世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

日産の新入社員が早く経験すべきことは「大きな声であいさつ」のワケ

2021-04-04 17:40:27 | 連絡
ICT・デジタル化=オンラインリモートワーク=は意思疎通の機会を増やすための手段か>
★内田社長は対面挨拶の機会を増やすため、生産拠点における対面討論会/月を開始か>
★内田社長は民主主義指数153位独裁政治体制(注1)中国ビジネス主体経営にまい進か>
(注1)

::::::::
2021/04/04 05:00 
1日にオンライン形式で入社式を開いた日産自動車。内田誠
内田 誠(うちだ まこと、1966年7月-[1]55歳)は、日本の実業家。日産自動車株式会社取締役兼代表執行役社長兼最高経営責任者。
父親が航空会社に勤めていたため、小学1-5年までをエジプトのカイロで過ごす。その後、中学2年から高校2年までをマレーシアで過ごし、帰国後は帰国子女を受け入れていた同志社国際高校に進学する[2]。1991年3月、同志社大学神学部 を卒業[1]。
  • 2018年4月-日産自動車株式会社専務執行役員、東風汽車有限公司 総裁
  • 2019年4月-日産自動車株式会社専務執行役員、中国マネジメント コミッティ(MC CHINA)担当、東風汽車有限公司 総裁
  • 2019年5月-日産自動車株式会社専務執行役員、中国マネジメント コミッティ(MC CHINA)議長、東風汽車有限公司 総裁
  • 2019年12月-日産自動車株式会社代表執行役社長兼最高経営責任者[1]
  • 2020年2月-日産自動車株式会社取締役兼代表執行役社長兼最高経営責任者
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%85%E7%94%B0%E8%AA%A0_(%E5%AE%9F%E6%A5%AD%E5%AE%B6)
社長が参加した横浜市西区の本社と、生産拠点の会議室や新入社員の自宅などをオンラインでつなぎ、462人が参加した。
内田社長は現在取り組む事業構造改革について「本年度はその成否を占う重要な試金石となる。情熱を持ち、革新に挑戦し続けるDNAを忘れずに立ち向かえば、素晴らしい未来が待っている」と述べて、共に未来をつくっていきたいと呼びかけた。
新入社員が内田社長に直接質問する機会を初めて設定。早期に経験すべきことを問われた内田社長は、デジタル化が進み意思疎通の機会が減っており「まずは大きな声であいさつできるようになってほしい」と応じた。

コメント

JR東日本の「コロナダメージ」がハンパない理由出張需要が戻らない前提の態勢転換が不可欠だ

2021-04-04 17:26:04 | 連絡
★ 配信事業者は、広告主=早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問が主役の主張・著書・セミナーの要約を掲載し、広告収益拡大か>
★「心に愛が無ければどんな美しい言葉も相手の心に響かない=巧言令色鮮し仁」「暗いと不平を言うよりも、進んで灯りをつけましょう」現場・現物・現実取材報道待望か
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%83%E3%81%AE%E3%81%A8%E3%82%82%E3%81%97%E3%81%B3
:::::::::::::::::
2021/04/04 08:00 著者:野口 悠紀雄 
野口 悠紀雄(のぐち ゆきお、1940年12月20日 - 80歳)は、日本の元大蔵官僚、経済学者[3]。専攻は、日本経済論、ファイナンス理論[3]。一橋大学教授、東京大学教授、青山学院大学大学院教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学教授を経て、早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問、一橋大学名誉教授[3]。
行政法学者の野口貴公美一橋大学教授は実子[4]。
:::::::::::::::::::::
昨今の経済現象を鮮やかに切り、矛盾を指摘し、人々が信じて疑わない「通説」を粉砕する──。野口悠紀雄氏による連載第40回。 
■JR各社が赤字に転落
■「出張からリモートへ」の移行は、コロナ後も残る
■収入とコストの構造変革が必要
■事業体制の抜本的見直しが必要
以上で指摘した問題は、JR東日本に限ったものではない。程度の差はあれ、JR各社に共通する問題だ。
また私鉄についても、同様のことが言える。
輸送人キロで見て、鉄道は国内旅客輸送の4分の3を占める重要な産業だ。それがこのような大きな危機に直面している。
間引き運転や終電繰り上げなどの措置では、とても対応できない危機だ。
事業の基幹にかかわる大規模なリストラが必要とされるだろう。リニア中央新幹線のような大規模な投資計画は、基本から見直す必要が生じるかもしれない。
1970年代から80年代前半にかけて、旧国鉄は、巨額の赤字に悩まされ続けた。分割・民営化と並行して、巨額の赤字をJRから切り離すという大手術が行われた。
 これから、再び大きな試練の時代がくる。
コメント

必ず結果を残すリーダーが「部下のモチベーションは上げなくていい」と断言する理由

2021-04-04 17:03:02 | 連絡
★キャスターの定款を追加説明か>
★ 配信事業者は、広告主「キャスター」が主役の主張・著書・セミナーの要約を掲載し、広告収益拡大か>
:::::::::
2021/04/04 11:15 
----------
石倉 秀明(いしくら・ひであき)
キャスター取締役COO
1982年生まれ。群馬県出身。
株式会社リクルートHRマーケティング、
株式会社リブセンス事業責任者、
株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)EC事業本部営業責任者、新規事業・採用責任者を経て、現職。
キャスターは、700人以上のメンバーがほぼ全員リモートワークで働く、日本では断トツNO.1、世界的にもほぼ最大級の会社。2019年7月より「bosyu」の新規事業責任者も兼任し、個人が誰でも自分の「しごと」を作り出し、自由に働ける社会を作ることにも挑戦している。
著書には『コミュ力なんていらない──人間関係がラクになる空気を読まない仕事術』(マガジンハウス)、『会社には行かない──6年やってわかった普通の人こそ評価されるリモートワークという働き方』(CCCメディアハウス)、『これからのマネジャーは邪魔をしない。──多様な働き方時代のマネジメント・シフト』(フォレスト出版)がある。
----------
PRESIDENT Online 掲載
 創業以来ほぼ全員リモートワークという会社「キャスター」を経営する石倉秀明氏の下には、コロナ禍で企業・マネジャーから続々相談が寄せられるようになったという。葛藤する企業の姿から見えてきたのが、そもそも「多様な働き方をする人たち」のチームでパフォーマンスを上げることができない日本企業の現実だった。具体的に何が問題なのか、「マネジメント・シフト」をどう進めるべきなのか。近著『これからのマネジャーは邪魔をしない。』から特別公開する。(第2回/全2回) 
*本稿は、石倉秀明『これからのマネジャーは邪魔をしない。』(フォレスト出版)の一部を再編集したものです。
 
■「モチベーションが高い=成果が出やすい」は幻想
■モチベーションに関する2つの勘違い
■成果がなければ、モチベーションは上がらない
■結果が出るからモチベーションが高まる
■マネジャーは成果の出し方を教え、サポートする
■「成果」をマネジメントする
■結果を出させてやるのが「いいマネジャー」
■勝てるポイントや構造がわかれば、成果は出せる
■成果を出すためのポイントがわかっているか?
■「誰でも変えられる部分」を改善する
■できなかったことが、できるようになるのが「育成」
■スタートからゴールの間に「結果点」という中間点を作る
コメント

派遣で働く際、希望する時給は?

2021-04-04 16:49:25 | 連絡
★ 年齢層別、政令指定別の世論調査を追加か>
:::::::::::::::::::::::::::::
2021/04/04 08:58
インターネットを使った調査で、エン派遣を利用しているユーザー5000人が回答した。調査期間は1月5日から2月28日まで。
派遣で働く際、どのくらいの時給を希望する人が多いのだろうか。派遣情報サイトを利用している人に聞いたところ、
希望時給額は「1000円〜1200円未満」(31%)が最も多く、次いで「1200円〜1400円未満」(24%)、「1400円〜1600円未満」(20%)であることがエン・ジャパン(東京都新宿区)の調査で分かった。 
職種別に見ると、ほとんどの職種で同様の傾向がうかがえたが、
IT・エンジニア系職種では「2000円以上」(27%)を希望する人が最も多く、「需要の高いスキルを持つ人がそれに見合った報酬を求める傾向が浮き彫りとなった」(エン・ジャパン)
コメント

介護予防 元気アップ歌声エクササイズ 郷ひろみ65歳の「花とみつばち」

2021-04-04 16:34:07 | 連絡
〇太平洋弧状列島日本人の死因 著名人 介護予防エクササイズ

〇介護予防 元気アップ歌声エクササイズ
郷ひろみの「花とみつばち」

 
郷 ひろみ(ごう ひろみ、1955年10月18日[1] - 65歳)は、日本の男性歌手、俳優、タレント。新御三家の1人。本名は原武 裕美(はらたけ ひろみ)[1]。血液型はA型[1]、身長178cm、体重62kg。
福岡県出身[1]。バーニングプロダクション所属。日本の男性ソロアーティストとして歴代4位の1300万枚のセールスを記録している。2021年現在既婚。
コメント