こぶたのかばんや

日々を楽しみ豊かに暮らせるように、一歩ずつでも進歩できるようにこぶたのちょっとした足跡を記したいです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第一世代

2007-05-16 00:54:52 | 家庭生活
唐突ですが抗うつ剤にも色々ありまして。
大きく分けると
三環系抗うつ薬(第一世代)
三環系抗うつ薬(第二世代)
四環系抗うつ薬
トリアゾロピリジン系
スルピリド
精神刺激薬
抗不安薬(BZ作動薬)
SSRI
SNRI
位に別けれます。詳しく知りたい方はお薬110番を見てくださいな。
一番上が一番古く、一番下が新しいです。
平たく言うと近年に出た物程副作用が小さく穏やかに効きます。昔から使われている薬ほどワイルドにダイナミックに効くのですが副作用が激しいという大原則がありまして。
という事で患者の症状にも先生の方針にもよるのでしょうが、基本的に「副作用が少ない薬」を少量から徐々に試していくのが一般的なようです。
うつ病患者の間では
「今何飲んでるの?」
「アモキサン」
「何ミリ?」
「一日9錠やから限界量近いかな?」
みたいな話が日常的になされます。

脳に直接作用するお薬なだけに、皆怖いし無関心ではいられないのが正直なところだと思います。
こぶたは紆余曲折ありまして。
今一番ワイルドなお薬のひとつのお世話になっています。(とある文豪の常用薬だったらしい)
これがねぇ。悔しい位効くのですよ。
もう細かいことなんかどうでも良くなってぼーーんやりしてます。
ただ時間が過ぎていくって感じです。
快適か?と聞かれれば。快適と言うのではないけど楽だ。という返事になりますね。
この世に生まれた自分の価値だとか、みんなのお荷物になっているとか、生まれてきてごめんなさいだとかっていう自分を苦しめるだけの妙な考えは遠い彼方に飛んでいってただぼんやりまったり時間が流れていく感じです。
無論このままで良いとは思っていませんし、出来るだけのことはしたいと考えては居ますが今はそんな元気がないのです・・・。
医者曰くはこういうぼんやりまったりな楽をとって副作用に苦しみながら闘病するか、はっきりするのをとって副作用の軽減と職場での質の高い時間を選ぶかどちらかです。と言われました。

正直に言うならどっちも嫌です。
飲まずに済ませる方法を考えてください。
が本音ですが、ま、言っても仕方がないことですしね。とりあえず「楽」を取ってキツイ薬を飲むことにしました。

まったりゆっくり時間を過ごしてゆっくり現実世界に浮上したいと思います。

ただねぇ。他の方の処方や症状を見ると、今の処方で(色んな薬の組み合わせですが総量としては結構多い方)毎日フルタイムで無遅刻無欠勤で通勤しているのは稀有な例のようで。
だから長引くんだよ。いっそ休職すればいいのに。という常識人の私といやいや。今第一線から退いたら次に戻ってこれる保障がない。という会社人間の私が日夜喧嘩していてどうして良いのかイマイチ定まりません。

このぼんやりまったり感が薄らいだらちょっと真剣に今後の身の振り方を考えようと思います。
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 味噌ピー | トップ | うすらさん »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そおなのか・・・ (こまっきー)
2007-05-16 01:10:20
相変わらずアナタの文章力に圧倒されている毎日ですよ。
解りやすいし読みやすくて綺麗。
なんて変な感心してますね、アタシ。
しばらく会ってないけど昔から駅で待ち合わせてアナタが先に来て待っている時はいつも片手に本を持っていたのを思い出すわ。
しかもハードカバー(笑)
最近、昔の事をよく思い出す。
父親の病気が発覚してから特にね。
アナタについてはアナタの家で見せてもらった油絵(リンゴのね)のこと、ユーゴー書店、旭屋書店。。。
時間がたっぷりあったんだな、って思う。

そんでもって時間は流れてるんよね。
耐えられないくらい悲しい事、悔しい事、うれしかった事。
全部思い出せないよ。
こぶたさんは今しんどいんやなぁ。

アタシの大切な友達。
こぶたんさんはアタシの大切な友達。


お大事に (いっちゃん)
2007-05-18 11:27:18
いろんな症状の人がいて、一概にはいえないでしょうが、完璧じゃなくても一回肉体疲労だけは回復させたほうが、病気の治りも早いんじゃないかと思うんだけどね。。。寝られないのも(多分、これが一番よくないと思う)よくないし。

会社のことは私にはよくわからないんですが、自分の気持ちがどうかは別として休んでも即退職させられることはないと思うので、あんまり思いつめのようにね。元気になったらもとのように働けるようになるんだし。

まー、ちょっとゆっくりしなよ。病気になったってことは体がもう「限界です」っていってるからだと思うし。無理しないようにね。
ありがとお (こぶた)
2007-05-19 09:03:16
こまっきー
貴方の方が詩人ですよ。普通の文章でも口に出して読んで心地よいリズムがあって好きだなぁ。
私の文章は「」や()が多すぎて音読には向きません・・・^_^;
恥ずかしながら読んで感動しちまいましたよ。
はい。
パパの具合も聞きたいし近いうちに本気で会いたいな。
でもこまっきーは忙しいからねぇ。

いっちゃん
いつもながら的確なご意見ありがとう。
無理かどうかが判別できなくなって来ているんですよね。
頼まれれば嫌と言えない。自分が断った仕事で誰かが四苦八苦してたら申し訳ないと思っちゃう。
だから必死のパッチで仕上げて。一度でも仕上げたらそれは当たり前になってしまって、そこまでの完成度を常に要求される。
そんな事が十数年続いているので無理は当たり前になってしまってねぇ。
無理です!と怒っても結局やっちゃうんだから怒らずに気持ちよく引き受けた方が楽なのにね。
我ながら馬鹿丸出しですわ。

コメントを投稿

家庭生活」カテゴリの最新記事