gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)

ゲーム・アニメ・ライトノベルの感想サイトを目指します。Twitterでもつぶやいてみたり。

皆様良いお年を~!

2008年12月31日 18時22分18秒 | 日記
今年も残すところ6時間を切りました。 そろそろ年越しそばから紅白へのコンボで、カウントダウン準備完了!な方も多いのではないでしょうか? 風邪などにはお気をつけて、素敵な新年をお迎えになって下さいませ~。 (^-^)ノ~~ . . . 本文を読む
コメント

月刊コミックアライブ2月号の感想レビュー(コミック誌)

2008年12月30日 20時48分36秒 | コミック・雑誌
メディアファクトリーから月刊コミックアライブの2月号が発売中です。 表紙はアニメ化で話題の『まりあほりっく』(遠藤海成先生原作)から鞠也。 見た目は完璧な美少女!…だけど本当は美少年という鞠也の設定と、女の子なのに女の子が大好きという主人公かなこの設定が合わさって、他の女子校系作品とは違った展開が魅力の作品ですね。 先行放映版でチェックされた方も多いと思いますが、原作のデザインを丁寧に再現した . . . 本文を読む
コメント

機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン第13話『メメントモリ攻略戦』の感想レビュー

2008年12月29日 17時42分57秒 | 機動戦士ガンダム00 2ND SEASON
『その名の通り、狙い撃つぜ~!!』 サブタイトル通り、衛星兵器破壊ミッションのラストでした。 ガンダムマイスターの真髄という言葉にかなり期待値が高かった訳ですが、やはり作戦行動の見せ方、魅せ方は上手いな~と思います。 前半のラストを飾るに相応しい盛り上がりですね。 ただ、前2回で度肝を抜かれたト裸ンザムが無かったので、意外とおとなしめの印象だった気も。 (^_^;) 刹那がヒリングを引き付け、 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (98)

とある魔術の禁書目録第13話『一方通行(アクセラレータ)』の感想レビュー

2008年12月28日 14時17分30秒 | とある魔術の禁書目録&超電磁砲
『わかったんだ・・・「実験」を止める方法が・・・!』 美琴ですら手も足も出ない一方通行を相手に、上条さんが思いついた秘策とは? 年内に終わるかと思っていたら、来年に持ち越しですかww 『考えてみれば簡単だったんじゃねぇか。ツリーダイアグラムは当然、アクセラレータが学園都市最強って設定で実験をプログラムしたんだろ?・・・だったら研究者達にこう思い込ませれば良い。「実はアクセラレータって滅茶苦茶弱か . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (47)

鉄のラインバレル第13話『黒の執行者』の感想レビュー

2008年12月28日 01時19分07秒 | 鉄のラインバレル
前回と変わってシリアス編に! でもやっぱりキスは影響しまくりでしたね。 教室の中ではくっつけろムードでしたが、岩場の陰から見ていたなら、理沙子の一方的なものであったことはバレていそうな風にも感じられました。 理沙子の気持ちは分からないでもないのですが、それでもやっぱりちょっと卑怯かなと思ってしまうgurimoeです。 キスをすることで自分の気持ちを伝えたい、浩一に知ってもらいたいと思っている . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (41)

鉄のラインバレル第12話『南海より愛をこめて』の感想レビュー

2008年12月28日 01時18分33秒 | 鉄のラインバレル
JUDAのメンバーが慰安旅行としてやって来た島には、加藤機関も骨休めに来ていた…って、はっちゃけるにも程があるかと。 (^_^;) 思わず心の中でそれはねーよ!と叫んでしまう展開ですが、ここまで堂々とやられてしまうと、『カオス』ではなく『ラインバレルらしさ』になってくる…のかも知れません。 深く考えずに笑うのが良さげかと。 理沙子に武士道(違)が惚れてみせたり、巨大生物が触手で責めたりと、笑い . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

フェイト/ステイナイト8巻の感想レビュー(コミック)

2008年12月27日 17時08分11秒 | コミック・雑誌
角川書店から『フェイト/ステイナイト』(西脇だっと先生による漫画化)の8巻が発売中です。 表紙の凛とアーチャーのコンビが大活躍! 全編アーチャー尽くしという内容なので、彼のファンは必見です。 キャスターの非道を止めるべく、柳洞寺へと向かう凛達。 門番のアサシンこと、佐々木小次郎が告げた言葉とは? ようやく邂逅したキャスターと戦い始めるアーチャー。 しかし、その前に立ちふさがったのは意外な人物 . . . 本文を読む
コメント

おすすめニコニコ動画・天体戦士サンレッド FIGHT.13

2008年12月27日 12時37分59秒 | 動画(ニコニコとかようつべとか)
天体戦士サンレッド FIGHT.13 年内最後の放送だそうです。 (PCでご覧下さいませ。) 今回はOPが神作画wwなので必見です。 あわせて流れるBGMの哀愁も凄かったですね。 お話のメインはかよ子さんとレッドの口喧嘩でしたが、天井さんのアドバイスが的確すぎて吹きました。 女心理解しすぎww ある意味最強キャラかも。 見た目と口調のギャップがシュールです。 単純にカワイイキャラならウサコ . . . 本文を読む
コメント

CLANNAD~AFTER STORY~第12話『突然の出来事』の感想レビュー

2008年12月27日 01時38分58秒 | CLANNAD~AFTER STORY~
順風満帆から奈落の底へ一気に叩き落される展開のお話です。 というか、朋也の父が捕まってしまう展開がより衝撃的になるように計算して、芳野さんの話と朋也の仕事の朗報を前に持って来ているのだと思うのですが、それにガツンとやられてしまったなとww で、そんなふんだりけったりな朋也が、最後にすがったのが渚で、それを全身で支え、結婚の約束まで受け入れる渚の強さが感じられる回・・・と、客観的には感動回だと思 . . . 本文を読む
コメント

月刊コンプエース2月号の感想レビュー(コミック雑誌)

2008年12月27日 00時12分53秒 | コミック・雑誌
角川書店から月刊コンプエース2月号が発売中です。 表紙のセイバー・リリィは、プレステ2版フェイト/アンリミテッドコードの為に武内崇先生がデザインした事で有名ですね。 フェイトのゲームだけでなく、空の境界やメルティブラッドなど、タイプムーン関連のコミックが多数収録されているのでファン必見です。 特に、桐嶋たける先生の『MELTY BLOOD』は、新章開幕ということで、都古のお話がスタート。 タタ . . . 本文を読む
コメント

SH@PPLE4巻の感想レビュー(ライトノベル)

2008年12月26日 03時04分07秒 | ライトノベル・小説
ファンタジア文庫のラノベ、『SH@PPLE-しゃっぷる-』(竹岡葉月先生原作、よう太先生イラスト)の4巻が発売中です。 表紙の鳥子が大活躍!というか、メインヒロインの蜜よりも目立っているかも。 (^_^;) 体操服&ないすばでぃなどなど、ファンサービス的な意味合いでも、主人公雪国絡みの展開でも大活躍です。 演劇合戦の本番に向け、練習に余念がない雪国達ですが、女装の秘密を知る謎の脅迫者、X氏の正 . . . 本文を読む
コメント

とらドラ!第13話『大橋高校文化祭【後編】』の感想レビュー

2008年12月25日 16時17分47秒 | とらドラ!
『大河の・・・ところへ・・・!』 原作ライトノベルを読んでいれば、この展開はあらかじめわかっている訳ですが、それでもやっぱり、「親父許せんなぁ!」と思ってしまう文化祭後編です。 考えてみると、大河の気持ちを一切考えようとせず、自分の都合だけで相手をしようとする父親のもとで暮らさざるを得なかった大河にとって、そんな自分を見てくれようとした北村や、いつも一緒に寄り添って行こうとしてくれる竜児という . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (71)

『うみねこのなく頃にエピソード1』2巻の感想レビュー(コミック)

2008年12月24日 02時34分02秒 | コミック・雑誌
スクウェア・エニックスのコミック、『うみねこのなく頃にEpisode1 Legend of the golden witch』(竜騎士07先生原作・監修、夏海ケイ先生による漫画化)の2巻が発売中です。 絶海の孤島、六軒島で第1の殺人事件が! 6人が死亡する大惨事の裏で、魔女ベアトリーチェの存在が怪しく蠢く!という展開です。 表紙の紗音と譲治のカップルが、冒頭から幸せオーラを出しまくり! 紗音、 . . . 本文を読む
コメント

ひぐらしのなく頃に語咄し編5巻の感想レビュー(コミック)

2008年12月24日 02時00分42秒 | コミック・雑誌
スクウェア・エニックスのコミック、『ひぐらしのなく頃に語咄し編』の5巻が発売中です。 カバーイラストは鈴羅木かりん先生の描く詩音で、ちょっとレアかも。 でも、お話の中では詩音の出番は…(汗) 今回はファンの方々によるオリジナルストーリーを3本収録。 応募された1656作品の中から選ばれた33作品。 そこから更に選ばれた3作品というだけあり、いずれも説得力のあるストーリーになっています。 タイ . . . 本文を読む
コメント

ひぐらしのなく頃に解祭囃し編1巻の感想レビュー(コミック)

2008年12月24日 01時14分27秒 | コミック・雑誌
スクウェア・エニックスのコミック、『ひぐらしのなく頃に解祭囃し編』(鈴羅木かりん先生による漫画化)の1巻が発売中です。 鈴羅木先生は『鬼隠し編』、『罪滅し編』のコミカライズでもお馴染みなので、今シリーズでも安心して楽しませて頂けそうですね。 『祭囃し編』は、ひぐらしシリーズでもラストを飾る、いわば完結編とでも言うべきエピソードなので必見です。 今まで登場したキャラクター達が総出演という感じで、 . . . 本文を読む
コメント

ブンブンカウンター

応援バナー

ライトノベルBESTランキングウェブアンケート