こぶたのかばんや

日々を楽しみ豊かに暮らせるように、一歩ずつでも進歩できるようにこぶたのちょっとした足跡を記したいです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

20年来のお友達

2006-04-30 22:34:30 | 家庭生活
ちょっと更新さぼりました。
ここまで一応曲がりなりにも毎日更新してたのでちょっと悔しいです。
あまりにも悔しいのでいんちきしてコレを日曜日の記事にしちゃいます。
今日は日曜日!!(ほんとは月曜日だけど

20年近く前からお友達のコリキ子ちゃんと会いました。
コリキ子ちゃんは背が高くすらっとしてて顔が小さくて遠くから見るとかっこいい系なんですが。近寄ってみるとお顔が童顔で丸顔でとても可愛らしいです。
(でも昨日はなぜか「長州小力」に似てました。多分、黒いTシャツを着てたからだと思います。小力氏はよく見ると色白で目が優しくて女性らしい可愛らしい顔をしてるんでケナしたつもりはないんです!)かく言うこぶたは「パパイヤ鈴木」に似てたりするんで許してねコリキ子ちゃん。
いつも目が微笑んでて、何か楽しい事を探してる感じがなんとも言えずいい感じで、こぶたは彼女にあうと元気をもらえるので、今のように忙しかったり、ブルーな時には彼女が恋しくなります

で、そんな良いタイミングで連絡をもらって久しぶり(多分二年ぶり位)に会ったのに
こぶたの実家近所の駐車場で待ち合わせ
阿倍野筋沿いのビルの中のカフェで昼食
阿倍野近鉄でお買い物
純喫茶田園でお茶
というとんでもなく移動距離の少ないデートになってしまいました。
「異性とのデート」なら間違いなく幻滅されて最後のデートになったでしょう。
でもしゃべるのに忙しかったんです。
ずーーーーーーーーーーーっと話してたんで話し続けてちょっとのどが痛かったですし。笑いすぎて腹筋が今日筋肉痛です。

仕事の話から趣味の話、家族の話。

気を使わず、見栄を張らずになんでも話せる友達っていいですよね
コリキ子ちゃんには会う時期は結構詰めて会うんですが、会わないときは数年会わないとかいうのも珍しいことではなくって。
でもそれだけ会わなくても、戻れるんですよね。社会人になる前に出会った友達は大事にしないといけませんね。

ということでちょっと元気になりました
ありがとね。コリキ子ちゃん

追伸 もしコリキに気を悪くしてたら言ってね。もう二度といわないようにするから
コメント

大量生産

2006-04-29 21:23:30 | クラフト

今日はクラフトの合間に家事をかたづけ・・・じゃなかった家事の合間にクラフトしました
この間から何度か紹介していた小さいお財布の大量生産です。
端革を使って気軽に作れるのでなかなかいいです。
右側手前のかぶせにつかった革は「プリーツのトートバック」の時に染めた革のあまりです。牛、豚、羊。色んな革で可愛らしい感じに仕上がったと思います。
後は教室で「ホック」をつけるだけです。
このタイプをつける道具はまだこぶたは持っていないんですぅ

クラフトの道具はいくつあっても満足できないんですよね。
道具は「作品を売ったお金で買う」と最近決めたので何を買うかちゃんと考えるようになりましたが、それまでは手当たり次第に買ってたので、家の中は道具だらけです。それなのに「もう少しこういうのがあればいいな」とか考えちゃうんですよね。
「道具じゃなくて腕よ」とは思うものの・・・。ついつい道具に頼りたくなるんです

優先順位から考えればこのホックに使う道具よりも買わないといけないものが沢山あるんですが。
お稽古の時まで我慢できずに買っちゃうかもしれません

大量生産したコレは「母の日のプレゼント」にする予定です。残りは小さい鞄の時に使うとして・・・
余ったらちょっとしたプレゼント用にと思ってたんですがあっという間になくなりそうです。もう少し作りおきしておいた方がいいかも

コメント (6)   トラックバック (1)

泣いちゃったこと

2006-04-29 17:30:04 | 仕事
昨日は会社で歓送迎会でした。
予告したとおり泣いちゃいましたが、それは寂しいとかでないたのではなく悔し泣きでした。
会社の方々は御存知かもしれませんが、こぶたのアシストする営業さんは中々クセのある方です。
誰が見るか判らない場所に悪口を書くわけにはいきませんので詳しくは割愛します。
で。その方に「まだ甘いよな」と言われたんです。
あなたにだけは絶対に言われたくなかったです。
とか思ったら、ここ最近のモロモロを思い出して悔しくて悔しくて。
泣くのは嫌だったんですが情けなくて我慢ができませんでした。

その方との仕事は暫く続きそうで、週明けが嫌でしょうがないです。
ま。考えても仕方がないので楽しいことを考えまーす。今日の夕食は何にしようかな
コメント

yさんの財布

2006-04-28 00:28:08 | クラフト
自分のネタはいまのところ同じ事ばかりしているので今日は教室のyさんの作品を紹介します。
Yさんは当ブログでも紹介させて頂きましたが、先月から教室に通って頂いている新しいお仲間です。87歳ですが、とてもお洒落でお元気で、とてもじゃないけどそんなお年には見えません。

この作品は麦の穂を模った図案です。基礎二作品目ということで初めてカービングにチャレンジされたんですが。
すごいです。
初めてスーベルカッターを持ったとは思えないこの滑らかな曲線!
スーベルカッターは結構力の入れ方と刃の動かし方が難しく、こぶたもその他の方々もずいぶん長い間「くきくき」の線をベベラで誤魔化してなんとか作品にしてたんですが・・・
素晴らしいです。
ベベラも下駄目にならず、綺麗に入っています。
いやぁすごいです。
恥ずかしいので紹介する事はありませんが、こぶたの初期作品(昨日アップした鞄の前に作ったモノ達)とは比べ物になりません。
えらそうに解説している暇があるなら精進しなきゃね。

ということでこの先どんなに上達されるんだろうと楽しみなような怖いようなふくざつなこぶたでありました。
コメント

Taka様と最初のかばん

2006-04-27 00:15:09 | クラフト

コメントを入れて頂いてたのでご覧になった方もいらっしゃるかと思いますが。こぶたのかばんやにあのTaka様が訪ねてきてくれました!

何がそんなに嬉しいねん。
とお思いでしょうが。そんな方は「これ」をご覧ください。

http://taka-fine-leather.com/

・・・ね?すごいでしょ??
ということでこぶたは以前から密かに尊敬してたんですが。最近でも恐れ多くて掲示板なんかROMが精一杯状態だったんです。
その憧れの君がコメントを残してくださるなんて!
ブログって・・・すごいです。
勢いに乗って掲示板にまで書き込んでしまいました。興奮してたんで失礼がないか後で確認しときます

正直な話、最近は更新するのにちょっと飽きてて

「めんどくさいなぁ」
「ちょっと休憩しようかな?」

とか考えてたんですが。
続けてて良かったです。素晴らしいんです。ブログ万歳。
Taka様以外にもこぶたが知っているHPの有名人さんたちがたまに遊びに来てくれているみたいで。久々に独りで勝手に盛り上がっております。
現在は頼まれた小銭入れの量産中なんでお見せできる写真はあんまりなかったりしますが・・・。

でもこのテンションでゴールデンウィークに突入できたらクラフト三昧で幸せに暮らせそうです。いや、家事とか溜まってるんで、そればっかりってのは無理ですが
まずはこの居間を何とかしなきゃ(泥棒さんがはいったかって位散らかっております)いけません。旦那さんが帰ってきたら流石に叱られそうなんで。
(家のお掃除や整理整頓はお恥ずかしいことに旦那さんのほうが圧倒的に上手です)

写真はTaka様の作品に憧れて身の程知らずにもチャレンジした一番最初の鞄です。
Taka様の作品の写真をプリントアウトしてヤス子先生のところにもっていって
「こんなのが作りたいんです」と泣きつきましたところ。

この程度ならつくれるかも。とこぶたでも出来るように簡単に、なおかつこぶたが気に入ってる部分はなるべく雰囲気を崩さないようにと一緒に一生懸命図案や型紙を考えてくださいました。
先生とTaka様のおかげで出来た作品です。
ヤス子先生、Taka様ありがとうございます。

冷静に見るとお手本とは何もかもが違ってて、似ても似つかない下手っぷりです。
地元の展示会にも出展しなかった位不出来な鞄です。でも多分この鞄を仕上げることが出来なかったら今のこぶたはないはずで。そういう意味ではとても大切な鞄です。

世の中には著作権なるものが存在するのは知っていますが下手糞すぎて「盗作まがい」にもなり得ないと思いますのでアップしてみます。

初歩的な間違いもたくさんしてますが、気に入ってよく使ってました。
今見ると結構いい色になってきてますね。ここのところずっとお蔵入りなんで久しぶりに使ってみようかな?

コメント

K課長の送別の品

2006-04-26 00:39:29 | クラフト

最近恒例行事になってきましたが。
お世話になったK課長が転勤になりまして。送別の品を作ってみました。

今回は箱マチの小銭入れです。
ふちをぐるりとスタンピングしてヌメ革らしい仕上げにしました。縫い目は二ミリで仕上げてます。小物はやっぱりコレくらい細かくないと妙な気がします。

ジャンパードット(スナップ)のところにコンチョをつけようかと思いましたが「いかにも」過ぎてくどくなりそうなのでやめました。

作品を会社の同僚H氏見せたところ

「おまえ、やっぱ、すげーよな!」と言ってもらいました。多分褒め言葉だと思います。

「めんどくせーだろ?」
「大変だろ??」

といろいろ気遣って頂きました。
褒めて頂いているのにこんな事をいうのは何なんですが、こぶたにとっては目下のお仕事であるH氏のフォローの方がよっぽど「めんどくさくて大変」だったりします

こぶたは見かけによらず?あまり社交的ではないのでこういう自分だけと向き合う時間がないとくたびれてしまいます。人とお話したり、賑やかにすごすのは楽しくて好きなんですが、あまり長時間になってくると(特にお行儀の悪い宴席が苦手)独りでどこかにこもって地味な作業をしたくなります。
手柄も失敗も全部自分ひとりのもの。誰からも話しかけられず自分のペースで黙々作業。っていう時間はこぶたにとってはとても貴重な時間なのだと思います。
多分普段賑やかに仕事しているこぶたのないものねだりなのかもしれません。
例えば夢が叶って工房を構えて職人にでもなれたとしても
「一日中誰ともしゃべらないなんて気が狂いそう」とか愚痴ってそうな気もします。

話は変わりますが
K課長はとてもお茶目な方で仕事中はとても静かなんです。
たまにぽろっと面白いことをおっしゃいます。
このブログにもコメントを寄せてくれてるひょうちゃんさんと二人で
「今日のK課長」を報告しあって楽しんでたんですが・・・。寂しくなりますねぇ。

蛇足ながらK課長はこぶたの勤める会社の同じ年頃の男性陣では群を抜いた男前です。後任のF課長は。
なんとも表現しにくいんですが独特の個性の持ち主です。

ひょうちゃんさんのお向かいが課長席になるんですが、ひょうちゃんさんがぼそっと

「デスクからの風景が変わるなぁ・・・」

とおっしゃってました。いや、F課長も悪い方ではないんですよ。はい。ただ見た目かなり・・・なんというか表現に困ってしまいます。

ということで週末は歓送迎会です。
最近こぶたは涙腺がゆるみまくってるので(ゆきこさんの送別会でも泣いちゃったし)不用意に涙がでないか心配です。
この前も旦那さんと二人してテレビを見ながら大泣きしてしまいました。なんの番組で泣いたかは恥ずかしいので秘密です

コメント (2)

クラフト 小さいお財布

2006-04-25 00:25:03 | クラフト
今日のお稽古は前々から作業している「横マチ総カービングのかばん」のカービングをずっとしてました。
ようやく前面のベベラが終わったんで、これについてはまた折を見て薀蓄語ります。
で合間に先生の御指導でこんなものを作ってみました。

以前にこぶたのお姑さんのお友達にお借りしていた財布と同じつくりです。
旅行に行くときや和装の時に重宝するそうです。
写真には写ってませんが作りやすく使いやすい工夫がいろいろ施されています。
色はあんまりこぶたの好みの色ではないんですが、作り方のお勉強ってことで。

簡単に作れるのでたくさん作って「ちょっとしたプレゼント」に常備しておこうと思います。

今日のお稽古では生徒さんの写真を取らせていただいたんで、また徐々にアップしていきます!
コメント

もったいないかも(Mさんの作品)

2006-04-24 00:47:25 | クラフト

Mさんの今回の作品は「ゴミ箱」です。
竹を綺麗に刻印して、プラスチックの市販のゴミ箱にはりつけました。茶色から黄色にかけてのグラデーションが綺麗です。ごみを入れるなんてもったいない!と思いますよね?
多分、時間が経つといい感じに焼けて、もっと深みのある色になると思います。

革の色づけって難しいんですよね。
というのも真っ白じゃないところに色をつけるわけです。当然もとの色が水性の染料の場合はパレット上の色と違う色になってしまいます。
加えて革って濡れると濃い色になるんです。ということは色を縫って丁度よいと思っても乾くと全然色がついてなかったりするんです。で、あんまりしつこく塗ってると拭き染めなんかの場合特に、こすり過ぎて色がのらなくなってしまいます。
そうでなくても傷の部分は色がつきにくいし、シボが多いと色が濃く入るし、その辺を見極めながら染色していくのは難しいですが楽しい作業です。

で結局四苦八苦した挙句「ムラも味のうち」なんて言い訳し始めるんですよね

それしてもこうやって改めてみるとやっぱりいいですね。   

 こぶたのかばんやのテンプレートも少し前から竹にしてみました。昔から理由はないんですが竹の色や竹林の匂いや・・・もちろん筍も大好きなんです。
なんか独特の存在感がありますよね、竹って。

インテリアグッズってまだこぶたはあんまりチャレンジしていないんですが素敵です。
手始めにマウスパットとかデスク周りから始めてみようかな?

コメント

横マチ総カービングの鞄② 「ベベラ」

2006-04-23 00:44:15 | クラフト

今日はベベラについてお話します。本によってはベベラーと記されてたりします。

スーベルカッターでカッティングした片方ををへこませていくことで花や葉を浮き上がらせる工程です。下駄目にならないように注意しながら打っていきますがこれが一番時間がかかるかも。
こぶたはベベラを打つ際になるべく線側に傾けて打刻します。そうすると打たない方の革が少し盛り上がって先に打ったペアシェイダーとの間になんともいえない可愛らしい丸みが出るんです。

描く模様が細かいほど線が多くこの工程は時間がかかってしまいます。(今回のはこぶたのなかで一番細かくカービングする面積が大きい作品なので気が遠くなりそうです

カッティングの角度によって打ちやすい時と打ちにくい時がありますが、綺麗に深くカッティングされていると結構気持ちのよい作業です。先回と比べてもらうと立体感が増したのがお判り頂けるかと思います。

コツというほどのコツはありませんが、なるべく力強く打っていってます。その方が綺麗ですし、後々染色の際にも作業がしやすいです。
当分ベベラが続くので合間にちょっと小物とか作って気分転換しながらのんびりやっていくことにします。
頼まれ物もゴールデンウィークには仕上げなくっちゃね。

 

コメント (4)

土曜日はお稽古だ!

2006-04-22 00:55:44 | クラフト
明日はお稽古です
お稽古って言うとなんかお茶とかお花みたいでお上品でしょ?
でもね。こぶたのお稽古事は今はレザークラフトだけなんです。
とても楽しみなんですが、最近は仕事がバタバタしすぎて毎日遅くて休日は休養と家事に忙殺されてまして。家ではなーーーーんにもできてません。
月に二回なのでそれなりにおうちで作業していかないと向こうで効果的に作業できないんですが・・・。
なかなか難しいです。

今日も遅くて色んな方に迷惑かけちゃいました

ちょっとスランプ気味かも。
コメント (2)

ごちそう

2006-04-21 21:47:20 | 家庭生活

サントリーのウーロン茶のおまけで「中華料理のご馳走」の玩具がついてくるのがあるんです。
小さいってだけで可愛いです。素材的にはリカちゃんのオプションパーツによくあった感じで安っぽいですがなかなか細工は凝ってます。
中国茶の急須も蓋が取れたり爪の先位のレンゲがついてたりするので小さい子にはちょっと危険かも。

並べて遊びながら考えたんですが。
見た目の豪華さと「ご馳走!!」感はやっぱりどんなお料理よりも中華な気がします。
デザート文化は西洋の方が発達してると思いますが、中華料理のあの豪華さのあとでゴージャスなデザートは食べれませんよね。杏仁豆腐くらいが丁度いいです。

そんな話をしてたら飲茶が食べたくなりました

飲茶といえば
こぶたが大好きな「飲茶やさん」が日本橋あるんですが、そこに予約の電話を入れるといつも「○○(←こぶたの本名)です。」
って言うと「こぶた??」と聞き返されます。旦那さんが「見えてるんかな?」と大笑いしてました
(こぶたはちっちゃくて丸くて手足が短い
どうもこぶたの苗字はあちらの方には聞き取りにくいみたいで、先日も仕事で中国に電話して名乗ると「こ・・ぶた??」
と訝しげに問い返されました。
そんなにムツカシイ苗字ではないと思うんですがねぇ。
 

ちなみに当ブログの名前「こぶたのかばんや」はこの一件と有名なおとぎ話「小人の靴屋」をもじって命名いたしました

コメント (2)

島ラッキョウ

2006-04-20 00:40:14 | 家庭生活

去年の秋に島ラッキョウの球根がホームセンターで売られているのを旦那さんが発見しました。勢いで買ってみたものの育て方が判らず

とりあえず植えてみようと適当に植えてみました。

寒い冬をプランターですごして上の葉っぱはしおしおになってしまってまして。
温室の中にいれても肥料を足してもあんまり元気にならず
「もうだめかな。」
と思ってたんですが。

土の中では元気に育っていたらしく、ここのところ葉っぱも元気だったんで、ためしに数本引き抜いて見ました。
(とかえらそうに書いてますが、旦那さんがバジルの苗を植えるついでに色々してくれたんで、こぶたが帰宅したらこのような状態でおまけに写真撮影もしてくれてました。この画像は旦那さん撮影です

ね?

立派な島ラッキョウです。

早速賞味しましたが、取れたてなので苦味も辛味殆どなく、お世辞贔屓目一切なして美味しかったです。

結構ほったらかしでしたし、南国の植物なのであんまり期待はしてなかったんですが大成功です。

こぶたは昔「一番育てやすい」と言われた「かにさぼてん」を枯らしてしまった女なのですが、食欲が絡むとそれなりにがんばれるようで。
いや、もちろん旦那さんが「お水あげた?」って聞いてくれたり黙って手入れしてくれてるからなんですが。

犬や猫や子供ならおなかがすいたりのどが渇くとそれなりに意思表示をすると思うんですが、植物はどんなに困ってても黙ってはるので忘れっぽいこぶたはなかなかお世話し続けることは難しいです。・・・精進しないといけませんなぁ。

いつもありがとね、旦那さん

 

コメント

麻婆豆腐

2006-04-19 00:39:32 | 家庭生活

旦那さんが突然「麻婆豆腐」に凝りはじめまして。
曰く、広東風ではなく四川風の麻婆豆腐が食べたいとの事。

私にどうしろと?
という感じなんですが。
ネットでざっと調べたところによりますと
オイスターソースが効いたちょっと甘辛ピリって感じが広東風
花椒と酢が利いた刺激的な感じが四川風らしいです。

わかったようなわからんような

結婚した当初に購入した中華のおかずという本では
麻婆春雨の作り方・・・オイスターソースがたくさんはいるので多分広東風
麻婆豆腐の作り方・・・酢がはいっていなくて塩コショウになってる
麻婆茄子の作り方・・・花椒がはいっていなくて米酢がはいってる
という感じになっておりまして。
きっぱり四川風ってのは無さそうです。

ということでだんだんわかんなくなってきたんで、この前「上海新天地」に言った時に買いだしてきた
調味料で適当に作ってみました。(考えるよりノリで作る方が結果が良かったりします)

結果は・・・

大好評でした
今まで食べた麻婆豆腐の中で5本の指に入る。
と誉めていただき有頂天だったところ。

・・・でも俺が食べた麻婆豆腐は精々10種類くらいやけどな。
とぼそっと呟かれました。
それってじゃ真中辺りって事!!
苦労したのにぃ・・・。

ま、こぶたも美味しく頂きましたし。課題は幾つか残りましたがそれはおいおいクリアしていくことにして、とりあえずはよしとします。



ただ、問題が一点残っておりまして。
今回作るに当たってかなりの微調整をした為
調味料に関して

「何をいれたか」は覚えていても

「どれだけ入れたか」を殆ど覚えていないんです・・・。

これだから「主婦の料理は再現性がない」なんて馬鹿にされるんですよね

コメント

コンチョが届きました

2006-04-18 00:09:16 | クラフト

コンチョって判りますかね?
良くバイク乗りとかが使ってる革製品に無意味にくっついてる巨大な金具です。
硬貨を潰して作ったものがメジャーです。
最近は「コンチョ製作キット」みたいなものも見かけるようになりました。
ウエスタンを演出するには是非使いたい金具なんですが。高いんです。
参考までに共進エル(クラフト用品を扱うメーカーです)の一番安い20ミリのコンチョ(ねじ式)は一個900円です。
こんなとき活用し甲斐があるのが「ヤフオク」です。
以前にまとめ買いしたことのある出品者さんがまだ健在で出品しておいでだったのですが、裏側がこぶたの求める形ではなかったので問い合わせしてみたところ。
快くオッケーして頂きまして。
教室の方に声をかけたらみんな買うそうで、またまとめ買いししました。送料を考えるとみんなで購入した方がお得なんでこぶたは通常お買い物をする時はみんなに声をかける事にしています。

一個290円。

エルのカタログの値段の三分の一です

それでも他の国産のカシメとかに比べるとお高いですが、使う価値ありです。
こぶたの以前の作品にも幾つか使ってます。

お暇な方はブログ内を探してみてください

ということで本日届きました。英字新聞で包まれててちょっと「アメリカン」です。
英字新聞ってなんだか小粋ですよね。日本の新聞が緩衝材に使われてると安っぽく感じますが、英字新聞だとちょっと高級な感じがします。
まぁだからといって英字新聞柄のシャツを着た男子はいかがなものかと思います

さあ、道具もそろったし作るぞ!!!!

 

コメント

異人さんに連れられて

2006-04-17 00:32:27 | お買い物

こぶたは五年くらい前から「ビルケンシュトック」というドイツの靴メーカーの靴ばかり履いています。
独特のコロンとした形も好きですし、何より幅広甲高という果てしなくヒール靴には向かない足なのでここの靴を履いているとほっとします。
おばさんのコンフォートシューズほど婆くさくなくて気に入ってます。

でそれとは関係なく真っ赤な靴が以前から欲しかったんです。
ジーンズに合わせても黒ずくめの効かせ色にもすてきでしょ?スニーカーでは結構良く見る色ですし、夜の街のお姉さんの「勝負靴」やダンスシューズみたいなのではメジャーな色なんですが。革の紐靴ではなかなか目に留まる靴がなくって困ってたんです。

そんな時見つけたのが「これ」です。

ビルケンかつ赤。

こぶたのために存在していたようなこの子に出会ってしまったら、そりゃ丁重にお迎えするしかないですよね。(こうやって数々の衝動買いや無駄遣いの言い訳をしてます)
ということでうれしくなって家の中で試し履きです。

赤い靴ぅーー履ぁいてたーーおーーんーーなーーのこぉーーー
というフレーズが頭をよぎります。
気をつけなくっちゃ!
まあ「異人さんに連れられて」なんて北朝鮮拉致がらみでもないとなさそうだし、ましてや女の子って歳でもないので心配することはないのかもしれませんが。

晴れた日にジーンズ履いてこの子を履いて旦那さんのバイクでお出かけするのが楽しみです。あ。でも旦那さんのバイクとこぶたのヘルメットはまっ黄色なんです・・・

絵に描いたような信号色・・・ 

DCブランド全盛の頃の「MIKIHOUSE」もここまでではなかったかと。
この靴を嫌味なくはきこなせるお洋服のコーディネイトを考えるのは思ったより難しいかもしれません


 

コメント