(株)ケイ・アイ・エム社長の”kimlog”

ONLY ONEのサービスを提供するNEWスタイルの保険と車のプロSHOP【KIM OFFICE】

【エスティマFMC!】4代目も驚くデザインと低燃費で2016年11月発売!

2015年05月31日 10時46分23秒 | スクープ!NEWモデル!!

トヨタは4代目となるエスティマを開発中だ。1代目以降天才タマゴと言われ、卵型のデザインを維持しつつ素晴らしい形を維持しているが 現行の3代目がデビューは2006年と、9年もモデルチェンジしないで人気が維持できている自動車もかなり珍しい。 4代目もこのデザインが非常に衝撃的なものになる様だ。もちろん新開発プラットフォームを採用しており、低床フロア採用によるパッケージのよさはそのままに スタイリッシュミニバンとして発売される。いわば、新型ノア・ヴォクシーの高級版といえそうだ。アルファード・ヴェルファイアとは違う、シートアレンジやエスティマらしいエクステリアが期待できそうだ。エスティマの注目のユニットは、ガソリンエンジンは直4 2.5Lのみ、ハイブリッドモデルはカムリと同じハイブリッドシステム2.5L+モーターが採用される。これによりJC08モード燃費は24km/L前後となる。2.5L 2AR-FXEエンジンはアトキンソンサイクル、クールドEGR(排出ガス再循環)システムなどの採用により高い燃焼効率を実現。また電動式ウォーターポンプの採用により駆動ベルトを廃止し摩擦損失を低減。低燃費、低排出ガスに大きく貢献しています。VVT-iなどの採用により豊かなトルクを全域で獲得し、街中での機敏な走り、高速道路での滑らかな加速を体感することができます。振動を抑制するバランスシャフトの採用、シリンダーブロックの高剛性化などにより、振動や騒音を低減しています。パワー密度の高いニッケル水素バッテリーを採用し、高出力モーターへ最適な電力を供給、バッテリーとモーターを最適に制御。パワーコントロールユニットはバッテリーの直流電圧をモーター駆動用の交流電圧へ変換し、電源電圧を適切に調整するパワーコントロールユニット。高出力モーターの駆動力から電子機器類の作動まで安定して支えます。優れた低燃費と加速性能に貢献。トランスミッションの特色はエンジンからの動力を車輪とジェネレーター(発電機)に分割して伝達する「動力分割機構」、モーターのトルクを増幅する「リダクションギヤ」、「モーター」、「ジェネレーター」を組み合わせて最適に制御。伝達効率を高めて低燃費化を図っています。モーター出力は最高出力143ps 最大トルク27.5kgmとプリウスなどに比べてモーター出力が高いのが特徴である。 トヨタはハイブリッド車から更に進んだ燃料電池車の開発に力を入れており、2020年の東京オリンピックまでに6車種程の燃料電池車を発売すると決めており、その1台として新型エスティマが入っている様子である。東京オリンピックの際に7〜8人乗りのFCV(燃料電池車)版エスティマが走ることで世界にアピールできると 考えている様子だ。発売時期は2016年の秋頃ではないかと言われている。 その後、FCV(燃料電池車)版を2017年頃発売を目指している様子だ。

【情報元】 最新自動車情報2014

新型車の情報はこちら スクープ!NEWモデル!!

(株)ケイ・アイ・エム KIM OFFICE co.,ltd

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダイムラーが電気自動車用ワイヤレス充電システム等の開発を協業

2015年05月31日 07時10分38秒 | NEWS・業界情報

量産型電気自動車への応用はまだ目処が立っていないが、ワイヤレス充電というのは目新しい技術ではない。米国のクアルコム(Qualcomm)社はずいぶん前からその分野に取り組んでいるし、過去に大手自動車メーカーと提携関係を発表したこともある。例えば2011年には、同社が行うワイヤレスの電気自動車充電テクノロジーに関する実験にルノーが参画すると発表した。そして今月23日には、クアルコムとダイムラーがワイヤレス充電の開発のために戦略的協力関係を結ぶという発表があった。正確に言うと、今回の発表は単に新しい電気自動車にワイヤレス充電システムを組み込むというだけのものではない。クアルコムには、車両と3G/4Gの携帯電話ネットワークなど他のシステムを連携させるような、将来に向けて開発中の技術がたくさんあり、2社はこれらの技術についても協力を行うそうだ。だが、まずは電気自動車向けワイヤレス充電システム「Qualcomm Halo」が最優先事項だ。クアルコムによれば、もともとオークランド大学で開発されたというこのEV用ワイヤレス充電スポットの技術は、いつか路上でも使用できるようになるという。ダイムラーのテスト車が、何度も同じ場所を行き来するのを目にしたら、注意深く観察してみるといいだろう。



 kimlog昨日の閲覧数・訪問者数とランキング

閲覧数:3962PV 訪問者数:638
IP / 順位:624
gooアクセスランキングhttp://blog.goo.ne.jp/portal/access_ranking/
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 車ブログへ  ブログ王 車ブログへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

会社は営業中!本日我が子の運動会の為、お休みを頂きます。

2015年05月30日 09時21分13秒 | プライベート

眠い目をこすりながら、運動会に参加です…本日、お休みさせて頂きます
私以外は本日皆、KIM OFFICEメンバーは出勤しております


久しぶりの休みながらまた早起きで…

  とりあえず娘の応援に近所の小学校へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【マツダ】新型「CX-9」MPV後継車として2015年12月発売!!

2015年05月30日 07時14分48秒 | NEWS・業界情報

  

マツダが新型MPVの開発を進めている。マツダはミニバン車の再編でMPVの位置づけを7人乗りSUVへと変更し北米市場ではすでに発売されている。CX-9として発売する予定だ。海外では2007年に初代モデルの発売を開始。北米市場においてMPVの実質的な後継車種となる3列シート7人乗りの大型SUVである。ミニバンの需要が縮小傾向にある北米市場では、従来のミニバンに代えて3列シートCUVを投入するメーカーが増えているが、マツダもその中の一つである。海外モデルではV6 3.6Lエンジンを積んでいるがダウンサイジング化して日本では発売される予定だ。まずは何と言ってもマツダの売りとしている、SKYACTIV仕様へ変更となり燃費が格段に向上する。具体的にはガソリンモデル2.0L、2.5L SKYACTIV-G とディーセルモデルのCX-5に搭載された2.2L SKYACTIV-D搭載となりそうだ。使用されるプラットフォームは現行CX-9と同様、新型アテンザをベースに開発されている。もちろんデザインは「魂動」デザインを採用する。MPVの後継としてユーザーレベルとして残念な所をあげるとするならば両側スライドドアではなくなることだろう。しかし、内容を見て分かる通り非常に時代のニーズにあった車種になっており販売力やブランド力がより向上することは間違えないだろう。気になる発売日だが2015年12月頃発売すると思われる!


価格は350~500万円と予測される
【情報元】 最新自動車情報2014

新型車の情報はこちら スクープ!NEWモデル!!

(株)ケイ・アイ・エム KIM OFFICE co.,ltd

 kimlog昨日の閲覧数・訪問者数とランキング

閲覧数:19542PV 訪問者数:541
IP / 順位:793位
gooアクセスランキングhttp://blog.goo.ne.jp/portal/access_ranking/
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 車ブログへ  ブログ王 車ブログへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月末の保険業務を乗り切り今宵は同志の納会となりまして

2015年05月29日 23時23分04秒 | 仕事日記『保険業務編』

まるで”水曜どうでしょう”みたいな置物のある串焼き屋での一席
メインゲストとして予定していた方は残念ながら欠席となりましたが。。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こちらも本日納車の「ストリームRSZ」準備を進めて参ります!

2015年05月29日 15時28分01秒 | 仕事日記『車の業務編』

価格をお約束してオークション仕入れをして来た手前、追加整備はお客様にご負担をお願いする訳にはいかず・・・
ブレーキパッドを交換そしてドライブレコーダーをご要望で装備してお納め致します

過去記事本日整備工場では納車前の「ストリーム」を点検整備を実施!
ドレスアップはお任せ下さい!!個性ある1台に仕上げます

carlife&Insurance Adviser pro shop
   
ポッチっとよろしくお願いしま~す
(株)ケイ・アイ・エム KIM OFFICE co.,ltd &Tokyo Alliance co.,ltd

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日これより「エルグランド」は登録→納車を予定しております!

2015年05月29日 13時21分22秒 | 仕事日記『車の業務編』

登録に向かう陸運局は練馬ですが弊社では初の”杉並”ナンバーが付きます
都内のご当地ナンバーとしては人気薄なナンバーらしいのですが仕方ない

拘りの装備にそして大排気量で余裕のミニバン本日納車でございます

車と保険のプロショップ
自動車保険

  カーライフのサポートを通じ、安心と安全をお届け致します

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨日からPITではお客様拘りの「レガシィW」をコーティング施工中!

2015年05月29日 10時18分10秒 | 仕事日記『車の業務編』

PITでは綺麗な2トンカラーの「レガシィツーリングワゴン」をコーティング施工を開始
チョッと個性的なカラー大事に乗られている愛情が感じられる1台

コーティング作業工程の紹介(弊社HPご案内) 


プロの技術で愛車をピカピカに ご予約承り中!カーコーティングは弊社にお任せ下さい

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【メルセデス】4リッターV8ツインターボの「AMG C63」を発表!

2015年05月29日 07時34分50秒 | NEWS・業界情報

メルセデス・ベンツ、「メルセデスAMG C63」のセダンとステーションワゴンの受注を開始した。発売は10月頃を予定している。メルセデスAMG C63は、2014年7月に日本に導入された現行の「Cクラス」をベースに、メルセデスAMG社が独自のチューニングを施した高性能モデルである。グレードはスタンダードな「C63」とより高性能な「C63 S」の2種類が用意される。エンジンは2シーターのスポーツカー「AMG GT」と基本設計を同じくする「M177」型4リッターV8直噴ツインターボで、高い強度や軽さを実現するため、砂型鋳造されたクローズドデッキのアルミニウムクランクケースや、鍛造アルミニウム製ピストンを採用。シリンダーの内壁にスチールカーボン材を溶射コーティングすることで、フリクションを低減している。また2基のターボチャージャーは、吸気と排気の経路を最適化するためにシリンダーバンクの内側に搭載。過給レスポンスを向上させた。これらの技術の採用により、同エンジンはC63で最高出力476ps/5500-6250rpm、最大トルク66.3kgm/1750-4500rpm、C63 Sで510ps/5500-6250rpmと71.4kgm/1750-4500rpmを発生。後者は0-100km/h加速を4秒でこなす。これに組み合わせるトランスミッションには、湿式多板クラッチ式7段ATの「AMGスピードシフトMCT」を採用した。走りに関する装備は充実しており、C63、C63 Sともに減衰力調整機構付きの電子制御ダンピングシステム「AMG RIDE CONTROLスポーツサスペンション」や、ステアリングアシストのアシスト量を変化させる「AMGパラメーターステアリング」、姿勢制御の介入度合いを3段階から選べる「3ステージESP」などを標準で備えている。ブレーキもベース車から大幅に強化しており、C63では前後ともに360mmのドリルドベンチレーテッドディスクを採用。さらにC63 Sでは、フロントのブレーキディスクが直径390mmのコンポジットタイプとなる。また、両モデルともにトランスミッションのシフトプログラムや、サスペンションやステアリングの特性、3ステージESPの制御などを切り替えられる「AMGダイナミックセレクト」を採用。走行モードは、C63では「C(Comfort)」「S(Sport)」「S+(Sport Plus)」に各パラメーターを個別に設定できる「I(Individual)」を加えた4種類、C63 Sでは上記にサーキット走行を想定した「RACE」を加えた5種類となっている。このほかにも、C63 Sには状況に応じて減衰力が変化する磁性流体入りのエンジンマウント「AMGダイナミックエンジンマウント」や、3つの連続可変エグゾーストフラップを備えた「AMGパフォーマンスエグゾーストシステム」を標準で採用。リミテッド・スリップ・ディファレンシャルについても、C63は機械式なのに対し、C63 Sは電子制御式となっている。


4リッターV8直噴ツインターボエンジン


 kimlog昨日の閲覧数・訪問者数とランキング

閲覧数:5117PV 訪問者数:559
IP / 順位:756位
gooアクセスランキングhttp://blog.goo.ne.jp/portal/access_ranking/
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 車ブログへ  ブログ王 車ブログへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

名古屋発「キャデラック・CTS」は埼玉県の業者まで輸送中!

2015年05月28日 14時13分12秒 | 仕事日記『車の業務編』

復路は昼飯を浜名湖で鰻を食べ、東名高速から次なる目的地へ
片道400kmの道のりは一人だとかなり辛い距離ですがドライバー交代をしながらタイムスケジュール通りに走行しております

車と保険のプロショップ
自動車保険

  カーライフのサポートを通じ、安心と安全をお届け致します

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【USS名古屋会場AA】前日下見で「アルファード」を見に!

2015年05月28日 11時04分36秒 | 【オークション】AA日記

朝一で明日開催の「USS名古屋会場」に参りましたせっかく来たので明日のセリを前に下見をして帰ろうかと
狙う様であれば明日ライブ入札で確保しようかと
着々と明日開催の準備が進行しているレインボータワーに入り事前下見をする事に
候補の車は評価点4-B

バックオーダーの「アルファード」を探し求めて来ましたが傷が多くて補修に結構手間が掛かりそう
なかなか出品台数が少ない350の4WDレアな分だけ当然選択肢が少ない

毎週更新中【オークション】AA日記

オークションはお任せ!実績と豊富な経験でアドバイス!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【日産】コンセプトカー「IDx」の市販化はお蔵入り?先行き不透明に

2015年05月28日 07時02分42秒 | NEWS・業界情報

日産2013年の東京モーターショーで発表した2台のコンセプトカー、「IDx NISMO(アイディーエックス ニスモ)」と「IDx Freeflow(アイディーエックス フリーフロー)」。これまで、その生産計画に対する答えは、少なくとも公に発表されるものはいつも「イエス」だった。当初はファンの後押しさえあれば「生産する計画がある」と伝えられていたが、およそ半年後には「次第に雲行きがあやしくなっている」と、トーンダウン。それから2ヵ月後、今度は市販モデルのスタイリングはレトロ感が薄れるという噂が浮上した。そして今年1月、日産は量産化する優先順位を変更すると計画を方向転換する意向を発表した。今回、米自動車情報サイト『The Truth About Car』は、北米日産の商品企画を担当するピエール・ロアン副社長へ取材し、同社には小型の後輪駆動プラットフォーム(少なくとも採算が取れるようなもの)がないことから、この2台のIDxは生産される見込みが低いだろうとレポートしている。「370Z」(日本名:フェアレディZ)のアーキテクチャはIDxには大きすぎるし、姉妹会社のルノーには小型の前輪駆動プラットフォームしかない。既に後輪駆動では、トヨタ「86」やその兄弟車であるスバル「BRZ」が売れ筋になっていることからも、IDxのためだけにシャシーを開発するという考えは合理的とは言えない。では、IDxのデザイン要素のみが、他の市販モデルに引き継がれる可能性はどうだろうか? ロアン氏は、レトロ・デザインの製品にゴーサインを出す余地はあるかも知れないとし、数年以内に最終的な答えが出るだろうと話しているが、現実的に見るとどうやらその答えは「ノー」であるようだ。

Related Gallery:Nissan IDx Nismo Concept Photos
    


 kimlog昨日の閲覧数・訪問者数とランキング

閲覧数:3962PV 訪問者数:638
IP / 順位:624
gooアクセスランキングhttp://blog.goo.ne.jp/portal/access_ranking/
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 車ブログへ  ブログ王 車ブログへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フルコース!?の後の名古屋ステイは評判の”湯~とぴあ”にて

2015年05月28日 02時51分43秒 | 【オークション】AA日記

この施設は良い地元の評判で初訪問ですが文句なしにキレイな健康センターでして
露天風呂も6種類あり、休憩スペースも充実していてgood



名古屋市南区前浜通1-9

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

納車完了!いい仕事をしました。名古屋で今日は一泊となります!

2015年05月27日 22時05分18秒 | 仕事日記『車の業務編』

こちら名古屋~輸送する車は「キャデラック・CTS」でございます
輸送中も振り返られる程に目立つアメリカンカスタムカーをタイムスケジュール通り、そして無事にご指定場所にお車をお届けして参りました

車と保険のプロショップ
自動車保険

  カーライフのサポートを通じ、安心と安全をお届け致します

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何故?我々が名古屋まで輸送しているのか?訳は、、、

2015年05月27日 18時25分17秒 | 仕事日記『車の業務編』

今回の輸送は弊社の積載車でレッカー屋の社長A氏との出張でごさいます
陸送業者に頼まず、我々二人で走らせている理由はカスタムカーでこの車高はなかなか運べない(^^;

■SE事業部

フラトップの積載車で事故現状車もローダウン車も輸送致します
ケイ・アイ・エムでは、グループ会社のお客様に向けたサービス事業を業務の第一と考え、カーライフサポートに努めて参ります

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ONLY ONEのサービスを提供するNEWスタイルの保険と車のプロSHOP【KIM OFFICE】

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 車ブログへ ブログ王 車ブログへ

(株)ケイ・アイ・エム KIM OFFICE co.,ltd