リュウ庵

尼崎市住む猫大好き人間。
駄文を書くのも好きです。

花ゲリラ、シードボムのこと

2022-12-05 13:10:01 | 日記

12月3日(土)9時15分に起きる。きれいな青空だったが、正午前ごろから薄雲が

張ってきた。

午後、花も枯果てたフジバカマを根元数センチほど残して、刈り取った。13個のプラ

ンターに咲かせ、アサギマダラを待ったが2年続けて見事に振られた。来てくれたのは

最初の2年だけ。三田や篠山地方、神戸市街地の花壇や六甲山にはたくさん来たという

のに。今年よく見かけたのはツマグロヒョウモンやアゲハばかり。

刈り込んだプランターのあるコーナーはすっきりしたが、アサギマダラが来なかったこと

を思うと、少し寒々しく感じる。

来年はどうしようかな。数を減らして、もう1年頑張ってみるか。フジバカマの茎と葉を

詰めたと大型ごみ袋を前に、思案する。

       刈り取る前のフジバカマ

   刈り取ってスッキリ

4日(日)9時15分に起きる。外はどんよりした曇り空。風はないけど寒い。これからこ

んな日が続くのだろう。

 

前日に続いて、ガーデニングの話が続く。昨夜、民放テレビの「世界ふしぎ発見」を観てい

たら、イギリスのガーデニングを取り上げていた。

その英国で「ゲリラ・ガーデニング」というのがあるのを、初めて知った。花の種を包んだ土

などの塊りを、空き地や民家の荒れた庭に投げ込み、自然に花を咲かせて楽しむ「花ゲリラ

と称するボランティアグのことらしい。種の入った泥の塊りを「シード・ボム=花種の爆弾」

というそうだ。公園や道端のベンチに花束(ブーケ)をさりげなく置いて、持ち去ってもらう

「フラワー・ボム」もあるとか、さすがガーデニング大国のイギリスだねえ。

花ゲリラは、さしずめ日本では「花咲か爺さん」か。「枯れ木に花を咲かせましょう」という

から趣があって、優しいね。

 

ところで日本ならシード・ボムを投げ込まれたら「勝手なことするな」とトラブルになりそう

だけど、イギリスでは当たり前のことらしい。古くから王室をはじめ花や庭園をこよなく愛す

る、大英帝国の余裕かな?

 

ところで我が庭にも「シード・ボム」を落とされているようだ。「花ゲリラ」は人間じゃなく、

どうやら野鳥や風らしい。植えたり種をまいた覚えがないのにいつの間にか花木が現れ、咲い

ている。

タツナミソウ、ホトトギス、ツルニチニチソウ、ヤツデ、ナンテン、ホソバヒイラギナンテン。

樹木ではクスノキ、ケヤキ、カシ、クロガネモチ・・・クスノキやケヤキは狭い庭で大きくなっ

たら厄介なので、せっせと切り捨てているが切り株からすぐ芽が出るので、ちょっと迷惑してい

る。カシやクロガネモチは油断したらちゃっかり庭木に成長、植木屋さんに選定を頼む始末。

 

野鳥がウンチに包んだ種の爆弾シード・ボム、風が運んで来るSeedBombs。次はどんな種を落と

してくれるだろうか、ちょっと楽しみ。

    <野鳥の「ウンチ爆弾」の花たち>

    🌸 タツナミソウ 🌸

    🌸 ツルニチニチソウ 🌸

 

    🌸 ホソバヒイラギナンテン 🌸

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ドーハの歓喜、再び

2022-12-03 11:53:41 | 日記

12月1日(木)9時に起きる。今日から先生(師)も走る忙しい1か月。2022年も
あと1か月で終わる。朝から薄曇り、夕方から急に風は冷たくなった。
寒い中、夕餉の食材買い出し。今夜は豚肉とナス&ピーマンの煮込み鍋、結びこんにゃく
のぱりぱり炒め(油で炒めるときぱりぱり音がるすので)、サツマイモのレモン煮、鶏皮
の串焼き(総菜)。

テレビニュースで中古車が不足気味で、値上がりしていると伝えている。車種によっては新
車より高いのもるという、信じられない現象も起きているらしい。
半導体不足で、新車生産と納入が遅れ、中古車高騰を招いているとか。運転しないから、車

にはあまり興味ないが。

購読している新聞記事によると、文庫本世界でも「異変」が起きているとか。一種の文庫本

ブームになっていて、新本、古本ともじわじわ価格も上がり始めているらしい。背景には、

何より安価で、手軽に携行できることなどがあげられる。また高齢読者が増え、最近は文字

を大きくするなど、ブームに配慮したサービスも目立っている。文庫本の価格は平均800

円になっているそうだ。文庫本ファンにとって、価格上昇のことはさておき、文庫本が見直

されているのは嬉しい。一昨日、読み終えた文庫本29冊を古本に出したら、これまでより

高く1600円で買い取ってもらったのも、ブームを反映しているのかな。
小説では、通常、単行本出版から2~3年後に文庫本化される。直木賞や本屋大賞作品を読み

たいと思っても、すぐに文庫本として手に入らないのは、単行本→文庫本までタイムラグが

あるから。今、文庫本化を待っている直木賞作品には澤田瞳子「星落ちて、なお」、今村翔

吾「塞王の楯」、米澤穂信「黒牢城」などがある。

文庫本に書き下ろしている作家もいる。佐伯泰英、辻堂魁、上田秀人たち時代小説家が多く、

上梓後すぐ読めるから、まことにありがたい。

 

2日(金)8時45分に起きる。部屋の温度は12度。雨戸を開けると、冷たい風が吹き込んで
で思わずブルブル。

起き掛けにスマホのニュースで、サッカーワールドカップで日本が強豪スペインを2-1で勝っ
たことを知った。コスタリカ戦で負けた時、もう駄目だなあ、とあきらめていたことを恥じる。

ドーハの歓喜、再び、日本ってこんなにたくましく、強くなったんだねえ。ドイツ戦に続いて同

点ゴールを決めたのは、またしても尼崎出身の堂安選手、嬉しい。

決勝リーグに進出、おめでとう!よくぞ逆転してくれました。決勝トーナメントでは、前回準優

勝の強豪クロアチアと対戦する。ぜひ勝って悲願のベス8進出を果たしてほしい。普段ほとんど

サッカーに興味示さない「にわかファン」だが、今回は「日本ガンバレ」と、声を大にして叫んで

いる

9時20分、コープこうべの宅配物を受け取ってから朝食。
愛用している小型カメラ(コンデジ)が突然作動しなくなり、梅田のソニーの店に修理に出そうか
な、と思っていた。でも念のため調べたら、電池の入れ方が悪かったらしく、入れ直したら正常に
戻った。全くの初歩のボケミスに、我ながら呆れ果てる。「アホかよ、歳食ってついにヤキが回

たかな」と自嘲して苦笑い。ともあれ、杖ついてヨタヨタ梅田まで出かけずすんでよかった。

   📚 手軽に読める文庫本が大好き 📚

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

定番料理、寂しいネリネ

2022-12-01 11:25:31 | 日記

11月29日(火)9時に起きる。外は曇り空、今にも雨が降りそうでちょっと寒い。

予報では今日は荒れ模様で、雨も本降りになるとか。主な食材の買い出しは前日に済ませ

ているので、安心。

雨が降って買い物にも行けないので、カーポート(息子の車用だった)で雨宿りしながら

ガーデニング。アネモネ、ムスカリーなど残していた球根もだいぶ整理。春花の園芸作業

は、冬が来る前に…だね。ずいぶん暖かく、気が付いたら背中にじっとり汗をかいていた。

この暖かさも今日明日まで。その後は本格的な寒波が来るようだ。

午後から本降り、夕方からさらに激しくなり、家の前の舗道を激しくたたいては水しぶきを

あげている。久しぶりの「豪雨」だ。プランターにもたっぷり水が沁み込んでいるようで、

暫くは水まきもしなくてよい。花たちも生き返ったことだろう。

前日に食材買い入れていたのが正解だった。今夜は鶏もも肉とキュウリ&ミニトマトの甘酢

煮、ピーマンじゃこ、こんにゃくの煮物(総菜)。

 

******突然ですが、ちょっと「箸休め」*******

主夫の数少ない定番料理を2種類

 ~鶏もも肉とキュウリの甘酢炒め

鶏肉とキュウリは相性が大変よろしい。コショウと片栗粉を薄くまぶした鶏肉を一口大に切

って、ゴマ油で皮の部分から炒める。火が通ったところでウリ坊風に皮を削り乱切りした

キュウリとミニトマトを加え、溶いた調味料(薄口しょうゆ、砂糖、酢を各大匙1)をぶっ

かけ、2分ほど炒めるだけ。キュウリのシャキシャキ感が残り、ミニトマトも皮がむける程

度で、大きく煮崩れなくグー。煮汁(スープ)も旨い。トマトの青臭い酸味も口に優しい。

 ~じゃこピーマン~

チリメンジャコとピーマンをゴマ油で炒めるだけ。調味料はしょうゆ、酒(好み)で、それぞれ

大匙半分程度。チリメンジャコに塩気があるので少なめに。ジャコの小骨にはカルシウム、ピー

マンにビタミンなど栄養価が高く、野菜不足を補ってくれる。年寄りにはありがたい。作り過ぎ

たらタッパーに入れて冷蔵庫で1週間ほど保存OK。人参を細切りにしてチリメンジャコと同じよ

うに炒め煮にしてもグー。

 <鶏もも肉とキュウリの甘酢炒め>

   <じゃこピーマン>

 

30日(水)9時と思って起きたら、8時だった。もう1時間ほど寝たい気分だが、せっかくだから

そのまま起きる。早起きは三文の得、というからね。

未明にかけての雨の名残か、空気が冷たいが、気持ちよい風は頬を撫でる。椿の葉っぱにぶら下がる

水滴も、キラキラ光っている。

 

庭の隅っこで、ネリネ(ダイヤモンドリリー)が咲いているのを見つけた。一昨年秋に球根を買って

鉢植えし、昨年末には元気に数輪咲いてくれたが、その後夏の間、水もあまりやらず放置していたの

で不貞腐れたのか、今年はたった1輪、それも貧弱に咲いただけ。大事にしなかったのが悪いのだ。

ホトトギスもたった1輪になってしまった。以前は咲き乱れていたのに。もっと大事にしてあげよう、

と反省。加齢とともに庭仕事も手抜き、怠惰になってきた。草花も迷惑、ハラハラしているだろう。

午後から気温が下がってきた。夜になって、冷たい北風が雨戸をたたく。いよいよ本格的な寒波か。

どんより曇って、空は陰気な冬の鉛色。

 

11月も今日で終わり、明日から師走。毎日サンデーの身にも、何かと気忙しく感じる。長年付き合

ってきた年賀状を返上、書かなくて済む。少しは寂しい気もするけど、もう卒業のお年頃だろう。

    🌸 一本だけ咲いたダイヤモンドリリー 🌸

コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

国元でこんな体たらく

2022-11-29 11:32:53 | 日記

11月27日(日)9時に起きる。穏やかに良く晴れた晩秋の青空、夕方から急に冷え込む

からご用心、と昨夜の天気予報で言っていた。

絶好の園芸日和。張り切って、やり残したチューリップとムスカリーの球根をプランターに

植える。球根の間にビオラが咲き乱れるように「設計」したけど、デザインどうりに咲いて

くれるかな?

 

購読している新聞の地域版に、西宮の古刹・鷲林寺(じゅうりんじ)境内の参詣者用のトイ

レが、心無いハイカーのマナー違反で、撤去されると報じている。檀家の人達の努力で水洗

トイレと素敵な建物に新築、市から「都市景観賞」を贈られたほどだったのに。六甲山や甲

山(かぶとやま)入り口にあたり、ハイキングガイドに登山コース最後のトイレ・スポット

と紹介されてから、利用者が急増した。マナー違反も増え、汚しても後始末せず、手洗い場

の蛇口が壊され、トイレットペーパーも持ち出されるなど問題が続出、対応しきれずついに

撤去に踏み切ったという。

ドーハのサッカーワールドカップ応援の日本のサポーターは、試合後自分たちのゴミを清掃

して席を立ち、海外メディアから称賛されたというのに。足元でこんな体たらくとは、どう

いうことか。

 

そのドーハの熱戦、コスタリカに1-0で敗れた。ドイツ戦とは逆に激しく攻め込み、シュ

ート数もコスタリカの4倍近く放ったが、ことごとく相手のゴールキーパーに阻まれ、あと

一歩届かなかった。次の相手は、コスタリカを7-0で勝った強豪スペインだ。

 

28日(月)9時に起きる。気持ちの良い晴れた朝だ。

今夜は昨夜に続いてのカレーだから「夕ご飯は炊飯だけでいいよ。眼鏡壊れたのなら、ゆっ

くり眼鏡屋さんに行ったら」と、寝ぼけまなこの私に言い捨てて出勤。

で、駅前の眼鏡屋さんに行った。「壊れたところはハンダ付けしないといけませんねえ。修

理に出しますので、1週間かかります」という。まあ眼鏡なくても読書は出来るからそう不

自由しないので、預けることにした。ついでに近くのカフェで、サンドイッチとコーヒーで

ランチした。

久しぶりの駅前外出(バスに乗ってだけど)なので、文庫本29冊をリュックに入れ,古本も

扱ってい本屋に買い取ってもらう。査定結果は後日、1000円ほどにしかならないだろうが。

 

駅前からバスに乗って、ウオーキング道場だった武庫川沿いの広大な西武庫公園に行く。子供

たちが公園デビューした懐かしい場所。面積7.1ヘクタール、バラ園や市民が草花を育てる区

分園(花壇)、野鳥が集まる池、夏には蛍が飛び交う水路、600本の桜もあり春は花見で賑わ

う。園内のイチョウはほぼ散っていたが、フウの大木の葉は赤く染まって、青空と見事な対比

を見せている。暫くベンチに腰掛け、穏やかな晩秋の午後を楽しんだ

ウオーキングコースも整備されていて、外回り1周は約500メートル。5~6周して、心地よ

い汗をかいたものだ。疲れた時はバラ園のベンチで一休み。ウォーカー仲間もいたが、みんな

どうしているだろう。目の前を通り過ぎてゆく人たちを眺めながら、健脚だったころを思う。

元気に歩けるということは、幸せなことだなあ。

帰りに商店街を通ったら、ガードレールに可愛いクリスマスの飾りがしてあった。街ではジン

グルベルが流れているだろう。スーパーに寄って、明日の食材を買う。

 

  園内のフウの大木、見事に紅葉している

   西武庫公園の入口

   大阪空港から飛び立つ旅客機

   クリスマスの可愛い飾りつけ

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

パワハラ今昔考

2022-11-27 11:47:44 | 日記

11月25日(金)8時30分に起きて、朝飯の後9時20分にコープこうべの宅配便受け

取る。今回はお米5キロなどあって、ちょっと重い。

今日もきれいに晴れて、穏やかな一日になりそう。

 

昼前に買い物するが、夕餉のメニューが思いつかないので、「豚バラと野菜のポトフ」にし

ようと思ったけど、面倒くさくなって焼肉をサンチェを包んで食べることにする。前回はオー

ストラリア産の牛肉で美味しくなかったので、今回は週末ということ(変な理由)で、ちょっ

と豪華に和牛肉ばらカルビー焼肉用を張り込む。ほかに青梗菜のちくわ炒め煮、アスパラガス

のバターソテー、旨辛キュウリ(総菜)、人参としらたきの辛子明太子炒め(昨夜の残り)。

午後のデザートは次郎柿。

料理も手抜きが多くなって、既成の総菜ものが増えてきた。最近自分の手料理は客観的に見た

ら美味しいのだろうか、と思う。土日以外は夕食をほとんど作っており、娘も黙って食べてく

れる。今さら「旨いか?」と聞くのもはばかられる。味付けが薄いとか濃いとかしょっぱいと

か、明らかに失敗作の時は、自分から「今日のは失敗作やなあ」と先に言う。調味料を入れる

タイミングを外すなどして、とんでもない味になってるんじゃないかなあとか、不味い味でも

娘は気遣って、口に出さないようにしているのでは、など不安に駆られる時がある。

悩める主夫・・・今日この頃の心境である。

 

26日(土)8時45分に起きる。曇り空で少し寒い朝、徐々に冬が近づいているのを肌で感じ

る。

今日は土曜日で、家事の心配はないので、午後いっぱいガーデニング。ビオラ移植や50球取

り寄せたチューリップ球根を、プランターに植え始める。チューリップだけでは単調なので、

オラやパンジーを添え植えて変化をつけるのだが、フラワーアレンジで花や色の配置を考え

るのと似ていて、けっこう難しい。センスが問われているからだろう。まだ10球ほど手を付

けたばかり、アネモネも残っている。たくさん植え込むので、春にはどんな景色が見られるか。

 

突然ですが、パワハラ今昔考をー。

アホ、バカなど、暴言を吐かれる「パワハラ」をめぐる事件が多発している。今日もある消防

署の幹部が、テレビ会見で謝罪していた。被害者はショックを受けて、職場を長期欠勤したと

いう。

パワハラはあってはならないことだけど、ふと現役時代を思い浮かべる。何しろ口が悪いので

は定評あるマスコミ業界。新人記者のころ、他社に出し抜かれた時は「お前はアホか、バカ、

ボケ、カス」と上司のデスクから電話で罵詈雑言を何度浴びたことか。外勤から帰社すると周

りから「エライ怒られていたなあ」と同情されたところを見ると、罵声が部屋中に響き渡って

いたようだ。それでも凹まなかったのは、自分が悪いので仕方ない、と納得したからだろう。

デスクも、その後普通に接してくれた。陰湿な雰囲気がなかったのは、カラッとした当時の時

代風潮もあったのだろう。勿論、パワハラという言葉も意識もなかった。

仕事上での暴言が、社会問題にまでなる昨今、それだけ社会が「いびつ」になって、余裕がな

くなっている証拠なのかもしれない。退職間近の頃、女性社員が「好きな人から綺麗だねと

われるのは嬉しいけど、嫌いな人から同じように言われるとムッとする。これってセクハラ

やねえ」と言っていたのをまた聞きで知った。セクハラが注目され始め、講師を呼んで社内研

修会を開くなどピリピリしていたころで、なんとまあ恐ろしい、と思ったことを覚えている。

    

    🌸まだ花は貧弱だけど。ミズゴケも入れてリース完成。春よ来い!

     🌸 こんな楽しみ方もあります

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする