世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

介護予防 元気アップ歌声エクササイズ 河島英五48歳没肝臓疾患の「時代おくれ」

2021-04-19 17:33:11 | 連絡
〇太平洋弧状列島日本人の死因 著名人 介護予防エクササイズ

〇介護予防 元気アップ歌声エクササイズ
河島英五の「時代おくれ」
 
河島 英五(かわしま えいご、1952年(昭和27年)4月23日 - 2001年(平成13年)4月16日48歳没肝臓疾患)は、日本のシンガーソングライター、俳優。 

  • 長女・河島あみるの結婚式に参列後の2001年4月16日、肝臓疾患のため急死。48歳没。亡くなる2日前にライブに立ったのが最後の仕事だった。亡くなる前日に体調を悪くし、病院に運ばれるも既に手遅れの状態で、家族に看取られ息を引き取った。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B3%E5%B3%B6%E8%8B%B1%E4%BA%94


コメント

介護予防 元気アップ歌声エクササイズ かぐや姫=72歳+?×2の「こもれ陽」

2021-04-19 12:45:33 | 連絡
〇太平洋弧状列島日本人の死因 著名人 介護予防エクササイズ

〇介護予防 元気アップ歌声エクササイズ
かぐや姫の「こもれ陽」

 

1970年 - 南こうせつ、
南 こうせつ(みなみ こうせつ、本名:南 高節、1949年2月13日 - 72歳)は、日本のフォークシンガー・元かぐや姫のリーダー。ベリーファーム所属。 
森進一郎、大島三平の3人で『南高節とかぐや姫』(第1期かぐや姫=72歳+?×2)としてデビュー。
代表作は「酔いどれかぐや姫」など。よみうりテレビ『全日本歌謡選手権』にも出場し4週勝ち抜いたが次の週の挑戦を辞退。
シングル3枚とアルバム1枚を残し、1年間の活動ののち解散。
「変調田原坂」からグループ名が『南こうせつとかぐや姫』に変更された。理由は南高節が「なんこうぶし」と読まれたためという説が有力である。「酔いどれかぐや姫」「変調田原坂」はオリコン100位以内に食い込む。なお「酔いどれかぐや姫」は準レギュラーとして出演していた『桂三枝のさかさまショー』(よみうりテレビ)の番組中またはエンディングで3人が十二単(じゅうにひとえ)姿で演奏していたものである。
その後、1期メンバーでの活動は終了。
森は地元で銀行員として、
大島も地元でイベンターとして、南とは別の道を歩む。
森は定年退職後、大島とともに『初代かぐや姫』として南とは別に活動を再開。地元の大分放送ラジオにて「フォーク十三夜~まだまだ青春~」のパーソナリティーを務めている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8B%E3%81%90%E3%82%84%E5%A7%AB_(%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97)


コメント

介護予防 元気アップ歌声エクササイズ RCサクセション=58歳没喉頭癌+69歳+70歳+67歳+63歳の「ぼくの好きな先生」

2021-04-19 11:51:33 | 連絡
〇太平洋弧状列島日本人の死因 著名人 介護予防エクササイズ

〇介護予防 元気アップ歌声エクササイズ
RCサクセションの「ぼくの好きな先生」

 
RCサクセション=58歳没喉頭癌+69歳+70歳+67歳+63歳(アールシーサクセション、RC SUCCESSION)は、日本のロックバンド。
忌野清志郎をリーダーとし[要出典]、「King of Rock」「King of Live」の異名をとるなど「日本語ロック」の成立や、現在日本で普通に見られるロックコンサート、ライブパフォーマンスのスタイルの確立に大きな影響を及ぼした。実際、RCサクセション (以下、特段の理由がない限り「RC」と略す) に影響を受けたと公言するミュージシャンは非常に多い。
彼らが発信するファッションや言動などは音楽業界にとどまらず若者の間でサブカルチャー的存在とまでなり、1980年代を中心にまさに時代を席捲した。
その後、1991年より無期限の活動休止状態に入ったまま復活することはなく、2009年に忌野が死去したことにより、事実上バンドは解散となった.
忌野清志郎
(いまわの きよしろう)
肝沢幅一1951年4月2日 - 2009年5月2日(58歳没
2006年5月、メンフィスでアルバム『夢助』(10月発売)をレコーディングして帰国。同年7月13日、公式ウェブサイト「地味変」にて喉頭癌で入院することを発表し、すべての音楽活動を休止する。
小林和生
(こばやし かずお)
林小和生
リンコ・ワッショー
小林やわお
1951年12月5日(69歳)
仲井戸麗市
(なかいど れいち)
チャボ1950年10月9日(70歳)

春日博文
(かすが ひろふみ)
ハチ1954年1月25日(67歳)
厚見玲衣
(あつみ れい)

1957年5月18日(63歳)


コメント

介護予防 元気アップ歌声エクササイズ イルカ70歳の「十九の春に」

2021-04-19 11:45:57 | 連絡
〇太平洋弧状列島日本人の死因 著名人 介護予防エクササイズ

〇介護予防 元気アップ歌声エクササイズ
イルカの「十九の春に」

 
コメント

上念司 (経済評論家)【公式】おはよう寺ちゃん 4月19日(月) 海底ケーブル協調短距離無線

2021-04-19 10:49:56 | 連絡
4月19日(月) 文化放送「おはよう寺ちゃん」6時台アーカイブ 
▼パーソナリティ  寺島尚正 
▼コメンテーター  上念司さん(経済評論家)
<上念 司(じょうねん つかさ、1969年[1]5月4日 - 51歳)は、日本の経済評論家、経営者[注 1]。
東京都[1]青梅市出身で、中学校教員に勧められて中央大学附属高等学校へ進学[1]し、交換留学プログラムで1年間休学してアメリカに滞在した[1]。帰国後1年遅れで卒業後に中央大学法学部法律学科に進学[1]し、弁論部の中央大学辞達学会で活動した[1]。卒業後、日本長期信用銀行に入行[5]したのちに臨海セミナーへ転職して取締役事業本部長を務める[6]。
2007年に勝間和代と共同事務所の「株式会社監査と分析」を設立[1]する。2011年に勝間が中心となり発足した「デフレ脱却国民会議」で事務局長[7]を務める。2012年6月13日に衆議院第180回「国会社会保障と税の一体改革に関する特別委員会公聴会」の公述人として出席し、同会事務局長と経済評論家の立場から意見を述べた[PR 1]。2012年9月の自由民主党総裁選挙で「安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会」発起人として勝間と共に名を連ねた[8]。
2015年11月に、放送法遵守を求める視聴者の会発足呼び掛け人に、すぎやまこういち、渡部昇一、ケント・ギルバートらと共に参加した[9]。
2018年4月に、岡山理科大学で客員教授に就いた。経営者である加計学園を月刊Hanadaで擁護したことがきっかけと語っている[10]。

 
【本日のニュース】 
▶小池都知事、緊急事態宣言も視野 
▶米中、気候変動で協力(注1)
(注1)令和時代は太陽活動活発の温暖期!CO2排出至上主義政策により国内電力・鉄鋼産業・国力が衰退か
 https://blog.goo.ne.jp/globalstandard_ieee/e/070f1934fe7f23b431caa3f764bbf5c6
 ▶ワクチン全員分 9月確保
 ▶中途採用10年ぶり伸び 
▶海底ケーブル日米豪連携 (注1)
(注1)★自由民主主義価値観共有世界標準規格スーパーブロードバンド短距離無線端末接続


により、日米豪・・・間の室内レイアウトフリーテレワーク推進加速か

>    


コメント