横浜地球物理学研究所

YOKOHAMA GEOPHYSICS RESEARCH LABORATORY
地震予知・地震予測の検証など

早川正士・電通大名誉教授の地震予測は全く当たっていません

2017年08月08日 | 地震予知研究(早川正士氏・地震解析ラボ)
 
昨年2016年の9月から、早川正士・電通大名誉教授という方が、予知するアンテナという有料地震予測サービスを開始しています。サービス開始以降、「予知するアンテナ」は色々な夕刊紙や週刊誌などで取り上げられ、「地震予測の的中率は7割ほど」だと宣伝し、次々と地震予測を披露してきました。

この早川正士氏がこれらのメディアで発表した地震予測を、以前の記事で検証した結果(こちら)、今年2017年の1月までの14件の地震予測は、「的中率7割」どころか、なんと全てがハズレでした。

ところが、『夕刊フジ』という媒体が、その後も「早川正士氏の地震予測はゾッとするほど当たる」などと宣伝を繰り返し、早川氏の地震予測を発表し続けています。では、それらの地震予測は、果たしてどれくらい的中しているのでしょうか。検証した結果を、以下に示します。


 ■

2月14日の夕刊フジでの地震予測
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170214/dms1702141130006-n1.htm

2月16日までに東北M5.5 →ハズレ
2月18日までに東北~関東でM5.0 →ハズレ
2月18日までに九州M5.0 →ハズレ


 ■

2月21日の夕刊フジでの地震予測
http://news.goo.ne.jp/article/fuji/nation/fuji-dms1702210006.html

2月27日までに東北地方でM5・0最大震度3 →ハズレ
2月27日までに東北地方の南側から千葉北部でM5・0~M5・5 →ハズレ
2月27日までに福島、茨城、千葉で最大震度4 →的中(※)
2月27日までに九州、沖縄で最大震度4 →ハズレ

 ※2月27日に福島県沖でM4.9(最大震度4)が発生しました。


 ■

4月16日の夕刊フジでの地震予測
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170416/dms1704161000002-n1.htm

4月17日までに福島、茨城、千葉で最大震度4前後 →ハズレ
4月19日までに北海道の道東で最大震度3前後 →ハズレ
4月19日までに東北地方の太平洋側で最大震度3前後 →ハズレ
4月19日までに九州で最大震度3前後 →ハズレ


 ■

6月25日の夕刊フジでの地震予測
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170625/soc1706250004-n1.html

6月25日までに北海道、青森、岩手で最大震度3前後 →ハズレ
6月30日までに宮城、福島、茨城で最大震度4前後 →ハズレ


 ■

…以上のとおり、今年2月から6月まで、早川正士氏は夕刊フジで地震予測を13件発表していますが、そのうち的中はわずかに1件だけです。

昨年2016年の9月からの通算で言いますと、早川正士氏がメディアで発表した27個の地震予測のうち、的中は1件。的中率は、わずかに3.7%となります。

これだけ地震の多い日本で、東北や関東など地震が多い場所ばかりに地震予測を出し、たった3.7%しか当たらない…これは控えめに言っても、「ほとんどデタラメ」と言って良いのではないかと思います。

率直に言って「サイコロを振って予測したほうが当たるのではないか」とも思えるくらいの地震予測を、「ゾッとするほど当たる」とか「的中率は7割」などと宣伝し、地震予測を発表し続け、外れた予測については事後に何も言わずに黙殺するというのは、研究者としてもメディアとしても、決して褒められた態度ではないと思います。早川氏と夕刊フジには、改善を強く願いたいと思います。


なお、過去に発生した地震は気象庁のホームページで検索できます。興味のある方や、私の検証が信じられないという方は、ぜひ早川氏が発表した予測とご自分で照らし合わせてみてください。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 村井俊治氏ら「MEGA地震予測... | トップ | 高橋学・立命館大教授の火山... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-08-08 13:48:38
減災を建前としてるかまでは知りませんが、震度3以下を当てようとする辺りは全然話にならない人ですね。

被害が出ることの多い(?)震度5弱以上を的確に当ててない辺りはもう意味のないやつですね。
いわずもがなですね (ばーど)
2017-08-09 21:33:24
早川先生の説は、電磁波をネタにした確率論的地震論。当たったように錯覚するのも、下手な鉄砲数撃ちゃ当たるの乱発された予測と、数百kmもの広範囲を「地震が起きる」と対象エリアにする誤魔化しであるという点がよくわかります。
減災を意図するなら、当たったように見える程度の、曖昧なあおり予測などより、家具の転倒防止対策や、非常食などの準備、いざという時の家族との連絡手段などの方が、よほど役立つと思うのですがね。
震度3なんて、毎日のように発生する地震のレベルです。それすらもあたりに含めようなんて、もはや何でもありです。
大学教授にまでなられてお方なのに、科学の基本を見失って晩節を汚しましたね・・・。まぁそれは、村井先生や木村先生にも当てはまりそうですが。

それではまた。
そもそも有料地震予知会社は成立しない (伊牟田勝美)
2017-08-11 01:22:18
そもそも有料地震予知会社は、成立しないように思います。

自宅の家具が倒れるような地震を経験された方は、どれくらい居られるのでしょうか。
同居家族が地震で傷ついたり亡くなった経験を持つ方は、どれくらい居られるのでしょうか。

地震予知で予知してほしい地震は、こういった被害を受けるレベルの地震だと思います。
ですが、このレベルの地震は生涯で一度も経験しない方の方が多いのではないでしょうか。
仮に地震予知ができるようになったとしても、本当に有用な地震予知情報は、生涯受けることがない可能性が高いのです。

そう考えると、有料地震予知はそもそも成立しにくいように思います。

逆に言うと、毎週毎週、地震予知情報を出す村井氏や早川氏の地震予知は、仮に本当に地震予知できているとしても、全く意味がない情報といえそうですね。
震度について (案山子)
2017-08-11 20:03:08
やっぱりこの予測リスト見ると,そこは気になりますよねぇ…

個人的には,震度6弱以上でなければ地震発生を予測する本来の目的,つまり「人的被害の軽減」に資することはないと思います.
人的被害というのは地震で亡くなる命ということですが,地震による死亡理由の多くは建物の下敷きになることです.つまり,建物が全壊するような地震を予測する必要があって,逆に言えば全壊しない地震を100%当てても自己満足の域を出ない,全く無意味な成果と言えるでしょう.
耐震性能の低い建物(=旧耐震)が全壊し始める震度は震度6弱(※)ですから,冒頭で震度6弱以上でないと役に立たないと書いたのはそのためです.
(※…気象庁震度階級より)

震度5強までは建物の構造に耐力を失わせるような損傷は無く,せいぜいが固定されていない家具が転倒するくらいです.
でも,(出鱈目予測とはいえ)予測サービスに登録するほど防災に興味があるなら家具の固定くらいは済ませるでしょうから,となると,5強以下を当てたところで意味は無いでしょう.

4月16日の夕刊フジでは一切被害が生じない最大震度2まで対象にしていて流石に馬◯かと思うんですが,まあ,震源が海なら津波の心配もあるし,これは許容してあげますかね(上から目線).でも深さ50kmのM5で津波は…(^_^;)

いずれにせよ,「もし当たったところで減災の役には立ちませんよ」ということは紛れもない事実ですし,サービスに登録してしまっている人に知ってもらいたいことの1つです.

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

地震予知研究(早川正士氏・地震解析ラボ)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事