カメラ大好きおばあちゃん

極々近場を一人気ままにウロウロし、目に留まった光景を投稿しています。

木梨憲武展 Timing -瞬間の光- (大阪文化館・天保山) 6

2018年07月31日 | 写真
私が初めて綺麗にはっきり見た上方向の光芒は素晴らしくて、飛ばされそうな帽子を必死で押さえながら夢中でシャッターを押し続けていました。 今迄に下方向の光芒は何度か見たことがありますが、上方向でこのように綺麗にはっきり見えたのは初めてでした‥(@_@;)
雲から地上へ向かって何条にも光が伸びているのを、旧約聖書に由来する名前としてヤコブの梯子とか天使の梯子などと呼ぶようです。天と地を結ぶ光の階段‥そんな宗教的な呼び名が似合いそうな神秘的な光景です。

では今回のように光が雲の横や上に伸びるのは‥(ー_ー)!!




















同じような写真ばかりになりましたが‥(-_-;)

コメント (4)

木梨憲武展 Timing -瞬間の光- (大阪文化館・天保山) 5

2018年07月30日 | 写真
午後6時頃もうそろそろと思い、夕陽の見える場所へ移動しました。

夕陽は黒い大きな雲に覆われてしまいそうだし、夕焼けの気配もありませんが光芒らしいものが‥(^_^;)






とうとう夕陽は黒い大きな雲にすっぽりと、覆われてしまいました‥(-_-;)


が、今まで下方向に出てた微かな光芒が、上方向に出て来ているように見えました。


この頃風が非常に強く吹いていてつばの狭い帽子なので、 少し位の風では飛ばされることはないのに全く駄目です。左手で必死で帽子を押さえながら、右手だけでカメラを操作していました。
今から思えば帽子を脱いでしまえば良かったのに、その時は飛ばされないよう必死で押さえていました‥(-_-;)
この後まさに天使の梯子というに相応しい光芒に、生まれて初めて遭遇し至福のひと時を過ごすことが出来ました。次回はその天使の梯子をUPしたいと思っていますが、カメラがもっとよく腕がもっとよかったらと悔やんでいます‥(-"-)

コメント (2)

木梨憲武展 Timing ー瞬間の光ー (大阪文化館・天保山) 4

2018年07月30日 | 写真
午後5時頃展覧会場を出て直ぐ側の海遊館に隣接する、天保山マーケットプレース内を通り抜け大阪港の岸壁に出て見ました。

台風12号の影響なのか風が少々強くて、海面は波立っているように思いました。


色んな船舶が行き交います‥観光船サンタマリア号




対岸にあるユニバーサル・スタジオ・ジャパンへの、シャトル船キャプテンライン


若い女性が2人夕陽でキラキラと輝く海を、眺めていました。


この後雲は多いけど夕焼けを期待して、涼しいマーケットプレース内で時間潰しをしました。


木梨憲武展 Timing -瞬間の光- (大阪文化館・天保山) 3

2018年07月29日 | 写真
作品の絵葉書を購入し写真に撮りUPしましたが、色の使い方が自由でいいなぁと思いました。











以下2枚はネットからです。




コメント (2)

木梨憲武展 Timing -瞬間の光- (大阪文化館・天保山) 2

2018年07月28日 | 写真
今回は展覧会場の雰囲気をUPしますが、勿論会場内は全て撮影禁止でした。

美術館入って直ぐの場所


観終わって展覧場所を出ると、撮影コーナーがありました。






ミュージアムショップ内も撮影禁止でした‥(@_@;)


私が行った日は金曜日の午後でしたので比較的空いていましたが、土・日辺りは混むのか入り口と出口は完全に別々でした。




コメント (2)