みんなが知るべき情報/今日の物語

脱原発、反戦、平和憲法、世界情勢、健康情報、スポーツなど!たまご中心の食事で若返り、老化防止、免疫力、筋肉強化。

消費税増税は不要‥‥ 大企業 「埋蔵金」 200兆円越え。内部留保に、ちょと税金をかけるだけで!!

2013-06-29 10:34:52 | 政治
消費税増税は不要‥‥

  大企業 「埋蔵金」 200兆円越え。

内部留保に、ちょと

  税金をかけるだけで!!


河北新報 2013-06-29 河北春秋

大企業だけで200兆円を優に超える額。

この「埋蔵金」にちょっと税金をかけるだけで、

消費税増税は不要になるとの試算がある

経済の目詰まりの元凶は

内部留保という認識は

与野党に少しずつ浸透中だそうだ。


河北新報 2013-06-29 河北春秋より

 川柳に<封筒が立った賞与を懐かしむ>。

かなり以前、給与も賞与も現金手渡しの時代があった。

残念ながら、川柳のような封筒が立った記憶はないけれど

▼ボーナスの季節、アベノミクスの恩恵やいかに? 

気になって各業界の平均額を調べていると、あるアンケートが目に付いた。

「ボーナスの額次第で転職を考える人が4割に」という内容だ

 ▼業績回復を肌で感じ「賞与が上がるのは当然」と考える人が増えたという。

景気がよくても従業員にちゃんと還元しない会社は、社員の方からさようなら…。

そんな兆しが読み取れそうだ。

▼出し渋る企業は、いずれ人材確保に困る事態に陥るかもしれない。

経営者が頭痛を感じそうな話は、まだある。

内部留保、つまり企業がため込んでいるお金に税金を掛けよう-。

  そんな案が政界にある

 ▼給与が右肩下がりのデフレ時代も、企業の内部留保は増え続けた。

大企業だけで200兆円を優に超える額。

この「埋蔵金」にちょっと税金をかけるだけで、

消費税増税は不要になるとの試算がある

▼もうかっている企業の内部留保たるや、怖るべし。

むろん経済団体は必死で反発するだろう。

ただし「経済の目詰まりの元凶は内部留保」という認識は、

与野党に少しずつ浸透中だそうだ。

河北新報 2013-06-29 河北春秋より
http://www.kahoku.co.jp/column/syunju/20130629_01.htm

増税になれば成るほど儲かるトヨタなど大手企業 【消費税還付金】だから経団連は増税賛成!!


【アベノミクスの狙いは消費税大増税の強行にある】国民は「食用の家畜」!!


消費税増税「今後3年で下手すると日本経済は恐慌に転落」 森永卓郎分析


安倍政権の罠と危機‥‥ アルマゲドン アベノリス 国債暴落 大増税 人権 原発事故恐怖‥‥




『アベノリスク』とは

日本にもたらされる

7つの大きな災厄である。



Amazon.co.jp: アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪: 植草 一秀: 本

☆第一のラッパが吹き鳴らされると、

 日銀の資産を大幅に劣化させてまで

誘導される激しいインフレが、

政府と企業だけを救い、国民は大いに苦しめられた。

☆第二のラッパが吹き鳴らされると、

 大増税が始まり

アベノミクスへの期待効果によって
  
生まれたわずかな株高などは簡単に吹き飛ばされた。

☆第三のラッパが吹き鳴らされると、

 TPP加盟によって美しい国土は荒れ地と化し

米国市場原理主義の猛威が日本社会を荒廃させた。

☆第四のラッパが吹き鳴らされると、

活断層の上の原発がいつのまにか続々と再稼働し始め

  人々は原発事故の悪夢に怯える日々を過ごした。

☆第五のラッパが吹き鳴らされると、

血税を食い荒らすシロアリ官僚がますます増殖し、

再び増額された巨大公共事業・役人利権予算に群がった。

☆第六のラッパが吹き鳴らされると、

権力の横暴を防ぎ止める役割を担っていたはずの憲法が、

  国家権力によって次々と都合よく改悪され、

国民主権や基本的人権がないがしろにされた。

☆第七のラッパが吹き鳴らされると、

憲法改悪によって戦争への道が切り開かれ、

 集団的自衛権の名のもとに

日本が報復攻撃の対象とされ、・・・・・・・

☆これが近未来の日本の

  姿となってしまうかも知れない。


詳細はコチラ↓↓
『日本をメルトダウンさせる アベノリスク7つの大罪』植草一秀著


ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
« 恐怖のアベノミクス相場  素... | トップ |  何故、自民党を支持するのか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事