

レンタカー、高速、ガソリンを均等割りにして、お出かけしたら逮捕されるの??
え?みんな、普通にしてるよね。誰かが儲かる商売でもないのに…
どうして?
裁判所さんーーまじめに答えて下さい。 


週刊金曜日公式ブログ http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/?p=6532より転載

レンタカー代均等割りだけで逮捕――埼玉公安の悪質な弾圧

 埼玉県警公安は1月18日、レンタカー代金とガソリン代、高速料金を均等割りして、原発「視察ツアー」を実施したことが「道路運送法第4条」の違反容疑にあたるとして3人を逮捕した。関西でも2015年6月に、京都府の反基地集会にワゴン車を借りて参加した3人が同じ理由で逮捕されているが、公安による市民運動の悪質な弾圧の手口として要注意だ。

 今回の逮捕口実となったのは、埼玉県の反原発グループ9人が15年9月、福島第一原発事故現場に近い福島県楢葉町に「視察ツアー」を実施したこと。その際、ワゴン車をレンタカー会社から借り、参加者全員がかかった費用を均等割りした。ところが埼玉県警公安は16年2月、「ツアー」参加者の自宅など4カ所を「道路運送法違反容疑」で家宅捜索。逮捕者はいなかったが、この1月18日になって今度は3人を逮捕したもの。

 同法4条は無許可での「一般旅客自動車運送事業」の「経営」を禁じているが、今回のようにレンタカーを均等割りして借りただけで誰も利益を得ておらず、「事業」でもない一般的な行為が、なぜ家宅捜索や逮捕の理由になるのか。

 さらに1月25日にさいたま地裁で、10日間の勾留延長がついたことに関する勾留理由開示公判が開かれたが、弁護側の「なぜ道路運送法違反容疑なのか」という求釈明に対し、來司直美裁判官は「答える必要はない。これが回答だ」などと発言。抗議した傍聴者8人が強制的に退廷させられた。

 今回の3人の逮捕にあたり、各メディアは理由に対する疑問を示さないどころか、逮捕者の実名のみならず容疑とはまったく関係ない所属するとされる政治団体を見出しに掲示。うち1人に関しては職場にまで取材をかけて「仕事熱心」「信じられない」(『東京新聞』)といったコメントを掲載するなど、報道各社が公安の思惑に沿って発表を無批判に垂れ流し、一体化している実態を示している。

(成澤宗男・編集部、2月3日号)

 

 

 

コメント

【沖縄】 博治から 博治へーその6 〔テルヤ寛徳ブログより 20172.13〕

2017-02-15 08:03:29 | テロ 暗殺

「写真 テルヤ寛徳」の画像検索結果「写真 テルヤ寛徳」の画像検索結果http://terukan.ti-da.net/e9350207.htmlより転載

博治から 博治へーその6

2017年02月13日

 2月13日午前10時頃、指定された那覇拘置所接見室の扉を開けた。6日ぶりの博治の元気な顔があり、ほっと安堵した。毎度のことだが、博治の元気な顔を見るまでの接見待ち時間は落ち着かない。

 私のブログでの「博治から 博治へ」も回を重ねるごとに、博治の拘束状態を案じ、不当な長期勾留から一日も早い釈放を求める多くの人が読んでくださっているようだ。
 2月8日付のブログには、1,096人が「いいね!」の反応を寄せてくれている。(2月13日18時45分現在)
 読者の皆さん、ありがとう。博治の「今」を多くの人に伝えてください。

 ウチナーは、昨日(2月12日)が旧暦1月16日のグソー(後生=あの世)の正月、ジュールクニチー(16日祭)であった。接見後に那覇地裁前で会った博治の妻や兄嫁からジュールクニチーにご先祖様にも「早期釈放」を祈願した、と聞いた。

 今日の接見時、博治からは、独居房で兄夫婦、同級生、有志の仲間らによる拘置所の外からの「愛の一声」「激励の一声」が聞こえたこと、兄の健康を気遣い、「寛徳先生から兄に『無理しないように』と伝えてください」と言付かった。

 独居房には暖房設備がない。先週末は寒かったようで「重ね着して寒さをしのいだ」という。博治からホッカイロの差し入れを頼まれたので、接見後すぐに手配した。(現時点で、差し入れが認められたか不明だ)

 先週の接見時に告白された虫歯の疼きは、たいぶ治まったとのことで一安心した。博治から、妻・多喜子宛に「お菓子や甘い飲み物は一切差し入れないでくれ」と伝言された。

 今日の接見時に、私から雑誌「世界」3月号に博治関連の2本の評論記事が掲載されていることを伝えた。
 
 一つは、森川恭剛氏(琉球大学法文学部教授)の「山城博治議長の解放を―不正は刑事司法の側にある―」という小論文だ。博治の「釈放」ではなく「解放」を求めている。
 博治と二人で「すごい論文だ」とその論理と感性を讃えた。森川教授の専攻は存じ上げないが、私も同大法文学部卒業生である。近々お会いできればと思う。

 もう一つは、新城郁夫氏(琉球大学法文学部教授)と鹿野政直(早稲田大学名誉教授)の対談「沖縄を生きるということ(前編)―高江それぞれに『現場』をつくりだす人びと―」である。
 対談の中で、鹿野教授は「前は山城さんの存在が人々をつないでいた。今は、山城さんの不在が日々とをつないでいる」と述べている。その発言を受けて、新城教授は「不在であるがゆえに、むしろ人びとはつながっていますね」と応じている。

 私は、予め当該引用部分をメモして出かけたので、接見室で博治の顔を見つめ、読み上げた。全神経を集中して聞いていた博治は、一瞬で涙を滂沱(ほうだ)した。おかげで、私までもらい泣き寸前に・・・。
 博治には、共通の友人である照屋勝則(ゆうな印刷社長)と妻・多喜子に「世界」3月号を早く買い求めて差し入れるように言ってある、と伝えたところ、配慮への感謝が述べられた。



 接見を終えて、上京すべく空港へ向かった。いつものところ(那覇地裁正門付近)で、今日も6人の男女が博治の早期釈放を求めて「サイレント・アピール」をしている。それぞれが、お手製のプラカードを掲げている。(写真)
 車を停めて近寄ると、博治の妻と兄夫婦、そして名を知らぬ市民らであった。60代の浦添市の男性は「毎日博治のことが心配で、仕事を終えて駆け付けた。辺野古新基地建設の工事再開も許せない。博治には、一日も早く現場復帰して元気な姿を見せてほしい」と切実に訴えていた。

 新城教授と鹿野教授の対談にもあるように、博治の「不在」は形を変えて、創造的な連帯を間違いなく生み出している。それを実感する今日の出会いであった。

 今朝の地元紙は、北谷町美浜で昨日、マネキンを装った黒服姿の男女が博治の長期勾留に抗議し、早期釈放を求める「マネキンフラッシュモブ」をおこなった、と報じている。
 
 博治の「存在」と「不在」は、結果としてウチナーンチュの自主的で創造的な運動を多様化させ、拡がりと奥行きを与えている。
 その運動とそれらを生み出す市民の「声なき声」に、博治もまた励まされ、不屈に闘っている。

2月13日

 

 

 

コメント

故金正日(キム・ジョンイル)総書記の長男、正男(ジョンナム)氏が2月13日午前、マレーシアで殺害される!-毒殺?現地警察が死亡確認

2017-02-15 00:44:32 | テロ 暗殺

ふつうに有りと思える独裁政権! 怖いね、日本はこうなってほしくないね・・・

故金正日(キム・ジョンイル)総書記の長男、正男(ジョンナム)氏が2月13日午前、マレーシアで殺害される!?

画像に含まれている可能性があるもの:1人、サングラス、テキスト

 

 

2017/02/15-00:06
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017021401238&g=prkより転載

金正男氏、暗殺か=韓国メディア、マレーシアの空港で-毒殺?現地警察が死亡確認

手を振る北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄・金正男氏=2010年6月、マカオ(AFP=時事)

 【ソウル、クアラルンプール時事】韓国メディアは14日、北朝鮮の故金正日総書記の長男で、金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄・金正男氏が13日午前、マレーシアのクアラルンプールの空港で女に殺害されたと報じた。毒殺の可能性も指摘される。ただ、韓国政府は14日夜、報道について「現時点で確認できるものはない」と述べた。

金正恩委員長の「警戒対象」=張成沢氏に近い金正男氏

 マレーシアの報道によると、マレーシア警察も14日、正男氏の死亡を確認した。ロイター通信によると、クアラルンプールからマカオに向かうところだった。出発を待つ間にショッピングエリアで倒れ、病院へ向かう途中で死亡が確認されたもようだ。遺体が安置された病院関係者は「男性の名はキム、1970年生まれ」と語ったが、正男氏は71年生まれとも言われている。北朝鮮関係筋によると、死亡した男性の容姿は「正男氏に似ている」という情報が出回っていた。
 韓国メディアは、空港で女2人が針で刺して正男氏を殺害し、マレーシア警察が車で逃走した女2人の行方を追っていると伝えた。2人が北朝鮮の工作員で針に毒が仕込まれていた可能性が指摘されている。

 

***********************:

2017/02/14 21:29
 
北朝鮮の金正男氏 マレーシアで殺害=暗殺の可能性も

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の故金正日(キム・ジョンイル)総書記の長男、正男(ジョンナム)氏が13日午前、マレーシアで殺害されたもようだ。韓国政府消息筋が14日、伝えた。正男氏は金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の腹違いの兄に当たる。

 正男氏は金正日氏と成恵琳(ソン・ヘリム)氏の間に生まれた。早くから後継者として有力視され、1990年には朝鮮コンピューターセンターの設立を主導するなどITや軍事分野で主要ポストに就いていた。

 しかし、2001年5月に息子と2人の女性を同行し、偽造パスポートで成田空港から日本に入国しようとして身柄を拘束され、追放された。

 これを機に後継者争いから外れ、マカオや中国などで生活していた。2013年に張成沢(チャン・ソンテク)氏が処刑されてからはシンガポールなど東南アジアで生活したとされる。

 金正恩政権が発足してからは北朝鮮の世襲体制を強く批判しており、正恩氏が自身の偶像化の障害となる兄を暗殺した可能性があるとの指摘も出ている。

 韓国外交部は正男氏の殺害について、「確認することはできない」とコメントした。

csi@yna.co.kr

関連記事

 

***********************************
2017年2月14日19:52

韓国KBSテレビは情報筋の話として、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長が異母兄弟の金正男氏を暗殺したと報道。

 【速報】韓国KBS「金正恩氏が金正男氏を暗殺」と報道 | NewsDigest

 
 
 
 
<form id="u_jsonp_38_8" class="commentable_item" action="/ajax/ufi/modify.php" method="post" data-ft="{"tn":"]"}"> </form>
 
コメント