(株)ケイ・アイ・エム社長の”kimlog”

ONLY ONEのサービスを提供するNEWスタイルの保険と車のプロSHOP【KIM OFFICE】

【4度目のマレーシアへ!】本日~9/4の日程で海外出張に行って参ります!

2018年08月31日 08時34分14秒 | 世界進出!海外渡航記

深夜の羽田空港からマレーシア・クアラルンプールへ過酷なLCCでのフライト
誠に申し訳ございませんが、不在中は弊社スタッフまでご連絡をお願い致します


明日より再度マレーシアへ渡航してビジネスチャンスを掴んで参りたいと思っております
今年の目標として東南アジアで狙いを定めてチャレンジしたいと思っております!!

世界で見るとが右ハンドルが左ハンドルが主流な国*日本の様に右も左も登録できる国は珍しい)

アジア地域では日本・香港・マカオ・インドネシア・シンガポール・タイ・ブルネイ・マレーシア・東ティモール

中国・台湾・韓国・北朝鮮・モンゴル・カンボジア・フィリピン・ベトナム・ミャンマー・ラオス

今後は輸出の仕向け先を増やしてまだ走れそうな下取車の販路を拡げて行きたいと考えております

念願の日本ブランド
(右ハンドル)の輸出を準備中
今まで通りの高級輸入車とロープライスな国産車のリユース需要に応えて行きたいと思います

輸出ビジネスを拡充する事によりお客様へ更なるメリットをご提供致します

carlife&Insurance Adviser pro shop
   
ポッチっとよろしくお願いしま~す
(株)ケイ・アイ・エム KIM OFFICE co.,ltd &Tokyo Alliance co.,ltd

コメント

【USS東京会場AA】熱中症気味になりながらの月末のオークション!

2018年08月30日 14時59分59秒 | 【オークション】AA日記

バックオーダーの決着と輸出向けの仕入れに早朝から駆け回っております
そして本日深夜からのフライトでマレーシアへ出張のスケジュールとなっておりましてまだ、準備もしていない状況でございます

なかなか決着が図れない輸入車SUVのオーダーは車種を多く提案して見るものの第一希望のポルシェで
インテリアカラーのご要望がなかなか難しい今回のオーダーでございまして

こちらは久々に狙う事になりましたメルセデスの「GLKクラス」後期モデルの350でございます
なかなか今日は高評価点の狙いが多く、比較的下見も楽な感じでございます

折笠担当の軽自動車のオーダーも決着したいところでございまして念入りに下見して参ります
今日は月末のオークションなので安く買えればラッキーで続々チャレンジ

*その他、輸出用の下見は海外へ画像が流出してしまうので自粛中でございます

毎週更新中【オークション】AA日記

オークションはお任せ!実績と豊富な経験でアドバイス!

コメント

【ポルシェ】レッドルーフが刺激する「718ボクスター」スパイダーは400馬力超え!

2018年08月30日 06時41分42秒 | スクープ!NEWモデル!!

ポルシェ『718ボクスター』として初めて設定されるハイパフォーマンスモデル、「スパイダー」が、フルヌード姿でニュルブルクリンクでの高速テストに現れた。これまでの試作車では見られなかった赤いファブリックルーフが圧倒的存在感を示していた。未完成なフロントバンパーを除き、ほぼ全てが露出したローダウンボディには、『911GT3』同様の水平スラットの入ったボンネットフード、フロントグリル、サイドスカート、大型イエローブレキーキキャリパー、大経口ツインエキゾーストパイプや高性能ディフューザーが確認出来る。また「フライング・バットレス」(ゴシック建築の手法のひとつ。飛梁)とも呼ばれる独特な幌のスタイルは、先代ボクスタースパイダーでも見られた特徴を受け継いでいることがわかる。パワートレインは、一層強力に進化する。6速MT及びオプションのPDKと組み合わされる4リットル直列6気筒水平対向エンジンを搭載し、最高出力は400ps~430psを発揮すると見られる。これは『GTS』の365psや先代スパイダーの375psから大幅なパワーアップとなる。ワールドプレミアは数週間以内と見られ、『718ケイマンGT4』との同時デビューも期待される。



新型車の情報はこちら スクープ!NEWモデル!!

(株)ケイ・アイ・エム KIM OFFICE co.,ltd

 kimlog昨日の閲覧数・訪問者数とランキング

gooアクセスランキング
閲覧数:7823PV 訪問者数:1052
IP / 順位:324
車と保険のプロショップ

kim-office (kimoffice1) on Twitter

blogram投票ボタン  にほんブログ村 車ブログへ

コメント

買取入庫情報/BMW5シリーズ(ABA-NE25)平成18年式

2018年08月29日 18時35分07秒 | 車関連情報&在庫情報

長いお付き合いの提携企業さまよりご紹介を頂き渋谷まで出張訪問させて頂きました
個人的にも今までお付き合いの無いジャンルの有名な方を訪問させて頂きました

エンジン機関も良好でございまして何と言っても走行が僅か2万km
黒革&サンルーフ付きの6気筒2.5Lエンジン搭載車自社での再販も視野に入れて頑張りたいと思います


(株)ケイ・アイ・エム KIM OFFICE co.,ltd
中古車展示場
コンディションにこだわった弊社中古車ラインナップ
お得な買い物はケイ・アイ・エムがご提供致します!!

コメント

PITにて納車準備が完了致しました「ハリアーハイブリッド」は明日納車!

2018年08月29日 18時31分49秒 | 仕事日記『車の業務編』

バッチリ仕上げてPIT内に収容しております「ハリアーハイブリッド」はお得意様へ
明日は終日オークション会場入りで留守に致しますが事前のご案内で明日お納めする事に

車と保険のプロショップ

  カーライフのサポートを通じ、安心と安全をお届け致します

コメント

本日リース会社同行商談!弊社お得意様向けの独自プランが好評です!

2018年08月29日 18時31分39秒 | 仕事日記『車の業務編』

提携のリース会社”住友三井オートサービス(リース会社)”とのコラボで実現したお得なプラン
是非、コスト削減そして安心をご提供出来るメンテナンス付契約です

 新車は是非、弊社にてオーダーお任せ下さい

carlife&Insurance Adviser pro shop
   
ポッチっとよろしくお願いしま~す
(株)ケイ・アイ・エム KIM OFFICE co.,ltd &Tokyo Alliance co.,ltd

コメント

本日、出張買取でお引取りさせて頂いたBMW5シリーズは走行2万km!

2018年08月29日 16時22分38秒 | 仕事日記『車の業務編』

ワンオーナーで内外装共に比較的コンディションは綺麗で再販可能な1台でございます
やはり屋根下保管車両はコンディションも良く、バッチリディーラー整備履歴も有ります

【CM】お車の買取および処分は是非弊社までお任せ下さい
確かな査定で相場を見据えた高額査定をお約束
弊社は査定業務実施店です。
 信頼は誠意と正しい査定から

コメント

今更ながらの驚き…日産の部品を頼んだらパッケージが世界的で・・・

2018年08月29日 12時32分36秒 | 仕事日記『車の業務編』

納車準備を進めております中古車の「キューブ」の交換部品を頼んだところ
箱のデザインが今まで見慣れたモノからワールドワイドなデザインに変わっていた

いつからこのパッケージに変わったの
世界共通の部品供給を進めているルノー日産(+三菱も?)のアライアンス効果でしょうか


(株)ケイ・アイ・エム KIM OFFICE co.,ltd
中古車展示場
コンディションにこだわった弊社中古車ラインナップ
お得な買い物はケイ・アイ・エムがご提供致します!!

コメント

【アウディ】グリル剥き出しニュル来襲!新型「RS Q3」はクラス最強の400馬力!

2018年08月29日 07時28分57秒 | スクープ!NEWモデル!!

アウディは2018年7月に新型『Q3』を発表したばかりだが、早くもその頂点に君臨する高性能モデル『RS Q3』の存在をキャッチ。市販型プロトタイプが、ニュルブルクリンクで高速テストを行う様子をカメラが捉えた。前回ニュルに姿を見せた時は、グリルさえカモフラージュされていたが、今回はほぼフルヌード状態だ。同ブランドの次世代高性能モデルに採用される、ハニカムメッシュグリル、コーナーエアインテークを剥き出しにし、ヘッドライトにはQ3とは異なるグラフィックのLEDデイタイムランニングライトが見てとれる。さらにフェンダーエクステンション、サイドスカート、大径ホイール、リアスポイラー、ディフューザー、楕円形のツインエキゾーストパイプなど、かなりアグレッシブエクステリアが完成していることがわかる。エンジンも強力だ。Q3のエントリーモデルには、最高出力150psを発揮する1.5リットルTFSIエンジンが搭載されるが、「RS」には最高出力400ps、最大トルク480Nとも噂される2.5リットル直列5気筒エンジンが搭載される見込み。新型Q3シリーズのプラットフォームには、VWグループの最新アーキテクチャ「MQB」を採用し、約50kgの軽量化を図ると共に、ホイールベースは50mm、全長は60mm、全幅は50mm拡大されると予想されている。既にオフィシャル写真が公開されているQ3のワールドプレミアは10月のパリモーターショーとなるが、その後『SQ3』を2019年3月に公開。RS Q3の登場は2019年後半となりそうだ。



新型車の情報はこちら スクープ!NEWモデル!!

(株)ケイ・アイ・エム KIM OFFICE co.,ltd

 kimlog昨日の閲覧数・訪問者数とランキング

gooアクセスランキング
閲覧数:7823PV 訪問者数:1052
IP / 順位:324
車と保険のプロショップ


blogram投票ボタン にほんブログ村 車ブログへ
 

コメント

【安心の第一歩】バーストしてからでは遅い!古くなったタイヤは要注意!

2018年08月28日 14時49分57秒 | 仕事日記『車の業務編』

こちらの「ZESTスパーク」は車検整備でご入庫頂きましたお得意様の1台でございまして
車検は継続検査にパスしましたが現状ではタイヤ交換しないと危険と判断

安心の第一歩はタイヤから溝は有ってもヒビ割れが凄い。。。
各メーカーのタイヤも特価でご提供させて頂きます

ドレスアップはお任せ下さい!!個性ある1台に仕上げます

carlife&Insurance Adviser pro shop
   
ポッチっとよろしくお願いしま~す
(株)ケイ・アイ・エム KIM OFFICE co.,ltd &Tokyo Alliance co.,ltd

コメント

嬉しい悲鳴!隣接の車検整備工場も120%稼働で頑張っております!

2018年08月28日 14時44分31秒 | 仕事日記『車の業務編』

お盆休み明けからご予約頂きましたお客様のご入庫でスケジュールが一杯でございまして
来週から少し余裕が出そうでございます今週は代車もフル稼働中でございまして

安心・まごころ整備実施中!ご入庫時の代車無料!お気軽にご用命下さい
自動車保険
carlife&Insurance Adviser pro shop
   
(株)ケイ・アイ・エム KIM OFFICE co.,ltd &Tokyo Alliance co.,ltd

コメント

被害事故で損傷を負ったお得意様の「キャンバス」を積載車でレッカー引取り!

2018年08月28日 14時40分11秒 | 仕事日記『車の業務編』

停車中に後方から当てられてしまった被害事故でございまして相手方の保険会社にてご対応頂きます

損傷してしまった「ムーヴキャンバス」
これより工場へ回送致します


過去記事 
自動車保険加入先は購入したディーラーですか?それとも保険のプロですか?
どっちが良い究極の選択

ディーラーの担当者は車の知識はOKでも・・・保険の知識は???
プロの保険屋さんは約款を理解していても・・・車の知識は?????


自信を持ってオススメ同じ保険料をご負担されて契約するならTOKYO ALLIANCEでしょ
何故なら
事故処理 対応力に自信
【三井住友海上】GKくるまの保険のご用命は代理店:東京アライアンスまで
東京アライアンスのサポートを担うSE事業部はケイ・アイ・エムが運営しております

三井住友海上火災保険(株)代理店
自動車保険
あらゆるリスクコンサルト。保険プロショップ・東京アライアンス(株)

コメント

稼働中の自社レンタカー日産「ADバン」は継続車検整備を実施!

2018年08月28日 12時15分40秒 | 仕事日記『車の業務編』

弊社では新車デモカーをはじめ代車ラインナップの他、”わ”ナンバーのレンタカーもご用意しております
最近、稼働台数も増え、経費負担も頭の痛い所でございます

只今、自社の”わ”ナンバーのレンタカーの他、代車は合わせて36が稼働中


(株)ケイ・アイ・エム KIM OFFICE co.,ltd
中古車展示場
コンディションにこだわった弊社中古車ラインナップ
お得な買い物はケイ・アイ・エムがご提供致します!!

コメント

本日PITでは業者さま依頼で「アルファード」の仕上げ作業を開始!

2018年08月28日 12時12分58秒 | 仕事日記『車の業務編』

業販依頼にてルームクリーニング&仕上げ作業を実施しておりますJEEP「コマンダー」でございます
業者さまからも評価を頂くプロスタッフ島崎の手によるリフレッシュ作業が好評でございまして

業者さま向けのサービスを開始!!商品化のお手伝いを

   

【お奨め】
コーティング作業工程の紹介(弊社HPご案内) 


プロの技術で愛車をピカピカに ご予約承り中!カーコーティングは弊社にお任せ下さい。

コメント

【アウディ】運転席をセンターに配置可能なEV「PB18 e-tron」を発表!

2018年08月28日 07時23分19秒 | スクープ!NEWモデル!!

米国カリフォルニア州で毎年開催されるペブルビーチ・コンクール・デレガンスは、ヒストリック・カーの祭典として有名だが、近年は未来のクルマやテクノロジーを披露する絶好の場にもなりつつある。アウディは今年、電気自動車の高性能スポーツカー「PB18 e-tron」コンセプトを発表した。スタイリングは非常に魅力的で、流線型に力強さも備えており、アウディはこれを「ワイド&フラット(broad and flat)」と表現する。全長4.53mに対しホイールベースは2.7mと、オーバーハングが短く切り詰められ、全幅2m、全高は僅か1.15mしかない。同社によれば、PB18 e-tronコンセプトはル・マンのレーシングカー「R18 e-tron」から技術的なDNAを受け継いでおり、「風洞実験室やサーキットからデザインの着想を得た」とのこと。PB18 e-tronはまた、昨年のフランクフルト・モーターショーに出展されたアウディ「Aicon(アイコン)」コンセプトを連想させる。だが、この2台の大きな違いは、アイコンが完全自動運転に取り組んだコンセプトであるのに対し、PB18 e-tronの自動運転機能は"レベル0(ゼロ)"、言い換えれば、PB18 e-tronは自ら運転することの歓びを追求した電気自動車ということになる。フロントに1基、リアに2基が搭載された電気モーターは4輪を駆動し、合計で最高出力500kW(約680ps)、最大トルク830Nmを発生。さらにブースト・モード使用時は一時的に最大570kW(約775ps)のパワーを利用することもできる。これによる0-100km/h加速は2秒未満だ。水冷式の全固体電池は、95kWhの容量を備えており、1回の充電でWLTPサイクルにおいて500km以上の距離を走行可能。800Vの急速充電に対応できるように設計されているので、約15分でバッテリーを完全に充電することができる。さらに、非接触充電機能を装備しているため、ケーブルを握って右往左往する必要はない。PB18 e-tronは、アルミニウム、カーボン、複合材を組み合わせることでボディの基本重量を抑えている。最終的に総重量は1,550kg未満に収まると予想されるという。エンジンの代わりにバッテリーパックをミドシップに搭載することで、車両の重心をシートの後方、リアアクスルの前方に定めているため、優れたドライビング・ダイナミクスを実現する。マグネティック・ライド式アダプティブ・ダンパーを備えた前プッシュロッド式、後プルロッド式サスペンションの基本構造は、ル・マンのR18 e-tronレーシングカーをモデルにしているという。パワフルなEVパフォーマンスを別にすると、このコンセプトで最も注目すべきは、コックピットをサーキット走行に最適な中央位置に移動できることだろう。このコックピットをサイド・ポジションにスライドさせると、同乗者用のスペースが出現する。また、シューティング・ブレークを思わせるリア・デザインにより、一般的なスポーツカーにはない広いカーゴスペースも生まれた。


新型車の情報はこちら スクープ!NEWモデル!!

(株)ケイ・アイ・エム KIM OFFICE co.,ltd

 kimlog昨日の閲覧数・訪問者数とランキング

gooアクセスランキング
閲覧数:7357PV 訪問者数:1151
IP / 順位:239
車と保険のプロショップ

kim-office (kimoffice1) on Twitter

blogram投票ボタン  にほんブログ村 車ブログへ

コメント

ONLY ONEのサービスを提供するNEWスタイルの保険と車のプロSHOP【KIM OFFICE】

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 車ブログへ ブログ王 車ブログへ

(株)ケイ・アイ・エム KIM OFFICE co.,ltd