こぶたのかばんや

日々を楽しみ豊かに暮らせるように、一歩ずつでも進歩できるようにこぶたのちょっとした足跡を記したいです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ペット

2013-09-21 11:36:18 | 家庭生活
そろそろアドバンスに格上げしようかなぁ・・・


コメント (2)

ご無沙汰しております

2011-09-21 11:24:06 | 家庭生活
すーーーっかりご無沙汰しております。
(もうどなたもご覧になってないとは思うので、そういう意味では安心しております)
さて。

とてもご無沙汰していた間に、色々ございまして。

まず2009年6月20日
待望の娘が誕生致しました。

不妊治療の一年、妊娠中の自宅安静、入院、前駆陣痛の長さ。乳児育児中の諸々。職場復帰してからの会社について。書きたい事が本当に山盛あったのに、どうしても書けませんでした。
絶対安静を言い渡されていた時期も長く物理的にパソコンに向う時間が取れなかった事も確かにあるのですが、それだけではないと思います。

このブログで愚痴った事、色んな方に励ましていただいた事。
出会った方々へのスタンス(不妊治療中の方や、治療を卒業して別の方法でお母様になる道を選ばれた方)を上手に消化できずに1人悶々モヤモヤしておりまして・・・。
クラフト関係で仲良くさせて頂いていた方々がどんどん成長し、大きな賞を取られたり開業したり個展を開かれたり。
何となく、スーベルカッターにさえ触れずに居る自分に引け目を感じてしまってた事も原因の一つです。
(多分、触れずに居た三年のブランクは果てしなく大きいものだと思います)

でも、ココをほったらかす事はやっぱり、ココでであった方達に対してとっても失礼だな。
と思いまして。

どこまで出来るか判らないけど、ココに来れずに居た過去を振り返りながら徒然を記して行こうかと思います。

1.育児
2.二人目不妊(発展すれば治療日記等も)
3.仕事
4.雑事
5.クラフト

位に分けてまたボチボチ更新していこうと思います。
過去と現在とを行き来しながらになると思うので、さぞや見にくいブログになりそうなのですが・・・。
後から順を追って見れるよう過去記事をアップする形で暫くやってみようと思います。

また、よろしくお願いします。


ココまでの流れ
2008年10月9日(誕生日)妊娠判明
2008年11月~職場復帰
2009年3月切迫早産にて自宅安静
2009年4月より入院
2009年5月末退院
2009年6月出産
2010年4月より娘保育園へ
2010年6月娘一歳の誕生日より職場復帰
2011年5月卒乳
2011年8月化学流産(胎嚢確認前の流産)
現在に至ります。

*男性には少々不妊治療関連等で耳慣れない(或いは聞き苦しい)記述があるやもしれません。
 お手数ですがカテゴリにてご判断頂ければと思います
コメント

思い出話

2009-03-18 13:44:17 | 家庭生活
不妊で悩んでいた頃。

結婚確か3年目位からだったでしょうか?
妊娠の可能性を高めようと色々あがきをはじめた頃です(その後数年は、治療には通わなかった)。
そろそろ周囲での妊娠報告が聞こえはじめ、駄目だったと判るたびに焦燥感を感じるようになった頃・・・。

妙に妊婦さん、小さなお子様連れの方の動向が気になるようになってきました。

別に気になるといっても何かをしてあげる訳でもないんです。
ま、ベビーカーの階段登りを手伝ったり、臨月の方には席を譲る(明らかにどうみても妊娠中って方にしか譲れませんでした。もしかして、ちょっとふくよかな人だったらどうしようとか余計な事考えてしまって)
なのに、どうして気になって仕方がないかというと・・・。
なんとも言えないどす黒い気持ちが自分の中にある事に気づきました。
はっきり言うと「ないものねだり」です。

自分が求めているのに得られないモノを容易く(いや。容易いかどうかなんて判んないんですけどね)
手に入れることが出来る人達への良く言えば憧れ。悪く言えば嫉妬。

で、ですねぇ。「良いなぁ、羨ましいなぁ」とだけ思ってるなら別に心の中で思ってても良かったと思うんです。
でも。
何時の頃からか違ってきちゃったんですよね。

揚げ足を取るかのように一部の非常識な言動をなさる妊婦の方、子連れの方に批判的な目をむけるようになってしまったんです。

例えば
「ベビーカーでバーゲンにやってきて赤ん坊がのったベビーカーで人を掻き分けてワゴンに殺到する親御さん」
「ソフトクリームだとか巨大なリンゴ飴とかぶつかったら結構な惨事になりそうな食べ物を幼児に食べ歩きさせて人ごみでも平気な親御さん」
「子供ホッタラカシでファミレスで井戸端会議のお母様、構ってもらえなくて野放しになり、そこいらで走り奇声をあげるお子様方」
・・・判ってるんですよ。
それが一部の方で、しかも悪気は一切なく、単に気づかないだけの方だって事位。
なのに、そういう風景を見てイライラするというか「折角子供に恵まれたのにどうして?」って感じの気持ちから段々意地悪な気分になり。
いつしか「あんな人でも子供に恵まれるのに、私に何が足りないって言うの!」みたいな完全な八つ当たりで子供に纏わる諸々を見るのが辛くなった時期がありました。

他人の幸せを喜べない、自分の浅ましさが情けないと自己嫌悪に陥りながら、どうにもこうにも抜け出せない時期が数年続いたように思います。
コメント (1)

胎動

2009-01-28 16:20:15 | 家庭生活
胎動が判るようになりたいとずっと思っておりました。
あれ?もしかしてコレ??みたいなポコポコした感じはあったのですが、腸の動く感じと似ていて確信がもてなかったんです。
本や、ネットの情報によると
「日に日に強くなるから、そのうちやっぱりコレがそうだったんだ。と判る」
みたいな記載があり、「そのうち」を今日か明日か。と待ちかねておりました。
でもね。
やっぱり良く判らないんです。
徐々に「コレだろうなぁ。」と思えるようになったものの。
やっぱり「コレだ!!」っていう裏付けというか、なんというか。そういうのが欲しいですよね。

で。先日確信がもてたんです。

というのも。検診でエコーしてる時にピクっとしましてですねぇ。
同じタイミングで画像のソレが動いたんです。ピクって。

やっぱりこれだったんだぁ・・・。と安心しました。
コレかな?と思ってから二週間位かかってしまいました。

という事で胎動を初めて感じたのは18週の前半位。確信がもてたのは19週最後の日でした。
初産の場合は18週から20週くらいで感じる方が多いという事なんで、ボチボチ平均的な経過のようです。

お腹の子の大きさもほぼ平均値の模様。順調であれば後約半分のマタニティライフ。
このまま何事もなく過ごせますように・・・。
コメント

ばっさり

2009-01-13 09:29:11 | 家庭生活
こぶたはずっと髪の毛を伸ばしておりまして。
肩下20cm位あったんですが、毛先が傷んできておりました。
で、ばっさり切ろうと美容院に行ったんです。
この際だから憧れのマッシュルームカットにしてもらおうと思ったんですが、美容院のお姉さんに止められまして。
顎と頬のラインがシャープじゃないと、あの髪型は無理なんだそうです。

で、結局オカッパになってしまいました。
襟足ギリギリのあと一歩で「戦災孤児」な感じのオカッパです。
ボブというよりオカッパが相応しい感じ。
随分(30cm)位切ったんですがあまり違和感がありません。

だって、ずーーっとこの髪型を基本に伸びたり縮んだりしているだけなんですよ。
子供の頃から何年かに一度オカッパになってます。

丸い顎でほっぺたぷっくりでも似合うマッシュルームカットってないですかねぇ。
昔からアフロとマッシュルームカットは憧れなんです。
どちらもそのままでは似合わないのは判ってるんで、実現した事はないんですけどね。もっと若いうちにチャレンジしとけば良かったかな?
コメント (2)

老い

2009-01-11 15:01:20 | 家庭生活
またまたご無沙汰しております。
なかなか体調が安定してくれません・・・。

仕事は、来週から8時間勤務になります。
そろそろフル稼働。
なのに仕事量が少ないのでいささか退屈です。

でも、仕方がないことなのかもしれません。
だって、このままいけば後3ヶ月半で産休に入ってしまうのですから。
そんな人間に色々任せても後が大変ですものねぇ。

さて。
こぶたは婚約指輪をもらってからずっとつけ続けています。
ほぼ毎日付けっぱなしです。
なので初代の枠は三年ほどで爪が金属疲労を起こして折れてしまい、只今二代目の枠を使っております。
(石はそのままです)
で、お正月に指輪の手入れをして気づいたんですが。

爪が緩んでぐらぐらしておりました。

まだ、外れそうな状態ではないのですが、油断は禁物です。
早速宝石屋さんに持っていきまして、お直しをお願いしたら一週間ほどかかりますとの事で、週末に引き取りに行く予定ですが、それまでなんだか寂しいので昔懐かしい指輪を装着してみたんですが・・・。

なんか痛々しいんです。
手が妙に老けておりまして・・・。

日々の水仕事、カービング、その他諸々でなんだか「働く人の手」みたくなってて可愛い指輪が全くにあいません。
年取ったから仕方がないんですがね。

顔が老けたのは日々見てるから判っているんですが、手は気づいてませんでした。
多分後姿とか、自分の見えないところは老けていってるんだろうなぁ。

中身も成長しているなら老化は自然の摂理なんですが、中身が伴わないままに老けていくのは切ないです。

中身磨き・・・。
ある意味デトックスとかアンチエイジングとかより難しいかも。

とりあえず出来る事から(ハンドクリームつけるとか)はじめます。
コメント (2)

おめでとうございます

2009-01-01 10:24:58 | 家庭生活
あけましておめでとうございます。
今年は喪中なので本当は言っちゃいけないんでしょうけど、年末ジャンボも外れたし、今年は年賀状に凝る楽しみも無かったので、せめてココぐらいはお正月気分を味わわせてもらおうと思います。

つわりは相変わらずで体調が読めないんですが、ボチボチやってます。

今年が皆様にとってよい年になりますように。
コメント (4)

生きてます。

2008-12-17 21:47:24 | 家庭生活
さてさて。
かなりご無沙汰しております。
こんなにご無沙汰するのはブログはじまって以来の事ですねぇ。
すみません。

しかもこまちさんといっちゃんのオメデトウコメントをほったらかしにして。
反省でございます。
お二方。メールをくれた色んな方。どうもありがとうございます。
とりあえず母体はヘロヘロですが無事です。
赤ちゃんは・・・三週間前には元気だったんですが、今は良く判りません。
出血がなければ心配いらない。という経産婦(含む両家の母親)の意見を信じて暮らしております。

悪阻を言い訳に通勤する以外なーーんにもしてない自堕落な生活をしておりました。
多くの方がそろそろ悪阻の時期も終わるらしいので、ココロを入替えて頑張って更新したいと思います。

この時期って当たり前ですが、胎動とかがないので、生きててくれてるかどうか判らないじゃないですか?
悪阻と胎児の健康状態は関係ないって言うし、お腹も目に見えて出っ張ってくる訳でもないし。(ソロソロ少し出てきましたが、便秘といわれればそうかもって感じです)
で超初期(不妊クリニックに通ってる間)は週一で確認出来てたのに、産院にうつった途端「三週間に一度」の検診になってしまったんで、なんだか不安で仕方がありません。
経産婦の方には笑われるんですが、自宅にあのエコーの機械があったらなぁと思います。せめて心音だけでも確認出来ればなぁ・・・。
ま、そのうちに胎動で眠れない、みたいな状態になるんでしょうからそれまでの我慢ですね。
平均で初産婦であと一ヵ月半位経つと胎動を感じる事が出来るそうです。
怖いような楽しみなような。
不思議な気持ちです。

悪阻は、食べれないと言うよりも「食べないと気持ちワルイ」状態で、一旦戻してしまったり何かの加減で胃が空っぽになると突然にやってきて、その日は使い物になりません。
典型的な食べづわりってやつですね。他にも

*すきっ腹で食べ物の事を考えると気持ちが悪くなる。(献立を考えるのが苦痛です)
*何が食べたいのか判らない(コレなら食べれる筈と思って選んでも作れなかったり、作っても食べれなかったりします)

という自分でもあんまり予測が出来ないカンジなので、少々もてあましております。

なかでも自分でも意外で辛いのが食生活には関係ないんですが、革の匂いがダメになってしまった事です。

折角クラフトする気力が沸いてきたのに、カービングしようと革に向かった途端キモチワルい。

のです。
恐らく断薬の影響で、クラフトできなくなって、早くも二ヶ月以上たってしまい。
一生懸命練習したアレコレが無になってしまうのが切ないので、なんとか早くクラフターとして復帰したいんですけどねぇ・・・。
身二つになったら当分そんな優雅な時間は取れないと思うし。

今週金曜日に検診です。
生きててくれますように。
コメント (4)

復帰

2008-11-17 20:17:18 | 家庭生活
本日から4時間勤務となりました。
とりあえず会社でお昼ご飯を食べると言うのが第一関門です。
と言うのも、私、病気になってから薬の副作用+鬱々で会社の同僚とご飯を食べられなくなってたんですよ。
食べてもすぐキモチワルクなるので、ちょっとだけそーーっと食べて、お薬飲んで昼寝。
これが休みに入るまでの定番パターンだったので、OLらしいランチタイムはほぼ二年ぶりです。
ノリについていけるか?ご飯ちゃんと食べれるか。と心配しましたが。

杞憂でございました。

普通に頂けました。会社に出てきた時から先輩方が「お昼来れるようになったら一緒にご飯食べようね」と言ってくれてたので、安心して食卓を囲む事が出来ました。やっぱり会社はあったかいです。
復帰してよかったぁ。

そうそう。
少々遅くなりましたが、一つご報告があります。
妊娠しました。
不妊クリニックを卒業し、先日産科デビューして来ました。
現在10週に入ったところです。
母子手帳も貰ってきました。
しかし、ここまで持ったのが初めての経験で、尚且つ産院に行ったら次の検診三週間後って言われちゃったんで月末まで見れないんですよねぇ・・・。「今日も生きてるんだろうか?」と常に不安です。やはり初期流産の苦い体験が忘れられないんですねぇ。
安定期に入ればちょっと安心出来るのかも・・・と思っているのですが、このまま心配し続けたら神経が持ちそうにありません・・・。

会社の方には「妊娠してるのでつわりがひどかったり、体調がおかしかったら休みますし、完全復帰しても多分半年もしないうちに産休なんです」とリハビリ勤務に入る前に申告したんですが
「気晴らしのつもりでおいで」
「産休や、女性特有の体調不良の為の休暇は労働者の権利だから遠慮する事はない」
と言って下さってるのでお言葉に甘えております。

つわりがなんだか妙で体調というか体質の変化に戸惑っておりますが、とりあえずは元気です。
高齢出産なので懸念事項は山盛りですが、無理はせず、気楽に暮らそうとは思っています。
なんたって、多分、最初で最後かもしれない妊婦生活ですから。

でもやっぱり不安なんですよねぇ・・・。
コメント (3)

トンポーローの立場

2008-11-06 00:30:03 | 家庭生活
昨日の夜からトンポーローを作ってたというお話をしたかと思いますが。
なんと今日旦那さんから
「飲みに行く」
と言われてしまいまして。

二日がかりのトンポーローの立場は!!!!

という叫びも空しく、奴は盛り場に消えて行き・・・。仕方がないので、旦那さんの実家に持ち込みましてお姑さん手作りのご飯をご馳走になってきました。

しかし。仕事とは言え、付き合いとは言え。
嫁がトンポーローと格闘する様を昨日から見てるのに。平気で飲みに行ってしまうとは・・・。実は食べたくなかったんでしょうか。
そうかもしれませんが、旦那さんの分きっちり残してあります。
明日にでも食べさせます。ざまーみろ。

そうそう。本日めでたく二日目の勤務を終えました。
仕事内容は情けなくなるほどに単純作業ですが、ボチボチさせてもらってます。
以前の自分なら
「もしかして嫌がらせ?」「会社のお荷物?」とか「周りの人はどんなに苦々しく思ってる事かしら?」とか考えて一人で落ち込んでいるところですが、不思議な事に全く周囲の思惑が気になりません。
超重役出勤なのに、申し訳ない位に後ろめたさを感じません。

社会人としてのモラルというかそういうものがたりないとお叱りを受けるかもですが、とにかく今は言われる事を間違いなくしっかりやればそれで良いんだ。と淡々と伝票分けたり判子押したりして、短い出勤時間を過ごしております。
半人前以下でも、単純作業しかしてなくても、居ないより居た方がマシな筈ですし、そのうち何時かお役に立てる日も来るでしょう。と、休みに入る前の自分とは別人のように落ち着いております。

こんな気持ちになれる日が来るなんて思いませんでした。
ちょっと病気じゃなくなってるのかもと思うと嬉しいです。
コメント (2)

トンポーロー

2008-11-05 09:30:53 | 家庭生活
クラフトを初めとする、創作に関しての意欲が全くなくなってしまってはや一ヶ月近く経ちまして・・・。

薬が急に無くなったから仕方がないんですが、クラフトしたいのに出来ないのはなかなか辛いモノがあります。

しかし、最近どうやらお料理の方だけは徐々に戻ってきつつあるようで。
鶴橋で仕入れた「皮付き豚ばら肉」でトンポーローを作ってみました。

美味しい食卓という小説(映画にもなるらしい)を読んで作ってみたくなったんでレシピを色々探してみたんですが・・・。
作り方が本当にマチマチで笑えました。
茹でてから煮ろ
焼いてから茹でて煮ろ
焼いて蒸せ
工程だけでもあまりにも色々あって、どうして良いやら判らなくなったんで・・・。

元の小説どおりにやってみました。(調味料の種類は記載があったんですが配合やどのタイミングで投下するかは触れてなかったんでその辺は適当)
紹興酒や八角もちゃんと入れてなかなか本格的です。(普段は焼酎と五香粉で誤魔化します)
ボチボチの仕上がりですが、お店でトンポーローなるものを食べた事がないので、これで正解かというのが良く判りませんが・・・。ま、美味しければ良しとしましょう。
とにかく何時間も掛かるレシピにチャレンジしようと思うようになった事が嬉しいです。
この調子だと、クラフト出来る日も近いかもしれません。

ブログを更新する気にもなってますしね。
コメント

笑うと言うこと

2008-10-27 16:05:27 | 家庭生活
最近笑ってないなぁって思いまして。
ニコリと笑うとかじゃなくてゲラゲラ笑いたくって前に好きだったサイトをネットサーフィンしてましたら。
心理学ステーション
ココにですね。
こんなエピソードが・・・。
アイスノンの闘い

つぼにはまりました。
家の中に誰も居ないのにゲラゲラ笑いました。ナミダも出ました。
笑うとか泣くとかって精神衛生上良いらしいです。

ちょっと浮上です。
楽しげなお話沢山聞かせて下さい。
・・・またもや他力本願です。
コメント (2)

どうにかこうにか

2008-10-25 17:14:37 | 家庭生活
自分なりに気分を盛り上げるものの。
翌日には凹み、なかなか情緒不安定から抜け出せません。

何時かは抜け出ると信じてどうにかこうにか毎日を凌ぎます・・・。
コメント (4)

年を取ると涙もろくなる

2008-10-17 23:33:24 | 家庭生活
本日ちょっと久しぶりにこまっきーに会ってきました。

暫く前にハカラメを送りつけたんですが、発芽したんでどんな風に成長するか見てみたい。と言うことだったんで、我が家のをお見せしましたら・・・
絶句してました。
こぶた実家の可愛いサイズのを見せておいたので、鉢を大きくしなければこんなことにはならないと判ってくれたとは思うんですけどね。
びっくりさせてしまって申し訳ない。

しかし古い友達って良いですね。どんなに立場が変わっても、ずっと連絡しなくても会えばすぐ昔通りの仲良しに戻れますもんね。
馬鹿な話から悩み事の打ち明けっこまで。泣いて笑ってとっても楽しい数時間でした。
しかし表題にも書きましたが年を取ると涙もろくなるものですね。
自分が今の鬱々発作で泣くのはま、判るんですけど同じ年頃の友人の涙に遭遇する事が増えている気がします。

とにもかくにも暫く不安定でまだまだ色んな人に迷惑かけちゃうかもですが、そのうちなんとか復帰しますんで皆様宜しくお願いします~
コメント

今のままの私

2008-10-16 11:10:28 | 家庭生活
うつうつ薬の禁断症状かはたまた病気のぶり返しか、ココの所激しくマイナス思考の私です。
なんて駄目な私。
と5分おき位に感じてしまってその度にどうしていいか分からなくなるんです。
旦那さん、実家の母親。いっちゃん、ゆきちゃん、こまっきー。
いろんな方に唐突に電話をしたり、メールをしたりで。迷惑をかけてしまっております。
ごめんよ、みんな。

居ても立っても居られない気分は相変わらずなんですが、昨日それをなんとかしようと、人生の岐路にたった時に何度か見て頂いている占い師の方に見て頂いてきました。

以下その時に言われたことです。

アナタの周りが繭のようなもので覆われていて、アナタがしっかり守られているのが見える。
恐らく、家族、お友達、いろんな方がアナタを気にかけてくれている思いがそういう形で見えるんだろう。
アナタの周りはアナタを気遣ってくれる人が沢山居る。
それは、アナタがみんなに優しいから。アナタの人徳で得られた人間関係なんだから卑下する必要は何もない。
着飾らなくても、見栄を張らなくても、今のママのアナタで充分なんだよ。

本質的に努力家ではあるけれど、器用ではなく要領も良くないのに、神経過敏でいろんな事が気に掛かって仕方がない性質なんだそうです。
自分に不満を持ちやすく。「本来の私はこんなじゃない。」と無理して色んな事に手を出して、満足に出来ずに落ち込む。という繰り返しでこのままじゃいつも不満を抱えて、ばーさんになっても「こんなはずじゃ・・・」と言ってる事になるよ。と。
出来ないものは出来ないけど、それもみんな自分で、まんざら捨てたもんじゃない。だって、私の周りにはこんなに素敵な人達で一杯なんだもの。
素敵な人に恵まれるのは私の運であり、人徳なんだと自惚れなさい。

という意味の事を言って頂きました。
占いというよりカウンセリング?って感じでしたが、ちょっとだけ楽になりました。

人生なるようにしかならないものね。
今日一日何も出来なかったとしても、別にどうってことないじゃん。時期が来れば何かする気になるでしょう。
とちょっと開き直っています。

読書できない、クラフトできないに軽いパニックを起こしてましたが、よく考えればそれって本来の鬱の症状なんですよね。たまたま今まで出なかっただけで、薬も突然終わったし、一時的にそうなってもまぁ不思議じゃないと思い込もうと現在努力中。
がんばらないことをがんばろうと思います。
コメント (2)