彦中三八ブログ 

彦島中学校を昭和38年3月に卒業した同期生のためのブログ。 掲示板「彦中昭和38年卒同期会」にもお立ち寄りください。

三井化学の爆発事故に遭遇

2009年11月04日 20時34分17秒 | イベント・出来事・生活
今日の昼過ぎに起きた三井化学の工場のそばを、爆発の7分前ぐらいに
通りかかりました。
なにげなく、工場正門の方を見ると、ホワイトカラーの社員の人達が
7、8人ヘルメットをかぶって立っていました。
「どこかのえらいさんが工場見学にでもくるので、待機しているのかな?」
ぐらいに思い、通りすぎました。

通りすぎると前方の道路がかすんでいるのを発見。一瞬「煙霧」かなと
思いましたが、いやいや今日はすっきりとした快晴の日だ、おかしいなと
思いつつ、その煙の中を通りすぎ、振り返ると工場から煙が出ていました。

そのまま行ってしまおうかと思いましたが、門周辺にいたホワイトカラーの
人達は事故による緊急対応で出ていたんだと気づき、ひょっとして重大な
事故かもしれないと思い、自転車を降り、持っていたカメラで
写真を撮り始めました。

以下、時系列で写真を取り急ぎ、アップします。



11時43分、爆発の5分前です。



13時47分、壁と天板の隙間から煙が出ています。



13時47分



13時48分、爆発の30秒前ぐらいだと思います。



13時49分04秒、大爆発の10秒後ぐらいだと思います。爆風で破壊された建築資材が
吹き上がりましたので、撮影者の安全のため、落下物の方向を注視して
いましたので、しばらくはシャッターが押せませんでした。



13時49分



13時49分



13時49分



13時51分、消防自動車1台目、到着。



13時51分、道路に落ちているのは断熱材です。



13時52分



13時57分



13時59分、交通規制開始。



14時00分




14時12分



14時14分、迫町のポンプ場の入口のガラスも割れていました。



14時15分、周辺の生活道路にも小さな破片がたくさん落ちていました。



14時21分、爆発した建屋と後方の建屋です。はじめの頃の爆発前の写真と
比べると、この爆発事故のすごさが分かると思います。


爆発の瞬間は驚きましたが、爆風の方向が撮影者の位置と違い、
こちら側は大したことはないと思っていたのですが、僕が背にしていた
建物のガラスも割れていて、怪我をしなかったのは偶然だったと
思い知らされました。

爆発前に周辺の住民に事故報告や避難の要請はされていたのでしょうか?
その辺、気がかりです。

by K
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 深坂自然公園 | トップ | 三井化学の爆発事故 続報 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素晴らしい報道写真!! (mitsu)
2009-11-05 08:58:42
事故は不幸なことですが、Kさんの写真は素晴らしい!!事故の経過がリアルに伝わって来ます。グッドタイミング!!
 (by K)
2009-11-07 06:55:41
コメント投稿ありがとうございます。
遭遇は偶然です。きれいな花に出会ったり、珍しい鳥に出会ったり、
このような恐ろしい事故に出会うこともあります。

コメントを投稿

イベント・出来事・生活」カテゴリの最新記事