花恋人

山野草や蝶・トンボなどの昆虫、冬は野鳥です。


センブリです。

2018-10-20 | Weblog
「千振」と書きます。
今年も、たっぷり独占できました。

花が何かに似ているなぁ、と調べたら・・・、
そうです、アケボノソウです。
更に調べたところ、同じセンブリ属でしたー。
何か発見したみたいで嬉しいです。(笑)

「ムラサキセンブリ」もあるそうですが、見たことありません。



コメント (1)

アワコガネギクです。

2018-10-19 | Weblog
ただ今、野山ではキク科の花たちが「我が世の秋」を謳歌しています。

おじさんも、いろいろ撮って(集めて)います。
が、肝心の名前が特定できなくて困っています。

例えば、ヨメナ、シロヨメナ、カントウヨメナなど。

昨日も、半日かけて撮り溜めを研究?しましたが、ダメでした。
分かったらボチボチUPしようと思います。(笑)



コメント (2)

再、セキヤノアキチョウジです。

2018-10-18 | Weblog
9月21日、UPしたものの早過ぎて、
今までズーーッと満たされないでいました。

今回、これでもか! というくらい咲いていまして、
おじさんとしては十二分に満喫いたしましたとさ。
よかった、よかった。(笑)



コメント (2)

ヤマゼリです。

2018-10-17 | Weblog
「山芹」と書きます。

見た目(写真)では、昨日のシラネセンキュウと同じようですねぇ。

そうです、分類上は同じ「科」ですが、
一個下の分類では「ヤマゼリ属」なんですよ。

尚、ヤマゼリはドクゼリ(毒芹)=ドクゼリ属とも非常に良く似ているので、
葉の形状などで見分けます。

なんだか、ややこしくなりました。
いずれにしても、特徴をとらえた角度で写さないと、判定は難しいです。(ヤレ・ヤレ)



コメント (2)

シラネセンキュウです。

2018-10-16 | Weblog
「白根川芎」と書きます。

同じシシウド属ですが、シシウドとは違います。
因みに仲間として、オオバセンキュウ、ノダケ、アマニュウ等あります。

明日はヤマゼリを用意しています。



コメント (2)