こぶたのかばんや

日々を楽しみ豊かに暮らせるように、一歩ずつでも進歩できるようにこぶたのちょっとした足跡を記したいです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

誰も見てないから

2011-10-17 16:36:28 | 二人目不妊
もはやこのブログ誰も覗いてないと判断し勝手に思う事を書くことにしました。

そろそろ二人目を・・・と考え出しはじめた折、くりんの同級生のお友達や親友の二人目、三人目妊娠報告が相次ぎました。

不妊で10年苦労したんだし、次回があっても頚管無力症なので切迫早産対策のシロッカー術は確定。
それでも切迫早産での入院は可能性としてぬぐえない。
もう40歳目前。子供1人だけでもテンテコマイしているのですから、常識的に考えても、1人を無事出産出来ただけで充分。
と思ってたのですが・・・。
くりんが「赤ちゃん」から「幼児」になってそれなりの個性を持って生きていくのを目の当たりにて生命の神秘に見せられたというべきか。
「やっぱりもう一人」と漠然と考えるようになったのです。

当時は残念な事に出産後ありがちな「セカンドバージン」状態。(ありがちか?)
ただでさえ慌しく、旦那さんへの不満も結構たくさんあってそういう事には気が回らない。
出産後急激に衰えてしまった容色にコンプレックスもあり、中々自分からは言い出せない状態でした。

それが旦那さんの方から「くりんに兄弟がいた方がいいよな」と言い始めてくれたので、目出度く?二人目へのチャレンジ
がはじまった訳です・・・。

チャレンジ三週期目にして目出度く妊娠。が。化学流産に終わりました。
卒乳後の母乳マッサージが終わったところだったので「出産」と勘違いしたお間抜けなカラダはまたせっせと母乳をつくりは
じめ・・・
ちょっと精神的にキツかったです。
職場での特定の人から(後輩)の意地悪があったり、旦那と喧嘩したり。と色々重なり・・・

逃げ場がない。

と常々感じていたけど、「居場所がない。」のかも。

と思いました。
身の置き所のなさというか生きづらさというか・・・欝の初期と少し似ています。
ある日ぽんと消えてしまえれば楽なのに。って。

でもなぁ。くりんに会えなくなるのは悲しいよなぁ。くりんが私を忘れてしまうのも悲しいし、今なら忘れちゃうよな・・・

みたいなことを考えて悶々と眠れない夜もあり・・・ちょっと病んでます。

息つく間もないめまぐるしさに一息ついて周りを見回す余裕ができたのかもしれません。


・・・

まそうそう答えや結果が出ることでもないですし、母乳マッサージに通ってた助産師さんも「年内様子見で年明けから
のクリニックデビューで大丈夫ちゃいます?
と仰っていただいたので、今のところ淡々とチャレンジ周期を重ねていますが・・・。
ただね。
この助産師さん半端なく子沢山。
あと一人で二桁!みたいな数のお子達がわらわらしてるのですよ。
多分結婚してからずっと「妊娠してるか授乳してるか」だと思われます・・・。
あなたの脅威の「妊娠力」と十年以上子供出来なかった私と同じように考えてません?
的な事を思ってしまいます。
こういう猜疑心が「幸せ」を奪うのかもね。


基礎体温に一喜一憂するのも結構体力使うのです・・・。
リセット(生理とは呼ばないようです)時の無力感といったら、がっつり不妊治療している時の非じゃありません。
落ち込んだり泣いたりしてましたけど、今よりも無力感に苛まれる事は少ないかも。
ま、治療に通ってたのですることがたくさんあったから紛れてたのかな。


しかしなぁ・・・。
あと一回駄目なら体外。もう若くないから早急にステップアップしましょう。と言われたあの時でさえ私今よりずっと
若かったんだなぁ・・・。
年内自然タイミングで駄目なら不妊治療再デビューします。
それまでくりんと目一杯遊ぶぞ!!
コメント