世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

気象・天気病・体調(東京都)4/7(水)1~7時:少し痛い~かなり痛い人々が81%

2021-04-06 17:26:29 | 連絡
〇4/7(水)6時、1気圧+22kg重/㎡、上昇、やや注意
〇4/8(木)6時、1気圧+16kg重/㎡、上昇、通常
〇4/7(水)の東京:朝までは雲が多めですが、日中は概ね晴れるでしょう。
気圧はお昼過ぎにかけて下がっていきますので、体調の変化にお気を付けください。
朝は昨朝同様にやや冷えますが、日中は20℃近くまで上がって、暖かさが戻りそうです。
〇今日、明日、明後日の気圧、気温、天気及び頭痛の予想サイト
https://zutool.jp/
〇気象病、寒暖差疲労の週間予想サイト
https://setagayanaika.com/blog/category/weather
〇気象病要因、気象病症状 セルフ・マッサージ 外来=世田谷区、千代田区、渋谷区、西東京市=のサイト
https://blog.goo.ne.jp/globalstandard_ieee/e/b93203ff3a5ae65d92f8d5547f02b005

〇気象病 天気病 季節変わり目 群発性頭痛 著名人のサイト
https://blog.goo.ne.jp/globalstandard_ieee/e/27a762b92e71ec80080d1fe143bb8876

〇介護予防の元気アップ ダンスと筋トレのサイト 

コメント

アサヒビールが「生ジョッキ缶」を発売ふたが全開、開発に4年

2021-04-06 17:26:29 | 連絡
【商品開発の同社ビールマーケティング部ブランドマネージャー、中島健さんは「手や口を切らずに安全に全開するふたの開発、お店の生ジョッキと同等の泡立ちの実現など、さまざまな高いハードルがあったが、一丸となって開発に取り組んだ。】
★開発費回収の時期を追加取材報道か>

::::::::::::::::::::::::::::::
2021/04/06 11:35 
アサヒビールは6日、缶のふたが全開し、ジョッキで飲む生ビールのような泡が楽しめる「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」をコンビニエンスストアで先行発売した。コンビニ以外も含めた一般発売は20日から。
 「家でお店の生ジョッキの気分が味わえる」というコンセプトで、開発に4年かかった。缶の内側に特殊塗料を施すことで、きめ細かい泡が発生。ふたが全開することで、香りを感じやすく、さらにジョッキに注いだ生ビールのような感覚で飲めるという。
 商品開発の同社ビールマーケティング部ブランドマネージャー、中島健さんは「手や口を切らずに安全に全開するふたの開発、お店の生ジョッキと同等の泡立ちの実現など、さまざまな高いハードルがあったが、一丸となって開発に取り組んだ。生ジョッキ缶を通じてお客さまをワクワクさせたい」と期待している。
コメント

#48 4/1(木)長谷川幸洋と高橋洋一のNEWSチャンネル『中国 尖閣侵略 自衛隊に国家防衛は可能か?』

2021-04-06 16:36:48 | 連絡

#48 4/1(木)長谷川幸洋と高橋洋一のNEWSチャンネル 『中国 尖閣侵略 自衛隊に国家防衛は可能か?』 
【4/1(木)内容】 
〇尖閣諸島防衛、今そこにある危機 
・防衛白書に記載されている”島嶼奪還シナリオ図”この絵は現実的なのか? 
・長谷川幸洋が懸念する尖閣防衛に対する政府
・国民のスタンス ・河野前統合幕僚長に聞く防衛戦略の要点 
〇映画『空母いぶき』は今の日本のアナロジー ・高橋洋一が警鐘する平和ボケ日本 
・戦争状態が発生しても「防衛出動せず」「まずは国連安保理に…」のリアリティ ・中国を刺激しない、事なかれ主義が招く最悪のシナリオ 
〇問われる政府、国民の防衛意識 
・おバカなマスコミは相変わらず日米安全保障条約適用の報道 
・マスコミがゆがめる現実的な防衛認識 
・アメリカが尖閣諸島を守るのか?
 ★出演者 長谷川幸洋(ジャーナリスト) 高橋洋一(数量政策学者・内閣官房参与) 梅宮万紗子(女優) 
★ゲスト 河野克俊(前統合幕僚長・元海将) 
★ツイッター 長谷川幸洋https://twitter.com/hasegawa24 高橋洋一https://twitter.com/yoichitakahashi 梅宮万紗子https://twitter.com/masakoumemiya 
★ブログ 梅宮万紗子https://ameblo.jp/masako-umemiya/ 
★インスタグラム 梅宮万紗子https://www.instagram.com/masakoumemi... 
★長谷川幸洋と高橋洋一のNEWSチャンネル 水曜日、金曜日を中心に不定期配信 配信のお知らせは公式Twitterにて! https://twitter.com/NEWS06623619 
★長谷川幸洋連載 現代ビジネス「長谷川幸洋『ニュースの深層』」 https://gendai.ismedia.jp/list/serial... 夕刊フジ「長谷川幸洋『ニュースの核心』」 https://www.zakzak.co.jp/soc/rensai/s... 四国新聞「ニュース裏読み」 月刊Hanada「未来を読む!」
 ★所属事務所 ㈱オフィス・トゥー・ワン HP http://www.oto.co.jp/profile/detail.p... 
★長谷川幸洋プロフィール 1953年千葉県生まれ。慶応義塾大学経済学部卒。ジョンズホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)で国際公共政策修士(MIPP)。77年に中日新聞社に入社し東京本社(東京新聞)経済部、ブリュッセル支局長、論説副主幹などを経て2018年3月末に退社。ジャーナリストとして活動中。 06~09年に政府税制調査会委員、05~08年に財政制度等審議会臨時委員、13~16年に大阪市人事監察委員会部会長など。 07~15年に日本記者クラブ企画委員、13~16年に規制改革会議委員、16~19年規制改革推進会議委員など多数の公職を務める。 著書『日本国の正体 政治家・官僚・メディア---本当の権力者は誰か』(講談社)で09年の山本七平賞受賞。 最新刊に「新型コロナの正体〜日本はワクチン戦争に勝てるか!?」(ビジネス社、森下竜一大阪大学大学院寄附講座教授との対談) 趣味はスキー。SAJスキー指導員の資格を持つ。
 ★高橋洋一プロフィール 1955年、東京生まれ。80年、大蔵省(現財務省)入省、理財局資金企画室長、内閣参事官など歴任。小泉内閣、安倍内閣では「改革の司令塔」として活躍。07年には財務省が隠す「埋蔵金」を公表、08年に山本七平賞受賞。政策シンクタンク「政策工房」会長、嘉悦大学教授、内閣官房参与。
コメント

【長谷川幸洋】2021年4月6日 飯田浩司のOK! Cozy up!

2021-04-06 16:17:55 | 連絡

▼政府の分科会、コロナ拡大東京にも 
イベルメクチンのCOVID-19に対する臨床試験の世界的動向 八木澤 、PJFoster 、花木 、大村
https://blog.goo.ne.jp/globalstandard_ieee/e/32b7aed992fb85233fe82977373bc93c

▼菅総理、子ども庁に意欲 
▼仏、日米豪印と共同訓練を開始 
▼ガネーシャの会 
<ガネーシャの会は、菅義偉(第26代自由民主党総裁・第99代内閣総理大臣)に近い自由民主党議員が集まって結成した自由民主党の派閥である。菅すがグループの中核をなす[1]。本稿では、おなじく菅すがグループとして扱われる[2]菅義偉を支える参議院議員の会・令和の会についても述べる。
「菅グループ」は構成員が異なる複数の集団があり、菅を中心に緩やかな連合体を形成し、最も表立って活動しているのが若手衆院議員十数人が所属する「ガネーシャの会」である。菅に近い議員が集まった「偉駄天(いだてん)の会」という集まりもあり、そのうち無派閥で衆院当選4回以下に絞ったのが「ガネーシャの会」である。
名称の「偉駄天」は古代インドの神「スカンダ(韋駄天)」の「韋」を菅の名前「義偉」の「偉」に置き換えたもので、「ガネーシャ」は「韋駄天」の兄弟神であるガネーシャに由来する[3]。名付け親は山本朋広[4]。

▼日米首脳会談   
国際情勢アナリスト、渡瀬裕哉
<渡瀬 裕哉(わたせ ゆうや、1981年11月2日[1] - )は、日本の政治アナリスト、実業家。パシフィック・アライアンス総研代表取締役所長[2]、早稲田大学公共政策研究所招聘研究員[3]、事業創造大学院大学国際公共政策研究所上席研究員[4]、元Tokyo Tea Party事務局長
早稲田大学社会科学部社会科学科卒、早稲田大学大学院公共経営研究科修士課程修了。早稲田大学招聘研究員[1]。
早稲田大学社会科学部在籍時に、政策系NPO法人政策過程研究機構理事に就任し、主に地方自治体の行政改革に関するコンサルティングを開始[5]。大学院在学時に東国原英夫(そのまんま東)の宮崎県知事選挙のマニフェスト作成を支援[6]。大学院修了後は首長や国会議員候補者の政策立案・政治活動スタッフとして活動。28歳でIT関連企業を共同で創業し、同社が一部上場会社に買収されたことでグループ会社取締役として勤務。同取締役退職後は、主に企業向け投資及びコンサルティングに従事[1]。国内外の機関投資家向けの米国選挙情勢に関するアドバイザリー業務に携わる。
政策立案スタッフ時代に、知人の国会議員秘書等の紹介で米国保守派関連の人々と親交を深め、米国最大の茶会運動であるTea Party Patriotsの全米コーディネーターであったケリー・カレンダーとの縁を得て、Tokyo Tea Party(東京茶会)を設立。その後、共和党保守派最大の圧力団体の一つである全米税制改革協議会(Americans for Tax Reform)のグローバー・ノーキスト(Grover Norquist)議長に、保守派のインナーサークルである水曜会への出席を許可されたことで、米国保守派との緊密な関係を構築することになった。全米保守派が5万人以上テキサス州ダラスに集まったFREEPAC2012に日本人唯一の来賓として招待を受けた[7]。
米国保守派のキーパーソンに対する取材活動を実施し、日本のメディアに掲載している[8][9]。
2015年11月頃から共和党大統領予備選挙におけるドナルド・トランプの優勢を述べて以降、一貫してトランプの大統領当選を予測していた[10][11]。
2017年日本政策学校理事に就任。同学校で米国政治に関する授業を持つ。
2017年から日米保守派シンポジウムJapan-US Innovation Summitを開催。米国側からはAmericans for Tax Reform のグローバー・ノーキスト議長、ヘリテージ財団、ワシントンタイムズ、Googleらが参加。過去に登壇した日本側国会議員は、西村康稔、山田宏、三谷英弘、長島昭久、松原仁、音喜多駿、山田太郎、渡辺喜美[12][13][14]
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A1%E7%80%AC%E8%A3%95%E5%93%89>

さんに聞く 
 
 
 
 
 
コメント

介護予防 元気アップ歌声エクササイズ 渡辺真知子64歳の「迷い道」

2021-04-06 16:00:46 | 連絡
〇太平洋弧状列島日本人の死因 著名人 介護予防エクササイズ


〇介護予防 元気アップ歌声エクササイズ
介護予防 元気アップ歌声エクササイズ 渡辺真知子の「迷い道」の「迷い道(96年ヴァージョン)」
 渡辺 真知子(わたなべ まちこ、1956年10月23日[1] - 64歳)は、日本のシンガーソングライター、タレント、女優。本名:渡邉 真知子(読み同じ)。神奈川県横須賀市出身[1]。緑ヶ丘女子高等学校[2][3]、洗足学園短期大学音楽科卒業[1] 

コメント