世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

介護予防 元気アップ歌声エクササイズ シャネルズ65歳×4の「ランナウェイ」

2021-04-07 18:08:58 | 連絡
〇太平洋弧状列島日本人の死因 著名人 介護予防エクササイズ

〇介護予防 元気アップ歌声エクササイズ
シャネルズの「ランナウェイ」
 ラッツ&スター(RATS & STAR)=65歳×4は、日本のコーラス・グループ[2]である。かつてはシャネルズ(CHANELS、後にSHANELSに変更)のグループ名で活動していた。4人のボーカルが顔を黒く塗り、ドゥーワップを歌っていた。1987年から活動を休止しているが、正式な解散はしていない。 
鈴木雅之(すずき まさゆき、1956年9月22日 - 65歳) : リードボーカル担当。
  • 当バンドのリーダーでもある。1986年以降はソロ歌手として活動中。
  • 田代まさし(たしろ まさし、1956年8月31日 - 65歳) : テナーボーカル担当(シャネルズ時代はバリトンボーカルを担当)
    • 本名は田代政。グループ時代は「田代マサシ」の名で活動することが多かった(田代まさし名義はソロでタレント活動を行うようになってから)。
    • 佐藤善雄(さとう よしお、1956年9月12日 - ) : バスボーカル担当
    • グループの活動休止後はプロデューサーに転身しゴスペラーズを世に送り出したことでも知られる。2016年現在はインディーズレーベル「ファイルレコード」の社長。2006年4月、ゴスペラッツとして活動。
      • 久保木博之(くぼき ひろゆき、1956年9月10日 - ) : トップテナーボーカル担当
    • 顔を黒く塗っていたのは上記の4人である

コメント

介護予防 元気アップ歌声エクササイズ ジュディ・オング71歳の「魅せられて」

2021-04-07 17:41:54 | 連絡
〇太平洋弧状列島日本人の死因 著名人 介護予防エクササイズ

〇介護予防 元気アップ歌声エクササイズ
ジュディ・オングの「魅せられて」

 ジュディ・オング (本名・帰化名:翁ジュディ{帰化当時は翁玉恵「おきな たまえ」}、旧名・台湾名:翁倩玉(Ong chhiàⁿ-ge̍k)、英語名:Judy Ongg、1950年1月24日 -71歳 )は、台湾出身の歌手、女優、版画家[1]。上智大学国際学部卒。出生地は台北市、貫籍(本籍地)は台南県柳営郷。語学が得意で、母語である台湾語のほか、日本語、英語、中国語、スペイン語、広東語の6言語を話すことができる[2]。血液型はA型。
1966年、台湾の中央電影公司(中影)総経理・龔弘と知り合い中影と契約、1968年に台湾デビュー作「小翠」に出演、台湾および東南アジアの中国語圏(中華圏)に活動の場を広め、1972年には台湾映画「真假千金(邦題:ニセのお嬢さん)」にて第9回「金馬奨(ゴールデン・ホース賞)」最優秀主演女優賞を、翌1973年には同じく台湾映画「愛的天地(愛の大地)」で第19回アジア映画祭特別演技賞をそれぞれ受賞している。またその間台湾および東南アジアの中国語圏でもレコードをリリースしており、「海鴎(内山田洋とクール・ファイブが「海鳴り」として日本語版をリリース)」、「珊瑚戀(コロムビア時代のアルバム曲「海辺のメルヘン」中国語版)」、「温情滿人間(同「悲しい訪問者」)」、「口信(CBS・ソニー時代のヒット曲「愛は生命」中国語版)」「祈祷(「竹田の子守唄」のメロディに彼女の父、翁炳榮が中国語の詞をつけたもの)」など中国語の流行歌でも大ヒットを飛ばし、台湾の連続ドラマ『愛的旋風』にも主演。このころより、野球の王貞治・囲碁の林海峰とともに台湾華人三宝の一人と称される。ジュディの台湾での映画出演は1978年の『新西廂記』まで続き、その後80年代は日本をメインに芸能活動を展開していく。なお、彼女が台湾で主演した三作品『真假千金』『愛的天地』『無價之寶(邦題:ジュディのラッキージャケット)』は、2003年の「第16回 東京国際映画祭」にて日本で上演された。
1980年には台湾の国民栄誉賞・海光奬彰を受賞(王貞治に続き2人目)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%82%B0

 
コメント

介護予防 元気アップ歌声エクササイズ 山口百恵62歳の「美・サイレント」

2021-04-07 17:33:15 | 連絡
〇太平洋弧状列島日本人の死因 著名人 介護予防エクササイズ

〇介護予防 元気アップ歌声エクササイズ
山口百恵の「美・サイレント」

 
コメント

介護予防 元気アップ歌声エクササイズ 西城秀樹63歳没急性心不全の「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」

2021-04-07 16:52:27 | 連絡
〇太平洋弧状列島日本人の死因 著名人 介護予防エクササイズ

〇介護予防 元気アップ歌声エクササイズ
西城秀樹の「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」

 西城 秀樹(さいじょう ひでき、1955年〈昭和30年〉4月13日 - 2018年〈平成30年〉5月16日[1] 63歳没急性心不全)は、日本の男性歌手、俳優。新御三家の1人。 本名は木本 龍雄(きもと たつお)。広島県広島市出身[2][3][4]。アースコーポレーション所属。身長181cm。血液型はAB型。既婚。
2001年秋に脳梗塞を発症(この時は「二次性多血症」と発表)[84]。
2003年6月21日につんく♂がプロデュースした85枚目のシングル「粗大ゴミじゃねぇ」を発表した直後、公演先の韓国で2度目の脳梗塞を発症する。軽度の言語障害の後遺症は残ったが、闘病の末復帰し、2006年9月27日、3年ぶりに「めぐり逢い/Same old story - 男の生き様 -」が両A面で発売された。
が8年後の2011年12月20日に、脳梗塞の再発との診断を受け、2週間程度入院する。右半身麻痺と微細な言語障害の後遺症が残ったが、その後は快方へ向けてリハビリに励み、徐々に歩行の状態などが改善していた[85][86]。
2015年4月13日、満60歳の誕生日を迎える。翌2016年2月には、「新御三家」が3人揃っての還暦祝いを機に、「還暦鼎談」を開催した[87]。
文藝春秋・2016年12月号において、「3度目の人生」を題目に「2度の脳梗塞には感謝している」等とのメッセージを寄せている[88]。
2018年4月14日、栃木県足利市で開催された『同窓会コンサート2018 in足利』に出演。前日に63歳の誕生日を迎えた事から、ステージ上で出演者からケーキで祝福された[89]。しかし、結果的にこのコンサートが西城にとって最後の歌唱となった。それから5日後の4月19日、東京都練馬区の練馬文化センターで『第23回 紅白歌合戦』(日本歌手協会主催)の開催時、最後方の席で西城が座っている所に総合司会の歌手協会理事・合田道人から紹介された際、西城は自ら立ち上がって観客にアピールをしたが、これが最後の公の姿となった[90]。
この日から僅か6日後の2018年4月25日、自宅の家族団欒の席で突然倒れて救急搬送で緊急入院。意識不明の状態が続く中懸命の治療が行われたが[91]、同年5月16日23時53分、急性心不全のために神奈川県横浜市内の病院で亡くなった[91][92][93]。63歳だった。法名は「修音院釋秀樹しゅうおんいんしゃくひでき」[94]。翌17日には、民放各局がニュース速報テロップを流し西城の訃報を伝えた。
西城の訃報を受け、「新御三家」としてライバルでもあり戦友でもあった郷ひろみと野口五郎を始め[95]、数多くの著名人が追悼コメントを発した。
死去から9日後の5月25日に青山葬儀所で通夜が営まれ、新御三家の二人を始めとする歌手仲間・芸能関係者・多数のファン達が参列[96]。翌日の告別式では野口と郷が終始涙ぐみながら弔辞を読み[97]、出棺の際には代表曲「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」「ブルースカイブルー」等が流され、約1万人のファンから「ヒデキ!」コールを浴びながら斎場を後にした[98]。その後、遺体は品川区の桐ヶ谷斎場にて荼毘に付された。



 
コメント

佐々木俊尚「風評被害が心配」と言いながら自ら風評被害を煽るメディア~福島原発処理水報道の問題点

2021-04-07 12:04:56 | 連絡
【トカゲが自分の尻尾を食べているような=羊頭狗肉=報道の仕方が、大きな問題だと以前から思っています。】
★現在も続く「狼少年」問題か>
【国=国家元首、内閣総理大臣、農水大臣、全国漁業協同組合連合会=がやることだから安心だろうということでみな受け入れてきた。民間会社=電力発電送電配電会社や電力発電会社を信用して受け入れる人などいない
★義務教育レベルの5w1H説明理解を無視し、三権分立・普通選挙・議会制・自由民主主義・人権尊重・議員内閣制総理大臣や農水大臣・・・に従うことか>
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
By - NEWS ONLINE 編集部 公開:2021-04-07 更新:2021-04-07
ニュース飯田浩司のOK! Cozy up!飯田浩司佐々木俊尚福島原発
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(4月7日放送)にジャーナリストの佐々木俊尚が出演。菅総理が全国漁業協同組合連合会の岸宏会長
<
【インタビュー】漁業再興へ 浜を守る協同組合運動  岸宏・JF全漁連代表理事会長
――福島原発からの汚染水漏れが大きな問題になっています。国にはどんな対応を求めますか。
 原発は国策ですから、われわれもやむを得ない苦渋の選択として、それぞれの漁村が原発を受け入れてきた経緯があります。私自身もそうです。単協の組合長として地元の原発建設にイエスといった一人です。
 ただ、それはやはり国家というものがあったから。つまり、国がやることだから安心だろうということでみな受け入れてきたのであって、一民間会社を信用して受け入れる人などいないと思います。
 そのなかで今回の事故については、われわれはもともと国がしっかり前に出て対応すべきだと要請してきました。今回の汚染水問題も政府が前面に出るという話になってきたわけですが、私は当然だと思います。
 そこでまず第一は汚染水をきちんと処理する仕組みを一日も早くつくっていただきたい。
 それから廃炉するにしても何十年もかかる話で、かといって漁業は営々と継続していくわけですから、一日も早く漁業者が安心して出漁できる状況をつくっていただきたい。さらに風評被害や諸外国の輸入禁止などの問題もありますから、国としてきちんと数値を示し、国の内外で情報発信しながら風評被害が出ないよう努力を継続してもらいたいと考えています。
 国が前面に出て対応することは、われわれも要請してきたことですから評価しています。後は対応の中身です。いかにスピード感を持ってやるか。2014年度に東電は汚染水を全部処理するといいますが、本当にできるのか、注視していきたいと思います。 
【略歴】
きし・ひろし
昭和19年島根県生まれ。関西大学経済学部卒。平成元年島根県漁連常務理事、5年御津漁協代表理事組合長などを経て、18年漁業協同組合JFしまね代表理事会長、22年全国漁業協同組合連合会理事、25年6月同代表理事会長。

>
と会談するというニュースについて解説した。
菅総理が原発処理水問題で全漁連会長と会談へ
 
菅総理大臣は4月6日、全国漁業協同組合連合会の岸宏会長と7日に会談する方向で調整していることを明らかにした。東京電力福島第1原発から出る放射性物質トリチウムを含む処理水の処分方針について、意見交換する見通しだ。
飯田)この処理水をめぐって、政府は、人体に影響が出ないレベルまで薄めて海に放出する方向で検討しているということですが、漁業者の方は、風評被害を心配されているということです。
メディアの風評被害の報じ方が大きな問題
佐々木)メディアが報じるときに、「風評被害が心配」と言うけれど、「誰がその風評被害を流すのか」ということです。トカゲが自分の尻尾を食べているような=羊頭狗肉=報道の仕方が、大きな問題だと以前から思っています。 
除染から甲状腺ガンの検診まで、当時は「過剰」にやらざるを得なかった
佐々木)民主党政権時代に原発事故収束担当大臣だった細野豪志さんが『東電福島原発事故 自己調査報告』というタイトルの本を刊行されて、話題になっています。
 
 
 

その本のなかで指摘されているのは、あのときは緊急事態だったので、いろいろなものを過剰にやってしまったということです。

例えば「除染目標年間1ミリシーベルト」について、「そんなに必要ないだろう」と言われたのだけれど、そのくらいやらないとみんなが合意してくれず、除染を進めることができなかった。甲状腺ガンの検診についても、やらなくてもよかったのだけれど、やらないと納得してもらえなかったと書かれています。 
原発処理水問題~ゴールをつくれなかったのが最大の問題
佐々木)この原発処理水の問題も同じです。あそこで放出するという判断はできなかったから貯めるしかなかったのだけれど、除染目標にしてもタンクにしても、甲状腺ガンにしても、「いつまでその過剰な緊急事態的な対応を続けるのか」ということです。「ゴールをつくれなかったのが最大の問題だった」と思います。10年経ってもまだやっているのかという話です。どこかでやめなければいけないのだけれど、やめるとなるとまたそこで風評被害が起きてしまうということで、がんじがらめになっていて、動かなくなってしまっている。
トリチウム水は健康には問題ない

佐々木)処理水の問題ですが、世界中でトリチウム水は流されています。トリチウムは取り除かなくても自然な水と同じものですから、健康には問題ありません。ALPSで処理をしたタンクに貯まっている水は、まだ若干他の核種も混ざっているのだけれど、これは2次処理と言って、もう1回ALPSを通せば問題ないのです。あらゆるところで検証され尽くしていて、科学的には何ら問題はない。いまさら議論する話でもないわけです。
なぜ風評被害が起きるのか~メディアが自分たちの問題を解決しなければ進まない
佐々木)未だに「危険だ」と言っている人もいるのですが、そんな声は、いまさら聞く必要はないと思います。「なぜ風評被害が起きると全漁連や地元の漁業者が考えているのか」というところを、もっと掘り起こさなければならないのです。なぜ起きるのかと言うと、「流した」と大騒ぎするからです。そうすると、みんな不安になるから魚を買わなくなるという話になります。その「流した」と大騒ぎするのはメディアなわけです。だから結局、メディアが自分たちの問題を解決しない限り、この問題は前に進まないのです。でも、報じる側は自分たちの問題を一切書かない。このがんじがらめな状況からどう脱却するのかという話ではないかと思います。
飯田)地元の小名浜の漁協の方や福島で漁業や農業をやっていらっしゃる方=地産地消事業者=は、この放射性物質の特性、どういう形で人体に影響を及ぼすことになるのかということにはとても詳しい。わかっているのですよね。
佐々木)東京にいる人間やメディア=自称高偏差値集団=などより、皆さんずっと詳しいですよ。




コメント