世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

弧状列島,世界化,新型コロナウイルス分離、国内初薬、ワクチン開発に活用

2020-01-31 20:28:55 | 連絡
<検査法や抗ウイルス薬自給率120%,国内消費率100%,20%海外輸出比率20%
国家財政黒字化寄与、福祉予算増大、消費税軽減、貧富格差解消>
:::::
国立感染症研究所は31日、新型コロナウイルスに感染した人からウイルスを分離することに成功したと発表した。 同研究所は感染者の、のどの粘膜などから検体を採取。別の細胞に感染させて増やし、ウイルスを分離した。遺伝子の配列を調べると、中国で公表された配列とほぼ同じであることが分かった。検査法や抗ウイルス薬などの開発にも活用する。
 同研究所は国内外の研究機関にウイルスを広く配布し、対策に役立てる方針
コメント

西大陸,リスク,「並外れた措置取った」=WHOトップ、目立つ中国賛辞―新型肺炎

2020-01-31 18:36:50 | 連絡
<世界保健機関(WHO)のトップ、テドロス事務局長は、元職エチオピア国に対する支援国中国の利益還元代表か>
<中国の支援相手国の懐柔策=一帯一路、海外遠征策=短期的成功例か>
::::::
【ベルリン時事】世界保健機関(WHO)のトップ、テドロス事務局長の中国への強い配慮が目立っている。テドロス氏が30日、新型コロナウイルスに関し「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言した記者会見では、大部分の時間を割いて「中国政府は感染拡大阻止に並外れた措置を取った」と中国賛辞を繰り返した。
 会見でテドロス氏は、中国外での感染者は98人と「比較的少ない」と述べた。さらに中国以外では死者はゼロだとも強調した
これに先立ち、テドロス氏は自ら中国入りしている。28日には北京で習近平国家主席と会談。習主席についても29日に「稀有(けう)な指導力がある」と評価していた。
 テドロス氏はエチオピア出身。同国の保健相や外相を歴任し、2017年にWHO事務局長に就任した。先進国からの目線ではなく、エボラ出血熱などに苦しむ途上国の視点から、新たなWHOの役割が開拓されることが期待された。
 歴代のWHO事務局長はもちろん、他の国連機関トップと比べても並外れて中国寄りの姿勢の背景に何があるかは不明。チャーター機を派遣して自国民の帰国を急ぐ国々が相次ぐ中、テドロス氏の主張に各国がどこまで同調できるかは微妙だ。
<変電所改修工事受注企業は日本企業か>
〇中国が旗を振る「エチオピア開発」の光と影 
住んでいる中国人は13万人、日本人は200人
2016/08/15 9:00上野 きより : ジャーナリスト、元国連職員
アフリカの著しい経済発展で生まれている旺盛な需要を背景に、中国企業が次々にアフリカへ進出、アフリカの国家プロジェクトを受注し、投資をしている。また、アフリカでの商機を求めて来る中国人も多い。エチオピアには現在約13万人の中国人がいるといわれている。ちなみにエチオピアに住んでいる日本人は約200人である。
中国が建設した初の電車ライト・レール
この電車はサブサハラ(サハラ以南)・アフリカでは初めての導入で、総工費4億7500万ドル(約500億円)、エチオピア政府肝いりのプロジェクトだった。実はこのプロジェクトは中国輸出入銀行が総工費の85%を融資し、世界各地で鉄道建設を行う中国国営企業の中国中鉄(CREC)が建設、車両も線路もすべて中国製だ。真新しい2−4両編成の電車の運転手室では背広にネクタイ姿の中国人が運転し、すぐ横にエチオピア人が真剣な顔つきで立ち、運転の仕方を学んでいる。
中国がアフリカで担う役割の中で最も大きなものの1つがインフラ整備などの公共事業だ。目覚ましい経済発展を遂げているエチオピアも例外ではなく、中国国営企業は先述のライト・レールだけでなく、鉄道、道路、高速道路、発電所などいくつもの主要なインフラ整備の多くを担っている。中国国営企業は積極的に入札に参加し、公共事業を次々に落札し、工事を行っている。これらの公共事業は多くが中国国営銀行から融資を受けている。
エチオピアの公共事業の中でも、変電所の改修・復旧工事(契約額:2400万ドル)、新変電所建設(同6300万ドル)、砂糖工場の建設(同6億4700万ドル)を行っているのが北京に本社がある国営企業中国CAMCエンジニアリングだ。
新変電所と砂糖工場は中国輸出入銀行が85%融資、残りの15%はエチオピア政府が出資、変電所改修は世界銀行が全額融資している。CAMCはアジア、アフリカ、中南米で変電所、空港、セメント工場の建設など幅広い事業を行っている企業だ。
米ジョンズ・ホプキンス大学の中国―アフリカ・リサーチ・イニシアティブの調査によると、中国からアフリカ諸国の公共事業への融資額は2000年の1億3300万ドルから2014年の136億ドルまでほぼ一貫して増加している。対エチオピア融資も2004年までほぼゼロだったのが、2005年に19億ドル、2013年には65億ドルに増加した。
〇世界銀行の意思決定機関は、総務会である。総務会はすべての加盟国から総務1人と代理1人が参加する。総務と代理には、各国の蔵相や中央銀行総裁が選ばれることが多い。各国は出資比率にもとづき、保有する世界銀行株1株につき1票の投票権を持つ。2010年、もっとも票数が多いのはアメリカ合衆国で、総票数の15.85%を持つ。次いで票数が多いのは日本で6.84%を占め、以下、中国4.42%、
2012年の総裁選においてはアメリカ国籍のジム・ヨン・キムに対し、発展途上国からコロンビアのホセ・アントニオ・オカンポとナイジェリアのンゴジ・オコンジョ・イウェアラが擁立され、異例の選挙戦となった。この選挙はオカンポが発展途上国の候補一本化を目指して途中で撤退を表明し、イウェアラとキムの一騎打ちとなったが、最終的には発言権の強い先進諸国の推すキムが総裁に選出された[15][16]。世界銀行の副総裁には日本人の服部正也(日本人初)、勝茂夫(生え抜きの日本人初)、西水美恵子、西尾昭彦等が選ばれたことがある。 



コメント

弧状列島,リスク,NECもやられた。サイバー攻撃で「狙われる日本」

2020-01-31 16:12:05 | 連絡
<サイバー攻撃被害を公表し、社会的制裁を加えるか。また、啓蒙普及活動加速か>
<陸、海、空、宇宙、サイバー、電磁空間における攻撃に対して、個別的及び集団的自衛権に基づく、国内法の整備加速し、予算要員体制整備加速か>
:::::
2020年1月31日 9時30分 、JBpress、(山田敏弘:国際ジャーナリスト)
山田 敏弘(やまだ としひろ、1974年12月24日生まれ - 46歳)は、日本出身の国際ジャーナリスト、コメンテーター、ノンフィクション作家、翻訳家、コラムニストである。 

:::::
日本へのサイバー攻撃が次々と明らかになっている。
 三菱電機は1月20日、三菱電機がサイバー攻撃を受けていたことを認め、「当社のネットワークが第三者による不正アクセスを受け、個人情報と企業機密が外部に流出した可能性があることを確認している」と発表した。三菱電機からは、近年の新卒採用応募者と経験者採用応募者の個人情報1987人分が漏れ、三菱電機従業員4566人分と関係会社の退職者のものが1569人分の情報が中国系のハッカーらによって盗まれた。
三菱電機に続きNECでも被害が明らかに
 最近出版した拙著『サイバー戦争の今』(ベスト新書)では、そうした日本を襲うサイバー攻撃の実態をリポートしているが、筆者はこうした攻撃は氷山の一角に過ぎないと再三警告してきた。そんな最中、今度はNEC(日本電気)がサイバー攻撃に遭った。NHKによれば、「およそ2万8000件のファイルが流出した可能性がある」という。
NECは「情報流出などの被害は確認されていない」と語っているが、一方で「潜水艦用センサーの情報といった自衛隊装備の資料も含まれていた」とも報じられている。攻撃者は、三菱電機のケース同様、中国系サイバー集団とみていいだろう。
(参照記事)https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200130/k10012266431000.html
(注1)
しかし、国外の諜報機関関係者やサイバーセキュリティ関係者らへの取材で、筆者はサイバー攻撃を受け、情報を盗まれているいくつもの日本の大手企業の名前を何度も耳にしている。その中には、NECの名前もあったし、ほか日本を代表するような大手企業やメディアなどもあった。技術力が高く、優秀な人材がいる日本は、過去何十年も中国や北朝鮮、韓国などからのサイバー攻撃にさらされてきた、というのが現実だ。
レーダー照射事件後は韓国からサイバー攻撃
 日本が狙われたサイバー攻撃は、公表されているものを見ても、2011年に三菱重工業の潜水艦や原子力発電施設、ミサイルなどの研究・製造拠点が標的型攻撃でマルウェアに感染したケースは大きな話題になった。それ以降も、衆参両議院のコンピューターがサイバー攻撃を受けて情報を盗まれたケースもあったし、2014年には、福井県にある高速増殖原型炉もんじゅの中央制御室に設置されたパソコンがサイバー攻撃でマルウェアに感染、ネットワーク上にあるパソコンが不正にアクセスされていたことも判明している。そして実は、このように公表された被害以外にも、数多くのサイバー攻撃の事実がある。筆者が取材で得た情報では、例えば2018年に日本と韓国がレーダー照射事件で揉めたときは、日本の「レーダー技術に関わる企業」が韓国から激しい攻撃を受けている。
また日本企業が世界と伍しているハイテク分野の「とあるシステム」が、丸ごと盗まれているという話も得ている。
こうした現実は、他国でも変わらない。同じようにどの国も、ライバルや敵対する国からサイバー攻撃を受け、政府や軍からは機密情報が盗まれ、民間企業からは知的財産などが奪われている。
 こうした事態に、私たちはどう対処すべきか。2つの提案をしたい。
被害を隠したがる企業
1つは、サイバー攻撃を受けた企業や機関が情報を開示することである。
三菱電機は、朝日新聞がサイバー攻撃による情報漏れを報じる前に、「関係機関に報告していた」と発表している。たしかに、その関係機関である防衛装備庁や経産省、個人情報保護委員会、さらには「日本のサイバーセキュリティの司令塔」と呼ばれることもあるNISC(内閣サイバーセキュリティセンター)にも情報は上がっていたのだろうが、これらの組織は情報を開示することはなかった。
だがそれを一般に公開しなければ、皆がそうした脅威に備えることはできない。例えば中国の武漢で新型コロナウイルスが発生して大問題になっているが、公衆衛生の観点から、世の中にどんな「感染病」が流行っているのかを知らされなければ、大衆は何の対策もできない。さらに政府や当局も、対策のための政策を作ることもできない。情報がすべてなのである。
サイバー分野も同じだ。国内でどんなサイバー攻撃が行われ、どんなコンピューター「ウイルス」が流行しているのかが知らされなければ民間企業なども対策はできない。一部の組織や企業だけで情報を共有するのは不誠実である。
企業も、株価や信用問題などがからんで、サイバー攻撃を受けたことを公表や報告したがらない。
 現在、内閣官房で報告義務を法制化しようとする動きがあると聞いている。これは一刻も早く実現すべきである。その上で、三菱電機のケースのようにただ報告だけして、それが外部に公開されないのでは意味がないので、いつ、誰が、どんなサイバー攻撃を受け、どんな被害を出したのかを明らかにすべきなのだ。被害に遭ったのが防衛産業であっても金融関連企業であっても、インフラ企業であっても関係ない。そうした情報を公開することで、皆で情報を共有し、対策をオープンに議論する。それが攻撃者に対する抑止力にも繋がるはずだ。

サイバー防衛が十分機能しない法制度
 もう1つの提案は、法整備だ。日本では現在、捜査機関であっても、国外からのサイバー攻撃の犯人を突き止めるために必要な、国外のサーバーへのアクセスが禁じられている。不正アクセス禁止法があるからだ。もしも国民の生命・財産を危機に陥れるインフラを破壊するようなサイバー攻撃が起きた場合、日本は個別的自衛権で反撃することもできなくはないはずだ。だが、国外のサーバーなどにアクセスできなければ、「反撃」を決断できるほどの確度で、攻撃者を突き止めることはまず出来ない。攻撃してくる相手を突き止められないのだ。(注2)
また国際的には、積極的なサイバー防衛として、よく攻撃に使われる敵国のサーバーに工作したりサイバー攻撃を仕掛けたりということが行われている。日本はそれもできない。
 さらに、サイバーセキュリティ分野で最近注目されている「脅威インテリジェンス」も自前で実施できない。脅威インテリジェンスとは、平時から世界中のハッカーたちが巣食っているダーク(闇)ウェブや、アプリのグループなどに自動プログラムを送り込んで、徹底監視することで、世界中のハッカーたちがどんな標的を話題にし、どんな情報や攻撃ツールをやりとりしているのかなどを分析するという手法だ。
だが日本では刑法の中にウイルス作成罪についての規定があるので、そうした自動プログラムは作れない。自動プログラムを作って情報を集めるのは、刑法の罪を犯しての捜査になる。結局、警察当局ですら、国外企業を雇ってそうした情報を手に入れるしかない状況なのだ。こうした法律の壁を越えなければ、有効なサイバー攻撃対策はできない。
さらに自衛権を行使して反撃するための能力も必要になるが、それは憲法9条や武力行使の定義など、また別の問題になっていく。それについては改めて、JBpressでも議論したいと思う。
 最近大きな事件が2つ表面化したが、こうした被害はさらに出てくるだろう。
 ある専門家は、日本の現状についてこう述べる。
「大規模なサイバー攻撃が日本を襲うなどしないことには、この国の目は覚めないでしょう」
それも一理あるかもしれない。そんなことでもなければ、サイバーセキュリティについて本格的な議論は進まないのかもしれない。
 今はまず、攻撃が起きている現実を認め、情報を公開し、対策や法整備を行うための機運を高めていく必要がある。
(注1)勝つためには“速さ”。レノボ「ThinkCentre」が国内生産を開始した理由
  • 伊藤 有 [編集部] 
  • Nov. 25, 2019, 11:00 AM Tech Insider
  • NECパーソナルコンピュータ(NEC PC)は11月22日、米沢事業場(山形県米沢市)でグループのレノボ・ジャパンの法人向けデスクトップPC「ThinkCentre(シンクセンター)シリーズ」の一部モデルのカスタムオーダー生産(CTO)モデルの国内初出荷を開始した。
    これによって、今まで2~3週間程度かかっていたCTOモデルの納期が最短5営業日に短縮される。
    出荷式イベントに登壇したレノボ・ジャパンのデビット・ベネット社長は「(レノボが掲げる顧客満足度重視のUXのためには)“One Japan”のチームであることが大きな意味を持ちます。設計・生産・サービス(サポート)すべての拠点が日本にあるのは、外資のPCメーカーではレノボが唯一です」と流暢な日本語でスピーチ。中国資本の外資メーカー=一帯一路、海外遠征、山形橋頭保=とはいえ「日本生まれ、日本品質」であることを強調した。

  • (注2)日本の憲法学者の多くは、「集団的自衛権の行使は日本国憲法に違反する」と主張する。だが、そうした解釈は、国際法の世界では多数派ではない。むしろ歴史を振り返れば、欧州などは「集団的自衛」によって戦争を抑止してきた。こうした現実から、憲法学者たちは目を背けている。国際政治学者の篠田英朗氏が、彼らの欺瞞を暴く。
    日本人は国際法になじむ機会が少なく、「集団的自衛権」についてもひどく誤解している。集団的自衛権が正当な国際法規範の一部であり、制度的な国際安全保障体制の一部となっていることを理解するためには、安全保障理事会を軸とした国連の仕組みに依拠する普遍性の高い集団安全保障と、個々の国家が単独で行う個別的自衛権の間に、国際法が「中間的な安全保障」の制度を認めている、ということを知る必要がある。
    集団的自衛権は、「地域的/部分的な集団安全保障」と言い換えられる制度的な意味を持っている。世界は広い。あらゆる場所で、常に同じ対応ができる仕組みをつくることは、現実的には著しく困難だ。そこで代替的措置として、地域の事情に応じた安全保障体制を作っておくことを、国際法は認めている。その根拠が51条の集団的自衛権=The right to collective self-defense=である。

コメント

西大陸,リスク,コロナウイルスの脅威により、世界主要航空会社は、中国のライフライン=空路輸送=を削減

2020-01-31 13:30:14 | 連絡
More Airlines Cut Chinese Routes As Coronavirus Threat Grows
<コロナウイルスの脅威が増大するにつれて、より多くの航空会社が中国のルートを削減>
<大韓航空は1月31日までソウル-武漢ルートを既に停止しており、現在は3月27日まで延長しています。>
全日本空輸(ANA)は武漢便を一時停止>
<1月30日、エールフランスは2月9日まで中国本土へのすべての定期便を一時停止>
<米国では、アメリカン航空、デルタ航空、ユナイテッド航空のすべてが一時的に中国と香港への飛行を一時停止>
:::::
著者Adrian Schofield              
Adrian is a senior air transport editor for Aviation Week, based in New Zealand. He covers commercial aviation in the Asia-Pacific region.
エイドリアンは、ニュージーランドに本拠を置くAviation Weekの上級航空輸送エディターです。 彼はアジア太平洋地域の民間航空を扱っています。
An increasing number of airlines across the world are making major operational changes in response to the effects of the rapidly spreading novel coronavirus (2019-nCoV) outbreak that began in Wuhan, China.
  中国の武漢で始まった急速に広まっている新規コロナウイルス(2019-nCoV)の流行の影響を受けて、世界中の航空会社の数が大幅に増加しています。   
The range of airline reactions varies widely. Some are canceling all flights to China, while others are only stopping flights to the part of the country most affected. 
航空会社の反応の範囲は大きく異なります。 中国へのすべてのフライトをキャンセルするものもあれば、最も影響を受けた国の一部へのフライトのみを停止するものもあります。
In some cases, the changes are for public health reasons, and in others the capacity reductions reflect plummeting demand as people cancel travel plans. Further airlines are considering making route adjustments and are likely to announce changes soon.
場合によっては、変更は公衆衛生上の理由によるものであり、容量の減少は、人々が旅行計画をキャンセルしたときの急激な需要を反映しています。 さらに航空会社はルートの調整を検討しており、変更をすぐに発表する可能性があります。
Among the changes announced Jan. 30, Korean Air has suspended four Chinese routes from Seoul, one from Jeju and two from Busan. Frequencies will be reduced on five other Korean Air Chinese routes. These changes will take effect Feb. 2. Korean Air had already suspended its Seoul-Wuhan route until Jan. 31 and has now extended this until Mar. 27. 
1月30日に発表された変更の中で、大韓航空は、ソウルからの4つの中国路線、済州からの1路線と釜山からの2路線を停止しました。 他の5つの大韓航空路線では、頻度が削減されます。 これらの変更は2月2日に有効になります。大韓航空は1月31日までソウル-武漢ルートを既に停止しており、現在は3月27日まで延長しています。
Korean Air is also making changes to inflight services, such as switching to disposable cutlery on Chinese routes, and curtailing distribution of pillows and blankets. Measures for staff include recommending cabin crew wear masks and plastic gloves on all routes, and canceling crew layovers in Kunming and Guangzhou in China. 
大韓航空は、中国路線の使い捨てカトラリーへの切り替え、枕や毛布の配布の削減など、機内サービスにも変更を加えています。 スタッフ向けの対策には、すべてのルートで客室乗務員にマスクとプラスチック手袋の着用を推奨すること、中国の昆明と広州での乗務員の乗り継ぎをキャンセルすることが含まれます。
Other airlines are taking similar steps for inflight services, and several are waiving fees for those changing travel plans to China. 
他の航空会社も機内サービスについて同様の措置を講じており、いくつかの航空会社は中国への旅行計画を変更するための料金を免除しています。
Japan Airlines (JAL) and Thai Airways continue to operate their Chinese flights for now. JAL does not have a flight to Wuhan but is believed to be evaluating its flights to other Chinese cities. The airline has directed cabin crew to wear face masks on international and domestic flights. All Nippon Airways (ANA) has suspended its Wuhan flight, but as of now has not taken similar steps with its other China flights. 
日本航空(JAL)とタイ航空は現在も中国便を運航し続けています。 JALには武漢へのフライトはありませんが、中国の他の都市へのフライトを評価していると考えられています。 航空会社は、国際線および国内線でフェイスマスクを着用するよう客室乗務員に指示しています。 全日本空輸(ANA)は武漢便を一時停止していますが、現時点では他の中国便と同様の措置を講じていません。
On Jan. 30, Air France announced it will suspend all scheduled flights to and from mainland China until Feb. 9. Air France, which previously suspended flights to and from Wuhan Jan. 22, said the suspension remains in effect until further notice. 
1月30日、エールフランスは2月9日まで中国本土へのすべての定期便を一時停止することを発表しました。以前は1月22日の武漢発着便を一時停止していました。
Russia’s Ural Airlines has stopped flights from its base at Yekaterinburg International Airport to Munich, Paris and Rome, as well as its Vladivostok-Sapporo flight, the carrier said Jan. 29. The routes, Ural said, were popular with travel groups from China, and the carrier was compelled to cancel them after the Chinese government banned international group travel from Jan. 27. Ural has suspended four of its routes to China but continues to operate flights to Beijing and Harbin. 
ロシアのウラル航空は、エカテリンブルク国際空港の拠点からミュンヘン、パリ、ローマへのフライトとウラジオストック-札幌便を停止した、と航空会社は1月29日に述べた。ウラルによると、ルートは中国からの旅行グループに人気があった。 中国政府が1月27日から国際グループ旅行を禁止したため、航空会社はそれらをキャンセルせざるを得ませんでした。ウラルは中国への4つのルートを停止しましたが、北京とハルビンへのフライトを引き続き運営しています。
Other Russian airlines have also made changes. Azur Air suspended flights from seven cities to the Chinese resort city Sanya, and Yakutia Airline stopped a Sanya route. S7 Airlines and Aeroflot have not announced any flight suspensions yet. 
他のロシアの航空会社も変更を加えました。 Azur Airは7つの都市から中国のリゾート都市Sanyaへのフライトを中断し、Yakutia AirlineはSanyaルートを停止しました。 S7航空とアエロフロートは、まだ飛行停止を発表していません。
In the U.S., American Airlines, Delta Air Lines and United Airlines have all moved to temporarily suspend some flying to China and Hong Kong, each citing declining demand as a result of the coronavirus. 
米国では、アメリカン航空、デルタ航空、ユナイテッド航空のすべてが一時的に中国と香港への飛行を一時停止するために移動しました。それぞれコロナウイルスの結果として需要が減少していることを挙げています。

中略
“Although this suspension will have repercussions on the state’s tourism industry, the government is seriously concerned about the health and welfare of Sabahans, and we want to avoid the risk of exposing our people to any possible carrier of the novel coronavirus infection,” deputy chief minister Christina Liew said in a press conference.
「この一時停止は州の観光産業に影響を与えるが、政府はサバハン人の健康と福祉を真剣に懸念している。我々は、新しいコロナウイルス感染のキャリアに人々をさらすリスクを回避したい」 クリスティーナ・リュー大臣は記者会見で言った。


コメント

弧状列島,自助,1/31(金)の体調?痛い25%、気圧は上下上変化、くるくる耳マッサージ対処

2020-01-31 09:30:06 | 連絡
1/31(金)の天気頭痛予報: 冬型の気圧配置が続くため、日本海側は雪や雨が降り、北日本や北陸、甲信では大雪や風雪に注意が必要です。太平洋側では晴れ間が出ますが、寒気の影響で雲の広がる所もあるでしょう。
発達した低気圧はゆっくりと離れるため、気圧は上昇する所が多く、変動も大きくなりそうです。
気圧は季節外れの暖かさとなった30日に比べると下がる所が多いものの、この時期としては高めの気温になりそうです。 
1/31(金)の東京は、朝晩は雲の広がる時間がありますが、日中はだいたい晴れるでしょう。
発達した低気圧はゆっくり離れるため気圧は上昇を続けるため、影響を受ける方は注意が必要です。
4月上旬並の季節外れの暖かさとなった30日と比べて気温は5℃前後下がり、これでもこの時期としては高めながらも、北風もやや強いので肌寒く感じるかもしれません。




コメント