世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

介護予防 元気アップ歌声エクササイズ 新沼謙治65歳の「ふるさとは今もかわらず」

2021-04-21 17:14:35 | 連絡
〇太平洋弧状列島日本人の死因 著名人 介護予防エクササイズ

〇介護予防 元気アップ歌声エクササイズ
新沼謙治の「ふるさとは今もかわらず」
 

新沼 謙治(にいぬま けんじ、本名同じ、1956年2月27日 -65歳 )は、日本の演歌歌手(シンガーソングライター)・俳優・タレント。 身長170cm、血液型A型。
  • 2012年11月、シングル「雪の宿/ふるさとは今もかわらず」をリリース。ジャケット(デザイン、イラスト)はデビュー当時からの旧知の仲であった横尾忠則に依頼し快諾された。故郷への想いを込めた自作曲「ふるさとは今もかわらず」は、母校である大船渡市立第一中学校の生徒たちを含む[3]、44名のコーラス隊と共にレコーディングを行なった[4]。同曲は合唱曲などとしても徐々に反響を呼び、2013年7月3日には同曲の“シンフォニック・バージョン”[5]をメインに、杉並児童合唱団による“合唱バージョン”、および既発のオリジナル・バージョンを収録し、特典としてピアノ・合唱用の譜面を封入したシングル「ふるさとは今もかわらず シンフォニック Ver./合唱 Ver.」を発売[6]。オリコンチャートでは同年7月15日付の週間シングルランキングで25位に初登場し、1977年5月9日付で「ヘッドライト」が27位にランクされて以来、36年2ヶ月ぶりにトップ30入りを果たした[7]。また、同年末には第55回日本レコード大賞企画賞を受賞している。


コメント

介護予防 元気アップ歌声エクササイズ 森山直太朗44歳の「さくら(独唱)」

2021-04-21 16:48:38 | 連絡
〇太平洋弧状列島日本人の死因 著名人 介護予防エクササイズ

〇介護予防 元気アップ歌声エクササイズ
森山直太朗の「さくら(独唱)」

 
森山 直太朗(もりやま なおたろう、1976年4月23日 -44歳 )は、日本のシンガーソングライター、俳優。名前の由来は「素直で太く朗らか」から。セツナインターナショナル所属。身長172cm。東京都渋谷区出身。成城大学卒業[1]。大学在学中から、吉祥寺の井の頭公園などでギターを抱えて歌うようになる。作詞は、ほとんどの楽曲を御徒町凧と共作している。2005年からは、作曲も共作となっている。
妻はピアニストの平井真美子[2]。母は森山良子、父はジェームス滝。異父姉にマネージャーの森山奈歩。また、義兄(姉の夫)に小木博明がいる。血液型はB型。デビュー当時、忙しすぎて自分の曲がヒットしていることを知らなかったことがあった。


コメント

介護予防 元気アップ歌声エクササイズ 森山良子73歳の「この広い野原いっぱい」

2021-04-21 16:34:39 | 連絡
〇太平洋弧状列島日本人の死因 著名人 介護予防エクササイズ

〇介護予防 元気アップ歌声エクササイズ
森山良子の「この広い野原いっぱい」


 
森山 良子(もりやま りょうこ、1948年(昭和23年)1月18日 - 73歳)は、日本の歌手、タレント。本名同じ。
東京都出身。平成18年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞。平成20年秋紫綬褒章受章。長女は森山奈歩、長男は森山直太朗、娘婿はおぎやはぎの小木博明。

コメント

あさナビ 4月21日(水) 出演者 : 4月21日(水) 、里崎智也(野球解説者)里崎智也さん44歳登場「 Satozaki Channel」

2021-04-21 15:57:09 | 連絡
毎朝、さまざまなジャンルのプロフェッショナルをお迎えして、朝の活力になるお話をうかがっていく「あさナビ」。
<黒木 瞳(くろき ひとみ、1960年(昭和35年)10月5日 - 60歳)は日本の女優、タレント、歌手、映画監督。元宝塚歌劇団月組トップ娘役。
福岡県八女市(旧・八女郡)黒木町出身。所属事務所は2011年10月11日よりポエムカンパニーリミテッド[3]。
出身地・黒木町(くろぎまち)に因み[4]同郷の五木寛之(八女市出身)が「黒木瞳」と命名[5]。夫の曽祖父は玄洋社の総帥だった頭山満[6]
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E6%9C%A8%E7%9E%B3>

野球解説者の、里崎智也さん
<里崎 智也(さとざき ともや、1976年5月20日 - 44歳)は、徳島県鳴門市出身の元プロ野球選手(捕手)。野球解説者、野球評論家、千葉ロッテマリーンズスペシャルアドバイザー、タレント、YouTuber。
ロッテ時代は1度のリーグ優勝、2回の日本一に貢献。2006年のWBCでは正捕手として日本代表に貢献している。
ビックリマン終身名誉PR大使。愛称は「サト」。所属事務所はレプロエンタテインメント[1]。
鳴門市大津西小学校2年生の時に野球を始め、鳴門市第一中学校では軟式野球部に所属した。鳴門市立鳴門工業高等学校(現在の徳島県立鳴門渦潮高等学校)に進学し、2年夏には川上憲伸を擁する徳島県立徳島商業高等学校と対戦したが、チームは延長戦の末敗れた(徳島商とは1年秋の公式戦を含め2度対戦しているが、ともに敗戦)。3年時にはキャプテンを務め、3年夏の最後の公式戦は県大会3回戦でコールド負けを喫した[2]
高校卒業後は、18歳から仕事をしたくないという理由から、首都大学野球連盟所属の帝京大学に入学。大学では当初、打撃を生かして指名打者として出場し、4年から捕手のレギュラーとなる。愛敬尚史とバッテリーを組み、4年秋にはチーム22季ぶりの優勝に貢献し、明治神宮野球大会に出場。2年春に4試合連続本塁打のリーグタイ記録を樹立[3]。リーグ戦通算69試合出場、235打数69安打、打率.294、12本塁打、48打点。ベストナイン3回受賞。 1998年のドラフト会議において、千葉ロッテマリーンズから2位指名され、入団。背番号は22に決まった[注 1]
>
登場。
野球を始めたきっかけから、現役時代に世界一を経験し
解説者に至るまで、そしてプロ野球選手という職業の魅力、
そして、今大注目の自身のYouTubeチャンネル
「Satozaki Channel」

について伺います。
メールアドレス:
cozy@1242.com

番組ホームページは
http://www.1242.com/cozy/

twitterハッシュタグは「#jolf」
twitterアカウントは「@1242_PR」
facebookページは「http://www.facebook.com/am1242」 





コメント

国民的英雄となった中国「反米の闘士」 妻と娘はNY在住、2億円の高級コンドミニアム暮らし

2021-04-21 11:14:23 | 連絡
★文春砲=北京政府外交部局内権力争い情報=は北京政府トップまで届くか>
:::::::::::::::::
週刊文春 2021年4月15日号、竹岡 亮 
「米国には高いところから見下すようにして中国に物を言う資格はないし、中国人はその手には乗らない」
 ブリンケン米国務長官らに対して、反米感情をむき出しにした捨て台詞を吐いた楊潔篪(ようけつち)・中国共産党政治局員(70)。
楊 潔篪(よう けつち[1][2]、ヤン・チエチー、1950年5月1日 -70歳 )は、中華人民共和国の政治家、外交官。中国共産党中央政治局委員、中共中央外事活動委員会弁公室主任、第10代外交部長(外務大臣)、外交担当国務委員を歴任。
1950年5月1日、上海市に誕生する。1963年、上海外国語学院(現在の上海外国語大学)附属中学に入学。1968年、文化大革命によって学業を中断され、工場勤務を強いられた。その後、1971年12月に中国共産党へ入党する[3]。 
2021年3月18日、アメリカアラスカ州アンカレッジで行われたハイレベル戦略対話に国務委員兼外交部長王毅とともに出席。国務長官アントニー・ブリンケン、大統領補佐官(国家安全保障担当)ジェイク・サリバンとジョー・バイデン政権発足後初の対話を行った[8]。ブリンケンは日韓を訪問して中国に立ち寄らず、米国に帰国する途中でアラスカに立ち寄ったところだった。昨年6月に楊と当時の国務長官ポンペオがハワイで米中外交トップ会談を行っており、外交上の相互主義の原則に従うなら、今回は中国で会談を行う必要があったが、そうはならなかった[9]。 

3月18日に米アラスカ州で行われた米中外交トップ会談での発言を収録した動画の再生数は24億回超と驚異的な数字に上り、一躍、「反米の闘士」として国民的英雄となった。
だが、在外中国人が閲覧するニュース情報サイトでは、一人娘の楊家楽さん(32)の“華麗な経歴”でもちきりだ。
楊氏は2000年に駐米全権大使に任命された。香港誌「明鏡月刊」などによれば、それに伴い、彼女は米ワシントンにある私立のシドウェル・フレンズ・スクール高等部に入学する。卒業後は、名門エール大学に進んだ。問題は高校、大学ともに奨学金を得ており、その額は7年間で42万ドル(約4620万円)に上るとみられる点だ。
「シドウェルはニクソンをはじめ、クリントンやオバマなど歴代大統領の子弟が通った高校。中学まで北京で過ごした彼女が進学できたのは、父親が親中派のブッシュ元大統領父子とのコネがあったからではとの見方が専らです」(在米記者)
20代の頃、イギリスに派遣され、バース大学などで学んだ楊氏は1975年の帰国後、外交部翻訳室に配属。“父ブッシュ”ことジョージ・H・W・ブッシュ氏が米国の駐北京連絡事務所長を終えた後の77年に訪中した際には通訳として陪席した。その後、外務次官、駐米全権大使に当時最年少で就任するなど順調に出世。そして、大使の任期を終えた04年に中国へ帰国すると、07年には外相に就任した。 
娘はマンハッタンの2億円の高級コンドミニアムに暮らす
一方、娘は大学卒業後も、母の楽愛妹さんとアメリカ暮らしを続けているという。
「現在の住まいは、ニューヨークのマンハッタンにある高級コンドミニアムです。この住居は家楽さんの名義。価格は200万ドル(約2億1000万円)と言われ、購入したのは父の楊氏が外相だった時代です。購入資金の出どころや彼女がどんな仕事をしているのかは不明です」(同前)
反米発言を繰り出しつつ、妻と娘が米国で優雅に暮らす。“両面派官僚”と罵られるのも致し方ないだろう。
 在米華人が語る。
「アメリカ通の楊氏と、日本通の王毅・国務委員兼外相(67)
<王 毅(おう き、1953年10月19日 - 67歳)は、中華人民共和国の政治家、外交官。国務委員、第11代中華人民共和国外交部長(外相)。六者会合議長・中華人民共和国外交部副部長・中国共産党第17期、18期、19期中央委員、駐日中国大使、国務院台湾事務弁公室主任等を歴任した。立命館大学第35号名誉博士である。
日本語・英語に堪能で、日本では日本人相手の会見や講演をしばしば日本語で行う。
1953年10月19日に中華人民共和国の北京に誕生する。北京の庶民の出身である [1]。1969年に高校を卒業するが、その後、文化大革命で黒龍江省の農村に8年間下放される。1977年12月に北京に戻り、北京第二外語学院アジア・アフリカ語学部に入学し、日本語を学んだ。1982年2月に卒業した後に中華人民共和国外交部に入省。1983年の胡耀邦総書記訪日の際に執筆したスピーチが評価される。
1989年9月に駐日中国大使館に参事官として配属され、1994年に帰国してアジア局副局長、翌1995年に局長に昇進した。1997年ジョージタウン大学客員研究員。
1998年に部長助理(外務大臣次官補)を歴任。助理時代には旧日本軍遺棄化学兵器に関する日本との交渉にあたり、1999年7月30日両国の覚書に調印。同年9月から外交学院で国際関係を専攻し、博士号を取得した。
  • 王は在日大使時に日本人とゴルフをすることで有名なために「ゴルフ大使」といわれていた話を、安倍晋三首相(当時)がゴルフ嫌いの習近平に披露したところ、王は日本語で打ち消しに必死だったと言われる[30]。
  • 中国において政治家の子息などが行くことで知られる第一外国語学院ではなく、「卒業しても旅行会社のガイドくらいにしかなれない」と言われている北京第二外国語学院を卒業。しかしながら周恩来の秘書であったzh:钱嘉东の娘の钱韦に見初められ結婚したことにより外交部に潜り込むことに成功し、コネと分をわきまえた振る舞いにて出世を勝ち取ってきたとされる[31]。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%8B%E6%AF%85>
は反りが合わないのは中国でも有名な話。楊家の情報も王派からリークされているとみられます」
 来年秋の次期党大会を控え、権力闘争は激しさを増している。

コメント