(株)ケイ・アイ・エム社長の”kimlog”

ONLY ONEのサービスを提供するNEWスタイルの保険と車のプロSHOP【KIM OFFICE】

PITでは納車前のメルセデス「E350クーペ」のコーティング施工が完了致しました!

2019年10月06日 13時51分27秒 | 仕事日記『車の業務編』

鮮やかな赤が眩しいベンツ「E350クーペ」は明日、納車させて頂く予定で段取りしております
PITではスタッフ島崎が入魂の作業を開始致しました     

お客様が心待ちにしている1台でございましてピカピカの状態でお届け致します

【お奨め】コーティング作業工程の紹介(弊社HPご案内)
 


プロの技術で愛車をピカピカに
 ご予約承り中!カーコーティングは弊社にお任せ下さい。

コメント

買取入庫情報/カローラ(UA-NZE121)平成14年式

2019年10月06日 13時41分38秒 | 車関連情報&在庫情報

お得意様よりご依頼を頂き、お引き取りさせて頂きました「カローラ」4ドアセダンは走行10万km
世界的に需要が高いモデルでございましてまだまだ現役で活躍出来る1台でございます

エンジンも世界基準で評価の高いVVT-iエンジンを搭載しております
若干放置に近い状態にあったのか少し仕上げ作業が必要

これより、使えそうな廃バッテリーを探して来て装着する事になりました
リユース&リサイクルではなくロープライスコーナーにてAA売却を予定致します

車と保険のプロショップ
自動車保険
オークションはお任せ!実績と豊富な経験でアドバイス!

コメント

下取入庫情報/エルグランド(UA-NE51)平成17年式

2019年10月06日 13時07分28秒 | 車関連情報&在庫情報

昨日次のお車を納車させて頂き入庫して来た「エルグランド」は3.5Lの4WDでございます
 走行距離も多く、メーター交換車なので処分売却となりますが・・・

日産の3500cc(VQ35DE)V6エンジンは需要がありますのでリサイクルでも
送迎して頂いた事も有る行きつけのお店のマスターのクルマでございまして
 時代はリユース&リサイクル
輸出ビジネスを拡充する事によりお客様へ更なるメリットをご提供致します

 過去記事 
クルマもリサイクルの時代。環境にやさしさを。。。

コメント

今週のオークション落札車両メルセデス「C200クーペ」を搬出して参りました!

2019年10月06日 10時30分28秒 | 仕事日記『車の業務編』

かなりレアな「C200コンプレッサークーペ」でございましてルックスも個性的な1台
思えばこのコンプ・スポーツクーペは初めて扱った1台W203のCクラスセダン等と同じ内装

H/B?クーペ?見慣れないスタイリングが今どき新鮮な感覚でございます
こちらはマレーシア向けにリサイクル輸出を予定しております

世界で見るとが右ハンドルが左ハンドルが主流な国*日本の様に右も左も登録できる国は珍しい)

アジア地域では日本・香港・マカオ・インドネシア・シンガポール・タイ・ブルネイ・マレーシア・東ティモール
中国・台湾・韓国・北朝鮮・モンゴル・カンボジア・フィリピン・ベトナム・ミャンマー・ラオス

今後は輸出の仕向け先を増やしてまだ走れそうな下取車の販路を拡げて行きたいと考えております

念願の日本ブランド
(右ハンドル)の輸出を準備中
今まで通りの高級輸入車とロープライスな国産車のリユース需要に応えて行きたいと思います

輸出ビジネスを拡充する事によりお客様へ更なるメリットをご提供致します

carlife&Insurance Adviser pro shop
   
ポッチっとよろしくお願いしま~す
(株)ケイ・アイ・エム KIM OFFICE co.,ltd &Tokyo Alliance co.,ltd

コメント

【気になる世界地震情報】南米チリ沖で大きな地震も、津波被害なし!

2019年10月06日 09時16分22秒 | NEWS・業界情報

この1週間で、国内で観測された地震回数は前週よりもやや多くなっています。震度3以上の地震は1回発生しました。9月30日(月)1時2分頃、茨城県北部を震源とするマグニチュード4.3の地震が発生しました。この地震で茨城県水戸市や日立市、土浦市、福島県棚倉町などで震度3を観測、東京の都心部でも震度1の揺れを感じています。茨城県北部の地震は、福島との県境に近い領域での非常に浅い地震と、今回の震源に近い、やや南よりの領域でも深さ50km前後の地震の2つに大きく分かれます。南の領域では2016年7月にM5.4の地震が発生し、日立市などで震度5弱を観測しています。アメリカ地質調査所の解析によるマグニチュード6以上の地震は1回発生しています。9月30日(月)に南米チリの沖でマグニチュード6.7の地震が発生、震源が11kmと浅かったことから津波の発生が懸念されましたが、被害を及ぼすような津波はありませんでした。チリ沖は過去にも巨大地震が頻発し、多くの津波被害を引き起こしています。地形の関係で日本にも津波の影響が出やすい領域です。8月には今回の震源のすぐ北側でマグニチュード6.8の地震が発生しており、今後の活動が気になります。 海外では、南米のチリ沖で大きな地震が発生しましたが、津波の被害はありませんでした。(9月30~10月5日の集計)


【地震保険をおすすめ!】近い将来必ずまた起きると思った方が良い震災!備えは万全ですか

私自身、目の当たりにした被災地の現状
過去記事 【東日本大震災】被災地の石巻を訪問。瓦礫そして廃車の山に唖然!!

被災地の現状を知ればこそ、地震保険は加入するべき

建物、家財ごとに火災保険の保険金額の30%~50%に相当する額の範囲内で、地震保険の保険金額を定めていただきます。
同一の建物や家財について加入された他の地震保険契約と合算して建物5,000万円、家財1,000万円が限度となります。
マンション等の区分所有建物の場合は、各区分所有者ごとにこの限度額が適用されます。


家財のみでも備えを検討された方が良いかも 未曾有の災害を目の当たりにした今だからこそ…

三井住友海上火災保険(株)代理店
自動車保険

保険業務は代理店:東京アライアンス株式会社での取扱いとなります

コメント

【ボルボ】10/16デビュー!初の量産EV「XC40」ティザースケッチ初公開!

2019年10月06日 07時35分12秒 | スクープ!NEWモデル!!

ボルボは同ブランド初となる量産EVを、人気コンパクトSUV『XC40』に設定することを発表していたが、そのティザースケッチが初公開された。公開されたイメージからは、フロントグリルを持たずパネルに置き換えられたフロントエンド、再設計されたリアバンパー、テールパイプの欠如が確認できる。ボディと同色で仕上げられるカバー付きフロントグリルには、同社の新しい先進運転支援システムプラットフォーム用のセンサーも収容される。ホイールは、新デザインの19インチと20インチ大径ホイールが用意される。またボディカラーはセージグリーンメタリックを含む全8色がオプション設定され、ブラックルーフが標準装備されると伝えられる。キャビン内では、電気自動車専用に設計されたまったく新しいドライバーインテーフェイスが装備され、ドライバーはEV関連の情報に対応可能となる。またスポーティなデザインディテール、リサイクル素材で作られたカーペットなどが装備されるという。同EVモデルのパワートレインに関する詳細は発表されなかったが、CMAプラットフォームを採用する『ポールスター2』と同じセットアップを使用する予定だ。ポールスター2では、78kWhのバッテリーパックと2台の電気モーターを組み合わせ、最高出力402hpを発揮するがXC40電気バージョンではデチューンされると予想される。ワールドプレミアは、10月16日と発表されている。



 新型車の情報はこちら スクープ!NEWモデル!! 

kimlogをご覧頂きありがとうございます  

(株)ケイ・アイ・エム KIM OFFICE co.,ltd  
 

コメント

ONLY ONEのサービスを提供するNEWスタイルの保険と車のプロSHOP【KIM OFFICE】

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 車ブログへ ブログ王 車ブログへ

(株)ケイ・アイ・エム KIM OFFICE co.,ltd