(株)ケイ・アイ・エム社長の”kimlog”

ONLY ONEのサービスを提供するNEWスタイルの保険と車のプロSHOP【KIM OFFICE】

新型大予想!トヨタ主任技術者が示唆...「次はセリカとMR-2の復活だ!」

2018年10月18日 05時59分07秒 | NEWS・業界情報

かねてから噂のあった、トヨタ『セリカ』と『MR-2』の復活が現実味を帯びてきた。これは、トヨタのチーフエンジニアである甲斐氏が、米「Road&Track」誌のインタビューに答えたものだ。同氏は、「スープラを復活させたので、次はセリカとMR-2だ」と語ったようだ。トヨタは2017年に「セリカ」の商標登録を完了しているほか、以前にはこの3台を「ザ・スリー・ブラザース」と呼んでおり、かなり実現の可能性が高いと思われる。また新型セリカは、1986年の「セリカGT-FOUR」のように4WDを想定しているとも語っている。さらに、『86』がスバルとのパートナーシップから誕生したように、販売価格を抑える専用のパフォーマンスカーを生産するために、プラットフォームをはじめ、多くのコンポーネントを共有するモデルが必要という。ならば、次期86とプラットフォームを共有するか、あるいはスープラのように再びBMWとタッグを組むのか……興味は尽きない。Spyder7編集部では、復活への期待を込めて予想CGを製作した。86をベースに、より攻撃的、レーシーに仕上げた。フロントは現トヨタの流れをくむ大型グリルに、左右の張り出したフロントフェンダー一体型スカートを合わせて迫力をアップ。また、ライトも3連レンズを縦型デザインにしてシャープな印象を持たせた。サイドは『プリウス』などに用いられているキャラクターラインをより派手に、F/Rフェンダーにはボリューム感を与えワイド感を強調。またアンダースカート部分は大きくえぐった吸気口をポイントとした。予想されるパワートレインは、1.8リットルから2.4リットルの直列4気筒水平対向ターボエンジンで、最高出力は250ps程度となるはずだ。スープラの発売が押していることから、セリカ復活が実現するとしても2020年以降となるだろう。


新型車の情報はこちら スクープ!NEWモデル!!

(株)ケイ・アイ・エム KIM OFFICE co.,ltd

 kimlog昨日の閲覧数・訪問者数とランキング

gooアクセスランキング
閲覧数:7823PV 訪問者数:1052
IP / 順位:324
車と保険のプロショップ

kim-office (kimoffice1) on Twitter

blogram投票ボタン  にほんブログ村 車ブログへ

コメント

スバルのリコール問題の対象車となった「クロスオーバー7」は車検入庫で!

2018年10月17日 14時04分35秒 | 仕事日記『車の業務編』

継続検査そして整備も完了しましたので、これよりスバルディーラーに持ち込み対策を
お客様の為にこの手間を掛ける事でメーカーからお詫びとして郵便為替で¥50,000-が進呈されるとの事でございます

【便利ツール】あなたの愛車は大丈夫?車体番号でリコール検索!

リコール・改善対策・サービスキャンペーン対象車の検索
お車が「リコール・改善対策・サービスキャンペーンの対象車両に該当するか検索いたします。
車検証の「車台番号」欄の記載事項を半角英数字で入力し、下記メーカのページにて「検索」してください。

    
    

コメント

業者様からの仕上げ作業のご用命で入庫した「レクサスLS」はわナンバー!?

2018年10月17日 13時53分37秒 | 仕事日記『車の業務編』

弊社以外にもこんな大きなレンタカーを転がしている業者さまが居るのにも驚きでございます
VIPユーザー様には相応の代車(レンタカー)も用意しないといけない事情って事ですね

車と保険のプロショップ
自動車保険
  カーライフのサポートを通じ、安心と安全をお届け致します

コメント

今週の中古車相場動向【vol:461】

2018年10月17日 13時50分50秒 | 【月刊ユーストカー提供】中古車相場動向

---------------------------------------
今週の出品台数110,000台
落札台数72,000台
成約率65.7%
---------------------------------------
今週の平均単価下落率今週のワースト1(乗用車)「レガシィB4」

AA最新動向 情報元
ユーストカー ハイパー
 
http://www.u-car.co.jp/market_view.do?id=732

コメント

【オークションエージェント導入!】全国のAA出品車をリアルタイムに検索!

2018年10月17日 10時50分27秒 | 【重要】ご挨拶Information

毎週全国で約5万台のユーエスエスグループの出品車両を検索出来るオークションエージェント
ご購入をご検討の際は是非弊社までご相談下さい

 利用する

 ログイン用 専用IDとパスワードを発行致します

 お問合せ・お見積依頼は、上記専用フォームにて受付しております

コメント

【BMW】パリにて新型「M5」に625hpの最強モデル「コンペティション」を設定!

2018年10月17日 07時07分48秒 | NEWS・業界情報

BMWはフランスで開幕したパリモーターショー2018において、新型『M5』のさらなる高性能モデル、『M5コンペティション』(BMW M5 Competition)をワールドプレミアした。新型M5コンペティションには、最新世代の4.4リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを強化して搭載。最大出力は625hp/6000~6700rpm、最大トルクは76.5kgm/1800~5800rpmを引き出す。ベース車両の新型M5に対して、最大トルクは変わらないものの、最大出力は25hp引き上げられ、歴代M5で最強のスペックを獲得する。トランスミッションは8速の「Mステップトロニック」。駆動方式は、4WDの「M xDrive」。通常状態では、FRを基本にしながら、路面状況や走行状態に応じて、4WDに変化する。このM xDriveはDSCをオフにした場合、走行モードは4WD、4WDスポーツ、2WDの3種類が選択可能。後輪には、アクティブMディファレンシャルが組み込まれた。新型M5コンペティションの動力性能は、0~100km/h加速が3.3秒と、新型M5の3.4秒に対して、0.1秒短縮。最高速は250km/h(リミッター作動)。オプションのMドライバーパッケージでは、最高速を305km/hに引き上げることができる。エクステリアは、キドニーグリルやドアミラーをブラック仕上げとし、20インチの専用ホイールを装着する。ブラック仕上げの専用スポーツエグゾーストも採用。サスペンションは専用チューンとなり、車高が若干引き下げられた。新型M5コンペティションには、大型のデジタルコクピットを採用。この大型デジタルコクピットは、M専用デザインとなっており、ドライビングダイナミクスシステムや4WDのM xDriveのモード、ドライブロジックの設定といった情報を表示する。また、スポーティに走行する場面で重要な機能として、可変式のエンジン回転数事前警告フィールド、マニュアルシフトモードで最適なシフトタイミングを知らせるシフトライトがある。この走行データは、M専用ヘッドアップディスプレイに表示することが可能。さらに、ドライビングダイナミクスシステムの機能の設定のほとんどは、タッチスクリーン式センターディスプレイ、センターコンソール上のスイッチ、Mスポーツステアリングホイールで操作できる。センターディスプレイは、ジェスチャーコントロールにも対応する。新型M5コンペティションには、「ドライビング・アシスト・プラス」を搭載。これは、ルームミラー内のステレオカメラ、前方に3基、後方に2基のミリ波レーダーセンサーが、日常走行域での急停止や飛び出しなどを瞬時に判断し警告するとともに、夜間や悪天候下でも安定して検知し警告することにより、安全を支援するもの。また、「ステアリング&レーン・コントロール・アシスト」も採用。フロントウインドウのステレオカメラが、車線や前方車両を検知。ステアリングに操舵力を加えることで、高速走行時に車線の中央付近を走行しやすいように支援する。渋滞時は先行車に追従走行し、走行時の安全性と利便性を向上するなど、将来の自動運転技術を部分的に実現している。



新型車の情報はこちら スクープ!NEWモデル!!

(株)ケイ・アイ・エム KIM OFFICE co.,ltd

 kimlog昨日の閲覧数・訪問者数とランキング

gooアクセスランキング
閲覧数:7823PV 訪問者数:1052
IP / 順位:324
車と保険のプロショップ

kim-office (kimoffice1) on Twitter

blogram投票ボタン  にほんブログ村 車ブログへ

コメント

代車が足らない事態なので今や稀少なミラ”TR-XX”を復活させようと…

2018年10月16日 12時26分02秒 | 仕事日記『車の業務編』

ストックヤードに長い事眠らせておいた「ミラTR-XXターボ」を復活させようと出してきましたが
エンジンルーム内に鼠が巣を作っており、調子が良かったはずのミラ号は死に体に

予定変更中断!!

車と保険のプロショップ
自動車保険

  カーライフのサポートを通じ、安心と安全をお届け致します

コメント

納車前の準備を進める「エクスワイア」の次なる作業はインテリアの架装!

2018年10月16日 12時04分59秒 | 仕事日記『車の業務編』

ナビゲーションの取付作業は足らない部品が出てしまい途中で中断しておりますが
本日、お客様からの追加でご要望を頂きましたインテリアパーツを注文致しました


クラッツィオ フロアマット 立体タイプ フロント用 Clazzio ラバータイプ ブラックET-1570

クラッツィオ シートカバー Clazzio ネオ ブラック ET-1581

クラッツィオ ( Clazzio ) フロアマット リア用ラバータイプ (ブラック) ET-1570-01


お客様が心待ちにしている新車でございましてピカピカの状態でお届け致します

【お奨め】
コーティング作業工程の紹介(弊社HPご案内) 


プロの技術で愛車をピカピカに
 ご予約承り中!カーコーティングは弊社にお任せ下さい。

コメント

雨天時のセーフティドライブにフロントガラスコーティングをお薦め致します!

2018年10月16日 10時27分09秒 | 【重要】ご挨拶Information

弊社では、「フッ素樹脂」配合のプロ施工コーティングの更に上をいく

「ナノハイブリッド美滑水コート」
を施工致します

プロ施工ならではの高性能ガラスコーティングです。
素晴らしい撥水力と耐久性で安全・快適な視界が長期間にわたり持続します。

★商品特長★
�40~60km/h以上の走行で良好な雨滴飛散性を発現します。
�雨滴による光散乱で発生するシャンデリア現象が低減します。
�耐ワイパー性と耐候性が優れており、ロングライフな撥水効果を維持し、ワイパーのビビリを低減させます。
�ガラス面への水垢や油膜などの付着力が低く、汚れ除去に優れています。
�着氷力が非常に低く、寒冷地での結氷剥離作業が容易です。



持続効果1年以上のスーパーガラス撥水システム
フッ素とシリコーンのハイブリッドで優れた雨滴飛散性と耐久性を実現

コメント (1)

マルチスズキ『シアズ』がインドのプレミアムセダン市場で再量販モデルに!

2018年10月16日 08時56分02秒 | NEWS・業界情報

スズキのインド部門、マルチスズキは『シアズ』(Suzuki Ciaz)がインドのプレミアムセダン市場において、2018年4~9月期の最量販モデルになった、と発表した。シアズは2013年春、上海モーターショー2013において、『オーセンティックス』の名前でワールドプレミア。その後、デリーモーターショー2014では、シアズに車名を改め、インドデビューを果たした。インドでは、ミッドサイズのプレミアムセダンセグメントに属する。2018年8月には、改良新型を発表。ガソリンエンジン全車が、新開発の「スマートハイブリッド」を搭載した。新開発の1.5リットル直列4気筒ガソリンエンジンに、リチウムイオンバッテリーを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムとなる。1.5リットル直列4気筒ガソリンエンジンは、最大出力105ps、最大トルク14kgmを発生。新開発のスマートハイブリッドでは、トルクアシスト機能によって、加速時などにエンジンのパワーをアシスト。減速時には、エネルギーの回生を行う。アイドリングストップも採用し、燃費は21.56km/リットル。マルチスズキによると、ガソリン全車のマイルドハイブリッド化は、インドのミッドサイズプレミアムセダンセグメントでは初であり、クラスをリードする燃費性能を備えているという。このシアズがインドのプレミアムセダン市場において、2018年4~9月期の最量販モデルに。その販売台数は2万4000台を超えており、インドのプレミアムセダン市場でおよそ3割のシェアを獲得。マルチスズキは8月に発売した改良新型が1か月で1万台以上を受注した、としている。



新型車の情報はこちら スクープ!NEWモデル!!

(株)ケイ・アイ・エム KIM OFFICE co.,ltd

コメント

米・ボリンジャー・モーターズが新型電動ピックアップ・トラック「B2」を発表!

2018年10月16日 07時49分01秒 | NEWS・業界情報

ボリンジャー・モーターズは、同社が"スポーツ・ユーティリティ・トラック"と呼ぶ電動ハードコア・オフロード車「B1」の準備で忙しい。 この無骨な電気自動車については、オンロード、オフロードの両方でテストしている動画が公開されており、中にはサーキットを走るクールな映像もあった。我々は最近、B1を実際に見る機会があり、ボリンジャーの次の展開について同社の人達から話を聞くことができた。そこで耳にした同社からの重大発表は、B1に続いて「B2」と名付けられた電動ピックアップ・トラックを開発しているということだ。ボリンジャーはB1の開発を通して、どれくらいの性能が実現できるのか、どれくらいの人々が気に入ってくれるのか等、多くの事を学んできた。B2にはこれらの教訓と技術が応用されている。同車はB1と同じ電動全輪駆動システムを共有し、120kWhのバッテリーパックが2基の電動モーターを駆動する。大きなロードクリアランスを可能にするハイドロニューマチック・サスペンションや、インホイールのポータル・ギア・ハブなどの特徴も、B1から受け継がれる。B1との大きな違いは、一般的なピックアップ・トラックの荷台を持つことだ。その幅は49インチ(約1.24m)、長さは69インチ(約1.75m)で、テールゲートを倒し、キャビン後部のリア・ウィンドウを開けば、フルサイズのベニヤ板が最大72枚も載せられる。B2は車両総重量10,001ポンド(約4,536kg)〜、積載量5,000ポンド(約2,268kg)〜のクラス3ピックアップ・トラックになる予定だ。ボリンジャー・モーターズの創業者で、CEO、デザイナーを務めるロバート・ボリンジャー氏は、この電動ピックアップトラック、B2について以下の様に述べた。「この新型B2には、B1開発の中で学んだ事の全てが詰め込まれており、心躍る新たな方向へ導きます。ラインナップをB1とB2の両方から始めようという計画は常にありました。B1 プロトタイプのテストから信じられないほど素晴らしいデータを得た我々は、4ドアのB1とB2の最終的な完成に向けてエンジニアリングの全知識を注ぐことができます。B2は私がずっと欲しかったピックアップ・トラックであり、現在市場で販売されているものよりもクレイジーで優れたクルマになるでしょう」ボリンジャーは、このB2 ピックアップ・トラックを2020年内に、B1と同じ組み立てラインで生産する計画を立てている。オプションや価格についての詳細は来年発表される予定だ。



新型車の情報はこちら スクープ!NEWモデル!!

(株)ケイ・アイ・エム KIM OFFICE co.,ltd

 kimlog昨日の閲覧数・訪問者数とランキング

gooアクセスランキング
閲覧数:7357PV 訪問者数:1151
IP / 順位:239
車と保険のプロショップ

kim-office (kimoffice1) on Twitter

blogram投票ボタン  にほんブログ村 車ブログへ

コメント

そして「セレナ・ライダー」はヘッドライトコーティングの作業も完了しました!

2018年10月15日 14時48分57秒 | 仕事日記『車の業務編』

蘇ったヘッドライト作業に手間と時間は掛かりますが効果は絶大でございます
商品価値も大幅にアップした感じが致しますイイ感じ

最近のクルマはメンテを怠ると目元がくすんで見映えも悪くなって参ります

そんな時にはボディコーティングと共にヘッドライトにも施工をおススメしております

過去記事 【ヘッドライトリペア】目で印象はかなり変わります!プロの技術でリフレッシュ!
【お奨め】コーティング作業工程の紹介(弊社HPご案内) 


プロの技術で愛車をピカピカに
 ご予約承り中!カーコーティングは弊社にお任せ下さい。

コメント

レンタカー登録を予定している「セレナ・ライダー」は純正パーツを発注!

2018年10月15日 12時35分58秒 | 仕事日記『車の業務編』

ハイマウントストップランプが割れてしまっており、交換する事にしたのですが・・・
ライダー専用品に付き、純正流用も出来ず”オーテックジャパン”製の部品しか無い

こちらが届いた純正部品でございましてAUTECH 26595-1A20A
部品代は¥21,230-(税抜き)…高っ

車と保険のプロショップ
自動車保険

  カーライフのサポートを通じ、安心と安全をお届け致します

コメント

ポータブルナビゲーションも特価にて販売中!NO1ブランドは「ゴリラ」!?

2018年10月15日 12時25分10秒 | 仕事日記『車の業務編』

スペックそして機能面でも毛九メーカー共、多岐に渡るラインナップが有りますもので
お客様の拘りそしてご要望にお応えして参ります価格面でもお気軽にご相談下さい

そしてパナソニック「ゴリラ」にはこれが必需品でございましてピン
これが無いと不便するパーツ保安基準は・・・

ドレスアップはお任せ下さい!!個性ある1台に仕上げます

carlife&Insurance Adviser pro shop
   
ポッチっとよろしくお願いしま~す
(株)ケイ・アイ・エム KIM OFFICE co.,ltd &Tokyo Alliance co.,ltd

コメント

今週の中古車相場動向【vol:460】

2018年10月15日 12時21分29秒 | 【月刊ユーストカー提供】中古車相場動向

---------------------------------------
今週の出品台数96,000台
落札台数60,000台
成約率62.1%
---------------------------------------
今週の平均単価下落率今週のワースト1(乗用車)「ウイングロート」

AA最新動向 情報元
ユーストカー ハイパー
 
http://www.u-car.co.jp/market_view.do?id=731

コメント

ONLY ONEのサービスを提供するNEWスタイルの保険と車のプロSHOP【KIM OFFICE】

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 車ブログへ ブログ王 車ブログへ

(株)ケイ・アイ・エム KIM OFFICE co.,ltd