花恋人

山野草や蝶・トンボなどの昆虫、冬は野鳥です。


上毛カルタ

2005-12-28 | Weblog
この画像の中に「す・ち・け・ま」を込めました。
県庁32F=127m、展望ホールから撮影。
皆様、よいお年をお迎え下さい。
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
 裾野は長し赤城山
 力をあわせる200万・・・昔は160万でした。
 県都前橋生糸(いと)の町・・・死語になってしまいました。
 繭と生糸は日本一・・・死語になってしまいました。
コメント

パフィオペディラム種です。

2005-12-24 | Weblog
今日も何もございませんがご来宅有難うございます。
パフィオペディラムの仲間です。
通の人はこの種をパフなどと言ってます。
洋ランを大別するとカトレア、シンビジウム、デンドロビウム、ファレノプシス、パフィオペディラム、オンシジウム、オドントグロッサム、ミルトニア、セロジネ、エピデンドラム、ジゴペタラム、リカステ、バンダ、東洋ランなどたくさんありすぎてとても覚えられません。
実は、我が「胴なが写真館」のURLもパフィオペディラムに因んでいるのですよ。早く春が来ないかな~~~と。

コメント

何もございませんが・・・。

2005-12-21 | Weblog
今日も何もございませんが、お茶でも飲んでいって下さい。
美しい洋ランなど如何ですか。名前を覚えても直ぐ忘れるので失礼します。
そうそう、プロの方に教えていただきました。花は客観的、説明的に撮るのでなく、象徴的、主観的に、しかも思いを込めて撮るのだそうです。難しいですねー。亜弥ちゃんと彩ちゃんに並んでもらったつもりなのですがどうでしょうか。

コメント

アガベです。

2005-12-20 | Weblog
観葉多肉性植物、リュウゼツラン科アガベ属、滝の白糸です。
直径80cmくらいでしょうか、面白いデザインです。
よく見ると葉の縁がめくれてカールするのですね。
敷島公園、熱帯植物温室、サボテンと同じ温室で撮りました。
どうやらメキシコ原産のようです。

コメント

ウラジロです。

2005-12-19 | Weblog
どちら様も画像に彩りが乏しくなりました。
寒波と大雪では温室に行くしかありませんね。
今日は桐生自然観察の森で撮ったウラジロをお届けします。
ご存知かと思いますが、ウラジロは葉を正月飾りに使います。しめ縄やミカンの下に垂れ下がっているあの葉っぱです。葉の裏が白いのでウラジロ。この辺で自然の状態で見かけるのは珍しいです。
そこで調べてみました。
1、年々、新しい枝を伸ばすというウラジロの性質にあやかり年を延ばしたいという願望
2、ウラジロの白さは、白髪の生えるまで、長生きしようという願望
でありました。


コメント