こぶたのかばんや

日々を楽しみ豊かに暮らせるように、一歩ずつでも進歩できるようにこぶたのちょっとした足跡を記したいです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

危険

2006-07-31 22:06:56 | 家庭生活
突然家のパソコンの横にこんなものが出現しました。
どうみてもただのマグネットなのですが。
だんなさんが
「危険だから絶対に押すな」
の一点張りで押したらどうなるか教えてくれません。
ひっくり返したらネオジウムマグネットと電池を入れるような感じの蓋がありました。
精々ブザーが鳴っちゃうくらいだと思うんですが。

危険と言われるとなんとなく押せないでおります。(電子部品メーカーに勤めてるくせに電気で動くものが苦手)

誰かこれについて知ってる人教えてください。
ってかだんなさんが教えてくれれば済む話だと思うけど。
コメント

大理石

2006-07-30 00:35:17 | クラフト
昨日先生に大理石を貰いました。
200×200×20(mm)位の石ですが物凄く重たかったです。
ずっとこぶたは小さなゴム板を愛用してたんですが。そのゴム板の片面がボロボロになってきているのでそろそろ買い換えたいなと思ってたんですよ。
でついでに大理石を使っている方が多いようなので一度使ってみようかな?なんて先生に相談したら…。
頂いてしまいました。
ドキドキです。
多分石の方がシビアに腕のよしあしが出そうなんですよね。(ゴム板のほうが柔らかい)なのでしっかり練習できそうなんですが。
一方でごまかしが効かなさそうとかとも思うんで…。

まずはちょっと打ってみようと思ってます。
いい感じに打刻できればいいなぁ…。


コメント

ご対面

2006-07-29 23:19:54 | クラフト
例の掲示板で知り合った女の子と今日ご対面でした。人懐っこくて可愛らしくてもう。
オトコだったら絶対惚れる。って感じだったのですが。
もうだんなさんもいらっしゃるそうで。
なんだかちょっと残念。

何故今日なのかと言いますと。
今日はお稽古だったのです。

で体験カービング教室。みたいな感じで参加してもらったんですが。
終始和やかでいい感じでした。
今のところ来月からも時間を作って通いたい。
って言ってくれているので私も楽しみです。

集中力があるし刻印を叩いてもぶれないので結構いい感じっぽいです。
あきぼんさん、来月も楽しみにしてるからね!
コメント

更新できないかも

2006-07-28 00:38:10 | 仕事
なんていいながらまた姑息に「毎日更新風」を装ってしまいました

こういうやつなんです。
夏休みの宿題も最後までしなかったです。
何人分も読書感想文を書く代わりにと他の宿題写させてもらってました。
絵日記だってものすごく前半集中で後が続かない感じがありありと見えてました。
ご飯も飲まないもので「先行逃げ切り型」です。
なんだかなぁ・・・。
10年以上経っても進歩のない私です。

こんなことではいけません。
真面目に地道に生きなくては。
コメント

祭りだ

2006-07-27 21:01:52 | 家庭生活
今日明日と家の近所がお祭です。
こんなことになってます。

・・・

いや。いいんですよ。楽しんでもらえば。
ただねぇ。家の近所まで自転車で乗り付けて路上駐車の山。人は騒いで食べ散らかし放題。暫くは独特のお祭の後の匂いに悩まされます。(要はそこいらにこぼしたビールと食べモノが路上でえらいことになるんです)
ヤンキーも年々低年齢化し、大量増加傾向です。

普通の村祭りみたいなのどかなお祭がいいなぁ・・・と思ってしまう私は年なのでしょうかね?
去年までは姪っ子達と「お祭りに顔出し」してたのに今年はどうしてもそんな気分ではないのです。

こんな風に文句たれながら明日になったら「ミルクせんべいが食べたい」って言ってるかもしれませんけどね。
コメント

仕事もそうだが

2006-07-26 00:34:45 | 仕事
仕事もバタバタなんですが。ちょっとプライベートで大事件が起こりつつありまして。(夏期講習とは別)
色々と徒然考えているのですが全くまとまらず。

ちょっと暫く更新出来ないかもです・・・。
語りたい事は山盛りなんですがね。
コメント

アンダーショット

2006-07-25 21:25:45 | クラフト
という刻印があります。
こぶたは最近までその存在を知らなかったんですが。
Takaにーさんの講習会には「アンダーショット」とかいう刻印が必要だそうで。
カタログを確認しましたら・・・
ありました。

さらに聖書だと言い張っていた「シェリダンスタイルカービング」を紐解きましたら。
一番最初に出てきましたよ。アンダーショット。

要は「へこんだところは一番最初にアンダーショットで沈めときましょう」って事みたいです。
「インサイドコーナーなんちゃらかんちゃら」って書いてありました。(学生の頃から英語というと拒否反応なもんで・・・)
要は外周になるカーブはベベラ(直線)で内周になるカーブはアンダーショットでってことみたいです。
コレを使うと花びら部分がさくさく進みます。
茎のインサイドコーナーにもつかってみましたがちょっと角度がムツカシイ(特に大きい方)んですがアールがキツイ部分でもエッジがゲタにならないのがよさげです。(ここすごく頭悪そうな文章ですね)

とにかく何のために時間をかけてベベラでやってたんだろうって感じです。答えは目の前にあったのに。

ちょっと時間をみつけて辞書片手に読んでみようかな?
なんて思った今日この頃でございます。

あ。左右の差の答えは右側が後でした。
コメント

左右の差

2006-07-24 21:06:33 | クラフト
一応完成しました。実験は大成功です。伸び、反り共に殆どないままに終われました。
で。
ついでにお道具も左右で替えてみました。
さて問題です。

右と左。
どちらが「新しいお道具」でやってるでしょう??
一応ペアシェイダー(サムプリント)とフラワーセンターと呼ばれる刻印は目立つので同じ物をつかっております。

ヒント
1.新しいお道具はステンレスが主なので細かいです。
2.渦巻き部分と葉っぱ部分をよーく見てみましょう。
3.豚のぬいぐるみと一緒に写ってるのをみたら判るかも。


お分かりになりました?
この解像度じゃ無理っぽいかな?
答えはまた今度。
コメント

右だけ

2006-07-23 16:49:03 | クラフト
掲示板にアップする都合上、右側だけカービングしてみました。
如何でしょ?
左側と比べて殆ど寸法に変化がないのがお分かり頂けるかと思います。
伸びどめ素晴らしいです。

土曜日友人宅にリコリスを届けてきました。
犠牲者3名。悶絶してました。

お子さんが一人いて、この子が可愛い盛りで、とても楽しく過ごさせてもらったのですが。彼女も楽しくて仕方がなかったらしく。
興奮して全く寝る様子がなく。はしゃぎまくっておりまして。
オトナの方が眠くなってお開きになりました。
お昼に一時間くらい寝ただけだそうですが夜中(明け方?)3時まで殆ど眠たそうな様子も見せずに遊び続けておりました。

あれに毎日付き合うのは無理かも・・・。
子育てって大変ですねぇ・・・。
コメント (2)

リンリンランラン

2006-07-22 00:15:27 | 仕事
これ何かわかります?

よっこちゃんがつくってくれたこぶた専用「リンリンランラン仮装かぶり物」です。
最近こぶたは前髪を伸ばしておりまして。
秋口に「鈴木京香さん」のような髪型になる予定なのですが。夏場は束ねられる長さの方が絶対涼しく過ごせるので伸ばしっぱなしなんです。でも前髪の長さがイマイチ中途半端でうっとうしいので日常はアップにするか二つに束ねてすごしております。で、束ねたその部分を気分を変えようとスエードの細紐で編んでいたのです。
イメージは「ネイティブアメリカン」もしくは「カウガール」だったのですが。
ある世代以上の方は

「リンリンランラン」みたいやなぁ。

と口を揃えておっしゃるのです。
多分こぶた世代ででギリギリそれが「双子の歌い手さん」でちょっと民族調の衣装で歌ってた。
というのを知識として知っている位なんで、若い方にはなんのこっちゃって感じなのですが。
こういうのをおでこに巻いてお歌を歌ってたそうなんですよ。

で。よっこちゃんが会社でありあわせの道具で作ってました。
見ての通りの素材なので長時間着用すると汗でベタベタになりそうなんですが。
試しに付けてみたらそれをみた全員が
「何の違和感もない。」
そうで。
変なところに几帳面なよっこちゃんの性格そのままに
*三角形が全て正三角形になっている。
*奇妙にこぶた好みの彩りでしあがってる
のが気に入って持って帰ってきました。

何に使うの?って聞かれると困るんですが・・・

あ。
こぶたたちは会社で別にこんなことばかりしている訳ではないです。一応?働いてますのでこぶたの上司に当たる方々もしご覧になっても御安心を。
こういう合間にするしょーもないこと。がストレス発散に良いのですよ。きっと。

コメント

たかが消しゴムされど消しゴム

2006-07-21 00:01:13 | クラフト
多分絵をかく人なら判ると思うんですが。
鉛筆と消しゴムって結構厄介ですよね。
ふと気づけば真っ直ぐな線さえ引けないくらい周囲および紙の下は消しカスだらけ。自分の右手の小指が真っ黒でものすごく紙が汚くなってくる。
当然消しゴムも黒くなり、消してもはっきり消えず自分が描きたかった線がどれなのかわかんなくなってくる。
かと思えば消しすぎて「そこはイケテタのに!!」みたいなこともあったりして。

ということで新兵器(消しゴムなのでま、たかが知れてますが)投入です。
一つは「カドケシ」角がいっぱいの消しゴムです。これなら一本の線だけ消せます。
もう一つはねり消し。りんごの香りつき。消えるんだかきえないんだか判りませんがとにかく練り消し=絵みたいな思い込みで購入してきました。
今回つかいかけてる巨大なのも悪くはないんですが、図体がでかい分結構使いにくいです。
真ん中のは間に合わせで100金で買ったので。
消えない。黒くなる。の二重苦です。なのに使わないからいつまでもそこにあって
絵をかく以外のときに使われて汚れていきます・・・。

図案を描くのはみんな四苦八苦してるらしく。
いつもの掲示板で「カドケシ」の存在を教えていただいたのですが。結構便利そうです。
ただ。こぶたは筆圧が高いので興奮すると「消えてるけど消えてない」みたいなへこみができてしまいます。
ノート+下敷き
みたいな時代にさかのぼった方が良いのかもしれませんが。
そうなると小物はともかく大きいのの時に困りますよねぇ。
筆圧を下げる何か良い道具知りませんかね?
ちなみに鉛筆を柔らかくすると。折る。鉛の粉が出る。線がすぐ太くなる。で使い物になりませんでした。(今はBを使ってます)


コメント (4)

実験君 伸びに関して(ペアシェイダー)

2006-07-20 00:56:43 | クラフト
実験その1です。
普通にカッターを入れた後、刻印をはじめる前にコパ面を乾かしてカッティングシートを貼る事。
とのことなので指示通りにしていよいよ刻印です。

ペアシェイダーとベベラの途中ですが終わりましたが今のところ寸法に変化なし、反りなしです。(写真向こう側が反っくり返った前作です。(辞書数冊で抑えましたがここまでしか戻りませんでした)

先回はこの段階で反っくり返りはじめたのですが(そっか。そういうことか7/4の記事参照)抜群の安定感です。
刻印しやすいです。
すごーーい。
首ってしっかりしてるように見えて妙な伸び方をするのですよ。多分上手な方は伸び方向を考えて伸びなくてはいけない部分に使われるのでしょうが。(Takaにーさんのサドルの記事でそういう意味の記載があった気がします)

とにかくシート一枚貼るだけでこんなに安定感があるのはびっくりでした。ベベラが終わった後寸法計測しますので乞うご期待。

ところで今回の図案は何故いつものように自分で考えずに「Takaにーさん」の図案かと言いますと。

こぶたは「クラフト学園夏の講習」に参加する事になったのです!!

勿論講師はTakaにーさん。
時間外に図案の描き方も講習して頂けると言うことで、ものすごく楽しみにしております。
で。ちょっとでも予習になればとこの図案を選択してみたのです。
Takaにーさん。折角頂いた図案を実験に使っちゃっておまけに内緒で頂いた物を貰ったって公開しちゃってごめんなさい。
多分目いっぱい予習していってもついていけるかどうか微妙なんです・・・。
ということで当日は凄く楽しみなのですが。
不安もいっぱいです。



コメント (2)

すげー!

2006-07-19 00:43:57 | クラフト
図案を描いてる時にあまりにもこぶたがばっちくなるので(消しカスが周りや服や何故か髪の毛にくっつく+右手小指が真っ黒)だんなさんが会社で「CADを使ってるから紙に製図してた時代の道具が眠ってるから持って帰ってきてあげる」と言ってくれたので。
一切合財ありがたく頂きました。
すげーです。

中でもすごいのは手前の銀色の道具です。
なんと「消したいところだけ消す」道具だそうです。
なるほど!と思いません?
一見「眉毛用テンプレート」みたいですがなかなか使えそうです。


さて。
使いこなせるかどうかお楽しみ♪
コメント (4)

実験に関して(図案決定)

2006-07-18 00:58:30 | クラフト
実験に関しての方針を決めました。

まずは実験なので「何にするか」は考えずにテクニックの向上と実験結果の報告にのみ焦点をあてることにしました。
(あぁこうやって「いつか何かに使える箱」に溜まっていくのです・・・)
今度は首の部分です。
首から背中にかけては独特の模様が浮き出ています。ドイツの鞄メーカーBREEの売り子さんはこの模様が入ってる部分を「お好みすが味のある変色の仕方をしますし、1頭からそんなに取れないので貴重ですよ」みたいに言って珍重したりします。(伸びに関しての説明は一切なかったです)
でも首部分も結構クセのある伸び方をします。丈夫っちゃ丈夫らしいんですけど。

ということでmizchiねー様から頂いた革の首近くの部分でチャレンジです。
図案は「Takaにいさん」から頂いた図案を縮小して使ってみます。
なんか頂き物ばかりです。
皆様いつもお世話になります。
でも改めてお中元ってのも妙な気もするし。
こういう場合どうしたらいいんでしょうね。

Takaにーさんの図案は「授業で使っているものだから好きに使っていいですよ。」って仰って頂いたので好きに使わせていただきました。ありがとーございます。
じっくり見ると何もかもが「ここしかない!」って配置におさまってて素晴らしいです。
こぶたが考えてどんなにやってもこんな風な美しい配置でデザインするのはぜーったい無理です。

実験後同じ図案で「システムバインダー」にチャレンジ予定です!
こっちは少々新しいお道具も導入予定なので(まだ増えるのかって?)それの慣らしも兼ねて作業する予定です。

今ものすごくカービングが楽しいので、次から次へとカービングばかりしているのですが仕立てをサボりまくってます(一月以上針を持ってない気が・・・汗)

あぁ。こぶたが二人居たら独りは会社に行かせて一人は家でクラフト三昧なのに。
でも二人ともこぶたなら、どっちが会社に行くかもめますよね。
コメント

のびどめ

2006-07-17 00:02:50 | クラフト
ちょっとした実験があるというお話は昨日のブログに書いたのですが。
それはTakaにーさんから頂いた「伸びどめ」の実験です。

革はおなかの部分や首の部分。要は牛さんが積極的に動かす部分ほど伸びやすいのです。
人間の皮膚を考えてもわかりますよね。ひじやひざの部分、首なんかはのびちぢみしやすいように皺があるほど余裕のあるつくりになってますもんね。

でも革の購入単位は「半裁」と言いまして牛1頭の左右の半分で売られております。
おまけに識別用に生前につけられたという焼印部分があったり、大きな血管が下にあったのだろうなみたいな妙な部分があったりと使える部分は意外と少なく。
伸びる部分はなるべくカービングせず、力のかからない部分に使うというのが常識なのですが(例えば鞄なら見返し部分)。
儲かって儲かってしょうがないみたいなプロや「趣味にお金の糸目はつけないわ」みたいな優雅な方以外はどうにかしておなかの部分も使います。
今まではおなかの部分を使って伸びたりしてもそれなりに重石をしておいとけばカービングに支障が無い位には収まってたのですが。
染料で染めるとちょっと縮むので丁度よかったんですよ。

ところがツーリングレザーという革は硬くてしまっている革なので多少の重しには全く反応せず、反ったら反りっぱなし。伸びたら伸びっぱなしのようで。そっくり返ったはしっちょを顎で押さえたりしながら無理やりカービングを終えたのですが結局5ミリ前後型紙より寸法が大きく仕上がっておりました。

そこで教えて頂いた「伸びどめ」を使って果たしてどれ位「伸びないか」を実験してみたいと思います。
が、今やった図案も彫ってみたら趣味が良いとはいえず。
もう一回するのは気が進まないので、気の向くまま別の図案で再チャレンジです。

今度はシステムバインダー(予定)です。でもどうなることやら。
コメント