世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

ロシアは古いT-72戦車を改装を進めるも光学機器不足か2023.01.31David Axe

2023-01-31 17:11:47 | 連絡
:::::
David Axe
 I'm a journalist, author and filmmaker based in Columbia, South Carolina. 

:::::
新しい戦車を手に入れているのはウクライナ軍だけではない。
まあ、「新しいものに近い」という意味だが。
同盟国がウクライナ軍を支援しようと最高の北大西洋条約機構(NATO)スタイルの戦車の提供を続々と約束する中、ロシアは数百両にのぼるかもしれない古い戦車T-72をアップグレードして戦場に戻している。
その結果、少なくとも1つのT-72の新モデル、T-72B3 Obr.2022が誕生した。1980年代に製造されたT-72Bに昼夜対応のデジタル照準装置Sosna-U、新しい反応装甲、後方確認用ビデオカメラ、125ミリ主砲の新しい砲身などを搭載し、改良が施されている。
 だが、過度な期待はしないほうがいい。
それらの改良はT-72の性能を大幅に向上させるものではない。
T-72の基本的な問題点である危険な弾薬保管構造を改善していない。
T-72は主砲の弾薬を回転式砲塔の下に収納している。
被弾すると弾薬が爆発し、その結果、戦車は破壊されて3人の搭乗員は死亡し、往々にして砲塔は上空へと吹き飛ばされる。
ロシアの戦車の搭乗員にとって同様に不幸なのは、同国の戦車メーカーであるウラルヴァゴンザヴォドが部品不足のために照準装置Sosna-Uを搭載していない格下げされた「緊急用」T-72B1 Obr.2022を生産せざるを得なくなったことだ。 
Sosna-Uの代わりに1970年代にNATO軍が自軍の戦車に搭載したものと同等の、時代遅れのアナログ式照準装置1PN96MT-02を搭載している。
この緊急用のT-72B1 Obr.2022は良い戦車ではない。
 ロシア軍の装甲部隊が1980年代に逆戻りするような状態になっていることは何ら驚くことではない。
ロシア軍はほどほどに最新の戦車T-72、T-80、T-90を数千両投入してウクライナとの戦争を拡大したが、ウクライナの大砲、対戦車ミサイル部隊そして戦車によってあっという間に1500両超を失った。 
損失が膨らむにつれ、ロシア政府は倉庫や車両保管場に眠っていた1万両もの古い戦車を引っ張り出してきた。
皮肉なことに、長期保管されていた比較的新型のT-72やT-80の多くは1970年代に製造されたT-62よりも状態が悪かった。 
ロシアでは高度な光学機器や電子機器が保管庫から出されると、あっという間に品質が低下したり盗まれたりする傾向がある。
T-62には高度なサブシステムが搭載されていなかったため、何百両ものT-62が何十年も使われず無傷で残っていた。
ロシアが2022年夏に急きょウクライナとの戦闘に投入したそうしたT-62は長くは持ちこたえられなかった。
ウクライナ軍は少なくとも20両のT-62を破壊し、40両ほどを奪取した。
40両あればT-62大隊を編成できる。 
T-62は明らかに間に合わせのものだった。
T-62とその搭乗員は、ウラルヴァゴンザヴォドが修理してわずかにアップグレードできるかもしれない古いT-72を特定し、ロシア軍の消耗した戦車部隊を復活させるためにウクライナにそうした戦車を送るための時間を稼いだ。
ロシア各地に5000両もの古いT-72が保管されている可能性がある。
そのうちのどれだけが錆びておらず、また適切に修理されているかは不明だ。だが無傷の戦車の不足は大した問題ではないかもしれない。
むしろ、ウラルヴァゴンザヴォドは戦車のシャシが足りなくなる前に光学機器不足に陥りそうだ。
T-72B3 Obr.2022の最も重要な特徴は照準装置Sosna-Uだ。
戦車の砲手が日中でも暗闇でも4マイル(約6.4キロ)先の標的を見つけ出すことができるようにするSosna-Uは、10年ほど前にロシアの産業界が非合法な手段で入手した無認可のフランス製の光学機器を中心に作られたとされている。
ロシアが2014年に初めてウクライナに侵攻して以来強化された外国政府による制裁は、ロシアへの軍事用電子機器の流入を止めはしないものの妨げてきた。ロシア政府はかなりの労力を費やして制裁を受けていない国の仲介業者から入手することで制裁を回避している。
だが精密な製造を得意としないロシア企業が品質を犠牲にすることなく光学機器の製造を真似できるとは考えにくい。
つまり、フランス製の部品がなくなるとSosna-Uの生産はかなり難しくなる可能性がある
すでにそうなっているかもしれない。
ウラルヴァゴンザヴォドが改良されたT-72の多くに射程2マイル(約3.2キロ)という大したことのない古い照準装置1PN96MT-02を使っているのには理由がある。
同社は以前、ウクライナに送り込んで破壊された一部のT-62に1PN96MT-02を搭載していた。
 ロシアの戦車の搭乗員にとって悲劇的なことに、1PN96MT-02も尽きる可能性がある
また、古い照準装置の最新バージョンも供給が制限されるかもしれない外国製の部品を使用している可能性がある。
T-72B3 Obr.2022が照準装置Sosna-Uを搭載した修理された余剰T-72で、T-72B1 Obr.2022は同じ車体に性能の低い照準装置1PN96MT-02を搭載しているとしたら、さらに性能の低い照準装置を備えた次の余剰T-72モデルの名称は何になるのだろうか。
(forbes.com 原文)


2/1(水)二十四節気の大寒13日目、1~7時に天気痛「少し痛い~痛い~かなり痛い」と感じた方の割合は84% 

2023-01-31 17:11:47 | 連絡
◇令和 5年(2023) 暦要項、二十四節気および雑節のサイト
https://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/yoko/2023/rekiyou232.html

〇1月20日(金)大寒~2月4日(土)立春:
寒さがさらに厳しくなり、1年中で最も寒い時季です。
寒稽古など、耐寒のためのいろいろな行事が行われます。
また「寒仕込み」といって、寒気を利用した食べ物(凍り豆腐、寒天、酒、味噌など)を仕込むのに最もよい時期とされています。
http://koyomigyouji.com/24-daikan.htm

◇頭痛ーるのサイト
https://zutool.jp/

〇東京都圏内「1~7時台における天気痛」インターネットアンケート調査で「少し痛い~痛い~かなり痛い」を訴えた方の割合は84%、
他方「普通」と答えた方は16%
〇2/1(水)の東京:午後は雲がやや広がりやすくなりますが、だいたい晴れの天気が続くでしょう。
気圧は昼前から夜にかけて特に気圧が大きく下がります。
体調の変化に十分に気を付けてお過ごしください。

朝の冷え込みは続きますが、昼間は12℃前後で寒さが緩みます。
◇水道管凍結防止のサイト
https://www.nhk.or.jp/shutoken/newsup/20230123a.html
◇ガス給湯器の凍結対策:1.凍結防止機能2.配管の凍結予防3.凍結後の手段:のサイト
https://home.tokyo-gas.co.jp/gas/kiki/frozen.html




(^。^)青い珊瑚礁/松田聖子

2023-01-31 16:37:43 | 連絡
(^。^) 滑舌 歌唱 腹筋トレ 脳トレ洋楽 足裏マッサージ 散歩 縄跳び 黒木瞳 舘ひろし 中村雅俊

(^。^)青い珊瑚礁/松田聖子

 
 

(^。^)ハッとしてGood/田原俊彦

2023-01-31 16:32:29 | 連絡
(^。^) 滑舌 歌唱 腹筋トレ 脳トレ洋楽 足裏マッサージ 散歩 縄跳び 黒木瞳 舘ひろし 中村雅俊

(^。^)ハッとしてGood/田原俊彦

 
 

(^。^)ヤングマン/西城秀樹

2023-01-31 16:28:05 | 連絡
(^。^) 滑舌 歌唱 腹筋トレ 脳トレ洋楽 足裏マッサージ 散歩 縄跳び 黒木瞳 舘ひろし 中村雅俊

(^。^)ヤングマン/西城秀樹