gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)

ゲーム・アニメ・ライトノベルの感想サイトを目指します。Twitterでもつぶやいてみたり。

コミック版とらドラ!3巻の感想レビュー

2010年01月27日 19時53分47秒 | コミック・雑誌
電撃コミックスの『とらドラ!』(竹宮ゆゆこ先生原作、絶叫先生作画、ヤス先生キャラクターデザイン)の3巻が発売中です。
表紙は大河と亜美の2人ですが、本巻では亜美がメインとなっており、スペース的にも亜美の面積が多めw
原作ラノベは完結済み、アニメ化もされた人気作なので知名度も高いと思います。

手乗りタイガーVSばかちー(バカチワワ)と大きくオビに書かれている通り、出会った当初は特に犬猿ならぬ犬虎な関係だった2人ですが、ストーカーに付きまとわれていた亜美を大河が…という名シーンを忠実にコミカライズ!
ホントの自分を周囲の人間に見せられず、苦悩する亜美と、演技を続けようとする亜美を諭し、飾らない素の言葉でその身を案じる竜児の関係も一気に急接近?と、その後の展開を知っていてもキュンキュンすること必至な、ラブコメ成分たっぷりな内容が辛抱タマリマセンw

当時は北村くん好き好きー!という反応が強めだった大河が、亜美の言葉に一喜一憂する様子も恋する女の子らしくてらぶりぃです。
そのまま泣いただけでは終わらないのが大河の大河たる所以なわけですがw

しかし、そんな大河のシーンが霞んでしまうほどに、今回は超亜美押し展開だと言わざるを得ない件。

クラスで見せるブリッコモードや、素である小悪魔モードの魅力だけなく、事件の後で思わず見せた本心のいじらしさと言ったら、『この巻だけ読んだらメインヒロインは間違いなく亜美だろ!』レベルと言って良いかと。

ストーカーを追い払う為に奮闘しつつも、実はひざが立たなくなるほど怖いと感じていたか弱さを見せたり、いつでも強気な大河に憧れる胸の内を切々と語ったり出来たのは、ホントの自分をきちんと見てくれる竜児が相手だったからこそ…!と、物語的にも重要なシーンが絶叫先生の素敵イラストで再現される様子は必見です。

とりあえず亜美ファンは買っておいて損は無いレベル。
亜美以外のとらドラ!ファンなら、これを買って亜美ファンになれば無問題…というのは冗談として、みのりんのひょう○ん懺悔室や、ダイエット戦士に捧ぐ…!等の名場面もばっちり収録されているので満足度高し!

気になった方は是非、チェックなさってみて下さいませ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« れでぃ×ばと!第4話『れでぃ... | トップ | 1月27日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コミック・雑誌」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事