(株)ケイ・アイ・エム社長の”kimlog”

ONLY ONEのサービスを提供するNEWスタイルの保険と車のプロSHOP【KIM OFFICE】

台湾でプレゼンを受けた新開発の商品到着!

2019年10月09日 20時59分53秒 | 仕事日記『車の業務編』

本日、時間が取れず装置そして効果を試す事が出来ませんでしたが、後日ご案内させて頂きます!
かなりオススメの商材かも!

コメント

【トヨタ】新型「グランエース」3列6人乗/4列8人乗を設定、2019年12月発売!

2019年10月09日 10時51分59秒 | NEWS・業界情報

トヨタは3列6人乗り 4列8人乗りのワゴン車、新型「グランエース」を日本にて2019年12月に発売する。新型「グランエース」を「東京モーターショー2019」 に出展すると2019年10月8日に発表した。TNGAに基づく新型専用プラットフォームの採用とセミボンネット化が特徴である。エクステリアは大型バンパーに大型グリルに水平ラインデザインクロームメッキを採用、LEDバイビームヘッドライト、サイドとその下のクロームメッキはフロントの水平ラインデザイン、大型17インチアルミホイール、ダブルL字型LEDテールライトを採用。ボディサイズは全長5,300mm 全幅1,970mm 全高1,990mm ホイールベース3,210mm。クラスの中で最も小さい回転半径(5.5m)とした。高級レザーを仕様にキャプテンシートを採用した3列6人乗りに加え、4列8人乗りのタイプも設定。ユーザーの多様なニーズに応じ選択可能。エンジンには「1GD 2.8L ディーゼルターボエンジン」とトランスミッションは6AT(マニュアルモード付き)を採用。サスペンションには新開発「トレーリングリンク車軸式リヤサスペンション」採用。安全装備としてSRSエアバッグ、車両安定制御システム(VSC)などに加えて「Toyota Safety Sense」(衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)、レーンディパーチャーアラート(LDA)(ステアリング制御機能付) オートマチックハイビーム(AHB) レーダークルーズコントロール (全車速追従機能付) )を採用。ブラインドスポットモニター(BSM)リヤクロストラフィックアラート(RCTA)パノラミックビューモニター(PVM)なども採用されている。ディスプレイオーディオを標準装備し「Apple CarPlay」と「Android Auto」を採用する。DCM車載通信機を標準装備。さらに、専用通信機DCMを全車に標準搭載し、T-Connectサービスを3年間無料で提供。

 
【情報元】 最新自動車情報2016

新型車の情報はこちら スクープ!NEWモデル!!

(株)ケイ・アイ・エム KIM OFFICE co.,ltd

コメント

【アウディ】新型「A3」のダイナミックな最終デザインがアフリカでスクープ!

2019年10月09日 07時30分42秒 | スクープ!NEWモデル!!

アウディの欧州Cセグメントハッチバック『A3』新型プロトタイプを、ほぼフルヌードの状態で初めてカメラが捉えた。A3は「小さな高級車」なるコンセプトで1996年に初代がデビュー、2003年には2代目が発売された。2012年に登場した3代目ではボディが大型化。セダンの設定や、MMIナビゲーションシステムを標準装備するなど大きな進化を見せた。今回は7年ぶりのフルモデルチェンジとなる。次期型では、VW『ゴルフ』新型と「MQB Evo」プラットフォームを共有し、ターボチャージャー付きガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、マイルドハイブリッド、及びプラグインハイブリッドパワートレインの搭載を可能にする。アフリカで捉えた開発車両は、ヘッドライトに黒いテープテープが貼られているだけのほぼフルヌード状態だ。ワイドになったグリル、刷新された五角形のコーナーエアインテーク、エッジの効いたヘッドライトやテールライトが確認できる。またサイドでは、深い立体感を持ったキャラクターラインがわかる。ウエストラインのクロムトリムがシルエットの美しさを際立たせているが、これはカモフラージュか。全長は現行型とほぼ同じと見られるが、全幅が広く、車高が下げられているため、現行型よりさらにダイナミックさを感じさせる。キャビン内では、ステアリングホイールが刷新されるほか、大型のデジタルクラスタパネル、最新のインフォテイメントシステムを搭載するタッチスクリーンなどが装備されるはずだ。パワートレインは、1.0リットル直列3気筒ガソリンターボエンジンを設定するほか、1.5リットル直列4気筒ガソリンターボエンジン、最高出力200ps以上を発揮する2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンのラインアップが予想される。また「S3」には最高出力320psとも噂される2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジン、頂点には最高出力420psを発揮する2.5リットル直列5気筒ガソリンターボエンジンを搭載する「RS3」の設定が濃厚だ。



 新型車の情報はこちら スクープ!NEWモデル!! 

kimlogをご覧頂きありがとうございます  

(株)ケイ・アイ・エム KIM OFFICE co.,ltd  
 

コメント

ONLY ONEのサービスを提供するNEWスタイルの保険と車のプロSHOP【KIM OFFICE】

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 車ブログへ ブログ王 車ブログへ

(株)ケイ・アイ・エム KIM OFFICE co.,ltd