エピキュリアン

いいことばかりじゃないけれど
楽しいことが たくさんあるといいね♪

ハロー 夕陽 幻日

2015年08月26日 | 夕陽









昨日の仕事帰り、久しぶりに夕陽を見ることができました。

最初、幻日がハッキリ確認できたのですが、車を停める場所がなくて。

諦めてコンビニに停めてアイスカフェ・ラテを飲んでいたら、まだ見えてた^^;

急いでー見渡せるいつものところへ行って、夕焼けモードやなんやらで撮ったけれど、

薄ぼんやりでわかりにくいですね~

ハロー(暈)夕陽 幻日。。。と

お得感いっぱいの帰り道でした♪
コメント

ガラス越しの落日

2015年05月24日 | 夕陽










週末、会議が終わってへとへとになって帰宅すると、まるで天国のような出来事がありました。

失ったものはあるけれど、

取り戻したものもありました。

誰かを傷つけると、きっと自分も同じ目に遭うものです。

せめて、思いやる心だけは無くさないでいようと思う。

生きていれば、日はまた昇るはずだから・・・
コメント

紫陽花と夕陽

2014年08月01日 | 夕陽
今日はいい一日だった・・・と

日記には書いておこう(苦笑)











明日もいい一日をお過ごしくださいね。
コメント

今日の夕空

2014年06月05日 | 夕陽




少し暑さがやわらいだ・・・風の強い一日でしたね。

低気圧(あ。トシ。。。?)のせいかな~古傷が痛むわぁ。
コメント

陽はまた昇る。。。。。

2014年04月14日 | 夕陽
最近、心を痛める出来事が続いていました。

私を頼って何度か電話がかかってきていたのに、すぐ出ることができず、

かけ直した時は、遅かったとか・・・。

傷つけるのではないかと、とても気を付けているつもりでも誤解を与えていたりとか、

(避けてるんでしょ・・・とか、悪口言ってるんでしょ・・・とか・・・)

自分の無力さを(勉強不足も)思い知らされたり、人を信じることが難しくて、

人と係わるのが怖くなりました。

私になら、どんなことをしても許されると思われているのだろうか・・・

へらへらしてるようでも、私だっていつも元気ではないのに。

でも、どうにかしてあげようといろいろ考えても、やっぱりそうはしないし。

病気と言われれば放ってもおけないし、ツラい。

*

そんな中、もう二度と修復できないな・・・とわかったことがあって。

・・・あきらめた。

時間がかかったけれどね。

*

厚賀からの帰り道、雲は一つもないのに夕空がとても綺麗に色づいて、

運転しながら涙が零れた。

そのとき写真を撮るのは、やめた。

それを見て、悲しいことを思い出すのはツライから。

*

今日、家の近くのいつもの場所で見た夕陽も、美しかった。

明日もまた陽は昇るから、元気出さなくちゃね(*^^)v




コメント

たそがれて

2014年04月08日 | 夕陽





何か、やりきれない気持ちを鎮めたくて、海へ行きました。








4月だというのに、風はとてつもなく冷たくて、

指を麻痺させるほどの海風は、ほかに考える隙間を与えず、救われました。

退いていく波が、できることなら私の記憶も連れていってくれるなら、

どんなにありがたいことか・・・・・









ちっぽけな自分が、ただ日常に戻るために

同じ表情を二度とは見せない波を、

沈みゆく太陽を見ていた、黄昏・・・。




コメント (2)

掴まえた!

2014年03月31日 | 夕陽
夕陽を掴まえた気分(*^^)v




コメント

6月6日の夕陽

2013年06月09日 | 夕陽

 

 

仕事を終えて、石狩へと向かう。

晴れているが、風が冷たい。

釣り人はテントを張って、海に釣竿を垂れ、

若者のグループが焼肉をしていた。

 

 

 

 

だるま夕陽~かな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若者たちが、花火を始めたので退散・・・。

コメント

6月11日の夕陽

2012年06月11日 | 夕陽

ただ海に行ってみたかった。

雲が多いけど、夕陽が見えたらいいな・・・と思いつつ・・・

 

遠く水平線に 動くものが見えた。

あの上から、沈む太陽は見えたのだろうか・・・

 

 

ザブーンザブーン・・・と波のかえす音と、砂を連れてくる風の音しか聞こえない

暗い雲が迫る・・・まだ寒い、石狩の海でした。

 

コメント (2)

6月10日の夕陽

2012年06月10日 | 夕陽

 

厚い雲に覆われた空に、太陽が出るとは思ってもいなかったのに。

 

 

 

雨を降らせながらも、輝く太陽。

カメラだけは濡らさないように^^;

沈む前に、撮りたいところがあったのだけど、そこへ向かう私に容赦なく

赤い太陽は静かに地平線に沈んでいきました。

 

 

 

撮りたいものが撮れない時

その想いをバネにして

きっと次こそは・・・

コメント (2)