世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

弧状列島,潮位,タレントの安田美沙子(37)2月23日ー2月23日大潮、2月24日新月大潮ーに第2子を出産

2020-03-31 20:52:21 | 連絡
新型コロナウイルスの影響で気分が沈みがちな昨今。そんな中、今月も芸能界から出産・誕生のおめでたいニュースが続々到着した。
タレントの安田美沙子(37)は10日、2月23日に第2子を出産していたことをインスタグラムで報告した。(注1)「このような時期に、私事で大変恐縮ですが」と切り出し、「思いがけず大変なお産になりましたが、無事に産まれてくれたことに感謝の気持ちでいっぱいです」と思いを吐露。「予定より早産だったため赤ちゃんはまだ病院にいますが、元気に順調に毎日すくすく育ってくれています。愛おしくて胸がいっぱいです」と記し「赤ちゃん、そしてお兄ちゃんの成長を家族で、大切に見守って行きたいと思います」と決意を新たにした。
(注1)2020年2月の月の朔望 2月23日大潮、2月24日新月大潮
(注2)弧状列島、満月大潮、新月大潮の前後はお産の数も明らかに多い、潮位実況監視と衛星通信
https://blog.goo.ne.jp/globalstandard_ieee/e/25a3c3c5e2d62332e320f5e5e79a9990

コメント

介護予防、死因7位誤嚥性肺炎, 喉トレ、死因10位血管性認知症, 脳トレ スピッツの「スカーレット」

2020-03-31 20:31:02 | 連絡
スピッツの「スカーレット」動画視聴ページです。

 

コメント (1)

介護予防、死因7位誤嚥性肺炎, 喉トレ、死因10位血管性認知症, 脳トレ 森山良子の「この広い野原いっぱい」

2020-03-31 20:21:06 | 連絡
森山良子の「この広い野原いっぱい」歌詞ページです。作詞:小薗江圭子,作曲:森山良子。

 

コメント

弧状列島,品証,新型コロナ通夜や葬儀への参列で集団感染松山 クラスター(感染集団)の2割強力感染拡大者の抽出隔離か

2020-03-31 20:07:37 | 連絡
<クラスター(感染集団)の2割強力感染拡大者の抽出隔離報道について
<報道機関にはうそをつかない正直者のお手伝いさん5W3H8人居るんだよ
その者達の名前は1.「なに? (What) 」さん、2.「なぜ? (Why) 」さん、3.「いつ? (When) 」さん、4.「どこ? (Where) 」さん、5.「どんなふうに? (How) 」さん、それから「だれ? (Who) 」さんと言うんだよ。更に、6.誰に(Whom)7.どのくらいの数で(How many)8.いくらで(How much)
「報道機関は現場現物現実の取材予算要員体制を強化加速して“正直者のお手伝いさん5W1H”6人探し連れてきください」
https://ja.wikipedia.org/wiki/5W1H
::::::
愛媛県は31日、松山市内の50〜80代の男女計5人に新型コロナウイルスへの感染が確認されたと発表した。うち4人は、市内であった同じ通夜や葬儀に参列していたといい、県は県内初の集団感染事例としている。
 県によると、4人はいずれも同市在住で、自営業の50代男性▽自営業の60代男性▽無職の80代男性▽無職の80代女性――。発熱やせきの症状がある感染者もおり、全員が感染症指定医療機関に入院した。
 県は30日、栃木県から「県内で感染確認した東京都在住者が、松山市内の通夜・葬儀に参列していた」との連絡を受け、愛媛県内在住の参列者13人のうち7人を検査。4人の陽性が判明した。3人は陰性だった。
 他に、3月12日に東京へ日帰り出張した同市の自営業の70代男性も30日に感染が確認された。発熱はないが、肺炎所見があるという。
 県内の感染確認は9人となった。【木島諒子】(注1)
(注1)武漢離陸肺炎ウイルス=対策 緊急対談60分=尾身茂氏×山中伸弥氏=相乗効果 強力感染拡大者の抽出検査
https://blog.goo.ne.jp/globalstandard_ieee/e/cbfe62b9f8682213f72d85e75973caa2



コメント

死因1位ガン,山本寛斎さん、急性骨髄性白血病を発表「『スーパー元気な山本寛斎』になって必ず戻ってきます!

2020-03-31 19:58:56 | 連絡
デザイナーの山本寛斎さん(76)が31日、自身のインスタグラムを更新し、急性骨髄性白血病で闘病中であることを発表した。(注1)
 山本氏は「先月、急性骨髄性白血病との診断を受け、現在治療中です」と報告。「診断を受けた当初はとても驚きましたが、まずは入院生活を明るく楽しく過ごそうと思い、とびきりカラフルなパジャマを用意することから始めました」と前向きな姿勢を示した。
「男性平均寿命80歳=健康寿命72歳+8年、女性平均寿命86歳=健康寿命74歳+12年」厚生労働省は2018/3/9、介護を受けたり寝たきりになったりせず日常生活を送れる期間を示す「健康寿命」が、2016年は男性72.14歳、女性74.79歳だったと公表した。前回(13年時点)と比べ男性が0.95歳、女性は0.58歳延びた。
平均寿命と健康寿命の差は、介護などが必要となる期間。この差を縮めることが社会保障費の抑制につながる。16年の平均寿命と健康寿命の差は男性8.84年、女性12.35年。13年と比べると男性0.18年、女性0.05年改善した。研究班の代表を務める辻一郎・東北大教授(公衆衛生学)は「要介護の大きな原因となる脳血管疾患の患者が、生活習慣の改善で減っている」と指摘。
「高齢者の社会参加の場が広がっていることも健康寿命の延びにつながっている」みている。https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27899950Z00C18A3CR0000/
コメント