世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

フジHDの認定取り消さず=外資規制違反、把握時に解消で―武田総務相

2021-04-09 17:57:01 | 連絡
【フジHDの外資比率は2012年9月から14年3月まで20%を超えていた。】
★2012年9月から14年3月までの内閣は
2011年9月2日- 2012年12月26日野田内閣 
2012年12月26日- 2014年12月24日第2次安倍内閣 
か>
::::::::
2021/04/09 17:25 
放送法は、外資の議決権比率が20%以上となった場合、認定を取り消さなければならないと規定。フジHDの外資比率は2012年9月から14年3月まで20%を超えていた。
 武田氏は、14年12月に総務省の当時の放送政策課長がフジHDから一時違反状態になっていたとの報告を受けたことを認めた。ただ、報告を受けた時点で違反状態が解消されていたため、フジHDの認定を取り消さない判断をしたという。
方で、武田氏は「外資規制違反の事実があったことは遺憾であり、重く受け止めている」と強調。外資比率を定期的に把握する仕組みを整備するほか、外資規制審査に関わる担当部署を新設する方針だ。
 外資規制違反をめぐって、総務省は放送関連会社「東北新社」子会社の衛星放送の事業認定を取り消すことを決めている。このため9日に開かれた自民党の部会では、議員から東北新社とフジHDへの対応が異なる点に疑問の声が相次いだ。総務省側は「東北新社は認定時に違反しており、本来、認定そのものを受けることができなかった」と説明し、フジHDとの違いを強調した。
コメント

就活生が感じた「学歴フィルター」の不条理「送信した途端落選」「説明会が満席表示」の声も

2021-04-09 17:47:24 | 連絡
★悪人、犯人、病状探し、欠点指摘、閉塞感強調、病名発見すれど治療処方箋無し、問題解決策提言無し、悲観論強調、 うつ病や認知症発症(注1)拡大洗脳工作報道か>
(注1)弧状列島,共助,2020年5月24日 ウィークエンド・ケアタイム 「ひだまりハウス」 ~うつ病・認知症について語ろう~
https://blog.goo.ne.jp/globalstandard_ieee/e/0e9c4674ad12e580b198a4a947e2bc2c
https://www.1242.com/hidamari/hidamari_blog/blog20200524-233358/
★「日本ダメ論」主張はメディアの視聴率・販売部数アップ・儲けを得るための賞味期限が無限のネタとなるか>
★「心に愛が無ければどんな美しい言葉も相手の心に響かない=巧言令色鮮し仁」「暗いと不平を言うよりも、進んで灯りをつけましょう」現場・現物・現実取材報道待望か
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%83%E3%81%AE%E3%81%A8%E3%82%82%E3%81%97%E3%81%B3
:::::::::::::::
2021/04/08 12:00 著者:佃 光博
佃 光博(つくだ みつひろ)Mitsuhiro Tsukuda
HR総研ライター
編集プロダクション ビー・イー・シー代表取締役。HR総研(ProFuture)ライター。早稲田大学文学部卒。新聞社、出版社勤務を経て、1981年文化放送ブレーンに入社。技術系採用メディア「ELAN」創刊、編集長。1984年同社退社。 多くの採用ツール、ホームページ製作を手がけ、とくに理系メディアを得意とする。
:::::
就活に関する学生アンケートを読むと、大人に対する不信感に気付く。例えば、面接官の横柄な態度、無遠慮な質問は嫌われる。そして、明らかな選考差別としてあげられるのが学歴フィルターだ。
すんなりとインターンシップ、会社説明会、面接という選考プロセスに進める学生もいれば、進めない学生もいる。その原因は大学ブランド。学歴によって選別されていることから、「学歴フィルター」という名称が使われている
コメント

岩手の「サヴァ缶」製造、1000万缶を突破…消費者に受け入れられた「オリーブ油漬け」「サヴァ缶」和食品の海外市場拡大加速か

2021-04-09 17:12:09 | 連絡
【岩手県で作られた缶詰「サヴァ缶」の製造数が2013年の発売以来、1000万缶を突破】
★健康寿命延伸に必須の医食同源(注1)(注2)和食品の代表か>
(注1)
塩焼きや缶詰めなど、身近な食材「鯖」 青魚の脂に多く含まれているEPA。鯖には100gあたり690mg含まれています。
EPA同様、青魚に多く含まれるDHA。鯖には100gあたり970mg含まれています。
DHAは、血液の流れをよくするはたらきがあります。脳や神経細胞の発育を活性化させ、記憶や学習能力を向上させる作用も。精神の安定やストレスを緩和する作用も期待されており、積極的に摂りたい栄養素です。
EPAには血液中の血小板が固まるのを抑え、血液の流れをよくする作用があります。また、血中のHDL(善玉)コレステロールを増加させ、LDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪を減らすはたらきも。EPAは体内で合成することができないので、食事から摂取する必要があります。
https://macaro-ni.jp/90692
(注2)健康とオリーブ・オイル[編集]
オレオカンタールは、特にエクストラ・ヴァージン・オイルに含まれている天然成分である。オレオカンタールは、風邪薬の中に入っている抗炎症剤であるイブプロフェンに似た抗炎症作用を示す。オレオカンタールは、炎症作用を有するプロスタグランジンをアラキドン酸から合成するシクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害するのである。このことは、オリーブ・オイルからこの物質を長期間、少量摂取することが、地中海料理が心臓病の発生の予防に貢献しているかもしれないことを示唆しているものである[10][
近年は熊本県(荒尾市)がオリーブ/オリーブ・オイルの生産と特産品化に熱心に取り組んでおり、香川県に次いで、熊本県が全国2位の生産量となっている[9]。
★ 「サヴァ缶」和食品=ライフライン製品=国内供給率160%、国内消費率100%、設計技術ブラックボックスレベル化サヴァ缶」和食品商品海外輸出比率60%、一極依存ゆでガエル化回避(注1)、リスク分散多極メッシュ輸出NW安全構築、海外貿易収支黒字化寄与、国家税収増寄与、国家財政黒字化寄与、保健・医療・介護・福祉予算財源増加、消費税軽減、貧富格差解消、三権分立・普通選挙・議会制・自由民主主義・人権尊重・議員内閣制弧状列島日本の継続的なGDP=消費+投資+政府支出+(輸出ー輸入)=増加、税収増、所得再分配投資・消費、社会福祉予算増の安心・繁栄に寄与か>
(注1.1)焦点:一帯一路・海外遠征・戦狼外交・人民解放軍拡充、国家安全維持法=国内・域外・事後遡上適用・法=施行、「海警法」施行、共産党一党独裁・ネットカメラ住民監視統制・人権や言論弾圧・知的財産侵害・政府、中国依存のドイツが味わう「ゆでガエル」の恐怖
https://jp.reuters.com/article/germany-china-idJPKBN1HO07I

(注1.2)中国が「武器使用」「防衛作戦への参加」を明記の『海警法案』全文発表

(注1.3)国連加盟国に定められる「国際海洋法」無視の中国の「海警法」が2021年2月1日施行か
https://blog.goo.ne.jp/globalstandard_ieee/e/cd15741ac981dcc832c8e16d9783c361
注1.4)「国家情報法」第7条により、中国の国民や組織は、中国政府の情報活動に協力する義務がある。中国製通信機器の使用は、自分自身だけでなく、他者を巻き込んだ情報流出の危険性がある。
・「国家情報法」第8条による中国政府の反論は、<香港では、イギリスとの約束を破り、「一国二制度」を形骸化させ、「国家安全法」により市民の民主主義や自由を奪い去りました。ウイグル人に対する非人道的な扱いに対しては、「中国政府は現代版ナチスである」とまでいわれるほどです。>の事実から意味をなさない。
(注1.5)髙橋洋一チャンネル 第90回 中国進出のリスク 共産主義国に投資するとはどういう事なのか?
https://blog.goo.ne.jp/globalstandard_ieee/e/300d3e4aec65c46c32b5c46964d5a45c
(注1.6)髙橋洋一チャンネル 第94回 実はこの先は苦しい中国経済。中所得国の罠に嵌まっていた!
https://www.youtube.com/watch?v=rC7MxDqBTNQ
(注1.7)髙橋洋一チャンネル 第107回 ウイグル問題を報じない日本のマスコミと北京五輪の危機
https://www.youtube.com/watch?v=QyoLpkrEtYM

::::::::
2021/04/09 12:42 
岩手県で作られた缶詰「サヴァ缶」の製造数が2013年の発売以来、1000万缶を突破した。東日本大震災で被災した漁業者らを支援しようと世に出た缶詰は、今や岩手を代表する商品となった。きょうも家庭の食卓を彩っている。
 サヴァ缶は、被災地の食産業の支援を目的に設立された一般社団法人「東の食の会」(東京都)と、岩手県の特産品を販売する第3セクター「岩手県産」(矢巾町)、食品製造販売会社「岩手缶詰」(釜石市)の3者が開発。「サヴァ」という名前には、魚のサバとフランス語の「元気?」というあいさつを掛けた。
 開発は、漁獲量や単価が安定しているサバを缶詰にして全国に売り込むことを「東の食の会」が提案したのがきっかけだった。欧州で広く食べられている「イワシの油漬け」を参考に、13年春には「サバのオリーブ油漬け」という構想がまとまった。
コメント

消えゆく新幹線回数券「時代終わった」金券店主の嘆き 「タッチアンドゴー」「Suica」の普及で世代交代

2021-04-09 16:57:12 | 連絡
【他の新幹線でも廃止が進む。JR東日本は、「Suica」で新幹線に乗れるサービスを拡充し、今年3月から管内の全新幹線で利用できるようにした。これに伴い、3月末の自由席に続き、6月には指定席回数券の販売が全て終わる。JR九州も3月末に、「九州新幹線2枚きっぷ」の販売をやめた。 】

★短距離無線技術ユースケース「タッチアンドゴー」プロトタイプの実用化例か>
2回目の試験の結果で実用化の可否が決定されると考えていた開発グループは、打ちのめされていた。「7年近くも開発に取り組んでいたにもかかわらず、試験がうまくいかなかったからには研究開発は中止になるかもしれない。」三木は覚悟した。ところが、試験結果の報告を受けた研究開発担当役員からの指示は心強いものであった。「将来の自動改札機は必ず非接触ICカード式になる。今回の問題点を徹底的に改良して、もう一度挑戦しろ!」
  三木たちは不安定さの主原因である電池の不具合に対応するため、カード自体に電池を持たせず改札機側から無線で電源を供給することにした。しかし、これが新たな問題を引き起こした。電池のないカードは前よりもさらに半球型の通信エリアが小さくなるのである。これではICカードと読み取り機の通信時間がこれまで以上にボトルネックになってしまう。三木たちは通信時間を十分にとれる方法を模索した。お客さまの流動をさまたげては自動改札機の意味がない。スムーズに自動改札を通過しながら、ICカードができる限り長い時間通信エリア内にある方法を考える必要があった。
  そもそも、ICカード型の自動改札機はICカードを改札機に「かざす」だけで通過できるということが「売り」の一つであった。それが問題だったのである。「かざす」というあいまいな動作ではどうしても半球型の通信エリアの上部分だけの通信時間しかとれない。そこで、非接触ICカードなのに、読み取り機に「触れて」もらうことにした。こうすることでお客様はパスケースからカードを出し入れすることなく、しかも読み取り機に触れることで十分な通信時間をとることができる。三木たちはこれを「タッチアンドゴー」と名づけた。「触れて」もらうためには、自動改札機の前に立つと自然と読み取り機に手が伸びるようなインタフェースを作らなければならない。マンマシンインタフェースの研究者も加え、さまざまな形の読み取り機を作り、田町駅の自動改札機に実際に組み込んで試験を繰り返した。そして、手前に15度程度傾け、触れる箇所をLEDで明るく表示する方法が最も効果的であることを突き止めた。
  改良を重ねた自動改札機を携えて、開発グループは3回目のフィールド試験に挑んだ。通信異常はこれまでの2回に比べて激減した。電池を持たないカードシステムはトラブルも無く、約7ヶ月にわたって行なわれたフィールド試験は大成功であった。
 https://www.jreast.co.jp/development/story/p5.html

コメント

豊田章男氏が自動車の「顔」に世界的貢献、日本人初

2021-04-09 16:51:13 | 連絡
【日本人が業界の「顔」に選ばれたのは18年の賞創設以来初めて。】
★上り坂の頂点か>
〇野村克也監督(2010年解離性大動脈瘤発症、2020年84歳没虚血性心不全)名言集【人生には三つの坂がある。「上り坂、下り坂、まさか」や】。まさか野球選手になるとは思っていなかった。まさか監督になるなんて考えてもみなかった。人生はまさかの連続だった。南海で本塁打王になって上り坂だったが、まさかの監督解任。ヤクルトの監督で上り坂。ところが阪神の監督では下り坂となり転がり落ちた。もうどこからも声がかからないと思っていたら、楽天からまさかの監督要請がきた。試合をしていても、まさかという場面にぶつかることがある。予想もしないことが起こるから。人生は面白い。
::::::::
2021/04/09 12:29 
【ニューヨーク共同】世界の自動車業界に多大な貢献をした人物に贈られる「2021ワールド・カー・パーソン・オブ・ザ・イヤー」を、トヨタ自動車の豊田章男社長が8日、受賞した。日本人が業界の「顔」に選ばれたのは18年の賞創設以来初めて。
 20年の1年間の取り組みを対象に、国際的に著名なジャーナリスト93人で構成される審査員が投票で選出した。理由について、新型コロナウイルス禍でも黒字決算を維持し、世界中の雇用を守ったことを挙げた。次世代技術の実験都市「ウーブン・シティ」の進展も評価した。
 豊田氏は「36万人のチームトヨタを代表し、心より感謝申し上げる」と述べた。


コメント