gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)

ゲーム・アニメ・ライトノベルの感想サイトを目指します。Twitterでもつぶやいてみたり。

おすすめニコニコ動画・天体戦士サンレッド FIGHT.22

2009年02月28日 02時43分16秒 | 動画(ニコニコとかようつべとか)
天体戦士サンレッド FIGHT.22 毎週更新されるのが嬉しいですね。 出来ればPCでご覧下さい。 今回は人気のウェザースリーネタと、ヘンゲル将軍ネタがメインです。 正義のヒーローのはずが完全に攻守逆転ww 火攻め水攻めもそうですが、声の演技がテラコワスです。 優しい声でボコリ宣言とか、昔のレッドの荒れっぷりはぱねぇっす(汗)。 丸くなったのはかよ子さんのお陰でしょうかww でもそれを笑っ . . . 本文を読む
コメント

とある科学の超電磁砲3巻の感想レビュー(コミック)

2009年02月28日 02時23分20秒 | コミック・雑誌
電撃コミックスからとある魔術の禁書目録(インデックス)外伝、『とある科学の超電磁砲(レールガン)』(冬川基先生によるマンガ化)の3巻が発売中です。 『幻想御手(レベルアッパー)』編の終盤が描かれる今巻では、事件の首謀者である木山春生の隠された悲しい過去が明らかに。 自分の信念を貫く為、凶行に及ぶことも辞さない覚悟の木山に、美琴や初春達はどの様に立ち向かうのかが見所です。 『幻想猛獣(AIMバ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

とらドラ!第21話『どうしたって』の感想レビュー

2009年02月26日 04時19分43秒 | とらドラ!
崖下に落ちた大河を助けに行こうとしたみのりん。 それを遮って自分が行こうとした竜児の表情に、彼の本心が表れている気がするお話です。 更にはその表情から、竜児の決意と本心を一瞬で読み取ってしまうみのりん…というところまで細かく描写されていて鳥肌でした。 もう2度と大河を1人にしないと誓いながら先に進む竜児。 彼自身はそれを恋愛感情だと認識してはいませんが、そこまで強く相手の事を想う気持ちを表すのに . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (85)

セキレイ8巻の感想レビュー(コミック)

2009年02月25日 23時57分45秒 | コミック・雑誌
ヤングガンガンコミックスのマンガ、『セキレイ』(極楽院櫻子先生原作)の8巻が発売中です。 去年アニメ化もされた作品なので、ご存知の方も多いのではないかと思います。 この巻ではいよいよ鶺鴒計画が第弐段階から第参段階へと移行! 謎をはらんだ過去のエピソードも徐々に明らかになり、新たな局面を迎える前準備といった感じですね。 主人公皆人への愛やヤキモチで高まった感情をキッカケにして新技を修得したりと . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

おすすめ動画・「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」第4話のプチ感想レビュー

2009年02月24日 22時45分04秒 | 動画(ニコニコとかようつべとか)
「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」第4話 ちゅるやさんと同時に新作が配信されるのかと思いきや、今回はハルヒちゃんのみ先に1話進んだみたいですね。 今回はみくるが序盤から登場・・・とみせかけて長門メイン! コスプレはみくるの専売特許だったはずなのにww ななついろドロップスの制服は、いとうのいぢ先生つながりですね。 やっぱりPC版の方でしょうかww ゲームを始めてからレイヤーデビューまで早かったですね . . . 本文を読む
コメント

ロウきゅーぶ!の感想レビュー(ライトノベル)

2009年02月24日 21時55分11秒 | ライトノベル・小説
電撃文庫のラノベ、『ロウきゅーぶ!』(蒼山サグ先生原作、てぃんくる先生イラスト)が発売中です。 第15回電撃小説大賞銀賞受賞作ということで話題ですね。 タイトルのロウきゅーぶ!という言葉自体が独特の響きですが、コレは漢字で書くと『籠球部』。 籠球(ろうきゅう)とはバスケットボールの事です。 つまり、文字通り籠球部=バスケットボール部のお話だという訳ですね。 更には休部ともかけられている、と。 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (4)

CLANNAD~AFTER STORY~第19話『家路』の感想レビュー

2009年02月24日 15時42分49秒 | CLANNAD~AFTER STORY~
早苗さんお疲れさま。 風子おかえり。 父さん今までありがとうなお話でした。 朋也の代わりに汐を育て、前回の旅行を計画してと、完璧な保護者役を全うした早苗さんでしたが、実の娘を失った1人の母親として、辛くないわけが無かった事を見せる演出が光っていました。 アバンだけで1話分作れそうな内容の濃さでしたね。 秋生からホームランを奪う朋也の様子に、父親としての使命感が感じられましたし、渚を下さいのシー . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (5)

機動戦士ガンダムOOセカンドシーズン第20話『アニュー・リターン』の感想レビュー

2009年02月23日 13時18分03秒 | 機動戦士ガンダム00 2ND SEASON
アニュー機が爆発寸前、ライルを巻き込まないようにそっとケルディムを押し出した様子に、彼女の愛を感じずにはいられないお話です。 アニューが死んでしまうこと自体は、オープニングやエンディングからもそれとなく雰囲気が出ていたのでありうるかなと思っていた方も多そうですが、刹那に撃たれるというパターンまでは予想していなかったので驚かされました。 アニューを撃たないとライルが死ぬことがほぼ確定という状況だ . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (80)

ゼロの使い魔16巻<ド・オルニエールの安穏(ティータイム)>の感想レビュー(ライトノベル)

2009年02月22日 23時47分36秒 | ライトノベル・小説
MF文庫Jのラノベ、『ゼロの使い魔16 〈ド・オルニエールの安穏(ティータイム)〉』(ヤマグチノボル先生原作、兎塚エイジ先生イラスト)が発売中です。 ゼロの使い魔シリーズも、早くも16巻。 アニメ版に大分追い付かれた感があるとは言え、ヤマグチノボル先生の執筆スピードの速さは相変わらずスゴいなと思います。 サブタイトルの『ティータイム』という言葉から予想されると思いますが、ガリア王ジョゼフとの戦 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

まぶらほ~じょなんの巻・よん~の感想レビュー(ライトノベル)

2009年02月22日 01時41分37秒 | ライトノベル・小説
富士見ファンタジア文庫のラノベ、『まぶらほ~じょなんの巻・よん~』(築地俊彦先生原作、駒都え~じ先生イラスト)が発売中です。 ドラゴンマガジン誌に連載された3本の短編に、書き下ろし2本を加えた構成です。 表紙に夕菜、千早、そして謎の新キャラ美少女!…と思ったら、とある理由で女性化した和樹でした。 ウィッグを使っているとはいえ、意外と違和感が無いですね。 男主人公が女装する(しかもカワイイ)と . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」第3話 &「にょろーん☆ちゅるやさん」そのさんっの感想レビュー

2009年02月22日 00時06分33秒 | 動画(ニコニコとかようつべとか)
「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」第3話 ほにゃ~にガッチリと心を掴まれた第3話です。 ちょっとこなたっぽい表情のハルヒや、早押しボタンがお気に召した長門、みくると戯れる無限ライオンの様子に癒されます。 でも、1人だけ置いてけぼりなみくるがちょっとかわいそうかもww 「にょろーん☆ちゅるやさん」そのさんっ 準備万端にょろ!がテラカワユスww テンポよく畳み掛けるような見せ方だったので、本来の4コマ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

おすすめニコニコ動画・天体戦士サンレッド FIGHT.21

2009年02月21日 23時33分53秒 | 動画(ニコニコとかようつべとか)
天体戦士サンレッド FIGHT.21 毎週金曜深夜に更新されるのが良いですね。 今回のエピソードではレッドのバトルシーンが見所です・・・って他人のフリとはww 後輩の姿になるのはともかく、技や武器まで真似出来るとは意外でした。 新品スーツに比べて微妙に色落ちしている旧スーツにニヤニヤです。 勘違いとはいえ、レッドに勝つ回数が増えてきているフロシャイムですが、相変わらず主夫っぷりが全開のヴァ . . . 本文を読む
コメント

鉄のラインバレル第20話『運命の男』の感想レビュー

2009年02月21日 03時18分50秒 | 鉄のラインバレル
また来週~!がテラカワユスな美海のメイン回でした。 彼女の喜怒哀楽が1話に全部詰め込まれていて、ファンにはたまらない展開だったと思います。 というか、いつぞやと同じく、美海を気遣う浩一が、いきなり爽やか好青年モードになってしまったので、くじけかけていた美海がときめいてしまうのは仕方ないのですが、そのままキスは直球すぐる! (^3^)-☆chu!! 何も出来なかった自分の弱さに対して、コンプレッ . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (18)

とある魔術の禁書目録第20話『最終信号(ウイルス・コード)』の感想レビュー

2009年02月21日 02時19分26秒 | とある魔術の禁書目録&超電磁砲
ラストオーダーを救う事で、アクセラレータは過去に失ったモノを取り戻せるのか?というお話です。 ラストオーダーの危機を救ったからといって、シスターズに対して行った罪が全てぬぐい去られる訳では無いとは言え、それによって多くの人々が死なずに済んだという結果は、紛れもない事実だと言えるでしょう。 『誰かを救えば、もう一度やり直すことが出来るかも知れない。』という彼の願いは、ほとんど諦めかけていた希望だ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (12)

されど罪人は竜と踊る5巻の感想レビュー(ライトノベル)

2009年02月20日 01時38分45秒 | ライトノベル・小説
ガガガ文庫のラノベ、『されど罪人は竜と踊る5 Hard Days&Nights』(浅井ラボ先生原作、宮城先生イラスト)が発売中です。 旧版(角川スニーカー文庫)の3巻に収録された5本の短編 ・翅の残照 ・道化の預言 ・黒衣の福音 ・禁じられた数字 ・始まりのはばたき に加え、書き下ろし新作短編2本 ・幸運と不運と ・刃の宿業 更に、おまけ小説 ・されど極道は仁義と踊る を追 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

ブンブンカウンター

応援バナー

ライトノベルBESTランキングウェブアンケート